身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

我孫子道院 道院長のブログ

NEW !
テーマ:

帰山合宿初日の午後は、少林寺拳法発祥の地へ




桃稜公園の中腹にそびえ立つ、現在の総本山が建設されるまでは、多度津町の中心街(?)にあるこの道場が、少林寺拳法のメッカであり、出発点だった。


上掲写真、左奥に見える一軒家こそ、戦後、中国から引き揚げてきた開祖が、1947年に「少林寺拳法」の看板を掲げた最初の道場。

普通の自宅の一室=六畳間に、半間の祭壇兼押入れを設けた道場だったので、「五畳半道場」といわれている。

少林寺拳法は、69年前、ここで産声を上げ、来年創始70周年を迎えるのだ。


その右隣の建物が、本部道院(旧道場)

開祖生誕100年の記念事業として、全面改築され、今年の春リニューアルされたばかり。


その真新しい道場で、我々も道衣に着替え、稽古をさせていただいた。






ここでは、本山職員で、現在の本部道院副道院長の富田先生がお出迎え。

新しい本部道院や、多度津町のこと、地元の拳士たちの様子について、解説してくださいました。


帰山合宿に参加した、我孫子道院の女性拳士だけで、パチリと一枚



そしてここでは、とても豪華なスペシャルゲストも!!!



教範やカッパブックスに掲載された開祖の技術写真を撮影された稀代のカメラマン、宮野義久先生と、奥様の倫子様。

宮野先生は、36期(1952年3月)入門の開祖の直弟子でもあり、正拳士四段)の大先達。

改築前の旧道場や、五畳半道場にも非常にご縁の深いお方。

奥様も、女性拳士の先駆者で、若かりし頃は、あの田村道明先生と組んで、各地の公開演武会で、開祖の前で演武を披露された実力者でもある。


「建て直された新本部道院には、まだ入ってみたことがない」ということだったので、我々の帰山に合わせ、

暑い中わざわざお越しいただけました。


上の写真は、現在の本部道院の二階。

旧道場の梁や柱を再利用しているので、「ここは、かつての旧道場の面影が残っている」と宮野先生。



 

続いて、五畳半道場へ




こちらでは、宮野先生と奥様に、少林寺拳法 創成期の頃のお話を拝聴。

こんな贅沢、他にあります???






道場の裏手には、桜川が流れている。

この川にいたアヒルたちが、拳士の“締法”の練習台にされたというのは、有名なハナシ!?

むかしは、水運の拠点で、こんぴらさんへの参拝客や、米などの積み荷が、行きかっていたらしい。



 

恐れ多くも、奥様にはジュースの差し入れまで頂戴し、

夕方4時過ぎまで、修練、見学、宮野先生と奥様の歴史講義を堪能しました。


今回の帰山合宿のテーマは、

来年の創始70周年を目前とし、

「原点に帰る」

としていたので、この五畳半道場と、本部道院の見学・修練だけでも、かなり目標達成!?




そういえば、改装された本部道院の壁には、「開祖生誕百年記念寄付者御芳名」という、このようなものが……。

以前、この本部道院の立て替え保存費用の寄付を募ったとき、それに応じた方々のお名前が、刻まれておりました。

本当に寸志(一口)のみ寄付させていただいた、ワタシの名前も末席にあり……(大汗)

ちなみに、これは我々の到着する、ほんの2時間ほど前に掲げたばかりのできたてホヤホヤだったそうで、関係者以外で、これを目にしたのは、ワタシたちが第一号でした!


この新本部道院、エアコンも効いていて、居心地がよく、ずっと修練していたり、宮野先生のお話を聞いていたかったのですが、地元我孫子を出発して、はや12時間近く経過していたため、この後ひとまず宿へ移動。


今回は、合宿らしく、みんなで大部屋に泊まりたいということで、ホテルではなく、

多度津町内の少林寺拳法指定旅館「ちぐさ」さんに、チェックイン。

(こちらは、ワタシが道院長研修会の際、お世話になっている定宿(?)です)



荷物をほどいて、一息ついて、シャワーを浴びたら、

「広島風 お好み焼き・骨付鳥の店 よこた」 へGO



こちらは春と夏の本部での大学拳法部合宿に参加する、学生拳士たちの御用達のお店!

美味しくて、安くて、深夜(午前1時頃?)までやっている、拳士にとって頼れる名店。

本部職員の方々にもよく遭遇します(じつはこの日も……!?)。




昼から我慢していたビールも、いよいよ解禁!

カンパーイ

(ごくごくごく)




オヤ(大人)は、(骨付)鳥から。

子供たちは、鳥の唐揚げとお好み焼き+ジュースで、団体宴武スタート!


宿に帰って、もう一回戦、団体宴武を飲りましたが、

夜はぐっすり眠れた拳士が、多かったようです。

(一部、おじさん拳士が、”組宴武”(三次会)にも臨んだそうですが……)



夜明け前の、少年拳士たちの寝相(笑)



(本番編 其の二=二日目へつづく)


本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『118

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の我孫子道院の夏合宿は、香川県にある総本山少林寺への帰山合宿でした。

(7月23日~24日 一泊二日)


これまで、帰山合宿は4年に1度という位置づけでしたが、成田ー高松間にLCC(ジェットスター)が就航し、旅費がずいぶん安くなったので、4年毎から3年毎に期間を短縮。

より多くの拳士に、本山へ足を運ぶ機会を提供しようと目論んだ次第であります。


そんなワタシの呼びかけに賛同してくれたのは、

社会人9人、中学生2人、小学生7人の、合計18名!!




