身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

我孫子道院 道院長のブログ


テーマ:

あけましておめでとうございます。

2017年の我孫子道院は、1月6日の初稽古からスタート!

 

翌1月7日には、新春法会を執り行いました。

新春法会(ほうえ)とは、拳士が一堂に集まって新しい年を祝うとともに、「教典」を一緒に唱和したり、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です)

 

開式の辞、導師献香、教典唱和のあと、門信徒代表挨拶

 

今年の代表者は、昨年有段者の仲間入りを果たした、A・S拳士

(立派な決意表明でした)

 

続いて精勤賞の表彰

精勤賞は、2016年の年間修練日・148日のうち、一ヶ月平均10回以上=年間120回以上参座した拳士を表彰(賞状と、副賞を授与)

今回の精勤賞の受賞者は、11名(上掲写真の拳士たち)。

最多参座者は、一般部のI助教と、少年部のS・F拳士の146回!

「数をかけること」は、修行の心得の8つの要諦のひとつ。

今年は、全員が100日以上参座することを目指しましょう。

もちろん、稽古は質と量、どちらも肝心なので、参座回数が少ない人は、その分、中身の濃い稽古になるよう努力と工夫をしてください。

 

今回は、4年連続して表彰された少年部の拳士が2名いたので、

その2名を、我孫子道院少年部の初代班長に任命しました!

班長制度は、あくまで試験的な導入とし、定着するかどうかは、この日任命したN・M拳士と、S・F拳士の働きぶり次第。本人たちにもそのように伝えて、ハッパをかけておきました。

 

道院長年頭あいさつでは、

まず、今年は少林寺拳法創始70周年であることと、

それに関連する各種行事があるので、積極的に参加してほしいと伝えました。

 

また、今年の言葉として「有志竟成」(ゆうしきょうせい)の一言を紹介。

「有志竟成」とは、

「志ある者は事竟に成る」という意味。
つまり志を曲げることなく堅持していれば、必ず成し遂げられるということ。
一見すると困難のようにみえても、固い信念を以て事に当れば遂には実現されるので、拳士はこの1年、強い志をもって、稽古に一層励んでほしいというメッセージ です。

 

この後、代表者に奉納演武を行ってもらって、新春法会は無事終了。

 

今年もほぼ全員の拳士が集まって、新しい年のスタートを切ることができました。

 

そして第二部として、恒例のお餅つきへ

道場のある、子の神大黒天の境内を拝借して、子供から大人まで、一人10回以上、力強く杵を振り下ろして、もち米10kg、3臼分の美味しいお餅をつきあげました~。

 

 

 

 

今年も、このお餅のように団結力があり、粘り強い拳士が集う、我孫子道院にしていきます。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『107

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

我孫子道院の2016年の稽古納めは、クリスマスイブの12月24日(土)に行いました!

(事前に、Xマスイブでもいいですか、と拳士にアンケートを取ったところ、大半の人がOKと答えてくださいました)

 

この日は、13時に入門式からスタート!

今回は、今年7月~12月の間に入門した、

社会人のO拳士と、小学2年生のT拳士が、晴れて仲間入りを果たしました。

 

それから、今年最後の全体稽古&昇級考試。

稽古の終盤、

ひとりずつ、みんなの前に出て、それぞれが一番好きな技を発表・実演。

上手でなくても、得意でなくても、「好きだ」という法形を選ぶことで、

少林寺拳法に対するモチベーションを確認し、みんなで共有するのが目的です。

一般部も少年部も、およそ9:1で柔法の法形をチョイスしたというのが、2016年の特徴でした。

 

そして、全体稽古の締めくくりは、恒例の

煩悩退散108本突き

 

ストレスも、邪気も、むなしさも、煩悩も、大きな気合いと突きで、吹き飛ばしてやりました!

 

稽古のあとは、1年の感謝を込めて、拳士全員で道場の煤払い。

道場は修行の場であると同時に、修行の仲間!?

