身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

我孫子道院 道院長のブログ


テーマ:

少林寺拳法の昇級・昇格考試を受験するときは、

あらかじめ学科の宿題(レポート)を提出することになっている。

学科レポートのテーマは、受験する級位・段位ごとに定められていて、

先日、2月末に八級の昇級考試を受験する拳士からレポートの提出があった。

 

八級受験者の学科の宿題のテーマは、

・なぜ少林寺拳法を習おうと思ったか

・少林寺拳法の拳士としての心得

の2問。

 

今回は、このうち3年生の女の子、M・Yちゃんが書いてきた、

「なぜ少林寺拳法を習おうと思ったか」の作文の一部(要約)を紹介したい。

 

『わたしは、少林寺拳法ではなく、空手を習う予定でした。

空手の道場に見学に行くと、入口にはクツが散らかっていました。

見学をしていると、足に包帯や絆創膏を貼っている子が多くいました。

その子たちに話を聞いてみると、「組手をした時にできた傷だよ」とのこと。

見学を終えて、靴を履いて帰ろうとしたとき、足のつま先がチクッとしました。

とても痛かったので確認してみると、切った爪が落ちていて、わたしの足に刺さっていました。

改めてまわりの床を見てみると、ツメやホコリ、ゴミがたくさん落ちていました。

他の子たちはそれが普通のようにしていました。

家に帰って、お母さんに相談しました。

するとお母さんは「少林寺拳法というのもあるよ」と教えてくれて、一緒にパソコンやスマホで少林寺拳法を調べてみました。

道場に見学に行ってみると、少林寺拳法の道場ではみんなクツが揃っていて、床にゴミは落ちていなくて、とてもきれいでした。

そして習い始めると少年読本で勉強しているとき、“強さ”だけではいけないと気づきました。

わたしは強く、やさしく、礼儀正しくなるために少林寺拳法を習い始めました』

(以上)

 

大切なことを、いろいろと再確認させてもらったレポートでした……。

 

少林寺拳法の拳士としての心得

①脚下照顧=靴をきちんと揃える(自分自身を常に見つめる)

 

少林寺拳法の拳士としての心得

③作務=修練の前後に拳士全員で必ず掃除を行う(練習以外の作業も大切にする。自分の心も磨く)

 

汚くなったところをきれいにするのが「掃除」。きれいな状態を維持する作業が「作務」

 

いい環境、いい仲間たちは、我孫子道院の誇りであり、宝です。

 

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『105

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年恒例の拳士会主催の「冬季雪上鍛錬」に行ってきました。

(別名、日帰りスキー合宿)

 

武道の修行の目的は、「生きる力を高めること」

少林寺拳法の法形(技法)という「具体力」を修練しながら、「生きる力」=「本質力」をどこまで高められるかが、拳士には問われているわけです。

開祖も「少林寺拳法の極意を日常生活に活かせるようになれ」とおっしゃっていましたので、日ごろ修行で培った本質力を、普段と全く違う環境、違うジャンル(具体力)で、どこまで活用できるかを試す場として、毎年、湯沢パークスキー場を舞台に、みんなで検証作業を行っているのです。

 

 

 

鍛錬ですので、非常に厳しいプログラムのはずが、みんな笑顔にしかなりません(笑)

稽古は楽しくなければ続かないので、楽しまないと。

「楽な稽古はないが、楽しい稽古でなければならない」のが少林寺拳法。

朝から夕方までガンガン滑りましたが、どうやら、みんなの本質力も、なかなか高まってきたようです。

ワタシ自身も、ランチタイムすら惜しむように、ノンストップで滑り続けた少年拳士につきあい、

かなりの本数を滑りましたが、筋肉痛はゼロ!!

だいぶ力みが抜けてきた証拠、と自負しています。

(これぞ、修行の成果)

 

本質力の確認なので、スキーの上手い・下手は関係ありません。

(我孫子道院には、この雪上鍛錬でスキーデビューを果たした拳士が何人もいます!)

 

これから1年、しっかり道場で鍛錬を積んで、

来シーズンもみんなで本質力の向上度合いを試しに来ましょう。

 

おかげさまで、ベストコンディションに恵まれました~

 

帰りの新幹線に乗る前に立ち寄る、越後湯沢駅の越後のお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」での利き酒も、冬季雪上鍛錬の大事な酒行。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『110

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年早々こんな話をするのも何なんですが、

このところちょっと気になることがありまして……

それは、子供なのに尋常ではなく身体が固い子がポツポツいること!

 

少林寺拳法を通して、長年子供たちと接してきたので、身体の柔らかい子もいれば固い子もいるということは、一応わかっているつもりですが、ここ数年、普通の身体の固さを通り越して、日常生活にも支障があるのでは、と思えるほど身体が固い子がチラホラと……。

 

これはもう、

老人の要介護や寝たきりのリスクを高めるロコモに近いのでは???ロコモとは、ロコモティブシンドロームの略で、

骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害を来たしている状態を指す、運動器症候群のこと。

 

身体が固いと運動が苦手になり、怪我もしやすくなる。

だから、少林寺拳法のような武道の稽古に向いているかといえば、正直あまり向いてはいない。

 

しかし、少林寺拳法では、霊肉一如、身心一如と考えているので、

身体が固いと、心も固くなるのでは、と心配している。

 

実際、上記の異常に身体の固い子供たちは、一様に元気がない……。

むかしだって、身体が固い子は一定数いたが、どちらかというとやる気はあって、そのやる気が力みになっていたような印象が強かったが、その点が大きく違う。

 

