• 10 Oct
    • 久々にライブやりんす。

      皆さん、お久しぶりです。しゅーたです。最近、自宅作業がメインでございましたので中々書くことがなく、更新が滞っていたのでございました。さて、そんな感じで燻っていた僕ですが、久々に EARTH78 の頃のボーカル、ういさんから「一緒にライブやってー!」とお誘い。実はこれが3月頃のお話で、そのときはぼんやり。なんとなく「本当にやるのかな?」とか思っていたら、段々と現実味を帯びてきて、二人だけでやるのかと思いきや、スケジュールがたまたま大丈夫とのことで、なんと解散した元EARTH78のメンバーでライブが出来ることになったのです。その後も、スケジュール合うのか?とか思いつつ、無事にリハを重ね、なんと今週ライブが出来ることに。会場がレストランなので、メンバーはいるもののアコースティックライブです。そのうちバンド形式でも久々にライブが出来るといいなぁ。久々のライブなので、もう5年以上使っているこの子、Nord Electro3 を持ち出してライブが出来そうです。もう2世代くらい新しいモデルが出てますが、僕にとっては凄く使い勝手が良く、全然手放す気にならない一台です。===【ライブ告知】2016/10/15 (土) EARTH78Live at わなびばKITCHEN333今回は、和 Living Room というイベントで出させて頂きます。和 Living Room イベントページライブ見たい!と思ってくれる優しい方はこちらから。参加申込みページイベントスケジュール■第1部 16:00〜18:00 着付け体験、日本茶・手作りパンご試食■第2部 18:00〜21:00 Liveパフォーマンス、料理のご提供 ※ギャラリースペース・星占いは終日オープンLiveスケジュール (第2部)■18:30〜19:15  earth78■20:00〜20:45  Mira Entertainment入場料金■第1部 16:00〜18:00  500円(小学生までのお子様は100円)※日本茶・手作りパンのご試食代込み■第2部 18:00〜21:00  2,500円(小学生までのお子様は500円)※お食事代・Live鑑賞料金込みまた、同イベントの Facebook ページではイベント準備の模様を少しずつ見ることができます。和 Living Room イベント Facebook ページイベントではライブだけではなく、お茶や着付けも体験できるみたいです。でわでわ。

      10
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 80-90年代の音が好き! [YAMAHA TG55]

      ういっす、しゅーたです。ここ2回ほど、ここを見ている人は普通のこと書いて安心したかと。ただ、今回はまた機材のことです。ざんねん。今回は、こちら。YAMAHA TG55 です。さー、そろそろ皆さん、毎回の写真の違いがわからないかと。全部違うんですよ (笑) で、特徴をば。・1989 年発売・定価:110,000 円・音源方式:PCM・エフェクト:有り・同時発音数:16・マルチティンバー:16まず、1989 年発売。という。先日第一弾として紹介した TG77 よりも早いのですね。と、調べてみると YAMAHA の TG シリーズの最初と。で、KORG M1R の翌年。ギリ'80s なのです。YAMAHA の名機 (と僕は勝手に呼んでいる) SY77 から、FM 音源部を抜いたのが SY55 と言われ、そのラック版がこの TG55。と言われているのですが、SY77 (や、TG77 ) とはまた音色が違う。そもそもの内蔵している波形は共通しているのかもしれませんが、結構音色は異なります。なので両方持ってもOK。で、この子の印象ですが、===・M1R や TG77 に存在を奪われた不遇の名機。Pad 系を中心に、デジタルを生かした良い音していると思います。更にプリセットもなかなか良くて (生音系以外は) 好きです。ただ、いかんせん KORG M1 (M1R) や SY77 (TG77) の印象が強く、かなり存在の薄い機種です。・存在感の薄さから、現在激安。実は、こちら、僕は千円ちょいで買っちゃいました…。なんだか申し訳ないくらい安いです。で、そのくらいの値段だとぶっちゃけソフトシンセやライブラリより安く、所有欲を満たしてくれる良い機材です。↑僕がこういった機材を集め出したのも、ほぼこれが真相です。修理に出すよりも、買った方が安い…。・EDIT の操作性はわからん。僕はこういった 80's-90's の機材は基本「プリセットそのまま」つまり、元から入っている音色そのままで使います。EDIT するならソフトシンセ使っちゃうし、実際に POPS というのは、それぞれの機材、プリセットそのままで使ってしかもそれがその時代の音になっていることが殆どなのです。・生音系は使えません。もちろん現代の生音系にするのであれば、ソフトサンプラー使います。で、古いサンプラー的なロービット感があるかと言えば、結構エフェクトでごまかしが入っているので中途半端なのです。いっそノンエフェクトなら結構良い味出しているかもしれませんが、それはそれで、別の機種で良いかもです。↑これは後日レビュー予定ですが初代 Proteus とかかな。総合してみて「安かったら買っちゃえ」的な機種です。プリセットは、かなり M1 を意識しているのか Pad 系に、シンセ音などが混じったモノが多く感じます。大げさに言うと、 YAMAHA 版 M1 的な? (正確には M3R だろうか?)中には結構良い音あるんで、本当に安ければお勧めです。ちなみにこの「安ければ」というのは「メインにはならないけど」というところ。M1 のように有名な音色があるわけではないし、これ一台でなんでもできるわけではありません。でも、僕は結構好き。そんな一台です。そんな不遇な子なのでソフトシンセ版が出る予定も無いかと。なのでよりいっそう、安ければ買っちゃえ!的なシンセです。そういえば、先日の NAMM show で MONTAGE が発表されましたね。FM + PCM の現代版 SY99 的な。さんざん要望はありましたからね。これで本当は以前のような FS 鍵盤だったら良かったんですけど…。僕は初代 Motif + PLG150-DX で今のところ満足です。では、今回も音色のご紹介を。===【その1】Voyagerプリセットの最初に入っている (ピアノの次だったかな?) Pad 音色です。なかなか分厚く、やっぱり最初に入れる程の音色なので気合いを感じます。Voice 等も混じってかなり好きな音です。===【その2】GrooveKing凄い名前ですね。JB's でも連想されるような音色かと思いきや、可愛らしくて好きなシンセ音色です。ちょこっと Paul McCartney の「Wonderful Christmas Time」を感じさせる音色ですね。と、調べてみると同曲のシンセは元々 YAMAHA CS-80 なのですね。同じ匂いを感じさせるわけですね♪===【その3】Digibellその名の通り、デジタルのシンセベル音色です。このくらい「デジタル」で「シンセベル」としてバッチリな音色は、中々ないのではないでしょうか?===【その4】St.Michaelその1に続き、こちらもシンセパッド音色です。後ろの方で金属音的なスゥイープ音がどこまでも上がっていきます。(僕の音色サンプルは 5 秒弱で切っちゃってますが)こういったシンセ音がレイヤーされている音色に「YAMAHA 版 M1」と、感じてしまうのです。===と言ったところでした。こういった音色に、人によっては SY77 / TG77 よりもバッチリとハマってしまう方ももしかしたらいるかもしれません。Pad 系で使えそうな音色があると、現在の音楽でもいくらでも混ぜられるので良いですね!僕一人のレビューで評価が上がることは無いと思いますが好きなシンセです。安いうちにもう一台くらい買っても良いかもしれません。でわでわ。

      2
      テーマ:
  • 04 Feb
    • 蝋梅の匂ヒ

      おいっす!しゅーたです。さぁ、タイトルにある「蝋梅」と言う字、僕も最近まで知らなかったのですが「ロウバイ」と読むそうです。この時期、よく咲いているそうでそんな花を目にしました。こちら。黄色い梅のような可愛らしい花です。今回、僕は初めて見たのか、見たことあるけど意識していなかったのか、とても気に入りました。近くによると、その匂いにつつまれて心地良いです。何に似ているかと言われると、うーん、わからないのですが。もし見かけたら、ちょっとかいでみてください。そして、久しぶりの二匹も。相変わらず元気ですよ。ありがたいです♪

      3
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 買ったけど、これは、使えない…。(機材じゃないよ)

