新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイのブログ

日々の点検の様子など、レポートさせて頂いております。


テーマ:

いよいよゴールデンウィークが始まります。

皆様はいかがお過ごしになられるのでしょうか?

弊社の営業日は暦通りとなります。

※5/6(土)はお休みさせていただきます。

宜しくお願い致します。

 

お客様からよく、「マンションの火災報知器が鳴ったらどうなるの?」というお声を頂戴します。

 

マンションの業態や規模にもよりますが、一般的には次のような仕組みになっています。

 

①何らかの原因で火災報知器が作動する

 

②マンション内の居室や共用部分で火災のアナウンスが流れる

 (若しくは非常ベルが鳴る)

 

③同時に管理人室などにある火災受信機(防災監視盤)の火災表示灯が点灯し出火場所(エリア)が表示される ※発報元が居室の場合は部屋番号も表示される場合があります。

 

④③と同時に警備会社へ自動で通報され、エレベーターが停止したりエントランスの自動ドアが開放されたりする

 

だいたいこのような流れですが、このとき消防署に通報が行くことは基本的にはありません。

 

そして、このような場合どうすれば良いかということになりますが、そこは管理会社の体制次第となるかと思います。

 

日中であれば管理人の方が勤務されていますので安心ですが、夜間はやはり心配です。

 

もし夜間に火災報知器が鳴った場合に、一番先に現場に駆けつけてくれるのが警備会社の方のはずです。

現場の状況を判断して、消防署か管理会社へ連絡する形になると思います。(本当の火災か?火災報知器の誤作動か?)

火災報知器の誤報かどうかの判断は難しい為、消防署へ連絡する場合が多いのではないでしょうか?

消防士の方は、「明らかに誤報であると確認できる状況でなければ、ためらわず119番通報してください。」というスタンスですので、そこはお任せするほかありません。

 

誤報だった場合には、私たち消防設備士の専門分野ですので、是非お声掛けください。

 

最後までご拝読いただきありがとうございました。

何かしらのご参考になれば幸いです。

 

火災報知器の誤報にお困りのときは…消防設備専門会社 エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。