湘南雑筆堂~本と美味いもん日記~

湘南(?)に暮らし30年近く経ちます。30年も住んでいると、いろんな発見をするもんです。 
 そんなちょっとした湘南の発見を自分の読んだ本に絡めて皆様にお伝えできればなと思います。
 

    はじめてご覧になる方へ・・・


お時間ございましたら、ブログテーマ一覧「はじめに」 からご覧いただければなぁ~と思います。

過去の記事でも構いませんので、お気軽にコメントを残して下さいね。

テーマ「美味いもん」 割り箸にて、湘南、三浦を中心にグルメの紹介もしておりますので、あわせてよろしくお願いします。


    あなたも湘南ゆるゆる散策へでかけませんか?

        ダウン
長谷の大仏(鎌倉市)猿島(横須賀市)                                   油壺マリンパーク(三浦市) 県立美術館(葉山町)


人気ブログランキング、始めてみました。
よろしかったら、ポッチとお願いします。よろしくお願いします
 
    湘南雑筆堂~本と美味いもん日記~


                        
NEW !
テーマ:
葉山の棚田に前々から常々足を運んでみたいと思っておりました。

行きたいと思ったきっかけを作ってくれたのは、堀口すみれ子・著『わたしの葉山道』を読んだから。





この本の巻頭のカラー写真に郷愁漂う、葉山の棚田が紹介されてありました。こんな田園風景が自宅から車で数十分のところにあるなんて全く知りませんでした。

このブログを始めて間もない頃に『わたしの葉山道』を手にし、私の知らない葉山を初め逗子、横須賀、三浦の美しい自然を知るきっかけを与えてくれました。自分は地元のことをわかっているつもりになっていたと気付かせてくれた本でした。

過去に葉山の棚田を目指して行って、見付けられず仕舞いのこともあり、いつしかそのままに……

今回ようやく足を運ぶことができました。



ここ、実は自分が知らないうちに訪れていることに気が付きました。

葉山のお蕎麦屋さんで「和か菜」に行ったことがあるのですが、そこの裏山がちょうど棚田になっていたのですね。

ネットで改めて調べて、今さらながらに認識しました。







9月中旬に訪れたのですが、収穫はこれからなんですかね。

来年は水が張った棚田を拝んでみたいですね。

また、素敵な風景を見付けに地元散策続けて行きます♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

湘南国際村側から南郷トンネルを抜け、左折してすぐ(逗葉新道出口直進し、右手)のあたりに、なんか建設中だな~って思っていたところにHAYAMA STATIONが9月上旬にオープンしたので、先日足を運びました~♪




こちら、どんなところなのかって言うと、わかりやすく言うと道の駅。横須賀で言うところの長井にある「すかなごっそ」とよく似てるな~って思いました。




葉山のウマイもんがそろってます♪
ブレドールのパンや、葉山の有名所のスウィーツなんかもそろっているから、ここで、立ち寄れなかったウマイもんにすべて?!ありつける(^^)

新しいお店を発見して、また、葉山に遊びに行きたいきっかけをもらえたりするかも?!

なんて、思いながら、我が家がHAYAMA STATIONで食べたのはこちら
……



旭屋さんの葉山コロッケ♪



これを専用のパンで挟んで美味しく頂きました~♪

裕次郎も愛した葉山コロッケ美味しく頂きました~

イートインコーナーが、想像以上に狭かったけど、回転よく回ってたな。

地元の人も足を運べば新しい発見があるかも!?
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日の横浜スタジアムでの劇的なサヨナラホームランを目の当たりにし興奮覚めやらぬ中、




昨日、見事に広島に連勝しクライマックスシリーズ出場を決めた横浜DeNA!!

横浜DeNAを愛し続けて40年、1998年日本一になり盛り上がったのが、もう20年近く前になるんですね。優勝してから、またも弱小チームになり、次優勝するのはまた38年後かなんて、言われていましたが、この調子で行けば2~3年の内にリーグ優勝は夢じゃない?!

