湘南雑筆堂~本と美味いもん日記~

湘南(?)に暮らし30年近く経ちます。30年も住んでいると、いろんな発見をするもんです。 
 そんなちょっとした湘南の発見を自分の読んだ本に絡めて皆様にお伝えできればなと思います。
 

    はじめてご覧になる方へ・・・


お時間ございましたら、ブログテーマ一覧「はじめに」 からご覧いただければなぁ~と思います。

過去の記事でも構いませんので、お気軽にコメントを残して下さいね。

テーマ「美味いもん」 割り箸にて、湘南、三浦を中心にグルメの紹介もしておりますので、あわせてよろしくお願いします。


    あなたも湘南ゆるゆる散策へでかけませんか?

        ダウン
長谷の大仏(鎌倉市)猿島(横須賀市)                                   油壺マリンパーク(三浦市) 県立美術館(葉山町)


人気ブログランキング、始めてみました。
よろしかったら、ポッチとお願いします。よろしくお願いします
 
    湘南雑筆堂~本と美味いもん日記~


                        
NEW !
テーマ:
もう4年以上前になります。
このブログで塚山公園の按針塚についてご紹介したところ、コメントしてくださった方が一冊の本をご紹介してくれました。 ご紹介いただいて間もなくネットで購入!!さっそく読みました。

その本が佐藤さとる著作『わんぱく天国』。佐藤さとるの代表作で思い浮かべるのはコロボックル物語。村上勉の独特なタッチの挿絵を見ると、ああこの作品かと思い出せる方も多いのではないでしょうか。僕の中では著者はファンタジー小説を書く作家と認識していましたが、私の地元を舞台にした本を書いているとは知りませんでした。と言うのも、作者は幼年時代を横須賀で過ごしています。あとがきでは按針塚を「心ふるさと」とまで言っており、大切な題材をついに使ってしまったとの気持ちを述べています。

舞台は昭和十●年の横須賀。
遊びざかりの小学生たちが、塚山公園周辺の遊び場をめぐり、時に対立したり、時に協力しあい、ギャングエイジ特有の連帯感って言うんですかね、遊びを通じてまとまっていく様を描いております。

至るところに、自分が知っている地名が登場するので、情景も思い浮かべることができ物語に入り込みやすかったですね。

冒頭からまもなく登場するのは横須賀駅近くを通る国道16号線沿いに今も残る「汀橋」。物語では「渚橋」と表記されていました。


~小さい水兵さんは、かかえこんだぼうー杖ーで、「渚橋」と書いたバスの停留所の立てふだを、トントンとたたいて、それから歩きだした。~



~やがて、鹿島神社の横にでた。かなり大きい神社である。土地の人は「鹿島さん」と親しみをこめてよぶ。~



~省線(国鉄)横須賀駅の線路があり、



その向こうは海だ。~



~塚山公園は、この石段をのぼった上にあり、春はさくらの名所だ。~



物語を読んでからこの地を歩くと、階段の向こうから、物語の中の少年たちがひょっこり顔を現すのではないか、そんな気にもさせられました。



この本の面白いのは、物語を突然離れ、子どもたちの遊びの詳細なルール説明が始まるところ。メンコや凧など、当時の子どもたちの遊びがよく理解できます。作者も書きながら、童心に帰りさぞ楽しかったのだろうことが容易に想像できます。

ここ塚山公園は自分の学童期の思いでの場所。家族で花見に訪れたり、学校の遠足で高学年のお兄さんと一緒に手を繋いで上ったり、広場では隣の小学校の連中と遊び場をめぐりいさかいがあったり……
ホント、佐藤さとる氏とは時代は違えど、子ども同士は同じようなことで張り合ったりしてたんね。いつの時代も子どもって同じですね。

