化石のネットショップ「KASEKIYA」

化石のネットショップ「KASEKIYA」のブログです。
「KASEKIYA」は黄鉄鉱化化石の品ぞろえ日本一をめざしております。

このブログでは化石情報、化石・古生物の豆知識・商品情報などを配信していきます。よろしくお願いいたします。


テーマ:
こんにちは
だんだん涼しくなってきましたが、
今日はちょっと蒸し暑いですね。

皆さんは
メアリー・アニング」という女性をご存知でしょうか?
約200年前に実在した人物です。

化石や地質に関わる人であれば名前はきいたことがあるかもしれません。
私も彼女の名前はなんとなく知っていましたが、
いままで彼女の功績や生い立ちについて詳しく知りませんでした。

ウィキペディアなどでも、わかりやすい解説が書かれていますが、
簡単に彼女の生い立ち・功績をまとめます。

・1799年 イギリス、ドーセット州、ライム・レジス村に生まれる
・1800年 落雷に撃たれ九死に一生を得る
・1810年 父、リチャード死去
・1811年 イクチオサウルスの全身化石を発掘(メアリー12歳)
・1823年 世界で初めてプレシオサウルスの骨格化石を発掘
・1828年 プテロダクティルス(翼竜)の全身化石を発掘
・1847年 乳癌が原因で亡くなる(メアリー47歳)

大工の父は海岸で化石を採取し、それを売って家計の収入の足しにしていたが、
父の死去、当時11歳の娘のメアリーが化石販売をして、家計を助けていたようです。
メアリーはその後多くの貴重な化石を発掘し、独学で古生物や解剖学の知識を得て、
多くの科学者に化石やその知識を提供してきました。

さて、KASEKIYAで販売している黄鉄鉱化化石の多くは
ドーセット州のチャーマスまたはジュラシックコーストビーチ産と明記していますが、
実はまさにメアリーが化石採取をしていた場所なんです!
メアリーが生活していたライムレジス(リージス)村はチャーマスの隣です。
メアリーも多くの黄鉄鉱化アンモナイトやウミユリを採取して販売していたようです。

メアリーのことを詳しく知るには以下の本がおすすめです。
ジュラシックコーストについて調べている中で地質資料と一緒に購入した本ですが、
読んでいてメアリーの生涯に引き込まれてしまいました。

①「海辺のたからもの」ヘレン・ブッシュ著、鳥見真生訳、あすなろ書房(2012年)
メアリーの幼少時代を物語風に書いた伝記物語です。
読んで、とても熱い気持ちになりました。
どちらかというと小中学生向けの本ですが、大人がよんでもワクワクします。

②「メアリー・アニングの冒険」吉川惣司・矢島道子著/朝日新聞社(2003年)
事実に基づいて、メアリーについて詳しく書かれた本です。
メアリーの生涯について、良い面も悪い面も詳しく書かれた本です。

200年前メアリーが販売していた化石と同じ種類の化石をKASEKIYA今、販売していると思うと
なんだか不思議ですね。

ホソカワ
化石のネットショップ
KASEKIYA
http://www.kasekiya.net/
↑メアリーが売っていた黄鉄鉱化アンモナイト
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード