新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイのブログ

日々の点検の様子など、レポートさせて頂いております。


テーマ:

照明器具安定器の交換目安について、エフ・ピーアイがお伝えします。

 

我がエフ・ピーアイは消防設備の専門会社ではありますが、各種弱電工事も承らせていただいております。

なかでも、照明器具の修理や交換のご依頼を多数頂戴しておりますので、この機会に触れさせていただこうと思います。

 

では、安定器の寿命について少しご説明いたします。

 

照明器具の心臓部にあたる安定器ですが、従来式の磁気式(銅鉄)安定器と省エネ効率を上げるための電子式安定器に分けられます。

 

銅鉄安定器の寿命
 安定器の寿命は他の電気機器と同様に、巻線、コンデンサおよび口出し線などに用いられている絶縁物の寿命によって決定されます。
 標準条件で使用した場合の平均寿命は一般的な使用状態で8~10年間といわれています。

 

電子安定器の寿命
 基本的には銅鉄(磁気回路式)安定器と同じで、標準条件で使用した場合の「平均寿命は10年または点灯時間で40,000時間」といわれています。
また、蛍光灯器具が施設された場所の周囲温度、湿度、電源電圧、点灯時間、汚損、腐食性ガス、振動、取り付け方法などで耐用年数が大きく影響されるとしています。

 

いずれも、安定器の累積使用時間で40,000時間が耐用の限界とされています。30,000時間ぐらいから故障率が高まりますので、30,000時
間~40,000時間が適正交換時期になります。

ただし、使用環境や条件によって大きく左右され、照明器具の使用温度範囲が8~10℃超えると寿命が半分になるといわれています。

 

以上のように安定器には寿命があります。

照明器具を設置して10年を超えると、外観に異常が無くても内部の部品(安定器・ソケット・配線など)劣化は進行していますので、症状に異変を感じたら速やかに交換されることをお勧めいたします。

 

 

照明器具安定器の交換目安についてお伝えしました。

 

最後までご拝読いただきありがとうございました。

何かしらのご参考になれば幸いです。

 

照明器具安定器交換のことなら…株式会社エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。