って思いたいのですが、今の子どもたちってどうなんですかね?我が子はあんまり徒党を組んで遊んでなかったな。子育てしながら思うのは、最近の親は自戒の意味も込め、いろんなことに先回りしすぎなんじゃないかな。失敗しないように、怪我しないように……親として必要なことは伝えて行くべきだけど、過剰な配慮はさけるべきだと私は思います。失敗してもいいんじゃないんですかね?徒党を組むなかで、裏切られたり、信じ合えたり、遊びを通じて学ぶことっていっぱいあるんじゃないかな。この本を読んで、そんな学童期の子どもについて思いを巡らしました。

今、スマホとかリアルなゲームとか楽しいものが周りにありすぎて自然の中で遊ぶことって少なくなってきていると思います。「今どきの子どもは……」っ思うけど、どの世代も自分も含め同じこと言われていますよね。ゲームもいいけど、『わんぱく天国』に出てくる子どもたちのように自然の中で遊び、時には自分達で遊びを生み出したりして、みんなでワイワイ遊んで欲しいな。




先日、秋の塚山公園に足を運びました♪紅葉がキレイですね。山間の道からカオルや明が現れるのでは!?そんな雰囲気が今でも残っています。

昭和と変わらぬ風景を残す塚山公園、紅葉を眺めながらの散策、気持ちいいですよ~♪ぜひ、お出かけくださいませ~



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう2週間くらい前になりますかね。
ヤボ用あり金沢区まで行き、久しぶりに称名寺までラン♪



ちょうど、銀杏が色づき始めた頃



阿字ヶ池の水面に銀杏がくっきり映し出され、その美しさに目を見張りました。



少し歩けば、国道16号線を車がひっきりなしに走っているところなのに、あの喧騒を忘れさせる空間がここにはあります。



池のほとりでは紅葉をスケッチする方、紅葉を背景に写真を撮る方、それぞれが秋の色合いを楽しんでいる姿があちこちに見受けられました。

そんな皆さまを横目にするりと走り抜けると目の前には原っぱが出現!



続く道はないか探すとハイキングコースがあり、そのまま歩を進めると視界が開けました。



眼下には金沢区の町が広がり、その向こうに海。海の左手に見えるのは住友重工の赤白のクレーン、さらに右に目を移すとぽっこり見えるのは野島?なんて景色を堪能。さらに道を行くと称名寺市民の森の案内板。



以前紹介した新治市民の森もそうですが、横浜市内にはあちこちに素敵な緑が残っているのですね。

走りながら称名寺市民の森の中にある史跡なども見付けました。



それは、またの機会にご紹介したいと思います♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜、久しぶりに日産スタジアムのトラックを走りました。




と言うのも、日産スタジアムのトラック利用は、平日はほとんど月曜日なんですよね。なかなか、月曜日から気合い入れて走る気になれないので、もうずいぶんと足を運んでないのですが、珍しく金曜の夜に開放してたので、同僚と一緒に走って来ました。



トラックはロードと違う空気感がありますね。トラックで練習する方々は、なんとなくレベルの高そうな方々ばかり?

トラック入りした時は18時30分、ハードル練習されている方と、長距離は5~6人程度。人もまばらな感じでしたが、19時を過ぎる頃になると、学生らしき方も来てかなり賑わってきましたね。

5~6人くらいで、ペース走(ビルドアップ?)されている方々や、ペアでマイペースに走る方々、一人で黙々と走る方などなどそれぞれですね。



我々もせっかく来た日産スタジアム。
普段できない練習をと言うことで、ビルドアップ走にチャレンジ!

たまには、雰囲気変えてスピード練習もいいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
たまには、本のことも。
職場の仲間と飲んでいる時に、テレビドラマの話から山田太一の話へ。
自分は『ふぞろいの林檎たち』を推したが、「『早春スケッチブック』ってのもいいよ」と言って、飲んだ翌日に職場に持ってきてくれた。



