蕉夢苑 ブログ

熊本県宇城市にある福祉施設 社会福祉法人 宇医会 蕉夢苑のブログです。
リニューアルしたホームページと合わせて新着情報などを掲載してまいります。

蕉夢苑は「しょうむえん」と読みます。

(質問にお答えして・・・)


テーマ:

夏休み恒例の小中学生のワークキャンプがありました。


ワーク
キャンプ

先週が小学生で、不知火小学校、松合小学校の合同でした。合同での実施は初めてだと思いますが、少子化の進行により生徒数が減ってきているという背景があってのことですが、合同での実施は子どもたちにとっては新鮮だったのではないかと思います。


下縫い
中学校

今週は不知火中学校の生徒17人がやってきました。蕉夢苑にはワークキャンプに複数回参加したことがあるという生徒もいました。それでもみんな真剣に学ぼうという姿勢が見えました。


介護やボランティアなどの基本的なことを学んでもらう良い機会が得られたのは、蕉夢苑にとっても有り難いことです。新鮮な体験として何事か、将来に向けての参考になればいいと思いますが、どうでしょうか。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

台風11号が九州に接近中です。かつて台風被害をこうむったことのある不知火町住民としては、台風情報の進路予想が気になります。気になるというよりも、神経過敏になります。


そこでこれまでの台風情報をもとにして現時点での進路予想をまとめてみます。蕉夢苑が判断材料にしている台風情報源は3つありまして、気象庁、グーグルマップ、米軍を見比べます。


台風11号

気象庁の予報は、大変に申し訳ないのですが、ほとんど予報の体をなしておりません。「分からない」というのが公式見解のようです。先のことですから、いろんな気象条件の変化により台風の進路予想が外れることありうることで、それは仕方がないのですが、気象庁の判断能力を疑りたくなりますし、無責任ではないかとも思います。


かくして蕉夢苑が信頼を寄せるようになったのが米軍の台風情報です。台風8号は熊本県水俣市上空を通過しました。このときは避難所を開設するなどして、まさしく宇城市を上げて警戒態勢が敷かれたのですが、米軍情報は全くぶれずに進路予想が当たりました。分析能力の高さに感嘆しました。そのときの気象庁予報はぶれまくりました。


そして今回の台風11号について判断を保留したまま放置したかのようです。気象庁はどうなっているのでしょうか。施設のブログでこんなことを書いていいのかと思いますが、率直な気持ちです。気象庁としてはより正確な情報を提供しようと悪戦苦闘しておられることとは思いますが…。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

84日(月)

台風12号が集中豪雨をもたらし、四国では河川が氾濫したため水に浸かったり、停電した地域がありましたが、台風11号が強い勢力を保ちながら九州を直撃しそうな勢いです。まだどのようなコースを辿るのかはっきりしたことは分かりませんが、警戒を要する事態になりました。


表示板
スイカ割り

蕉夢苑ケアハウスでは入居者懇談会の後、夏の定番、スイカ割りが行われました。熱中症、脳梗塞などの予防、それから認知症予防のためにも、入居者の皆さんには起床時にコップ1杯の水分をとるよう習慣づけていただきたいと思います。スイカ割りは皆さんが順番にトライしました。スイカめがけて竹を振り下ろしますが、なかなか当たりません。掛け声をかけ、励まし、にぎやかに楽しみました。


スイカ
いただきましょう

大笑いした後は、みんなでスイカを頬張り、水分補給も兼ねました。熊本のスイカはもう出荷時期が過ぎたので、産地がどこか分かりませんが、瑞々しく、上品な甘みのあるスイカでした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード