身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

我孫子道院 道院長のブログ


テーマ:

9月17日~19日、千葉県勝浦市の日本武道館研修センターで開催された、「全国少林寺拳法指導者研修会」に、今年も参加させていただきました。

 

今年の参加者は、北海道から九州まで、全国各地から91名。

指導陣も、少林寺拳法連盟の川島一浩会長をはじめ、相変わらず豪華な面々で、実技から講義まで、みっちりしごかれ勉強させていただきました。

 

その充実した内容を、お伝えしたいところですが、ネットでは公開できない規約になっておりますので、ご海容ください(道場では、当然お教えします)。

 

今回一緒に受講した、スクーデリア・チーバの仲間と、川島会長を囲んで記念写真。

この後、7時間の実技講習が待っているのだが、この時点では元気いっぱい。

(台風接近中の勝浦は、とにかく蒸し暑くて、湿度が一番の難敵でした!)

 

柔法の分類法や原理、剛法の基本習得のポイントなどを学びました。

 

そして、夜は大食堂で、講師、スタッフ、受講者が勢揃いの大懇親会!

一次会がお開きになった後も、各部屋に戻り、まだまだ熱いディスカッション「缶別討議」が……。

 

さて、この3日間で、ワタシが一番学んだことは何だったのか?

直接、実技や講義で教わったことはもちろん有意義で重要ですが、それ以外の班別討議のテーマだった、「魅力ある指導者とは」「魅力ある道場とは」という問いについて、受講する前から考え続けておりまして……。

その答えを、全国の才気あふれる拳士と交流する中で、ひとつ見つけられたような気がします。

それはズバリ「笑顔」の大切さ

指導者として、技術に優れ、知識が豊富なのは、ある意味マスト。

技法と知識、熱意に加え、笑顔がある指導者、道場が、魅力ある存在になりうるのではないだろうか。

 

今回の勝浦の研修会でも、

川島会長や各講師、日本武道館の関係者、そして発表をされた代表者や、一人ひとり、91人の受講者が、真剣でありながら、片時も笑顔を絶やさなかったということが、非常に印象に残っている。

きっと、自信のある指導者は、絶えず笑顔で人と接することができるのだろう。

 

「魅力」の「魅」とは「鬼+未(ひつじ)」。

つまり「厳しさ+優しさ」とのこと、と学んだことがあるが、我が身を翻ってみると、普段の道場では、厳しさ優位で、笑顔が少なかったと反省……。

一緒に受講した全国の指導者を見習って、より積極的に笑顔で接する指導者になるよう精進することを誓ったことが、今回の一番の収穫だと思っています。

 

それともうひとつ、今年の研修会には、個人的な課題をもって、参加させていただきました。

それは、「朝練(自主練)を行うこと」。

 

昨年、この研修会を受講した際、20代の若手指導者たちが、朝食前に自主練をやっている様子が見えたのですが、毎晩、夜更けまで“団体宴武”に励んでいたワタシは、とても朝練を行えるようなコンディションではなく……。

「(研修会で)昼間あれだけ修練したのに、早起きして朝練をする意欲があるなんて、若い拳士は素晴らしい。自分も地元では、若手の指導者といわれて20数年になるが、本当の若手にはかなわない」と、感心しつつ、ため息をついていたのだが、

そんな自分がどこかで許せず、今年はなんとしても朝練を、とひそかに心に誓って、勝浦に向かったのでありました。

 

その結果……

二日目の朝も、最終日の朝も、両日とも、朝練を決行!

