彼岸花

テーマ:

彼岸になると花を咲かせることから名づけられた彼岸花。演歌の題名のような曼珠沙華というのが本当の名前のようですが、彼岸花と言った方が身近に感じられます。田んぼの畦道に植えてあって、一列にずらりと並んだ真紅の花を見かけることがあります。これには理由があるそうです。

 

さて、蕉夢苑でも彼岸花が咲きました。

 

 

職員通用口の前にある彼岸花は黄色です。9月21日(水)は蕾が膨らんだところです。そして9月23日(金)に花が咲きました。

 

 

蕉夢苑ケアハウスの前庭に咲いたのは真紅です。陽を浴びて輝いて見えます。

AD

最後に、ユニット型特養の見学を行いました。移動途中で中庭の芝生等、綺麗に整備してあり雨が降っているのがもったいなかったです。

 

 

ユニット型特養は、ゆったりの空間に癒しの空間等の配慮まであり、住んでみたくなりました。最後まで、スタッフの方々、笑顔で対応してもらいました。ありがとうございました。

 

 

見学後、家族会からの質疑応答等に説明を貰いました。梅寿荘の家族会は、できて5年で年一回の総会や清掃ボランティア等の活動をされている。天草市広域から、職員が通勤していて職員確保も大変であるとの事でした。最後まで、親切・丁寧に返答してもらいました。

 

 

昼食時は、杉村介護主任おススメのやまもとで食べました。昼食後、大雨だけどせっかくなので、﨑津天主堂まで行ってみようとなり、﨑津天主堂へ行きました。﨑津天主堂に行ったのですが、まさかの大雨で観光もあまり出来ず帰りました。杉村・竹馬の厄年コンビの雨パワー炸裂でした。

 

 

最後に、天草村に移動し、みんなでお茶を飲んだり、ちくわを食べたり、ゆっくり買い物をして帰りました。

 

今回も、家族会の参加も多く施設見学・交流会も盛り上がる事ができました。来年も、皆様の参加をお待ちしております。家族会事務局 竹馬

AD