調べてみると、NHKでも以前「子どもの体に異変あり ~広がる“ロコモティブシンドローム”予備軍~」といった番組で、こうした問題を大きく取り上げていたので、ウチの道院だけでの問題ではないようだ。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3489/1.html

(会報少林寺拳法にも寄稿している武藤芳照さん(日体大総合研究所所長)も出演)

 

そういう極度に身体が固い子を観察すると、

まさに老人と同じように、身体が固いだけでなく、身体がたるんでいる。具体的に言えば姿勢が悪い。

一方、優れたスポーツ選手や武道の達人は、身体がゆるんで、しかもピシッと張りがある。

 

ストレッチ運動が得意でも、動きの固い人はたくさんいるので、本当の身体のゆるさ・柔らかさは、筋の長さや関節の可動域の広さとはまた別のクオリティが要求されるわけだが、それでもロコモ予備軍の子供は、苦手で、不得意で、嫌いであったとしても、自分から運動や武道の稽古に取り組まないと、あとでエライことになるのでは……。

 

親御さんも、お子さんの身体の固さは自覚していても、それほど問題視していないような気がしているのも気になるところ。

もしくは、固いことには気付いていても、異常なほど固いことはご存じないかもしれない。

 

前記のように、異常に身体の固い子は、武道の稽古を含め、あらゆる運動に適しているとは言い難いが、ワタシはそういう人ほど、少林寺拳法のような稽古を継続する必要があるように思うのだがどうだろう。

 

余談だが、そうした子供は、話しかけてもリアクションが乏しく、口数もかなり少ない傾向も……。

リアクションが乏しいのは、性格もあるし、多くの要因が考えられるが、ひとつには、語彙が乏しいのでは、と個人的には考えている。

(口数が少ないこと自体は悪いことではない)

身体が固いと、頭も固くなりがち(頭だって身体の一部)。

身体を動かして、人と交わらないと、ボキャブラリーも増えない。

だからますます人づきあいが苦手に……という悪循環にも繋がるのでは?

そういう人は、まずは稽古で身体を動かして、漫画でもいいのでたくさん本を読んで、語彙を増やすことからはじめたらいいのでは。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『82

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

我孫子道院の初稽古は、1月5日。

翌6日には、新春法会を行い、元気いっぱいに2018年のスタートを切りました。

 

 

門下生代表挨拶

今年は、准拳士初段のママさん拳士、M・Tさん

 

精勤賞の表彰

2017年に、年間で120日以上参座した9名の拳士を表彰。

5年連続が2名、4年連続が1名いました。

一般部でも、社会人のM・I拳士と、中学生(女子)のA・M拳士が精勤賞。

 

奉納演武は、S・M拳士と、A・S拳士のパパさん拳士コンビ

 

道院長年頭挨拶

「自己の利益のために驚くほどあっさりとウソをつく権力者、企業、メディア、団体、有名人……

『魚は頭から腐る』という格言があるとおり、国も企業もトップから腐るもの。

人づくりによる国づくりを目指す少林寺拳法として、

まず自分自身が正直に、そして正直な人たちの社会と他者への寛容を取り戻そう」

こうしたことを呼びかけました。

 

これにて、新春法会は無事終了。

 

この後は、第二部の餅つき大会

拳士全員で「代わり番こ」に杵をもって、みんなで10kgのもち米をつき、できたてのお餅を美味しく頂戴いたしました~。

 

今年もこのお餅のように、粘り強く、連帯感のある我孫子道院にしていきましょう。

 

手賀沼の初日の出

日本の夜明けは???

 

「日本を今一度せんたくいたしたく申候」

(坂本竜馬)

 

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『118

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年、あけましておめでとうございます。

幸多き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 

元旦は快晴に恵まれ、今年も初日の出を拝むことができました。

 

 

(地元 手賀沼湖畔にて)

 

そして1月2日は、我孫子道院の専有道場に初詣(!?)

ワタシ+拳士のムスメとセガレも一緒に合掌

 

今年の我孫子道院の目標は、

「正直者が馬鹿を見ない世の中をつくるために、いま自分のできることをすること」

 

政権トップから、大手企業、マスコミにいたるまで、驚くほど「嘘つき」だらけになってきたいまの日本の現状は、とても看過できないので、今年はとくに「正直」というのを前面に打ち出して、人づくりの行に邁進していく所存です。

 

「正直者が馬鹿を見ない」というのは、ずっと言い続けてきたことですが、

指導者は、(自分が)飽きずに同じことを言い続け、

同じことの反復服用が快感になるまでキープオンで行くのが、肝心かと。

要は「またあの話?」といわれるうちは、中途半端で、

「まだ言ってる!」といわれてこそ本物。

 

「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉があるとおり、

嘘つきがこれ以上跋扈して、正直者が少数派にならないように、

正直、おせっかい、そして愉快、

この三つを今年の合言葉に、それぞれの持ち味を生かして、パフォーマンスを向上、発揮させていきましょう。

 

「得手に帆をあげて」といいますが、誰にでも得意分野はあるはずです。

自分の好きなこと、得意なことで、人に役立てることを目指そうではありませんか。

 

そして、「得意なこと=少林寺拳法」と胸を張って言えるように、修行を重ねていきたいものです。

 

長文になりましたが、

今年1年の各位のご多幸とご活躍を祈念いたします。

 

2018年も我孫子道院と皆さまにとって、良い1年でありますように。

 

(拳士のご家族の方が作ってくださった、立派な門松)

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『108

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。