前夜の団体宴武も手を抜かず(?)、朝食前に一通り錫杖伝を修練することができました。

(お付き合いいただいた、K先生、M先生、O先生、ありがとうございました)

 

というわけで、「若手の最年長」の立場を勝手に更新させていただきましたので、「ベテランの最若年」の仲間入りは、もう少し猶予を下さい(笑)。

 

(閉講式)

 

こうした機会を与えてくだった皆さんと、講師の先生方、そしてご一緒させていただいた受講者の皆さん、ありがとうございました。

 

◆特典◆

受講者には、資料としてこのようなDVDが配られました。

 

◆寄り道編◆

①勝浦タンタンメン

初日の昼、研修センターに乗り込む前に、評判の「松野屋」さんで、勝タンランチ。

 

②東灘酒造

勝浦市の酒蔵

慶応3年(1867年)創業で、全量手作りの蔵。

ここでお土産を(「鳴海」のひやおろし)購入

 

③海鮮丼

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『108』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので、8月ももうおしまい。

学生諸君は、夏休みにやり残していることはありませんか?


我孫子道院の、この夏休みのトピックは、

ドイツから来た青年が、一か月間、体験入門で通ってきてくれていたこと!


その青年の名はUクン。

ドイツから来た、といってもドイツ人ではなく、両親ともに日本人で、夏休みの間、一時帰国し、日本でのステイ先に住んでいるいとこのKクンが、我孫子道院の拳士だったご縁で、稽古に参座したいと申し出てくれたわけです。




直突きをしているのが、Uクン。

2歳の時にドイツに渡り、ドイツ生活も約10年。

中学2年生ですが、いとこのKクンがいる関係で、少年部の修練に参加。

期間限定の体験入門とはいえ、一か月間熱心に通ってきてくれて、

最後は、六級科目の規定組演武が、それなりの形でできるようになりました!!

(道衣は、道場のものを貸出し。Uクン以外でも、体験入門者で希望があれば、道衣の貸し出しも行います。ただし、サイズと数には限りがあります)




(前列、着胴しているのが、Uクン)


武道、禅、なにより、少林寺拳法という、日本ならではの文化に触れて、少しでも興味を持ってもらえれば、と思って、接してきましたが、すっかり拳士の一員となり、我孫子道院の仲間として溶け込んだ存在に……。


それだけに、Uクンの稽古最終日は、ワタシにとっても、拳士たちにとっても、一抹の寂しさがありましたが、「ドイツに帰ったら、正式に少林寺拳法に入門したい」(どうやら、比較的近所に少林寺拳法の支部があるらしい!?)と語ってくれたので、法縁が途切れることはないようです!


世界に一つの少林寺拳法。どこで稽古をしていても拳士は仲間。

次回の帰国時は、ぜひ自分の道衣を持ってきて、また我孫子道院で稽古しましょう!!



◆オマケ◆




会報少林寺拳法の最新号(9月号)の

7月度本部修練の記事の中に、我孫子道院の拳士が写っている写真がありました!



小さくて、わからないかもしれませんが、当人なら認識できます(笑)



本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『103

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、年に一度の大舞台、

日本武道館で行われる「全国少年少女武道錬成大会」でした。





今年は、北は北海道、南は長崎県から、全国200の道場の、1600人の小学生・中学生拳士が、東京・九段の北の丸公園に集結。










ウチの門下生からは、

組演武 10組20名

団体演武 6名×2組

計20名がエントリー

(※団体演武の参加者は、組演武と重複出場)

(プラス、稽古錬成の参加者が1名)


結果は、

組演武が4組、団体演武が1組入賞し、

合わせて、14個のメダルを頂戴することができました。



めでたく、念願のメダルを手にした拳士も、本当に僅差で入賞を逃した拳士も、

6月の千葉県大会以降、短い期間でしたが、みんなまじめに修練してきました。


「手堅さより、挑戦」がモットーの我孫子道院ですので、

どの拳士も、県大会の時と、違う拳士とペアを組んだり、行う法形を変えたり、初出場だったり、etc.と、同条件で出場した拳士はいませんでした。


準備期間が、一ヶ月半しかなかったので、結果をなにより優先するなら、賢い選択とは言えなかったかもしれません。


でも、拳士は皆達磨の子。

今後もこの方針を変える気はありません。


開祖も、

少林寺は選手をつくらない。強い奴をつくる必要はない。負けない奴をつくればいい。自分が得たものは友達にも教えて、早く上手になってもらい、一緒に上手になろうではないか」

