1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月16日(日)

桃まつり

テーマ:寄席風景
{CDD4EF09-A0CD-4EF7-99AC-ABD6A962750A}

{7AE45A1E-D981-4CB5-97A8-4AE2337FF6BA}

  先日の小室山に引き続きざぶとん亭の馬場さんにまたお世話になる。朝からあずさに乗って石和温泉へ。甲斐一宮浅間神社の桃まつりにて私の二回公演だ。

  どうやら猿回しが来る予定だったがホームページによると熱中症でお猿さんが倒れてしまったらしい。人間の私がそのぶん頑張ればいい。

{54922410-A8E6-4CEA-A47D-0D0B5CA64ACF}

  今年から始まったお祭りだそうだ。境内には美味しそうな露店が軒を並べている。開演前に馬場さんが桃のかき氷を買ってきてくださる。桃のかき氷が露店で売ってるとは思えないクオリティーの高さでびっくり。

  1回目の公演は桃まつりだし、桃にちなんだ落語をと思って「桃太郎」を一席。子供が笑ってくれてたから良し。2回目の公演は違う噺とのご希望なので「ちりとてちん」を。仕草が多い噺なのでこちらも子供がよく笑ってくれた。

{609FB6EA-F33C-468D-9474-00F7702E9DBC}

{05A89514-90D4-4725-8390-9511E5290D99}

  公演の間に勝沼の「ぶどうの丘」へ連れて行って頂く。地下のワインカーヴでは1000円でタートヴァンという試飲容器を買うと好きなだけ試飲ができる。私も試飲させていただいた。そんなに強くないのでほんの少し舐める程度だがやっぱり高いワインは美味しいというのが、私にもよくわかった(笑)

{E0C68BBC-E50A-4F92-B1B9-05C7411BD519}

{626A3EA2-DFBF-4B09-A04F-DE5AD2DB7372}

   無事に公演も終わって良かった。甲斐一宮浅間神社の宮司の古屋さんはとても素敵な方だった。こちらの「開運厄除け桃まもり」がめちゃくちゃ可愛い。私も馬場さんにお土産にと買ってもらった。

  写真の古屋さんの前にいるのが「鳥居くん」。古屋さんが作ったわけではないが。この鳥居くん、可愛い。お尻がキュート。顔は特についてません。ちなみにこちらは商品化されてません(笑)馬場さんと一献交わしてあずさの終電で帰宅。


  

  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月15日(土)

ぴっかり明治座公演→深川正朝独演会

テーマ:寄席風景
{F531FCA6-49D2-4D58-9928-B956F55FA830}

   お昼にぴっかりさんが出演している明治座公演を観劇に。「ふるあめりかに袖はぬらさじ」。有吉佐和子が原作で杉村春子の当たり役になったお芝居だそうだ。今回は大地真央さんが主演。大地真央さんと杉村春子さんでは雰囲気はだいぶ違う気がする。ミュージカルだと知らなかったので歌い出した時にはちょっとびっくりした。

   ぴっかりさんは町娘と女中お松の役。「は〜い〜」と返事をしながら駆け回っておりました。休憩中楽屋に挨拶に行く。バタバタと白粉を塗った女優さん達が走り回る廊下は寄席の楽屋とはまるで違っていて、この中にいるぴっかりさんに改めて勘心させられる。活躍が見られて良かった。

{0EFABAB0-D941-4447-AC40-7CEB181C4632}

  その後は師匠正朝の深川江戸資料館での独演会へ。この後ろ幕は師匠が昇進当時に大学落研から贈られたものだが、光琳蔦と当時の明治学院の校章がデザインされている。色も当時のスクールカラーのえんじ色。現在の明治学院は校章も変わりカラーも黄色になった。

一、たらちね  一花
一、強情灸  正太郎
一、野晒し  正朝
     仲入り
一、マジック  伊藤夢葉
一、柳田格之進  正朝

  うちの師匠の「柳田」が大好きだ。ラストに賛否両論ある噺だが、僕は武士と町人の違いがはっきり描かれていて素敵な噺だと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年07月11日(火)

鈴本と金泉湯とaunt

テーマ:寄席風景
{B65C7B1B-D8C3-414F-8E52-D5F5DC0D406C}

   今朝も暑い。こんなに晴れてるのに梅雨はまだ明けてないのか?朝から師匠正朝宅へ。挨拶と掃除をして鈴本演芸場に向かう。もう既に汗びっしょりだ。今席は鈴本演芸場の昼席に出演させて頂いている。主任は我が一門の圓太郎師匠だ。

   最近の昼席は団体のお客様やご高齢のお客様のご来場が増え開演時から客席がしっかり埋まってる事も多い。今日もよく笑うご婦人のお客様がいらしてて大変にやりやすい。「転失気」でご機嫌を伺う。

  終演後にお稽古しながら高田馬場へ。カラオケでもって二時間ほど稽古をして「強情灸」と「片棒」を思い出す。両方とも去年はよく演っていたが今年はまだ一度もかけていない噺だ。

  その後西早稲田のauntへ。荷物を置いてすぐ近所の銭湯の金泉湯へ。あまりに汗びっしょりなのでサッパリしたかった。なんともレトロな銭湯。お世辞にも綺麗とは言い難いが、これがまた味があって素敵だ。近所のおじいさん達でごった返している。素敵な夏の夕方だ。

  auntに戻ってヨーグルトジュースを注文しておまけでついてくる一口バナナケーキをかじりながら渇いた喉に流し込む。今夜のネタをさらっていると眠たくなってきてウトウトしてしまった。

  開演時間にはお客様が溢れて満席。ここ最近はありがたい事にほぼ毎回満席となるようになった。当日にふらっと聴きに行くのが落語だと思うが、こうなると予約の電話を一本してくれるとありがたい。

一、強情灸
一、片棒
  仲入り
一、鰻の幇間

  終演後は私のご贔屓さまNさんが誕生日だったので誕生日会がてら楽しく懇親会。Nさん、もう私の落語を1000席以上聴いている。本当にありがたい。50歳になられたそうで、これからも元気で僕の落語を楽しんで頂きたいものだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。