(少林寺拳法創始70周年に向けて、ジャンプ!! @錬成道場)



初日の朝、5時半に地元の駅で集合し、

成田空港 8時10分発の飛行機で出発



(成田ではお約束 「夏合宿、よーい、スタート!!」)




四国・高松空港に“入国”したのは、9時35分


空港でレンタカーを借りて、最初に向かったのは、

中野うどん学校琴平校

「体得体解」がモットーの、我々少林寺拳法の拳士ですから、

讃岐に来たら、手打ちうどんの技法も体得したいということで!




S拳士、白い服を着ているだけで、シェフかパテシエ風?



大人も子供も、みんな真剣




麺は踏んで鍛えます




伸ばして、



切って……(太さは均一? 太すぎたり、細すぎたりしても、そこはご愛嬌)




たっぷりのお湯でゆでたら~




いただきまーす!!




腹ごしらえを済ませたら、

ここからが修行の本番!!


ファーストミッションは、

石段で有名(?)な「こんぴらさん」での、足腰の鍛錬



こんぴらさんの石段は、本宮まで、785





それだけでもしんどいのに、今回はその先の奥社まで足を伸ばし、さらに583段……

合計すると1368段!


 

みんなで奥社まで登った証拠写真

外気温は30度ちょっと(大汗)

 
(奥社からの眺望)


少年拳士を鍛えてやるつもりが、

子供達は元気

一方、大人(=ワタシ)は、ふくらはぎがパンパンになってしまったのはナイショです。

(鍛え直さないと……)


いい汗をかきましたが、まだまだビールはお預け


この後、道衣に着替えての修練が待っております!


(つづく)



本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『108

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月、2016年7月の入門期生は「808」。
(少林寺拳法では、68年前から、一ヶ月毎に入門期生をカウントしている)

末広がりで縁起がいい? エンジェルナンバー??? 無限大(∞)? シンメトリーで並びがきれい……

要はなんだって、いいんですが(笑)、今月も少林寺拳法への入門のチャンスです。

すでにこの7月は、社会人ひとり、小学生ひとりが、808期生として、我孫子道院の新しい仲間に加わってくれました。

小中学校は、今日が一学期の終業式ですが、この夏休みから、少林寺拳法をはじめてみませんか?

身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『「武道」「武道」と言うが、「道」というのは、ときに迷うもの。

なので、「武道」ではなく「武導」を目指さないと。

「武道」と「武導」の違いは何かというと、「寸」だけ。

「寸」だけに、違いは「一寸」(ちょっと)かもしれないが、

その一寸が生死勝敗を分けるのが、武道の世界。

「寸」には命がかかっていることを、忘れてはならない……』


最近、とある大先生に教えられて、はっとした言葉です。


少林寺拳法は、人間完成の行であり、

技を通して、自信と勇気と行動力を身につけ、慈悲心と正義感を持った、本当に強い人間を作る、「人づくり」と、人づくりによる国づくりの大道で、平和で豊かな、正直者が馬鹿をみない理想境建設の先頭に立てるリーダーづくりこそ、真の目的。


リーダー=人々を導く、という意味でも、我々、少林寺拳法の拳士は、「武道家」ではなく、「武導家」を目指すべきなのではないだろうか。


いい勉強をさせていただきました。





大先生が、ワタシのノートに書いてくださった

「神韻武導」の四文字。


「武」を導ける、「武導家」になりたいものです……。




本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『111

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、2016年前期の入門式を執り行いました。




今回の入門式に参列し、晴れて我孫子道院の仲間になった新入門拳士は、

5月に入門した、小学6年生のO君、

6月に入門した、小学4年生のT君と、小学2年生のAちゃん

そして、昨日、初めて見学・体験に訪れ、その場で入門を決意してくれた、小学3年生のI君の4名。

(去年の10月に入門し、都合でまだ入門式に参加したことがなかった、八級のYちゃんもプラス)



入門式は、入門した本人が修行の決意や心構えを確認し、自分自身に誓うための儀式です。


少林寺拳法の正しい修行目的は、心を修め(精神修養)、技を練り(護身錬胆)、身を養って(健康増進)、円満な人格と、不屈の勇気と、金剛の肉体を得ることにあります。


また、少林寺拳法は、技を通して、自信と勇気と行動力を身につけ、慈悲心と正義感を持った本当に強い人間を育てる禅門の行です。


自信も、勇気も、行動力も、そして慈悲心と正義感、いずれも「これだけあればOK」という到達点はありません。


だから、少林寺拳法には入門式はあっても、卒門式はありません!


つまり、入口はあるけど出口はない。

そんな、学ぶことに終わりのない、とっても素敵な世界へようこそ。


少林寺拳法は、本気になればなるほど、楽しくなります。

真剣に打ち込んで、早く少林寺拳法の楽しさに気が付いて、修行を継続してください。


最初は不安があるかもしれませんが、道場には大人から子供まで、頼りになる仲間がたくさんいます。


みんなの中で、みんなとともに、自分を磨いていきましょう。




(新入門者の記念写真)

6年生のO君は、なんと事前に渡した誓願文を、丸暗記してきたというツワモノ!

T君は、入門者代表、よく出来ました。

初稽古の日=入門式だったI君。レアなケースですが、それだけラッキーであり、少林寺拳法との縁の深さを感じます(自分の道衣は発注したばかりなので、今日は借り物の道衣で参列)。

Aちゃんは、ちょっと緊張気味でしたが、お母さんの見守る前で、記念の入門式となりました。

黄色帯のYちゃんは、ようやく入門式を迎えられました。新入門の子たちよりも先輩な分、立派な挨拶ができました。


次回の入門式までに、一般部の新入門も増えるといいな~


我孫子道院では、引き続き新しい仲間を大募集中です。
年齢、男女は問いません。

我々と一緒に、危機的状況を生き抜く本当の強さを身につけ、勝たなくてもいい、負けない自分作りに励んでみませんか?


本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『106



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。