      みなさん、おいっす!シュータです。今回は機材の話ではありません。よかったですね。移動の途中、書類を郵送する為に郵便局へ。封筒なので、82円ですー。とのこと。ほいで、同じサイズ送ることがしょっちゅうだな。と、思ったので折角だから切手シートを買っちゃおうかと。窓口の方に「切手シートって…。」と聞いたのです。「今あるのだと…」と出してきてくれたのが、・野菜シリーズ・ぽすくま・冬の絵?(スケートとかしてるやつ)・ディズニー(プリンセス、さすがに買えない…)「あとは、私のお薦めはコチラですね!」と出してきてくれたのがコチラ!わわわわわわ、ワンコーッ!「これにします」と即決でした。いやー、切手、可愛いもんですね。しかも通常の切手のお値段そのままなのでなんだか良心的。と、大満足で帰ったのですが、よくよく考えてみると、可愛くて使えない…。ガーン(昭和の音)少なくとも、マルチーズは最後まで残す…。とは言っても、一つ、二つと使う毎に歯抜けはヤだなぁ。結局使えなさそう。ガーン。また次回も窓口で 82 円支払うことになりそうです。トホホ(昭和)===ついでと言ってはなんですが、今年も一枚切手シートが当たっていたので交換して頂きました。干支が印刷されていて、縁起物っぽくて良いですね。でわでわー。

      5
      2
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 80-90年代の音が好き! [KORG M1R]

      こんにちわ!ゆるキャラ大好き機材ブロガーになりつつあるしゅーたです。(ゆるキャラについてはまだ書いたことは無いですが、 さのまるを始め、好きなキャラは実は多くいるのです)うーん、80年代の音、良いですよね。最近だと Chris Brown の音なんかは特にその匂いを感じて大好きです。本日は前回の予告通り、こちら!【KORG M1R】です!まずは、特徴ですね。・1988 年発売?・定価:210,000 円・本源方式:PCM・エフェクト:あり・同時発音数:16・マルチティンバー:8こちらは、シンセ史の中で非常に重要な一台である KORG M1 のラック版。それまで、キーボード系の楽器はピアノ、オルガン、エレピとあり、更にアナログシンセが出てきて 80 年代デジタルでのDX7 が爆発的セールスを記録したのですが、サンプリング音(録音された楽器の音を鳴らす方式)でのシンセは、その当時高価なサンプラーくらいしかなく、まだまだ実在の楽器に似せた音を使っていました。そして、そんな中サンプリング音をメインとした M1 が発売されたことにより、一気に世界中の音が変わったのです。そして、キーボードバージョンの M1 ですが、反転液晶や半透明の丸いボタン等、僕の中ではシンセの中でデザインもとても優れた一台だと思っています。(今回の M1 を始め、TRINITY、volca シリーズ等、KORG というメーカーは好きなデザインが多い気がします)そして、今回のラック版ですが、デザインはキーボード版に譲るモノの、シーケンサー(打ち込みのレコーダー的な機能)まで内蔵されている!と言うのが驚きです。これ以後もラック版シンセはシーケンサー部は省略されることが殆どなので。==で、この子を購入するにあたった経緯なのですが、実は 10 年以上前まで遡り、20 歳そこらだった僕は、ファンクラ大臣と言うベーシストでやたらベースを集め、なんなら外車含む車も集め(当時オープンとか乗っていたのが記憶に残っている)ベーシストコミュニティも広いけど、もう一つの顔はお医者さんという変な人とバンドやっていたのですが、そのバンド名も「ファンクラ大臣のナルシスト村」という近所迷惑な飛び抜けたバンド名で、また、そこには僕の鍵盤概念を変えるサイモンガーさんというちっちゃい鍵盤しかひかないけど、やたら格好良いけど、やっぱり変な人のキーボードの方と二人体制でバンドやっていたりしたのですが、そのファンクラ大臣とは家が近かったことから、僕の当時日産マーチでリハの時など一緒に喋りながら車移動していたのです。で、そのファンクラ大臣ですが、「俺さー、昔っから KORG M1 が好きで多分、家に 3 台以上あるんだよねー」と、衝撃的なことを言っていたのです。当時僕は、80 年代にはまず興味はなく、欲しい機材と言えば、Rhodes かオルガンか、アナログシンセくらいだったのです。時代的に廃れ、廃れのピークにあるような機材を、しかもベーシストである人が集めまくっているという衝撃が。僕には(やっぱり変な人だなぁ)と思いながら毎回運転していたのでした。変な人というのは内緒ね。多分見てるでしょうけど。==で、時代は巡り現在。僕も 80 年代の音、機材の虜となってきて、その 10 年間ずーっと、ずーっとアタマの片隅に眠っていたのです。てか気になっていた。今思うとこれも彼の洗脳だったのかもしれません。ほいで、ここの所の機材集めにあたり、「やっぱり 80's の音は M1 でしょ」と、購入してしまったのです。そんなこの子の感想を。===・時代を作った音!プリセット音をいくつか弾いただけで、「あ、聞いたことある!」と感じる音色が本当に多くあります。特に有名なのが「M1 ピアノ」や「オルガン」ですね。これらは 90 年代初頭のダンス系音楽でも本当によく使われていた音色です。・音色の完成度が高いやっぱり、エフェクトも搭載しており、かつその時代の人々がそのままの音で使ってしまったので完成度が高い。というか「M1 という楽器」と言っても過言ではないのかも。逆に言うと元の印象が強すぎてあまり弄る気になりません。そのまま弾くだけで 80's の匂いがムンムンします。・マルチティンバーはあるけど…。同時発音数の上限が 16 音なので、やっぱり複数のパートを同時に使うより1パートでしっかり使いたいです。===といった所でしょうか。ざっくりまとめると、僕としてはプリセットそのままで、80年代の音をたっぷり出しちゃえ!という感じです。また、この機種には本家 KORG からソフトウェア版が大分前から販売されています。コチラ。M1 (KORG Legacy Collection)実は、こちらも持っています。あちこちで、実機との差異等については多く語られているかと思いますが、僕は実機とは結構違って感じました。・ソフトの方がハイファイそりゃそうでしょうが、PC で音を処理しオーディオ I/F から出しているので、音域が広いです。ただ、実機の方に感じるローファイさが僕は好きです。(Mackie の古いミキサー通しているからと言うのも大きいかもしれませんが)・エフェクトに差を感じる上記の「ハイファイ」に通じるのかもしれませんが、リバーブ等ソフトの方が、上から下まで綺麗に伸びる音に感じます。でも上記と同じく僕は実機のローファイさが好きなのです。・サンプル自体はほぼ同じかと但し、実機との差異が感じるとすれば、ベロシティ(弾く強さ)に対してのカーブの差やレイテンシーもあるかもしれません。と、前回の TX81Z はエフェクトの無い機種だった為、ソフト(FM8)との差を殆ど感じませんでしたが、M1 についてはその部分が僕には大きく感じました。しかしながら、実際曲に混ぜるのであれば、入れ替えても特に問題はないかと。ただ、弾いた楽しさが実機にはあるので僕は実機を手放さないと思います。(これはソフトシンセ系全般に言えることかもしれません)つまり実用性よりも、趣味に近いモチベーションの為に持っている感じですね。さて、思い入れも多い為中々長くなってしまいましたが、今回も音色をいくつか紹介しようかと。ちなみに超有名どころの M1 ピアノやオルガンはやりません。僕自身あまり使っていないですし、いろんな所で聞けると思うので。===【その1】Universe割と有名なシンセというのは電源を点け一番最初に出てくる音色が有名になる。ということが多くありますが、これもその一つ。有名な音色です。Voice を含んだ Pad に奥の方で水滴のような不思議なモノがなっています。これ一つで世界観のある音色ですね。===【その2】Poleこれも不思議な音色ですね。その名の通り、鉄のポールを叩き、擦ったような音色です。サンプル音の独特のローファイさが凄く 80's を感じさせるかと。===【その3】DreamPadローファイなパッドの奥の方にどこか「キラキラ」した成分を感じます。ちょっと Pink Floyd ぽくないでしょうか。不安定な浮遊感があり、好きな Pad 音色のひとつです。===【その4】MetalHitこれも、80's を感じさせる荒っぽいサンプル音の音色です。これをリズムにまぜたりするとまさしく!って感じになってきそうです。===【その5】Nimbusこれは、琴かなにかのトレモロ奏法とパッドが合わさった音色でしょうか。音程が低いほどゆっくり、高くなるにつれて早くなっていく。おそらく音の波形はそんなに録らずに早さで音程を変えているのでしょうが(テープの早回し的な原理)M1 特有の音色になっていると思います。この手と同様の音色では、・KotoTrem・BambuTremといった音色があります。===【その6】Drums#1最後に、おまけというか僕にはメインに近いのですが、ドラムの音です。あまり M1 のドラムって有名じゃないかもしれませんが、ただただ打つだけでもスネアの派手さ、キックのタイトさといい 80's そのもののドラムの音なのです。僕はこの音が大好きで、80’s ぽい音を出したいときには、結構使っちゃうのです。===といった感じで 80's そのものの音源という感じです。ついつい、文章だけでなく音もいつも以上に作ってしまいました。どの音色も個性溢れ、世界観はあるモノの使いどころはあまりない。という、不器用かつイカした音源なのです。でわでわー!KORG USB MIDIキーボード microKEY-61 マイクロキー 61鍵/KORG¥19,440Amazon.co.jp

      2
      テーマ:
  • 30 Jan
    • 80-90年代の音が好き! [YAMAHA TX81Z]

      またまたこんにちわ!今日も機材のこと、書いちゃいます!ひゃっほーい。(僕しか嬉しくないかもしれませんが)最近特に、機材に興味ない人には読みにくいモノになってきている気が。しかも自分の好きな内容なので文章が長い!最近の機材レビューは一応、先日のTG77 から始まった「チョイ古機材」の購入順で書いております。(若干忘れて前後しちゃうかもですが)本日は、こちら!【YAMHA TX81Z】です!そろそろ、ここん所の写真が全部同じに見えてきますね。前回 TG77 で FM 音源の音色が大好きになってしまった僕は、またまた中古屋の奥に積まれていたこの子に出会ってしまったのでした。・1986 年発売 →僕が 4 歳ですね!ひゃー。・定価:59,800 円・音源方式:FM(4OP)・エフェクト:無し・同時発音数:8・マルチティンバー:8今まで出てきた機材の中で一番低スペックシンプルなスペックです。こちらは、かの有名な DX7 から始まる(厳密には DX7 が最初ではないですが)FM 音源のシンセです。まず、定価:59,800 円って安いですね!この発売時期としては、初心者さん達にも手の届きやすい機種だったのではないでしょうか。(確か DX7 が 248,000 円だったかと)価格帯として今で言うと、うーんmicroKORG とか?→とかいいつつ、microKORG ももう 10 年以上前の機種なのですね! ぎょぎょ!そして、音源は前回紹介した TG77 とは異なって FM 音源オンリー、また時代的にエフェクトの搭載もありません。この FM 音源の中でもこの機種は4OP(オペレーター)と言って音源の音作りの幅は 6OP である DX7 に対し狭いものとなっています。(TG77 の FM も 6OP です)そんなこの子の感想を。===・チープで個性的な音!こういった機能の制限の通り、出音もチープ(寂しい)感じの音色です。廉価機種な為、出力部分も上記機器に比べ安価な作りになっているかと。ただ、それは全て悪いかというとそうでもなく、それはそれで味です。TG77 がゴージャスな音とすると、この TX81Z は「アナログ感のあるおもちゃ」的な音かと思います。本当に、僕にはアナログシンセ的な音色が多く感じます。(純デジタルシンセですが)ただ、この機種に関しては現在としてはNI FM8 にてほぼ再現できてしまいます。PCM 音源ではなく、パラメータの組合せで生成する音源であるのに加え、エフェクトが搭載されて無い為、ソフトと実機の音色差異が生まれる要素が少なく僕には聞き分けがつきません。↑そんな FM8(ソフトシンセ)はこちら。実際に実機を購入後、TX81Z自体の調子がイマイチになってきたのと、上記 FM8 で音色はまかなえそうな為、この子はちょっと引退かもしれません…。↑どうやら、 Mac 側のドライバが上手くいっていなかったらしく、MOTU のMidi ドライバを再インストールしたところ、問題なく復旧。よかった。・万能では無いポリ数(同時発音数)8音と、アナログシンセと同じようなスペックです。マルチが 8 トラックあっても全てモノ(単音)で使用するようなものです。・ボリュームノブがない地味な部分ですが、シンセ音源としては珍しくノブ(つまみ)がありません。正面にあるボタンで操作します。デジタル全面に出したかったか、一度合わせればボリュームを操作することは少ないですが、不便っちゃ不便。===といったところ。ただ、個性のある音なので(というか個性の固まりのような音?)実機や FM 音源に興味がある方にはお勧めだったり。既にお持ちの方は大切にしてあげて下さい。前回に続き、プリセット音色のご紹介を。(音色名のクリック、又は右側のプレーヤーで聞くことができます)===【その1】LatelyBassこの機種と言えばこの音色!と言われるほど有名な音色らしいです。特にデトロイトテクノというジャンルで一世風靡したらしいのです。どちらかというと Janet Jackson の曲、「What Have You Done For Me Lately」のベースラインを聞くと「あぁ~!」と思います。これもある意味、その時代を作った音色ということになるのでしょう。===【その2】Thin Clavクラビネットの音色です。これは、FM 音源?って思うほどリアルですね。音色の傾向と FM 音源の相性が良いのかも。中々太く、ザックリしてて格好良い音です。===【その3】LowStringこちらはストリングスです。とてもアナログっぽいですね。この音色に限らず、ピアノ系やパッド等この機種のプリセット音はアナログ感が僕には強く感じました。と、そんな感じです。次回はいよいよ、有名な”あの M1” を紹介できたらと。でわでわー。Native Instruments インストゥルメント/エフェクト・コレクション KOMPL.../Native Instruments¥価格不明Amazon.co.jp