舞台は横浜の希望ヶ丘。

一見しあわせそうに見える、夫婦に子ども二人の4人家族の望月家。

中1の良子は、地元の信用金庫に勤める省一(河原崎長一郎)の前妻との間の子。有名大学を目指す高3の息子・和彦(鶴見辰吾)は母・都(岩下志麻)が昔の男との間に作った子(結婚はせず)という、実は複雑な4人家族。そんな家族の前に、突然都の昔の男・和彦の実の父親、竜彦(山崎努)が現れ、平々凡々と暮らしてきた家族を揺さぶり始める。

借りた本は小説ではなく脚本。出演者を頭に入れてから読み始め、映像をイメージしながら読んだ。

竜彦はカメラマンで自由奔放に生きてきたが、癌を患い、治療を諦め一人で暮らす。そこに和彦がひょんなことから足を運び、実の父との対話が始まる。竜彦は平凡なサラリーマンの省一を侮辱する発言をするなどし、和彦を刺激する。和彦は竜彦の言葉に反発を覚えながらも、惹かれていき有名大学を出て、いい就職先に就くことに疑問を持ち始める。
和彦の変化に気付いた都は竜彦が近づいていることを悟り、関わりを断とうと竜彦の家に乗り込むのだが……

竜彦は死の恐怖に怯える中、都ら家族へ、ともすると暴言ともとれる言葉を浴びせ、生きることの意味を問いかけて行く。

サラリーマンの自分としては完全に省一である河原崎長一郎目線。突然現れて好き勝手やって来た男が何を言ってるって、まぁ、そこには自由奔放に生きてきた男の魅力へ嫉妬してるのかも。

竜彦である山崎努も無茶苦茶言っているだけではない。

「ありきたりの何が悪い?無数のありきたらに耐えなければ子供なんて育てられない」

なんて、和彦を諭したりもしている場面もある。

山崎努は家庭を持ち平々凡々に暮らしている人がどこかでしょうがないと思っていることへ「それでいいのか」と、ことあるごとに投げ掛けてくる。

著者はあとがきで、人生の悲哀を「しみじみ」語るドラマはいくつもあるけど、平々凡々だが懸命に生きている人に対して罵声を浴びせる人物が登場するドラマは皆無、今の日本の生活者の多くは、そういう罵声をあまりにも自分にむけなさすぎる。「自分自身をもはや軽蔑することのできないような、最も軽蔑すべき人間の時代が来るだろう」このニーチェの言葉が、このドラマの糸口となっていると述べている。罵声だけでは単なる不快なドラマになってしまうが、その罵声に生命を吹き込める俳優ってことで山崎努が選ばれたらしい。確かに脚本を読んでいても山崎努が演じている姿が容易に目に浮かんだ。

「自分自身を軽蔑する」って、どうなんだろう??軽蔑って言うと言葉がキツいけど、「内省する」とかなら理解できないでもないな。

最後に、この脚本を読んでいると、ありきたりなサラリーマン河原崎長一郎の気持ちが痛いほどわかる。

「家族を守る責任というのは岩のように重いんだ!意気地なしの俺にはとてもできない」
(『荒野の七人』で農作業しながら泥にまみれて働いている親をカッコ悪いと言う少年に向け、チャールズ・ブロンソンが返した言葉)
って言ってあげたくなりました。

「ありきたり」、大事にしたい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
横浜赤レンガマラソンフェスティバルの後の打ち上げのため野毛まで歩く。

汽車道の紅葉がキレイ。



空はどんよりしておりましたが、その分、紅が映えて見えましたね。



野毛で足を運んだのは『秀吉』



応援に来てくださった宴会部長さんが案内してくれました。

寿司・海鮮茶屋とうたっている通り、海鮮が新鮮でボリュームもある。
お寿司もリーズナブルなお値段でかなり食べたのですが、写真は撮り忘れてしまいました。



ホカホカの肉豆腐もうまかった。




走り終えて、仲間と同じ時を共有しながらの一杯は普段のお酒よりもやはり美味い。
また、行きたい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月19日(土)横浜赤レンガ倉庫で開催された、横浜赤レンガランニングフェスティバルに職場の仲間6人で参加しました~♪



エントリーしたのはハーフリレー。
しかし、当日は朝からあいにくの雨……
今回、メンバーには初めてこのような大会に参加される方や久しぶりに大会で走る方もおりました。個人で走るなら雨など関係ないのですが、走ることに慣れていない方がいるなか、雨の中駅伝を走るのはどうなのか頭を悩ませておりましたが、防寒対策を万全にするように(雨に濡れぬように、かつすぐに脱ぎ捨てられ、レインコート代わりになるポリ袋を持参。)連絡して、とりあえずは集合したところ、ハーフリレーがスタートする午後1時には見事に雨があがりました!

いやぁ~、よかった、よかった。



今回のメンバーは男3名、女3名の男女混合のチームで職場の部でエントリー。

ハーフ・フルリレーのルールはメンバーが最低一回=1周二キロ走れば、後は誰が何回、何キロ走ろうと自由。

私たちがエントリーしたのはハーフリレー。1周目が1.0975キロ、残り20キロ=1周2キロ×10周で完走となりますが、案内をよく読まずに10周すればよいと思い込んでおりました。とりあえず、6人全員一周走れば残り4周すればよいと思って、残りの4周は男性陣3人の内一人が二周すればいいか、なんて言っていたら一周足りないことに気付く!Σ( ̄□ ̄;)
慌てて次に誰が走るかジャンケンで決めて、なんとか滞りなく走ることができましたよ。




実は今回のレース私が監督兼ランナー。私がアンカーでゴールテープを切るつもりでいたら、走っている途中で「あと一周ですよ」って仲間が気付いてくれまして、私が走っている間に最終ランナーを決めてくれており、事なきを得ました(^^;)))。
チームで考える精神が根付いておりますね。

今回の大会は、初めて走る方も緊張しながらも楽しく走れたとのこと。リレーマラソン、走力の差があってもみんなで楽しみながら走ることを考えているなら、エントリーするのには最適ですね。

あと、面白かったのがMCがいて、自分達で書いたチームPRを紹介してくれたり、レース中にかけて欲しいCDを持参すればお気に入りの曲を流してくれました。
ちなみに私が持参したCDはクイーンのベストで「We will  rock you」。自分がチョイスした歌が流れているのを聞くとテンションあがりますね!

まぁ、そんなこんなで楽しく走れましたよ~♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サクラカフェのランステ利用後、御茶ノ水で用事を済ませた後に、私のリクエストで神田の古本街へ足を運ぶ。

足を運んでわかったけど、日曜って閉まってる古本屋が多いのね。

数字好きな息子、理数系の本が多い古本屋に連れて行こうとググったら「明倫館」が出てきたんですけど、本日、休業日。
とは言っても、さすが神田の古本屋街、開いているところ結構あり、ふらりとお店に入る。



なんて本屋に入ったのか不覚にも忘れたけど、息子が夢中になって読んでる本があった。
『数独を数学する』ってな本だった。
買ってあげようかと思ったら2,500円位するので、ワゴンセールとかで別の本探せと。(我ながらセコい(^^;))。しかし、息子が興味持った本の値段を見て、コレダメ、アレダメとやるよりも、一定額を渡してその範囲で好きな本買いなさいとしたしたほうがいいかなと思い、とりあえず1,500円を渡すが、その範囲では好きな本買えなかったみたい。

結局、最後、東京堂に立ち寄ったら岩波新書の『人物で語る数学入門』を立ち読み後に購入してた。

彼の目にはに古本街はどんな風に写ったのかな。あんまり、古本も新刊本も関係なさそうだったな。

最後は「さぼうる」でお食事でもと思ったんですが、日曜休みなのね。




残念。

自分はと言うと、古本街に向かう途中から、謎の胃痛にみまわれ、息子の姿を遠巻きに見守ることしかできず戦利品なし。

体調万全にして、リベンジしたいな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、中1息子の付き添いで10時に御茶ノ水まで行く用事あり。

息子に冗談で「用事の前に皇居走るか?」って聞いたら「走ろうかな」なんて意外な答え。どうやら、つい最近、学校でマラソン大会があったらしく、順位に納得がいかなかったのかな~、土曜の朝6時起きしてもいいから走るって言うんで、久しぶりに息子とラン♪

御茶ノ水までのアクセスを考え、どこのランステがいいのか、いろいろ調べた結果、セレクトしたのはコチラ。

神保町にあるサクラカフェ。サクラホテルに併設されているカフェで、ランステのサービスを始めたみたい。
ここの利点は面倒な会員登録なし、550円で利用可なところ。荷物預かり、タオルも付いてこのお値段はかなりリーズナブル。




調子に乗って、モーニング390円頼んじゃったけど、これは余計だったな。(食パンに、スープとドリンクバー。近くの○トールにした方がよかったかも!)

シャワーはホテル内にあるシャワー。
各階にあるシャワーを自由に使っていいみたい。店員さんから案内されたのは地下一階。なぜなら、そこはシャワー室がホテル内で広め、且つ、二つのシャワー室がありました。ちなみに一階には一つだけ。おそらくですが、二階以上にも各階に一つシャワー室があるのかな。

さてさて、サクラカフェを飛び出し5分とかからずに皇居に到着♪

息子も大人に混じりながら、頑張って走りました!



都会にこんな豊かな緑と水。
まさに都会のオアシスですね。



紅葉にはまだ、早かったですが、



皇居ランの魅力は四季を感じながら都会で走れるところですね。




久しぶりの息子とのラン♪
たまには、いいね、こう言うのも。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
散々迷った二子山ハイキング。
頂上からまた、森戸川に下り、長柄のバス停へ。

そこから衣笠駅行きのバスに乗り、目指したのは金谷の「やすらぎ温泉」。

ここは、自分が物心ついた時からありますね。もう少なくとも30年は続いている地元の銭湯。しばらく来たことなかったのですが、看板もキレイになっておりました。



リニューアルしたみたいですね。
お風呂は電気風呂、マッサージ付きのお風呂に薬湯、そして水風呂にサウナって感じです。

お風呂に浸かって疲れを癒した後は、ここから衣笠まで10分強ってところでしょうか、衣笠仲通り商店街にある居酒屋「お太幸」へ行って参りました~♪



いやぁ~、久しぶりに来ましたが雰囲気あいです。昭和の香り漂う居酒屋。流れてる有線も80年代くらいの歌が流れてて、壁には酒造メーカーの80年代(?)グラビアアイドルポスターが貼ってあったりして、フト昭和に舞い戻ったような感覚させてくれます。横須賀の老舗居酒屋、いいですね。

17時頃でしたが、ほとんど満席でした。恐るべしお太幸人気。

まずは、ビール。
とりあえずはポテトサラダ。



モツ煮にキュウリのお新香。



これ変わりだねの餃子、確かカレーだったかな。




一緒に山に登った友人と、本日の珍道中を振り返る。美味い酒とツマミで程よく酔っぱらい、学生時代のよもやま話に花を咲かせる。

しこたま食べた後に気になったポスターに気付く。テレビでも紹介されたらしい、スカまん。



食べちゃいました♪



いやぁ~、迷って散々歩いて消費した以上のカロリーを摂取してしまいました……f(^^;

なんだかなぁ~って感じですが、このために体動かしてるのかもしれません。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日紹介した日吉・旭湯ランの後に行った居酒屋「ひよしのえんがわ」
なかなか雰囲気よかった。




右手に写るのは山形のだし冷奴。

牛肉のメニューに惹かれ、すき焼きも注文♪お肉柔らかくて、すき焼きのタレもグッド。



締めに牛の握り。



一緒に行った友人は、夜はあまり食べないようにしてるって言うんで、食べ物はこの写真で紹介したのしか食べなかったな。ただ、お値段もそれなりだったので、美味いもんをほどほど食べるほうが体にはいいのかも。

なんて、結局この後、二軒目行きましたけどね(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。