身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

我孫子道院 道院長のブログ


テーマ:

年に一度、東京の日本武道館で行われる、全国少年少女武道錬成大会。

今年は昨日、8月5日に開催され、岩手県から鹿児島県まで、全国209か所の道場から、小中学生拳士が、1600人集まりました。

 

 

ウチの門下生からは、中学生8名と、小学生17名が出場。

 

今年、ワタシから彼らに課したテーマは、

「気合を入れて、伸び伸びやれ」

 

大舞台に立つのだから、最大限集中してほしい。

そして、同時に最大限リラックスして、“平常身”で臨めるように、

という意味です。

通常は、モチベーションが高く、集中すればするほど緊張しやすくなり、その反対に、リラックスすればするほど、集中力は希薄になるので、これは武道の極意にもつながる、重大なテーマ。

 

しかし、本番に強いのがウチの拳士のよき伝統。

 

 

それぞれ、修練の成果を発揮して、

合わせて15個のメダル(優秀賞)を持ち帰ることができました。

 

しかし、大事なのは結果よりもその過程。

惜しくも入賞を逃した拳士を含め、全員が練習以上の動き、自己ベストを更新するような演武を披露できたことが、なによりの収穫だったと思います。

 

また、地道な稽古で力を蓄え、技を練って、来年の夏も日本武道館に戻ってきましょう。

 

出場拳士の指導補助、サポートをしてくれた幹部拳士、いつも応援してくださる保護者の皆さん、そしてご尽力いただいた審判の先生、大会スタッフ、関係各位に感謝します。ありがとうございました。

 

 

 

◆サプライズ◆

ご無理を言って、

鈴木義孝先生(金剛禅総本山少林寺 元代表)と記念写真!!

いい思い出になりました。

鈴木先生に感謝、合掌

 

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『108

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

夏休みになり、

神奈川県に引っ越した拳士が、道場に里帰り!

 

大きくて立派なスイカをお土産に持ってきてくれました。

 

 

道院は母港です。

現在は道場を離れている人も、チャンスがあれば、いつでも気軽に“帰港”してください。

 

スイカは、みんなで美味しくいただきました。

 

Mクン、ごちそうさま~。

手ぶらで帰って来ていいからね~~。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『103

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供たちにとって、夏休みの初日となる7月21日から、一泊二日で夏合宿を行いました。

 

 

夏合宿は、ワタシが道院長に就任して以来、毎年実施ている我孫子道院の中心的な行事のひとつ。

 

今年は、普段の稽古の場である、我孫子道院の専有道場を宿坊とし、ここでみんなで寝食を共にし、身心のパフォーマンスを高め、コミュニケーションを深めようというのが目的。

 

初日は、13時に集合し、諸連絡、鎮魂行のあと、16時過ぎまで3時間の稽古。

 

稽古のあとは、みんなで手分けして夕食の用意。

 

 

少林寺拳法で教える本当の強さとは、「生きる力」「生き抜く力」のこと。

この生きることと、食べること、それから寝ることは直結しているので、我孫子道院の合宿では、この二つを特に重視しています。

 

というわけで、小学一年生から大人まで、全員が交代で厨房に立って作ったのは、合宿伝統の「卍カレー」。

 

右が辛口の「赤卍カレー」、左が甘口の「緑卍カレー」

ハーフ&ハーフでブレンドすると、「黒卍カレー」になります。

 

「飯器、汁器は手で持って…………、いただきまーす」

ゴハンは三升以上炊いたのに、完食!!

 

食事のあとは、徒歩数分のスーパー銭湯で入浴タイム。

 

道場に戻ってから、「行コンテスト」

「行」という字は、「強い人が弱い人を背負って、向かい合っている姿」を表しているという開祖の教えを体現してみるプログラム。

写真は、今年の最優秀賞、T親子+A親子組。

賞品は、アイスクリームでした~。

 

寝具は、タオルケットや寝袋を各自で持参。

床には柔法マットを轢いて、みーんな雑魚寝。

照明は早めに消しますが、「早く寝ろ」なんて野暮なことは、時計の針が合掌するまで(午前零時)は、言いません。

 

翌朝の起床(6時)直前の様子。

(今年は、道場の中にテントをひとつ張ってみました)

 

朝食はトン汁。

 

食後は、9時半まで拳士会主催のレクの時間。

少年部の拳士は、中学生拳士が企画した「少林寺拳法クイズ大会」や「相撲大会」「DVD観賞」を。

一般部には、整法(少林寺拳法に伝わる身体調整法)を指導。

 

9時半から12時までは、みっちり稽古を行って、

ラストは、毎回大好評の「流水麺」(流しそうめん)

青竹を竹林から切り出してくるところから、頼りになる工作員(社会人拳士+中学生拳士)が、立派な舞台を作ってくれます!