大掃除も決して手を抜かず、それぞれの持ち場を熱心にきれいにしていくのが、

我孫子道院のひとつの美点。

今年も手際よく、隅々まで丁寧な掃除ができ、気持ちよく新年を迎える準備が完了。

 

これで稽古納めの第一部が終了。

 

第二部は、きれいになった道場で、団体宴武=望年会です。

納会名物=ちゃんこ鍋(塩味)

 

豪華な差し入れも!

 

ワイワイガヤガヤ。この大家族的な雰囲気が、我孫子道院の持ち味。

 

望年会では、Y先生からアイデアを頂戴した「今年の漢字」の発表も!

中学生、Aちゃんが選んだのは「走」。

なぜか大喜びのI拳士は、「出」。

他にも「耕」「変」「友」「生」「会」「輪」「渦」「見」など、一般部全員が

それぞれの1年を象徴する一字を、思いとともに表現してくれました。

ちなみにワタシが選んだのは、「試練」の「試」。

飛び入り参加で、サポーターの保護者の方まで、発表を……

 

(調理の準備・後片付けをお手伝いいただいた、保護者の方々。Xマスイブの夜にもかかわらず、ご尽力いただき、本当にありがとうございました。感謝・再合掌)

 

今年も、この約40人の拳士全員が、我孫子道院のMVPです!

ベストメンバー(当日来られなかった拳士を含め)で、年末年始が迎えられることを感謝し、

少林寺拳法創始70周年を迎える2017年は、

もっと活気ある道院を目指していきましょう。

 

この1年、たくさんの出会いと学びがありました。

法縁のあった一人ひとりに感謝します。

 

(じつは本日も年内最後の通常稽古がありますが)

新年の初稽古は、1月6日(金)

新春法会は1月7日(土)です。

 

皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『108

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、家族と親族のXマス会

ワタシは去年に引き続き、骨付き鳥の調理を担当。

 

我々少林寺拳法の拳士にとって、「トリ」と言えば、開祖の愛した丸亀名物の「骨付鳥」!

発祥は、開祖がご贔屓にしていた、1952年創業の老舗

「骨付鳥 一鶴」http://www.ikkaku.co.jp/index.html

 

あの味を何とか再現、いや近づけようと、

今年は、あちこち探しまわって「オヤ」を入手するところから、準備開始。

まずは、地元の柏市公設市場に出かけ、専門店を4軒ほど回ってみたのだが、

「骨付きのもも肉の親鶏だって? ウチでは扱ってないですね~」と……。

どうやら、関東地方ではほとんど需要がないようです!?

 

ならばと、インターネットで探し回ってみたのですが、

調理済みなら香川県を中心にたくさんの業者があったのですが、

食材は全国的にもわずか数件。

それも12月上旬からことごとく売り切れで、クリスマス前には入荷予定はないとのこと(涙)

 

とりあえず、「ヒナ」だけ人数分揃えていたら、ぎりぎりになって、「オヤ」の入荷情報が入り、追加でとり寄せ。

 

オヤ・ヒナそろえて、調理することができました~。

 

 

いまは便利な時代でして、「骨付鳥 レシピ」と検索すると、

クックパッドなどにたくさんレシピが掲載されているんですね!

こうしたレシピから、一鶴風の調理法をいくつかチョイスして、

自分なりに、いいとこドリ

ちょっとスパイスを工夫して、去年より、一歩、あの味に近づけた気がします。

(苦労して手に入れた親鶏足)

 

(オーブンで焼くとき、皮を上にするのと下にするのを、両方試してみましたが、個人的には、皮が上の方がよかったかな? あとは家庭用のオーブンが、250度がMAXだったので……。一鶴のように300度で一気に焼き上げたかったかな?)

 

さて、クリスマスイブの今日は、午後から道院で稽古納め。

2016年後期の入門式をやって、稽古と発表、そして道場の大掃除と、望年会と盛りだくさん。

いい締めくくりをして、少林寺拳法創始70周年の2017年を迎える準備をしたいと思います。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『106

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、12月8日は成道会(じょうどうえ)

ブッダガヤの菩提樹の下で禅定していた釈尊が、明けの明星の輝くころ、ついに悟りを開かれたとされている日。釈尊はこの時、35歳。

 

悟りの瞬間、釈尊は

「奇なるかな奇なるかな、一切衆生悉く皆如来の智慧と徳相を具有す、ただ妄想執着あるがゆえに証得せず」

不思議なことに、不思議なことに、一切の生きとし生けるものはすべて、佛の智慧と徳相を具えているではないか、ただ、煩悩に覆われていてなかなか気がつかない・・・)

とおっしゃったそうだ。

 

釈尊の悟ったことの中身は、

「すべてが、縁よりおこることだという。これを縁起と呼ぶ」

すべてのものが関係しあって、互いの存在を支えている。この世のどこを見ても、一切を縁起の法則=理が貫いている。

このことを悟って、釈尊は「覚者」=仏陀となられた。

 

この瞬間から、仏教がはじまった。

 

開祖は、「釈尊の正しい教えを現代に生かす」ために、行としての少林寺拳法を創始されたわけだが、悟りについては、次のような法話を残されている。

 

「去年の悟りと今年の悟りは違うし、昨日と今日は違うのだ。これが人間でなければならないと思う。

この世の中、本当に日進月歩で停滞はない。また、あってはいけない」

「易筋行の易という字は、変化することである」

「死ぬまでが修行である。これが北禅の基本なのだ」

「禅とは、一瞬一瞬を全力で生きること」

 

成道会の今日も、一所懸命過ごして、何かを悟り、悟りのあとの悟りを求めて、また修行を重ねていきましょう。

 

 

埼玉の矢島隆禅先生から頂戴した、インド菩提樹。

親木はなんと、インドのブッダガヤに生えていた菩提樹だったとのこと!

 

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『100

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワタシにとって、今月は少林寺拳法月間でした。

 

まず11月3日(文化の日)に千葉武専があり、

その週末、浦安での合宿に参加。

 

この合宿では、縁あって、去年からちょこちょこ修練し始めた錫杖伝を、集中的に学ぶことができました。

法器を用いる技法は、徒手の延長と言われていますが、器用とは言えないワタシには、一つひとつの動きが難しく、初心に帰って、基礎からついていくだけでも精一杯……。

しかし、去年の合宿のときは、正直、右も左もわからぬ状況だったことを考えると、少しは進歩していたようです!

 

「できないことが、できるようになっていく」

 

こうした稽古・修行の原点といえる楽しみに浸れて、大満足の合宿でした。

法縁に感謝です。

 

そして、19日・20日は、小教区と県教区の研修会。

この研修会では、学科に加え、整法・圧法・活法(人体のツボ=経絡秘孔を用いた特殊な技法)を含む、高段者向けの実技の時間も設けられました。

これらの技法も、学ぶ機会が限られていて、非常に高度で奥深く、絵にも文にもならず、動画でもまったく伝わらないような体伝体得、口伝の世界。

正師の秘授に因らずしては知ることを得ざる妙諦とはまさにこのことかと。

 

こうした技法を学ぶと、少林寺拳法の修行法は、なぜ「面授面受」でなければならないのかが、理屈ではなく、身に染みてよくわかります。

※面授面受=面で授け、面で受け取る。フェイスtoフェイス、マンツーマンで教わること。

(「面授」が、「面で授かり」だと……?)

 

しかし、ワタシ自身に限っていえば、

先達から教えを受けて、それを後進に伝えていく、パスするような立場なので、どちらかというと、

「面授面受」ではなく、「面受面授」の方がしっくりくるような気が……。

 

いずれにせよ、ワタシは本当に師運に恵まれていると思う。

いつも、秘伝のコツを惜しげもなく教えてくださる先達が周りにいてくださるのだから。

 

というわけで、先賢先達から、「面受」で教わったことは、これからも門下生に「面授」で伝えていきます。

 

今回、ご指導いただいた偉大な先生方に、心より感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

◆宝物がひとつ増えました◆

別件ですが、先日、師父より「道服」を頂戴いたしました。

若い時から、ずっと欲しかった道服!

なかなか縁がなく、これまで入手できずにいたのですが……

師父、いつも甘えてしまってスミマセン。

家宝にさせていただきます。

ありがとうございました。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『120

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。