晩酌する日もついつい白米を食べてしまいたくなり、毎晩葛藤することが日課になっているオオハシです。


今回はお伺いしたのは、約1年半振りにお邪魔することになった11階建てのマンションです。

まだ築7年程なので、これと言って大きな不具合は発生していません。


しかし、点検する消火器の中にはこのようなものも…



設置箇所が完全な屋内ではないので、どうしても雨風の影響を受けてしまっており、レバーの部分から痛み始めてきています。(容器がステンレス製なのでこの程度で済んでいますが…)


そしてこちらの消火器…



同じ建物の同じ設置年数でこの違い…?!(写真だと伝わりにくいでしょうか?)

なぜかと申しますと、こちらはステンレス製の格納箱に収まっているからなんです。

実物の見た目はかなり違いますよ。

年数的にもそろそろ交換時期が近付いてきていますが、前者はあまり使用したい状態ではなく、後者は交換するのももったいないくらいの違いになっています。

せっかくの設備ですから、いつか来る交換時期までは万全な状態を維持したいものです。


ちょっとした工夫や施工方法で、その後の状況がかなり変わるという事例の一つではないかと思います。


いつのときも、安心・安全を提供できる会社、そして消防設備士でありたいと思う今日この頃でした。



新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木 1-12-23
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640




AD