藤本松邨~しょうそん日記

岸和田市の書家・藤本松邨(ふじもと しょうそん)が徒然なるままに綴る日記です。


テーマ:

     死に直面する「誤嚥性肺炎」の予防法

 

気管に詰まった食べ物に含まれる細菌が肺にまで到達し、炎症を起こす誤嚥性肺炎。

高齢者にとって気づきづらく、そのまま死に至ることも多い病気だが、場合によっては若者にも襲いかかることがあるという。

 

 

日頃、服用している薬が引き金になる事もあるから要注意だ。

 

高齢者の月別死亡率は、冬に高く夏に低い。   しかし、がん、心疾患に次いで日本人の死亡原因第3位となる肺炎については季節に関係がない。

 

理由は死亡する9割以上が高齢者という誤嚥性肺炎が多い為だ。

 

「高齢者社会になったいま、中高年者はもちろん、若い方も他人事とは考えず、まじめにこの病気のことを考えて欲しいと思います。

 

誤嚥性肺炎は、食べ物が気管に入り込むことで口の中の細菌が肺にまで達し、炎症を起こすと考えている人がいますが、正しくはありません。    実態は、唾液や痰などの微量な誤嚥が原因で、寝ている間に肺に入り込むことで発症するのがほとんど。

 

認識を高めておく必要があります」

 

健康な人でも誤嚥は発症するが、咳やむせ返り、(咳反射、嚥下反射)にとって排菌する。

 

喉には空気の通り道である気管と、食べ物の通り道である食道の2本の管が通っている。

 

これらは、隣接しているが、脳の指令でそれぞれうかく振り分けられる仕組みになっている。

つまり、ご飯を食べる時に食べ物が喉に入ってくると、脳がそれを感知して気管を閉じる指令を出すようになっている。

 

しかし高齢になると、この伝達がスムーズにいかず、誤って気管に食べ物を入れていまうことがある。

 

すると、食べ物や唾液とともに細菌まで肺に入り込み、炎症を起こしていまうのだ。

 

「元気な人は雑菌が気管や肺に入り込んでも、血液中な貧食細胞(細菌や死んだ細胞などの粒子が消化する能力を持つ細胞)などが退治するため、肺炎は発症しない。

 

しかし、高齢者は加齢により機能の低下が著しく、咳やむせ返りの動きが抑制されてしまいます。

 

その上、気道の一部が壊れていて、雑菌が定着そやすい。   これに、風邪症状を起こす上気感染や飲酒などの要因が加わることで、自分でも気がつかないうちに誤嚥し、肺炎を起こしてしまうのです。

 

しかし、その治療法だが、腹を切開して胃に管を流し込む胃瘻という方法があるが、それでも誤嚥性肺炎は起きる。

 

理油は、抑々雑菌などに対する抵抗力が落ちるためで、誤嚥性肺炎自体、食べ物が関係しないケースもあるのだ。

 

 

誤嚥性肺炎で亡くなった著名人では、直木作家の深田 祐介さん(享年82歳)、落語家の3代目桂  米朝さん(同89歳)、歌舞伎役者の中村 梅之助さん、(同89歳)放送作家でタレントの永  六輔さん(同83歳)んどがいる。

 

最近では、今年5月15日、日本ミュージカル文化の礎を築いた劇団四季創立メンバーで俳優の日下武史さんが、静養先のスペインで亡くなった(享年86歳)。

 

現地での詳しい事情は分からないが、国民皆保険制度がある日本おてゃ違い、異国の地・スペインでは治療も勧められず、、過剰な延命治療もなく、隠やかな再期を迎えたという話が伝わっている。

 

肺炎は一気に高熱が出て、空咳、息切れなどに苦しむイメージが強いが、誤嚥性肺炎はそれとは違う。

 

「通常は2~3日で一気に菌が増殖しますが、誤嚥性肺炎では増殖に1週刊ほどかかるケースが多く、一気に発症します。

 

 

高齢者は感覚が鈍くなっていることもあり、いつ発症したのか分からないまま病状が進行しているケースが少なくないのです。

 

何故こうなるまで「放置しておいたのか」と思うことがしばしばです」

 

では、どのような症状が出た時に誤嚥性肺炎を疑えばいいのだろうか。

 

「まず、食欲がない、元気が出ない、倦怠感があるといった状態になります。  又、食事中に咳き込むことが多くなった、唾液がうまく飲み込めない、常に喉がゴロゴロしている_という時も、すでに発症している可能性が高い。

 

以上のような事が感じたら、医療機関の診察を受けてみる必要があります」

 

 

但し高齢者ともなると、うつや不眠などを患い、精神安定剤、睡眠薬などの服用が多くなりがちで、誤嚥性肺炎の引き金になる場合があることも頭にいれておかねばならないよいう。