横浜はDeNAになってから目に見えて球団運営が変わりましたね♪





今までは、友達に誘われて足を運んでいたのですが、DeNAが球団運営をするようになってからスタジアムの雰囲気が少しづつ変わり、その雰囲気に魅力を感じ昨年からファンクラブに入会!!今シーズンも継続しました。

DeNAが親会社になってから観客動員のために様々なイベントを企画し、埋もれていたファンを呼び起こしたのは間違いないです。

自分が知っている範囲で述べると、例えば「住宅ローンナイター」なんて企画もあり、チケットを買う際に窓口で「住宅ローンを抱えています」と言うだけで、入場料が安くなったり、ホエールズ時代のポンセ、屋敷などを引っ張り出し「ヒゲ割り」なんて企画もありましたね。





土日、試合観戦して勝った時は、試合後にグラウンドを解放するイベントがあったりして、選手がプレイしたグラウンドの土を踏み、子どもと一緒に興奮したりしました。(笑)

その他、もうほとんどの球団が行っている7回のジェット風船やユニフォーム付きチケット座席にバリエーションが増え、ボックス席やビールが10リットルついたスカイバーカウンター席など、少しづつ横浜スタジアムが変わって行きました。DeNAは相変わらずの弱さでしたが、観客動員数は着実に伸ばし見事に定着、今シーズンは98年の優勝185万を超え、188万( ̄▽ ̄)bホエールズ時代を含め過去最高の動員数を記録。

人気だけでなく実力も兼ね備えてきた横浜DeNA。

クライマックスシリーズ進出できるだけの実力もつけましたが、ファンはまだまだ満足していませんよ。さらなる飛躍を横浜一筋のファンとして期待しております(^^)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、中一の長男と横浜スタジアムで野球観戦♪

昨年から親子そろって横浜ベイスターズファンクラブに入会!!

中学生は年会費わずか3,000円で、ホームの試合が全試合タダッス!

だけど、実は、いろいろからくりがあって、例えば親子の会員がタダで二人並びの席をとるのは意外と大変なんだって知る。もしかしたら、もっと楽に親子でファンクラブの特典をうまく活用する方法があるのかもしれないけど、7月にスキマ時間使ってようやくタダでゲットできたのが本日の横浜スタジアムでの対広島戦。

必死だったから、なんとか一塁側の席を獲ったぞぉ~って思っていたんだけど、いざ球場に一緒に行ったら、なんとスターサイド(@_@)。

息子には「(ベイ)スターサイドだぞって」息巻いて行ったんだけど、




席着いてみたら三塁側じゃん?!

ありょ、ありょ(@_@)。

周りには優勝決めてご機嫌な広島ファンだらけッスよ~(>_<)。

でも、三塁側16通路の上段には結構横浜ファンいるね!

まぁ、優勝した広島ファンにあまり気を遣うのもなんだか違うと思うし、とりあえずベイスターズエールで乾杯ッス~🍻




そんな開き直りがよかったのか、広島にノーヒットで押さえられながら、6回にロペスが逆転ホームランをかっ飛ばし勝ち越し!!

9回には康明が、あのご機嫌な Zombie Nationの Kernkraft400で登場!!球場のボルテージも一気に燃え上がる。

もう、こりゃ横浜の勝ちを確信したけど、今年の康明は今一ピリリトしない。
なななんとなんと、勝ちを目前に同点されてしまう。

一体こりゃ、どうなんの??

って、思いながらも必死で応援してたら、なななんとなんと、またしてもロペスが決めてくれてました~(^-^)v

サヨナラスリーラン!!

結果的にチョ~盛り上がった試合になりました~(^^)



ヒーローインタビューも聞いて、勝利の余韻に浸りましたね~。

う~ん、CS出場もほぼ確定!?

この一戦が後々日本シリーズ優勝を占うくらいの大事な一戦になったりして、なんて密かに妄想してたりしてます( ̄▽ ̄)b

もしかしたら、最後に鯉を食っちゃったりしてぇ~、って、そりゃそうか横浜は鯨だからねd(⌒ー⌒)!

横浜のミラクルをどこまでも信じてます!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9月の頭、最後の夏休みを利用して南伊豆旅行。

ヒリゾ浜でシュノーケリングを堪能した後、宿泊地の弓ヶ浜へ向かう。
宿泊する民宿に着いたのが、16時過ぎぐらいだったかな。

夕飯まで時間もあったので、せっかくなので海岸をラン♪



海沿いのお散歩コースの案内板があったので、このコースを走ることに。

弓ヶ浜から田牛を目指したいところだが、夕食が18時から。行けるところまで行ってみようととりあえず走り始める。

弓ヶ浜を海岸沿いに行くと、まもなくお隣の逢ヶ浜に到着。

海岸から写真左手にある丘を登る階段があり、そちらを駆け上がる。





案内板を見ると、タライ岬に立ち寄って片道約4キロ。



健脚コースでタライ岬を目指す。



階段の登りは結構しんどい。




駿河湾の大パノラマを眺め、疲れを癒して、また走り始めると、こんな岸壁のコースが出現!!