 

流れてくるそうめんを、タイミングよく、素早くキャッチするのも、拳法の修行の一環(目配り、ポジションどりももちろん重要)。

 

麺も、こだわりの「讃岐そうめん」

 

かくして、2017年の夏合宿も無事に終了!!

約40名の参加者が、楽しく、問題なく過ごせたのは、

信頼できる幹部拳士のおかげです。

 

合宿のテーマは、毎年「自己確立」(自分のことは自分でやる)と、「自他共楽」(仲間と協力し合いながら、最大限楽しむ)こと。

 

それに加えて、今年は

「一人前」=「人の後ろについていくのではなく、一人ひとりがリーダーのつもりになって、みんなの前に立つつもりで行動する」ことも掲げてみました。

 

終わってみれば、幹部拳士はもちろんのこと、中学生も、少年部の班長も、新入門の子供たちも、みんなミッションコンプリート。

 

素敵な夏合宿になりました。

 

この合宿で培った団結力で、暑い夏を乗り切っていきましょう。

 

 

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『110

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週土曜日(6月24日)、我孫子道院では2017年前期の入門式を執り行いました。

 

入門式は、入門した本人が修行の決意や心構えを確認し、自分自身に誓うための儀式であり、同時に、入門者を仲間として迎え、絆を結ぶ手始めの儀式です。

 

 

今回、入門式を迎えたのは、

5月に入門したM・H(社会人)さんと、

6月に入門したH兄弟と、Y姉弟と、Hクンの5名(いずれも少年部)

 

(入門者代表として誓願文を奉読したのは、社会人のM・H拳士)

 

この日、晴れて正式に少林寺拳法の拳士となり、我孫子道院の仲間に加わってくれた6名の拳士たち。

 

5月入門のM・H拳士は、818期

6月入門の5名の少年少女拳士は、819期

 

ちょうど70年前、

開祖が、戦後の荒廃した暗い世の中を明るくするために、たった一人で灯した、金剛禅運動(少林寺拳法による人づくり)という“聖火”を、それぞれ818番目、819番目に受け継いだ聖火ランナーになったわけですから、長く修行を継続し、次世代に伝え広めていってください。

 

「入門したその日が、指導者としての第一歩」

「新入門の皆さんは、将来の指導者です」

というのが、斯道の先賢からの教えです。

 

少林寺拳法には、入門はあっても卒門はなく、

修業には、卒業があっても、

修行には、卒行はありません!

 

初心を忘れずに、修行を永続して行ってください。

 

皆さん、入門おめでとうございました!

 

すでに紹介済みのH兄弟(小学3年生と1年生。6月第1週の入門)

 

6月第2週入門のY姉弟(小学3年生・1年生)は、この日手渡した袖章をもって記念写真。

 

入門したばかりのS拳士は、6月の第4週の入門(小学2年生)

 

(もう一人、5月に入門した社会人のW・Kさんは、仕事のためやむを得ず欠席。入門式は2017年後期までお預けに……)

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『109

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年少林寺拳法千葉県小・中学生大会が、

6月18日に、船橋アリーナで行われました。

 

ウチの門下生からは、

小学生17人、中学生7人の24名が出場。

 

拳士たちのこの大会へのモチベーションは高く、本番では、これまでで一番の動きを、それぞれ体現してくれました。

(本番に強いのが、我が道場のよき伝統!?)

 

結果は、24名中8名の拳士が入賞

 

入賞を逃した拳士も、テーマにしてきた、自他一体・自他未分の演武にかなり近づくことができましたし、なにより気合は全員立派でした。

 

(3位に入賞した、小学生団体演武)

 

また自分の出番以外の時間は、出場している拳士たちに対し、みんなが一体となって応援している姿が見られ、道場としての連帯感は、他所に負けない見事なものだったと、なによりうれしく思っています。

 

(こちらは、惜しくも3位入賞を逃したものの、”誇りある4位”となった中学生団体の6名+単独演武に出場したO拳士。私服の拳士は、引っ越し先の横須賀からわざわざ応援に駆け付けてくれたMクン)

 

(出場した小中学生の拳士+見守ってくれた一般部拳士に、ねぎらいの言葉をかけるワタシ)

 

今年も、大会へ出場するための準備、練習を通して学び、出場して、会場内でも学び、終了後もまたいろいろと学ぶことができました。

 

とくに会場までの移動や、出番待ちのときの態度、仲間への一体感のある応援などに大きな成長が見らた点を、ワタシ自身は、大きく評価しており、ある意味、結果以上に、すべての拳士を誇りに思っています。

 

そうしたことを、拳士自身も、大いに誇りを持ってください。

 

みんなお疲れ様でした!!

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『106

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。