と法話の中で、おっしゃっています。


少なくとも、ワタシはみんなが、この錬成大会のための新しい演武の修練をはじめたときのレベルをよく覚えているし、そこから当日まで、どれだけ伸びたかを知っています。

どの拳士も、例外なく、大きな進歩、成長がありました。


みんなには、メダルの有無にかかわらず、そのことを誇ってもらいたいし、ワタシも諸君を誇りに思っています。


とはいえ、少林寺拳法では、大会や大会のための練習よりも、

普段の地道な稽古の方が、何倍も重要。


ここで気持ちをスパッと切り替えて、技と身心を練り直し、みんなでまた、新たなチャレンジを楽しめる、土台作りに徹していきましょう。




それぞれ、思わぬアクシデントを抱えながら、それを乗り越え、健闘してくれた4名の中学生拳士。

彼らもまた、ワタシの誇りです。


我孫子道院から、引っ越し先の群馬県の道院に転籍し、稽古を続けているI兄弟とも、武道館で再会。

こうした普段会えない、各地の仲間に会えるのも、錬成大会の大きな魅力。




川島一浩新会長、総裁とも、記念撮影

(ひとり姿勢が乱れている子が……。個別指導が必要だな!?)




大会当日、8月6日は、広島原爆投下の日

「二度と戦争を起こさせない」

そのために、志のある若者を集め、人づくりによる国づくりを目指したのが、少林寺拳法の原点であることも、肝に銘じておかなければ……。




暑い中、ご尽力いただいた、大会スタッフ、審判の方々に感謝。

そして出場拳士への指導の手助けや、応援、支援をしてくれた、一般部の幹部拳士や、保護者の皆さんもありがとうございました。



本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『114

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本山を13時ごろ下山した、我々我孫子道院一同は、ランチの時間。


丸亀まで移動して向かった先は……

骨付鳥 一鶴 土器川店


開祖の大好物で、拳士のソウルフードといわれる、一鶴の骨付鳥を食べないと、帰れないというので(笑)



高松空港まで、レンタカーの運転があるので、ノンアルコールビールで、ガマン!




豪快に、ガブリと食いつく、T拳士!



お腹も満たされ、一鶴を出たのが、14時過ぎ。

帰りの飛行機は、18時15分発なので、かなり時間には余裕がある。

でも時間に余裕があるのは、いいことなので、

のんびり、高松空港へクルマを走らせていくと、素通りできない看板が見えてくるではありませんか。


綾南道院



こんにちは~、と尋ねていくと、

出迎えてくださったのは、



加藤義秋先生(大範士八段)


あつかましくも、大勢で押しかけたにもかかわらず、「よう来た、よう来た」と、歓待してくださりました。

(※もちろん、事前にアポを取り付けてあります)


ここでも、原点にまつわる話、開祖の話、そして技法の話と、貴重なお話をたくさん拝聴。



加藤先生は、整法・圧法の第一人者でもあるので、整法のほんのさわりも……


剛法・柔法に加え、整法(経絡法・活法)の三法が揃っている、少林寺拳法の奥深さと魅力の一端を、垣間見ることができたのでは?



記念撮影では、各々ツボを押さえているようだけど、なんでだろう(笑)


加藤先生、いつも不躾でスミマセン。

加藤先生との法縁に、心から御礼申し上げます(再合掌)。



そして、帰山合宿もいよいよ大詰め。

レンタカーを返して、高松空港にチェックイン。



お土産も買って、空港内のうどん屋さんでくつろぐ、S拳士親子の図






合宿に先立ち、M・T拳士が、このようなりっぱな「帰山合宿のしおり」を作ってくれたんですが、

拳士一人ひとりが協力してくれたおかげで、予定していた全プログラムを、無事にこなして、高松空港を後にすることができました。




ワタシも、空港までくれば、ほぼミッションコンプリート。

うどん屋さんで、おでんとビールで、プチ打ち上げを……



思えば、この我孫子道院の帰山合宿も、ワタシが道院長になってから、今回で4回目!