 

「これらの薬は、呼吸を抑制するばかりでなく、大脳基底核に作用してドーバミンの分泌が減り、サブスタンスPと呼ばれる合成物量を低下させます。

 

サブスタントPとは、食べ物を飲み込んだり、咳をするように神経に働きかけをする物質。

 

其の為、服用している場合は誤嚥性肺炎を引き起こしやすくなることが分かっています」

 

 

           よく喋ることが効果的

 

実際、東京都内にある救急病員で誤嚥性肺炎の年齢別患者数を調べたところ、高齢者と同様、若者も多かったという例がある。

 

これらの若者には過度な睡眠薬の服用者も含まれてたという。

 

日本呼吸器学会系クリニック院長は言う。

 

「誤嚥性肺炎で厄介な点は、抗菌剤が効いたとしても嚥下機能は回復しない為、すぐに再発していまうことにあります。

実は、それを防ぐには、日中はとにかくお喋りをして、嚥下に関わる筋肉を鍛えることが効果的です。

 

さらに、寝ている間は雑菌が肺に入らないように枕を高めにすること。

そして、肺炎球菌ワクチンは肺炎全体の2~3割程度しか効かないと言われるものの、誤嚥性肺炎を抑えられるとの報告もある。

 

さらに、防ぐ為の注意点を、専門家に聞いた。  「口の中の細菌が多いと肺炎になりやすい。

 

口の中を清潔に保つ為に歯磨きをきちんとすること。

自分で動けない場合は、介護のひとや家族に口のケアをしてもらう。

 

又、口内が渇いた状態が続くと細菌が増えるため、水分を沢山摂ることも大切です。

 

高齢者にとって誤嚥性肺炎は、致命的になる恐ろしい病である。

 

まずは誤嚥を起こさないようにしっかりと予防し、少しでも普段と違う様子が見られたら早の呼吸器内科を受診すべきだ。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ギリシャ・イタリア・ポルトガル・スペインなどのヨーロッパに加え、北アフリカの国々で食される地中海料理。

 

其の摂取が心臓病を防ぎ、さらには2次回的予防にも効果があるという。

 

その理由は何か。   同じ健康食「和食」との違いも探る___________。

 

イタリア料理、スペイン料理は、オリーブ油や新鮮な魚介類、野菜をふんだんに使うのが特徴。

実はこれらが、心筋梗塞などの心臓や血管の病気の予防に効果があるという。

 

 

「昨年8月末に開催された欧州心臓学会で、イタリアの大学グループが行った研究結果が報告された。

 

心臓血管病がある1197人を含む2万5000人を約7年にわたり追跡したところ、、ナッツ、オリーブオイル、魚、果物、野菜、豆類などが多く含まれる地中海料理を食べている人は、食べていない人に比べて心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患の再発リスクが21%低下、さらに、最も多く食べているグループは、最も少ないグループに比べて37%も低下したというのです」

 

 

また、スペインの複数の医療機関の医師らが調べた調査報告もある。    糖尿病や高脂血症、肥満など、心臓や血管の病気のリスクが高い約7500人を3グループに分けて調べた結果が、米医学誌「ニョーイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載された。

 

調査方法は、それぞれ

①オリーブ油を使う地中海料理、

 

②ナッツを使う地中海料理、

③低脂肪食を食べてもらい、心筋梗塞などの発生頻度を比べたという。

 

「①②のグループの食事の基本は、新鮮な果物や野菜、豆、魚介類、トマトソ-スなどを使った料理で、

 

①ではこれに加熱処理をしていない「エクストラ・バージン・オリービオイル」を1日小さじ4杯(50g)以上使い、②ではクルミやアーモンド、ヘーゼルナッツなどのナッツ類を1日30g程度食べる。

 

一方の③のグループは、低脂肪の乳製品やパン、パスタ、ご飯といった炭水化物と新鮮な果物を1日3回以上食べる。

いずれのグループも摂取カロリーや運動は自由で、約5年間続けました。

 

結果地中海料理、①②グループは③の低脂肪食のグループはに比べ、やはり心筋梗塞や脳中卒、心臓、や血管の病気による死亡率の発生が3割少なくなったというデーターが出たのです」

 

 

 

心筋梗塞などを起こした人達の再発を防ぐ効果も確認されたろいう。

「地中海料理に使われるオイル、魚、ナッツ、類にはオレイン酸が多く含まれ、活性酸素を和らげる上に、血管内皮の状態を整える効果があると考えられるのです」

 

 

又、「地中海食が血管疾患の発症リスクを低下させることは、これまでも数多く報告されています。

欧州心臓学会ではさらに、すでに心臓病を発症している患者さんの再発を防ぐ2次予防においても有効であることが分かりました。

一度、心臓病を引き起こした患者の再発率は高く、予防するには「スタチン」を服用してコントロールしたり、「アスピリン」などの抗血小板剤で血栓ができるのを防ぎ、降圧剤で血圧を調整しなければならないなど、厳格な管理が必要になってくる。

 

しかい、地中海食はそうした薬にyる2次予防効果にも四滴する効果があることが分かったのです。

 

素材を含め、その地中海食の特徴は以下となる。

 

●穀物、豆類、キノコ、緑色野菜、青魚ふんだんに使用。

 

●油は純正オリーブオイルを使用。

 

●青魚を使用。

 

●肉は赤身を使用。

 

●ヨーグルトやチーズ、などの乳製品を適量多べ、チーズはナチュラルチーズを使う

 

●適量のワインを飲む。

 

●ハ^ブを上手に使う。

 

●甘味は果物やハチミツで摂る。

 

こうした食事を日常的に摂取している地中海地方の人々は長寿で、心臓病やがんんどの発症率が非常に低い。

 

又、研究結果により、うつ病などのリスクが低くなることも分かっている。

 

            日本食との違いは?

 

地中海食は、牛肉や豚肉のような赤い肉を控え、子牛や子羊など脂の少ない肉を多く使います。

又、香りの高いハーブや香辛料を上手に使って塩分を控えた調理をし、ゆっくり楽しみながら食べる傾向もある。

 

こうした複数の効果によって、心血疾患リスクなdこが大きく軽減されるのです。

 

一つでも二つでも取り入れるといいでしょう」

 

 

これらの話題は、欧州心臓病学会の期間中に英BBCで世界中に放送され、地中海食と並んで、我が国の「和食」も、健康食として大きく取り上げられた。

「心血疾患の大きなチスク因子である生活習慣病や肥満を予防・改善するために、ご飯を主食とした和食も再評価されています。

 

但し、地中海食との違いは、塩分が多く、オリーブオイルが少ない。

 

GI値が高い(血糖価が上昇するスピードが速い)白米が多いといった欠点もあります。

 

しかし、それでも干し物や漬物などの塩分を控え、オリーブオイルを積極的に使う、GI値の低い玄米や雑穀米を食べるといった工夫をすれば、地中海食に四滴する健康食になります」

 

とはいえ、和食好きや高齢者にとって、オリーブオイルやナッツ類を日常の食生活に取り入れのは抵抗感があるだろう。

 

しかし、脂質の少ない伝統的な和食を普段から食べている人であれば、無理に食生活を変える必要はないという。

 

 

その際、少なくても注意すべき点を、管理栄養士の山田 和美さんはこう説明する。

 

「従来の食事指導のうち、バターの変わりにマーガリンを使う、サラダ油などの食物油を積極的に使うといったものは、間違っていたことがわかってきました。

 

マーガリンのトランス脂肪酸や、コーン油や大豆油などに含まれるリノール酸は、心臓や血管の病気のリスクを逆に高める可能性が指摘されています。

 

また、スペインの研究では、カロリー制限はありませんでしたが、米心臓病学会では「総カロリーを抑えること」を推奨しています」

 

注目を浴びる地中海食。

 

但し、日本食同様、適度に摂ることによって最大の効果が期待されるのだ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

体に優しい上手な塩分補給法

 

塩分の取りすぎは、高血圧から動脈硬化、心臓疾患などにつながり、人体の大敵となる。

 

一方、減塩ブームな中にあって、制限のし過ぎもNGなのだ。

 

これからの季節は水分と塩分のバランスが最も重要になってくる。   目標を持った摂り方を考えてみよう。

 

厚生労働省による、2016年の「国民健康・栄養調査」によれば、食塩摂取量は1日あたり10・0g。

’04年の11・2gから減ってはいるが、1日の摂取エネルギー量も、この40年で15%以上減っている。

 

 

つまり、単に食事が減った分だけ塩も減ったと考えられ、減塩習慣が根ついたとは言い難い状況だ。

 

 

「中高年の食生活で、カロリーに比べ意外に意識が薄いのが、料理に含まれる塩分のだと言われています。

 

特に外食はは、ラーメンを好み、スーパーで買った惣菜を利用し過ぎる生活が続いて、塩分適量ゾーンを軽くオーバーしている。

 

 

厚労省が掲げる国民の1日当たりの食塩摂取目標は、男性の場合は小さじ2杯弱に留めようというわけですが、実際問題、これで1日3食分を賄えるのか、懐疑的にならざるをえないよも言えます」

 