陽も傾き始め、17時も回り、こりゃ引き返さないと、飯の前に風呂入る時間もない。




どうする?
ええいままよ!帰りは距離感もわかるしなんとかなるべと、とにかく田牛目指しスピードをあげる。

するとなんか、素敵なコテージが現れた。



なんか、武井咲と松坂桃李の映画「今日、恋はじめました」のロケ地なんだとか。



残念ながら知らない映画。
恋愛映画のロケ地、どんなシーンに使われたんだろうか?
暇でも見付けて、恋愛映画観るか?!いや、さすがに、40過ぎのおっさんが観る映画ではなさそうだよな(笑)

んなこと考えていたら、終点、田牛海岸に到着!



17時20分も回っていたので、スピードをあげて民宿まで帰る。帰りは弓ヶ浜まではおよそ3キロ。
なんとか、帰れそうと思いながらも時間との戦い。必死で走る。
風呂に入る時間考えると、ホントギリギリだし、飯の時間遅れると強面の民宿のオヤジに怒られそうだし、かなりのプレッシャーを感じながら走り続けた。
極限に追い込まれ、いい練習となりました(笑)

無事、風呂、飯にありつけました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末、南伊豆のヒリゾ浜へ家族で足を運びました♪



南伊豆に沖縄の海のように透明度の高い海があるって言うんで、妻の強い希望もありまして午前3時起きして気合い入れて横須賀を出発。

なぜ、陽の昇る前に出発したかと言うと、ネットなどで調べるとヒリゾ浜へ向かうための港の駐車場がハイシーズンだと午前3時には埋まってしまうなんて情報もありましたΣ( ̄ロ ̄lll)。

この情報が確かなかならば、すでに出発の時点でアウト。横須賀から南伊豆までナビでは4時間30分くらいの時間がかかると出てましたからね。

なのである意味、一か八か的な感じで現地に向かったのですが、到着は午前7時30分でしたが……駐車場は空いてました!!

ラッキーです。夏休みの終わった9月だったからでは?とみてますが、無駄骨にならずよかった。

8時30分から港から小型の船でヒリゾ浜へ渡れます。



水の冷たさを感じながらも、海へ♪

水の透明度は確かに沖縄にひけをとらないかも。水中で撮影できるカメラを用意できなかったので、魚の写真はありませんがこの眼でヒリゾ浜の魚たちは目に焼き付けてきました。

ニシキベラ、ソラスズメダイ、イシダイの他に大型のボラも悠々と目の前を泳いでいたりしてました。

自分は見付けられなかったのですが、クマノミやウツボを見たなんて興奮しながら話している声も聞こえてきました。




魚が手に届く範囲で泳ぐのを眺めていると時間が過ぎるのを忘れてしまいますね。自分の呼吸音だけしか聞こえないなかで海を漂っていると、何か海に吸い込まれて行きそうになり、水面に顔をあげ、ようやく現実に引き戻されます。



最後の夏休み、非日常体験でリフレッシュして来ました♪

沖縄も行きたいけど、近場にもキレイな海はありますね。また来たいです。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた、青森旅行雑記。

今回の青森の旅で訪れたかったところの一つに青森の古本屋『林語堂』がありました。

自称本好き。年取ったら好きな本に囲まれながら、古本屋でもやれたらいいな~なんて思いながら手にした本が
『古書店開業入門』

開業のノウハウが詳しく載っているのかな?なんて思いながら、読み進めていくと、実践的なノウハウも載っているのだが、それよりも古本屋の厳しい世界がリアルに書かれていることに驚きました。

結構、衝撃的だったのが息子さんが小学生の時に友達を自宅に連れて来たら、店内で売っていたゲームソフトが大量になくなっていたって話し!Σ( ̄□ ̄;)

趣味の延長で古本屋をやりたいな程度で考えていたら、万引きのことなんて思いもつかない。好きな本屋を開店したはいいけど、万引き対策に頭を悩まされる、しかもそれが息子の友達だったってかなり強烈です。本の単価って安価だから、それを平気で盗んでいく輩がいるのも現実。
それもひっくるめて生業として行く覚悟がないと本が好きってだけでできる商売ではないことがよくわかりました。

で、この著者、古本屋を続けるなかで最後にたどり着いたのが、ネット販売のみで店舗販売は行わないことにしたとか。しかも、その場所が私の親類の住む土地に程近い浅虫だって言うんで、勝手にものすごい親近感を覚え、次に青森を訪れた際は、この著者の古本屋に絶対に足を運ぶぞと心に決めおりました。

今回の旅に行くにあたり、本をパラパラと読み直してみたのですが、本屋の屋号が書かれていない。ネットで調べるとどうも林語堂って本屋だって言うことが判明。

やはり、その筋の人には有名な古本屋のようで、浅虫の古本屋を訪れた方がブログにアップしてある様子があり、これがかなりすごい。店内のいたるところが本の山で、トイレの中まで本が山積みになっている写真が掲載されており、驚いていたのですが、いろいろ調べて行くと、どうも浅虫にはもう店舗がないみたい。

さらに調べると著者はアメブロを使用していることがわかり、その記事を限られた時間で読み込む。古本稼業の赤裸々なせどり事情とか、とあるテレビ番組に出るために行った涙ぐましい努力などなど、かなり長文なんだけど面白く、思わず引き込まれる文章。う~ん、これは面白いって言うんで、アメブロを通じご挨拶メールをして、今度青森に行くので古本屋に遊びに行きます♪なんて書いたら、ちゃんとお返事を下さいました。

「今は浅虫ではなく、青森で店舗経営してます」って丁寧に教えて下さり、お返事を頂いたことに感動(T-T)。こりゃ行くしかないでしょってことで、




ねぶたが始まる前に、単独行動で林語堂さんに行って参りました~♪

が…………ねぶた祭りの為に五時で閉店ですって(>_<)




いやぁ~、ショック。
この為に青森に来たと行っても過言ではないのに(笑)。

う~ん、このままお店を見ずに帰るのは残念過ぎる。

ってことで、翌日、青森をたつ前に家族にわがままを言って、来ちゃいました、林語堂!!



いやぁ~、ドキドキしますね。店内はやはり、本だらけで足の踏み場もない感じなのかな??って思いながら店内入りましたごが、あれっ??なんか意外、いや、全然片付いてますよ。むしろ本は少ないくらい。

う~ん、なんでだろう。

せっかく来たし、著者に会ってサインの一つでももらって帰ろうかと思って、怪しく店内を徘徊。レジの方は女性だし、どこか奥にいたりしないのかな~、どうかな~、なんてうかがいながら1時間近く店にいたのではないでしょうか。

このまま店内にいてもなぁ~、
1時間商品を吟味して自分がセレクトしたのは、開高健の「オーパ」の文庫。その本を持って、レジへ行き、おもむろにレジのお姉さんに聞いてみました。

「今日は喜多村拓さんはいないんですか」
「はい。もう、息子さんの代になっているんですよね」

あら~、そうなのね~。残念。
喜多村拓さんに会えずでしたが、地方の古本屋を訪れるのも旅の楽しみの一つ。

また、旅したらどっかの古本屋に立ち寄りたいと思います♪

面白いところあったら皆さま教えて下さいませ~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

青森旅行雑記

今回、青森まで行った大きな理由の一つに、自由奔放に生きてきた叔父さんに会うため(^^)

この叔父さんから、幼少時代から様々な影響を受けてきた。

キャッチボールを教えてくれて、横浜スタジアムにも連れてきてくれて、ハングリータイガーでステーキを食べさせてくれたり(笑)

子どもってのは、日常に無い経験をさせてくれ大人に、勝手に思い入れしてたりしてる。あと、美味いもんを食べさせてくれた大人には感謝の念を忘れないし、いまだにリスペクトしてたりする。まぁ、大人も子どもも正直で現金だからね(^-^)v