2005年の自分自身の道院長認証式に合わせ、門下生を連れて帰山したのが第1回(大汗)、

2回目が、2009年、3回目が、2013年。

はじめは手探り状態で、毎回試行錯誤の帰山合宿でしたが、4回目の今回は、ひとつの完成形にいたったのでは、と自負しております。


技法の修練と同じで、何ごとも継続は力だということを実感しました。


もちろん、細かいトラブル、改善点は、まだまだあると思いますが、納得のいく合宿ができて、素直にうれしく思っております。


参加した拳士たちの満足度も、きっと高いと信じています。


次回の帰山合宿も、どうぞお楽しみに~



◆おまけ◆


高松空港出発ロビーのコンビニの脇にある「空港だし」





写真の通り、蛇口をひねると、うどんのだしが出てきて、試飲できるコーナーがあります。

参考までに、プチ情報としてご紹介。




(帰りの飛行機から見た日の入り前の富士山)


いい合宿だったな~、そして、みんな無事で何よりでした。



本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『118

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

帰山合宿二日目は、いよいよ総本山少林寺へ里帰り。


はやる気持ちを抑えて、朝イチで向かったのは、

JR多度津駅の駅前ロータリー。



ここには、「少林寺拳法発祥のまち」のモニュメントが。


ちなみに、1986年にワタシがはじめて本山に帰山したときは、

駅前にこんな看板が立っていました(↓)

(1986年8月 全国初級指導者講習会)

まだ瀬戸大橋もなく、新幹線+ローカル線+宇高連絡船+予讃線の長旅……

でも、多度津の駅に降り立ったとき、このような大きな看板を目にして、少林寺拳法の本拠地にやってきたんだと、実感したことを覚えている。




というわけで、ここでもみんなでパチリと一枚。




そして、お待ちかねの、総本山少林寺に到着!




山門で、本山職員のお出迎えを受け、境内へ






そこへ、幸運なことに、ちょうど鈴木義孝元代表がいらしたので、記念写真をお願いしました。






まずは開祖の墓前に、帰山のご報告。






今回の帰山行事参加者は、9道院+4支部、約200人……

(3年前の帰山では、全国14道院+6支部、約470人だったので、ややさみしい感じ!?)


諸連絡、鎮魂行、大澤代表のあいさつの後、

9時40分から11時10分まで各道場に分かれて、技術修練。




一般部は錬成道場(500畳)




他道院の外国人拳士と修練するS拳士




川島会長直々の指導を受けるI拳士




少年部 5~8級・見習いは本堂(600畳)




少年部 初段~4級は講堂


今回の帰山プログラムは、技術修練がたっぷりできたと、拳士たちにも好評でした。

一般部も、級拳士、初段、二段、三段、四段以上に分かれ、きめ細かい指導が受けられ、収穫大だったとのこと。


ご指導いただいた、本山・本部の先生、指導員の皆さん、ありがとうございました。


最後に、本部職員の技術紹介・演武を見学し、川島会長のごあいさつで締めくくり。






閉会式のあと、大雁塔も見学し、事業部で記念グッズの購入も……




(ほっと一息? 大人の二人)




こうして、本山に帰山したことで、合宿のテーマ「原点に帰る」について、何か感じていただけるものはあったでしょうか?


少林寺拳法は今年で、創始69年目。

開祖も享年69歳……

開祖の人生と、少林寺拳法の歴史が重なった年に帰山したことは、きっと偶然ではないと思います。

これをきっかけに、ぜひ少林寺拳法を永続して行うことを決心し、いつの日か、指導者になって、自分の門下生を引率し、この本山に帰ってくることを、夢見てもらいたいな~と思います。



みんな、帰山合宿は楽しかった?



イエーイ!!


次回の我孫子道院の本山帰山合宿は、3年後の予定です。



(本山帰山合宿日記 オプション編につづく)


本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『118

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。