お久しぶりです。

気が向いたので久々にブログを更新します。




クローン病 ブログランキングへ




突然のカミングアウトですが、昨年9月8日から1114日まで新宿区の東京山手メディカルセンターで入院してました。

9月8日は定期的な通院日でしたが、その日に主治医から緊急入院を告げられ、なにも準備してなかった私は身の回りの物から仕事のこと秋田へ戻られないこと等々…で、少々困惑しました。

でも直ぐに気持ちの切替えに成功。

開腹手術を意識した、ながーい入院生活がスタートしたのです。




クローン病 ブログランキングへ


10月23日に手術は決定しましたが、待ちが一ヶ月ほどあり…。

手術は無事に成功しました。

が、なにせ大腸の残りは直腸・S字状結腸・下行結腸の一部だけになり下痢の回数が増えました。

下痢と言うか、一度に排便できない状態です。

そして、今では、一日24時間のうち、1~2時間はトイレに時間を費やされているのではないでしょうか。外出時は探す時間も含めてですね……。

食事を摂ると、3回~5回にわけてトイレに駆け込む始末。

ガス(おなら)が単独で出ないので、おならをしにトイレに駆け込むのです。


一生には限りがありますが、こんなにもお手洗いに時間を要してもいいのでしょうか。

そんな葛藤の日々が続いています。


Twitterのフォロワーさんの体験談を聞くとストーマ(人工肛門)も選択肢に入りつつあるこの頃です。


以前の記事にもありますが、肛門狭窄の心配は常にありますし幸いにもブジー術は2年以上やってませんが、時間の有限性を考慮するとこの生活状態では、トイレに人生を費やしすぎている感があります。


病気と闘うのではなく、うまく付き合っていく方策を検討し、効率よく仕事に向き合い男として人生を全うしたいのです。


今は我慢の時期かもしれません。

闘わずにひたすら我慢し、人生の転換期を密かに狙っている次第です。


気遣いに長ける上司はもちろん、応援してくれる友人、サポートしてくれる会社仲間、ブログを読んでくれているお客様& IBD患者様、

いつもありがとうございます。




クローン病 ブログランキングへ




AD