小規模店オーナー【店繁盛と家族幸福度を上げる秘訣】

店舗の理想の売上を達成しながら、オーナー自身の自由な時間も確保することで、
オーナー家族が一緒に過ごす時間を増やし、連帯感を強め、
家族全体の幸福度をいかに上げるかを日々追求しています。


テーマ:

こんにちは!

上出浩史です。

 

 

幼稚園、保育園、小学校もスタートした感じ。

 

 

先週に比べて

午前中のお母さんの来店が増えました。

でも午後のお母さんの来店は激減です。

 

 

これが何を意味するか。

まだ給食等が始まっておらず、お子さん達は

昼には家に帰ってくるということですね。

 

 

給食というのは、

子供のためにあるのではなく、

お母さん方が休まるためにあるというのが、

僕の結論です。どうでもいいことですけど(笑)。

 

 

{今日のテーマ}

「大成功した企業の社長がやろうとすること」

 

 

日本電産の永守社長が大学をやるそうです。

京都学園大学の理事長になって、同大学に

理系学部をつくり、技術者を育成するとのこと。

 

 

日本には若手技術者が足りないから、育成

したいのだと、そんなことだそうです。

 

 

日本電産クラスの企業になれば、

世界から人をリクルートできると思うのですが、

それでもゼロから人を育てると、そういう観点

も大事にされているのですね。

 

 

それにしても

やることのスケールがすごくないですか?

 

 

これだけでも十分すごいと思ったのですが、

必要資金は永守さんの個人の寄付でやると

いうこと、そこがまたすごいです。

 

 

・・・で僕が今回のこの件で一番印象に

残っているのがこの言葉。

 

 

「金も出すが口も出す。」

こんなことをインタビューで仰ってました。

 

 

僕は思いましたね。

かっこいいなぁと。

一度言ってみたいなと。

そんなことを思った次第。

 

 

今回の件で思うことは大きく2つです。

 

 

一つはビジョンを持つことの重要さ。

 

 

日頃から壮大なビジョンを持っているから、

動けるのでしょう。経営者は大ぼらをふけ

なんてことを過去仰っていたのも聞いたことが

ありましたが、

 

 

皆がうそだと思う位の壮大なことをイメージ

できるか、そういうことなんでしょう。

イメージできれば実現も可能ですが、逆に

イメージできなければ実現はないということ。

 

 

もう一つはあれだけの会社でも究極な課題は

人材育成ということなんだろうなと。

 

 

月とすっぽんにもならない位違う次元のことと

いうことを理解しておりますが、僕も日頃の

重要課題は人材育成だなぁとよく思う訳です。

 

 

他人の前に自分への教育がもっと必要です

けど(汗)。

 

 

経営といえば、商品やらマーケティングやら

そんなところに目が行くのがよくある話ですが、

その実働部隊がどうあるかもすごく重要な

わけで、人がいなければ始まらないです。

 

 

目に見える成果として数字には表れにくい

のが人材育成ですし、時間かかりますから

本当は見ないふりをしたい位のことなのですが、

 

 

この永守さんの件もあり、より真剣にスタッフと

接していかなければと思うようになりました。

 

 

何を言いたかったかといえば、

これまで適当だったスタッフの育成を今後は

もっとハイレベルでやっていくと、そんな決意を

新たにしましたと。

 

 

ついでに再現性のある育成、教育を実現する

ために、言語化にもこだわりますと。

そんな決意を忘れない為に今回記した次第。

 

 

育成、教育はたぶんビジネスの根本です。

 

 

語弊を恐れず言えば、

自社スタッフだけでなく、お客さんにも教育

する必要もあるんじゃないかなー。

 

 

それができている企業や店は強いですね。

ではまたー。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

上出浩史(カミデヒロフミ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。