その叔父さん、宮城に自分で建てたログハウスがあるって言うのに、自分の故郷である青森にもログハウスを建てようとしてるって聞き付けて、また、お邪魔しちゃいました。

僕ら家族が来るって言うんで、いろいろ準備してくれていたみたい。

約12時間かけて横須賀から青森まで車で走り続けた翌日、朝五時起きで青森・陸奥湾に海釣りッス(^^)b
中一の息子も一緒♪




青森の海の色、地元横須賀の色と違ってみえる。

小一時間で切り上げたけど、息子の鯵一匹が釣果f(^_^;。

んな感じだったので、叔父さん知り合いの漁師さんから、ホタテを山ほど頂く😋


生で新鮮なホタテを食べたけど、さすがにこの量は食べきれない(>_<)。

じゃあ、保存食にってことで、天日干し。



なんとも、青森ならではの経験をさせていただきました♪

ありがとうございます(^^)

 

追記

自分もおじさんみたいに自分で家を建ててみたい、なんて思う今日この頃。

山を買って、自ら開拓して、整地してログハウスを建てた漫画さんの話など読んで疑似体験しています。

 

 

 

 

●湘南雑筆堂

 ・リアル『北の国から』

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
青森旅行の雑記

青森ねぶたを観に行くために、確か小湊駅を15時30分過ぎ頃の電車に飛び乗ったのですが、なんと満員(>_<)。

4歳の娘が人に埋もれそうになり抱っこしていると、心優しき人が席を譲ってくれました。ありがとうございます♪

30分くらいで青森到着!!

後ろに見えるのは青森のベイブリッジかな。




目の前には、美味しそうな屋台が並んでいる。

子どもたち満員電車に疲れていたけど、美味いもんを目の前に急に元気になる。



まず、かき氷。「北の綿雪」って名前の通り、サラサラなかき氷の食感は最高。この手のかき氷、最近あちこちで見かけるのですが、結構お気に入り。

続いては黒石つゆ焼きそば!



これもヒットでした。ソース味のつゆが後をひきます。麺にも程よく味が染み込みうまかったな。

隣に写る唐揚げはなんて名称だったか……(@_@)。ご当地グルメでしたが、名前を思い出せず、ネットで調べてもうまく導きだせずでした(>_<)。

ビールのつまみとして美味しく頂きました。

青森駅周辺はいつも散策せず、ねぶたのみなので、一度ゆっくり散策したいなぁ~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今夏の青森旅行の雑記。

横須賀を朝4時に車で出発して、青森入りしたのは午後4時くらいだったかな。

5年くらい前にも青森に行ったけど、その時は宮城で一泊してから、青森を目指した。今回は一気に青森を目指したんだけど、疲れたら妻と運転を交代しながらなんとか青森入り。途中、サービスエリアで3回くらい休憩、気合い入れてきても、神奈川から青森まで約800キロ、渋滞などなかったが、12時間はかかる。早くついて青森を楽しみたかったけど、なかなかそううまくは行かない。

初日はゆっくり温泉にでも浸かって、疲れを癒そうってことで訪れたのは、こちら……



浅虫温泉のゆーさ浅虫。

こちらは道の駅浅虫温泉にある温泉施設。
一人350円で入れる非常にリーズナブルな温泉。

お風呂からも海を眺めながらゆったり入れる。

一日運転にだけ時間を費やし、ようやく手に入れた癒しの時間。



湯に浸かりながら、前回の青森旅行の際に手にした本が太宰治の『津軽』のことを思い出す。

 

 

 


太宰が故郷の津軽を旅行した時の思い出を綴ったエッセイ風の小説にここ浅虫温泉のことが記載されている。

「青森市から三里ほど東の浅虫という海岸の温泉も、私には忘れられない土地である。」

この後には『思い出』と言う小説をあげ、太宰が母と病後の姉が湯治で借家住まいしている浅虫温泉を訪れて受験勉強に没頭していたことが書かれている。

「この浅虫の海は清冽で悪くは無いが、しかし、旅館は、必ずしもよいとは言えない。」

あらら、こんな風に言っちゃうんだ(>_<)。

さらに、
「思い切って悪口を言う」と続くのだが、少し言い過ぎたと思ったのか「小さい勘でものを言っているだけで、他には何の根拠も無いのであるから、私は自分のこの直覚を読者には押しつけたくはない」と言い訳しているのが面白い。

「浅虫も、いまは、つつましい保養の町として出発し直しているに違いないと思われる」

青森から帰ってきてもう二週間。
『津軽』を読んで青森の旅を思い返している。

また、行こうかな。

 

●湘南雑筆堂~太宰 治 関連記事~

・『津軽』

ダザイキライ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。