生活習慣の改善運動に取り組んでいる、管理栄養士の前田和美氏もこういう。

 

「日本の料理は醤油、味噌、食塩などを使う食文化が色濃くあります。

 

 

加えて、ファーストフード、スナック菓子などの種類も帆豊富で、日本人の1日当たりの塩分の摂取量は、およそ5^~7g程度ですから、いかに、摂取量が多いかはわかると思います。

 

できれば、その欧米レベルが理想的で、国も10g以内に抑えることを堤言していますが、それができそうでできないのが減塩対策の現状でもあるのです」。

 

地元のスーパーや食品売り場を覗いては、食品の裏側に添付されたラベルチェックするという。

 

あるスーパーの惣菜売り場の「明太子おにぎり」を手にとってみると、ラベルには「ナトリウム630㎎」とあるものの、肝心の食塩含有量の記述はなかったという。

 

 

食品表記されている「ナトリウム」は、うま味調味料も含まれているため、実際の食塩含有率とは開きがある。

 

 

「鶏の照り焼きそぼろ弁当」にしても、容器の底のシールには、ナトリウム1420gとあるが、塩分自体の表示はありませんでした」

 

 

そのナトリウム表示から塩分の量を割り出す計算をしてみた。   すると食塩含有率は「明太子おにぎり」が1.6g、べんとうが3、6g。

これに「カップみそ汁」(2.7g)を追加すると計7.9g。

 

国の基準値に合わせると、残り2食で約2gの食塩しか摂取できなっかたことになることが分かった。

 

これだけ見ても、減塩の難しさが十分に分かるだろう。

 

どこから手をつけるか悩んでしまうという現状がある。  

 

食品別に塩分含有量の内訳を見れば、調味料のそのものや、パン、麺類、加工食品などが高い割合を占め、特に味噌などが上位に来る。

 

つまり問題は、個々の食品でなく、味付けや食べ方となる。

 

              ナトリウム不足も危険!!!!!!!!!

新潟県が進める県民運動「減塩ルネッサンス」による独自調査でも、味付けの重要さが裏つけられている。

 

「長野県で男女ともに日本一となった長野県を始め、食の魅力があふれる新潟など、東北・北信越地方でも、県民の塩の摂り過ぎが長年の課題でした。

それを行政とNPOなどが共同で研究に取り組み、新潟では、一日1g「減」を目標にして県民運動を立ち上げ、一定の成果をあげている。

 

塩分の過剰な摂り過ぎは、血管だけでなく、長い時間をかけて心臓や脳、腎臓などの重要な臓器にダメージを与え、命に関わる病気を引き起こす場合があると言われていますからね」

 

但し、食塩に含まれるナトリウムは、生命維持に不可欠なミネラルの一つで、細胞外液(血液リンパ液、胃液などを含めた総称)、細胞内液や骨の中に存在する。

 

ブドウ糖などと結合して細胞内に栄養を運ぶ手助けをするほか、胃液、胆汁の原料となり、神経伝達筋肉を動かすための、電気信号にも使われる。

 

「さらにナトリウムは、体液を弱アルカリ性に保ち、ホルモン分泌に影響を与えもする。

 

 

塩分を摂り過ぎと喉が渇き水を飲みますが、これは水を吸収するこよで体内のナトリウム濃度を一定にするためなのです。    それが過剰な場合、血液やリンパ液などの量が増え、60兆個と言われる細胞が肥大してしまう。これがいわゆるむくみの状態。

 

同時に血流が増えることで血管壁はもろくなり、内圧が高まることで傷がつきやすくなる。

 

さらには、胃液が濃くなり、最悪、胃がんの原因にもなるのです」

 

しかし,過度の減塩も避けなけれならない。   これからの季節は特に、汗によって水分が失われる為、補給が必要となる。

 

 

放置すれば、過労、痙攣、夏バテなどをお越し、虚脱状態を起こすから。

 

 

「家族の協力があってこそ生活改善もできると思います。   おかずの調理には、香りのよいゴマ油、マイルドな酢コショウやレモンなどを使うと、食塩を使った濃い味にしなくても野菜たっぷり入れるのもいいでしょう。

 

 

そして「塩分を摂り過ぎ」た  と感じた時は、食後にカリウムの含有量の多い、リンゴ、メロン、梨、バナナなどしっかり食べ、水を飲む。

 

 

そうすることで、体内の塩分を水分と一緒に体外へと排出できるというのだ」

 

 

「人の味覚は、大昔から体に必須な塩を美味しいと感じるようにできています。

 

 

減塩目標を達成するには、実態を正確に捉え、根拠に基づいた息の長い取り組みが必要です」

 

塩分摂取もバランスが重要なのだ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。