2016-12-28 09:27:19

「SNOW MANGO」終演

テーマ:ブログ
クリスマス・イヴに開幕しましたオリジナルミュージカル「SNOW MANGO」無事に全公演を終えることが出来ました!

ご来場頂きました多くの皆様、本当に本当にありがとうございました。

札幌出身の作家、まきりかさんの北海道3部作の第三弾ということで最初にお話を頂いたのが1年2ヶ月前。
北海道を地元をもっと盛り上げたいという想いを常々持っていた僕は「まずどんなストーリーなのかお話しを聞かせて下さい」と。
すると「真冬に北海道でマンゴーを作る話です」
「北海道でマンゴー?」最初は何のことなのか、まさに劇中に出てくる健太や十勝の人たちと同じ感想でした。
それから詳しくお話を聞いて実在のマンゴー農家の中川さんの記事などを読んでいるうちに、とても夢のある話しだなと興味を持ち、これは俺の使命だと思い出演を決めました! 


そして初の顔合わせが10/29。
集まった大人キャスト5名と22名のジュニアキャスト。演出の保科由里子さんのもと稽古がスタートしました。
オリジナル作品は本当に色々と大変な作業がいっぱいで稽古はスタートしたものの、大人キャストはギリギリまで他の仕事を抱えていたり、そして何よりも台本が出来上がったのが12月の頭だったので実際には初日まで3週間しかありませんでした。しかも音楽がなかなか仕上がってこない。
そんな状況の中でも大人キャストはもちろん、子供達一人一人とも真剣に向き合い演劇の楽しさ、尊さをちゃんと伝える保科さんの姿勢がこのカンパニーの心を一つにして素敵な作品にしてくれたのだと思ってます。


少し話が逸れますが、僕は2014年に舞台を一年間休んだ時期がありました。
それはある演出家に演劇論、芝居とはこういうものなんだ!という指導を受ける中で僕自身も四季を辞めたばかりで自分のキャパシティを超えてしまい、何が正解で芝居とは何なのかが全くわからなくなり「自分が役者に向いていない!自分のやってきた事は全て間違いなんだ。自分は役者をやっていてはいけないんだ」と本気で思い込み、舞台に立つことが怖くなり復帰するまでにかなりの時間がかかってしまいました。

その後なんとかレミゼで舞台復帰し何本か舞台もやらせて頂きました。
歌う事は楽しいし何の躊躇もないのですが、台詞を喋る、芝居する事に関してはどこかであの時のトラウマがあって心に引っかかるものがありました。
実は保科さんには稽古前にその事を伝えたことがありました。そうしたら「福井さん、絶対に大丈夫です。私が必ず福井さんを輝かせます。絶対に不安な気持ちのまま舞台へ上げる事はしません。
どんな事があっても私が全ての責任を取ります」と言い切ってくれた。
本当に嬉しかったし、心強かった。

僕はなんの迷いもなく全てを保科さんに委ねる事ができた。そして子供達のひたむきな姿。純粋に素直にお芝居を楽しむ姿を見ていて、心がやっと自由になれた気がしました。
20年もの間、色んな舞台に関わってきましたが、こんなにもお芝居を楽しく感じる事は無かった。
それは稽古前のジェスチャーゲームであったり、絵心選手権であったり、そういうものを通して、お芝居って信頼関係が大切なんだと改めて感じる事ができた。
そしたら舞台上で「一人じゃないんだ」と感じる事ができた。
毎回、不安だったけどみんなを感じながら信じ合ってお芝居をする事ができた。

夫婦役のノダクミちゃん。弟分の健太を演じた卓士。宮崎のマンゴー農家の三ちゃん、そしてその奥さんを演じた装子さん。
それから中川家の子供達とその友達。精霊の子とぅぶ達を演じてくれた22名のジュニアキャスト。
みんなが僕に力を与えてくれた。
そう、みんな一人じゃないんだ。
「みーんな、宇宙のつぶなんだ」と…

{D6EF4E76-4ED3-4DC8-9176-A50D2624AE85}


{8404C5A4-18A7-4499-977F-BE651C00E764}


それに気づかせてくれた演出の保科由里子さんに本当に本当に心から感謝しています。


この経験は僕の宝物です。
どの場面も本当に素敵なシーンだったな!
どの瞬間も本当に尊い。


今は終わってしまって本当に寂しいけど、狭い世界またどこかで皆に会えると信じてまた新たな挑戦をしていきたいと思います。



そう、その挑戦とは3月の二人ミュージカル。

「グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!」 

たった二人しかいないのだから、それこそ信じ合ってやらなきゃ絶対に無理。

そう気づかせてくれた「SNOW MANGO」
僕の俳優人生の中で間違いなくターニングポイントとなる大切な作品になりました。

最後にこの作品に関わって下さった全ての方に感謝を込めて…

ありがとう!!!

{021EE1F7-5904-4EFA-B25C-33C6973DBB66}


福井 晶一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(2)

  • ファン冥利に尽きる素晴らしい作品だった「SNOW MANGO」

    素晴らしい作品をこの世に生み出して 福井晶一さんのブログが更新された過去の苦しかった時の気持ちも打ち明けてくださって真っ直ぐな福井さんならではの内容で私もそのまま真っ直ぐ受け止めたこのように言葉にしてファンに伝えてくださることが出来るようになったこと今回の作品のお陰でもあるのだなぁとより感慨深くス…

    肩こりママさん

    2016-12-28 12:03:10

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

1 ■お疲れさまでした♪

やりきりましたね!
オリジナルミュージカルは役者としてだけでなく総合的に産みの苦しみが伴うので大変なことだろうと
でも だからこそ 観手は仕上がってくるのが楽しみなものです

そして素敵な作品が生まれましたね!
クスッと笑ってしまったり微笑ましくてニッコリしたりという場面もあるのに心が震えっぱなしで始終涙がこぼれていました
バイブレーション♪客席にもしっかり届いていましたよ
客席の感動のバイブレーションもそちらに届いていたのではないでしょうか
舞台も客席も あの銀座の劇場全てがまさに北の大地でしたものね!

作品も福井さんもキラキラしていましたよ
今の福井さんらしい 今の福井さんだから出来る中原さん
もろさもある でも実直で優しくて温かい
だからこそ周りの人に恵まれて精霊たちとも響き合う

舞台で役を生きているのだけどまさに福井さんそのものな感じ
それって当たり役っていうのだと思います
本当に!使命だったのでしょうね!
だからこそ福井さんも上演後のご挨拶で言われていたように たくさんの方に観ていただきたいし北海道公演が出来たらいいな!と思いました

苦しかった時のこと ようやくお伝えいただけましたね
いつか言葉にされるのだろうなと そしてその時は自分の中でも一定落ち着くところに落ち着いている時なのだろうなと
今回また このブログの存在を大切に思いました
福井さんが福井さんの言葉で皆に等しく伝える場
私はここで福井さんがファンの皆に伝える事を第一に受け止めます

そうですよ
演劇とは大きな感動を皆に贈ってくれる素晴らしい存在だし世界だと思いますが
送り手は小さな世界で小さな社会です
ひとつの作品はその中のもひとつ小さな世界
やり方や想いが相容れない事はあるでしょう
頭を打つことは成長に繋がるでしょうが今まで積み重ねてきた事はそのまま今の「福井晶一」なのだということも確かですよね
そしてたくさんの応援する者が居るということも

良い作品に出会い作り上げられて良かったですね!
そして そういう良い作品にいざなっていただけることこそがファン冥利に尽きます
ありがとう!!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み