      2
      1
      テーマ:
  • 29 Jan
    • 80-90年代の音が好き! [E-MU UltraProteus]

      こんにちわ!またまた更新です。機材の話になってくると、嬉しくなってしまいましてね。またまた書いちゃいます。今回は、こちら。【E-MU Ultra Proteus】というラック音源。(写真の中でディスプレイが点いている子)・1994 年発売・定価:不明(30万近くしたらしい?)・音源方式:PCM・エフェクト:有り・同時発音数:32(?)・マルチティンバー:16 パートまず、この E-MU という会社ですが、元々はアメリカで巨大なモジュラーシンセ(シンセが出始めでまだ単音!のアナログ電子音しか出なかったの頃、タンスのように大きく、つまみや沢山のケーブルが繋がっており、音作りの自由度が高いシンセ)を作っていた会社なのです。そのシンセは YMO 等も使用していました。更にその後、サンプラー(上記の様なアナログの電気による波形を生成するものではなく、「音そのもの」をデジタルで録音して再生するもの)としてEmulator I / II 等を販売。その後、そのサンプラー技術を元にしたProteus シリーズを発売し、一世を風靡した会社なのです。→現在はほぼ名前だけ残っている状態?そして、今回の Ultra Proteus は初代 Proteus の改良版として 1994 年に発売されました。(実は写真の Ultra Proteus の一つ上は その「初代」Proteus だったりしますが、 それはまた後日。)今回の Ultra~ は初代のProteus/1:Band系Proteus/2:オーケストラ系Proteus/3:ワールドミュージック系、更にピアノ音源のProformance の波形をほぼ搭載(※1)し、これにエフェクトやフィルターが装備された改良機です。※1「波形」と言うところがミソで  「音色」ではありません。その為、  使用している波形がほぼ同じでも、  音色はそれぞれの機種毎に異なります。ネットなどでは E-MU ファンの中でもProteus シリーズの中で評価が高い模様。今回この子も、ぷらっと立ち寄った中古屋さんの隅に積まれており、数日気になった後に購入。海外メーカーの古い機種って気になっていたのです。で、こちらも使用してみると問題なく使える。よし!ただ、RAM(ユーザーが音色保存できる領域)のデータは電池切れではないものの、消失。メーカーサイトにもページはなく。残念。→後々、海外のサイトを巡ってみると RAM データをアップしている方がおり、 有り難く復活!さて、そんなこの子の感想を。===・際だった個性はない →オールマイティ思考というのか、  全般的に音色は「広く、浅く」です。  US メーカー版の Roland SC 的な  存在かな?・地味 →上記とはまた別に、全体的に音色の  音量が小さく、またサスティンが  短め(※2)の為、単体では地味に  聞こえます。  ※2 E-MU といい、昔持っていた     Ensoniq も同様の印象で、    それ自体が個性と言えば個性    なのかもしれません。・マルチモードが便利 →元々、マルチモード前提に作られた  ような機種で、 16 トラック Midi で  割り振っても不自然になりません。  多分、音色自体エフェクトに  頼っていない所も大きいかもしれません。・変なところリアル →エレキギターの音の切れ目や、  リバーブ感等、変なところで現在の機種  よりもリアルだったり(言い過ぎ?)。  「そこで弾いている感」的な匂いがたまに。と言ったところ。全体的に M1 ピアノや DX エレピ、D-50 のFantasia 等のような「この音色しかない音」という音色はないので「この子が無いと!」と言ったほどにはなりません。でも、たまーに音聞いて「ちょっとだけ使ってみてもいいかも」と、曲中で1 トラックにこっそり入れたりするような感じ。前回に続き、プリセット音色のご紹介を。(音色名のクリック、又は右側のプレーヤー で聞くことができます)ちなみに前回もそうだったのですが、プリセット音のままで録っています。で、音量調整の為 Waves L3 だけ軽く。EQ 等他の調整はありません。===【その1】Stereo Pianoフツーのグランドピアノ音色です。でも、1994 年当時(※3)でこの音色が作れていたのは中々かと。てか、今改めて聞いてみると良い感じ。以前、どうも不自然に感じていたのは、ベロシティカーブのせいだった様で、今回改めて設定してみると結構好き?かもしれません。※3同時期に発売していたものとしては、  ・Roland JV-80   (XP シリーズの前。XP-50 が翌 1995 年)  ・Yamaha SY99、P300   (EOS B900 が翌 95 年)  ・KORG X5、01/w   (名機 Trinity が翌 95 年)  と、その後様々なメーカーから沢山のシンセ  が丁度出始める頃だったのですね。  多分、この後に上記のようなシンセが  沢山出た為今回の Ultra~ はあまり印象に  残らない機種だったのかもしれません。===【その2】Stereo Mutes聞いてわかるとおり、ミュートしたエレキギターの音です。僕はこの音色の余韻にリアルさをすごく感じます。「ピチュン」としたリバーブもアンプっぽいです。あまりこういうことを感じさせる音源は他にないかも。たまにこの音色は使いたくなっちゃいます。===【その3】Bagpipeその名の通り「バグパイプ」です。音色としては、となりのトトロ「さんぽ」のイントロで皆さん聞いたことがあるのではないでしょうか。で、この音色で他とは違うのが、低い方で鳴り続けているド(C)の音、実は僕は弾いておらず、ドローン音(持続音)として何の鍵盤を弾いても弾いている間中自動的に鳴り続けているのです。このドローン音のキーを変えられるのかどうかもわからないのですが、日本のメーカーはあまりこういった自由度が低くなる音色は作らない気が。ただ、これのおかげで「バグパイプ」っぽいのです。と、こんな感じでまた古い機種が増えてしまったのでした。そんな機種をまた、これからも紹介したりします。でわでわー。

      3
      1
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 80-90年代の音が好き! [YAMAHA TG77]

      みなさん、こんにちわ!というか、あけおめですね。こちらでは最近中々更新しなくなってしまっていたシュータです。ここのところ、ほぼほぼ自宅での作業が主だったので、なんというかぶっちゃけネタがなかったのです。ほいで、前々から少しずつやりたかった機材のレビューなどを。僕は学生だった頃は機材を買うにもかなり悩んで悩んで、やっとの思いで買うことが殆どでしたが、その頃の機材ももう10年以上前のもの。さらにキーボード系の機材というのはギターなんかと違い、どんなに古くなっても価値が上がるということはほぼ無いのです。つまり、昔憧れていた機材も今はちょっと奮発すればすぐに買えてしまうのです。で、ここ数年で僕が気になっていたのは80年代~90年代の機材。この辺りの雑な(良い意味で)デジタル音は今の機材では出せない(というのか出さないのか)のですね。そんな感じで個性溢れ、かつ安い機材を集め出してしまったのです。そのきっかけとなった最初の機材がこちら。【YAMAHA TG77】というシンセ音源です。具体的には YAMAHA の FM 音源と PCM 音源が混在した、SY77 と言うシンセのラック版。(厳密には改良版?)・1990 年発売・定価:200,000 円・音源方式:RCM(PCM+FM)・エフェクト:有り・同時発音数:32(?)・マルチティンバー:16 パート当時は、定価20万円もしたのですね。高っ!そして、サイズは 3U ラック。でかい!僕はハードのシンセでは純粋な FM 音源のものは持っていなかったのです。ただ、80年代っぽい音を作りたいとなると FM エレピの音は必須かと。単に FM の音が欲しいなら NI FM8 があるので、それでも良いのですが、その時代の音がハードであったら良いなと思っていたのです。(本当に趣味的な要素が強いかと)で、そんなことを考えながらある日この子と中古屋さんで出会うのです。「ジャンク」と書いてあるので、購入しても動くかわかりません。お値段も激安とまではなく。でもそんなドキドキと共に、購入!ほいで家に帰って繋いで音を出してみると、「き、綺麗ーーー!!」とても綺麗な FM エレピの音が出たのです。ジャンクと言うだけあって正面ディスプレイのライトは、ほぼ点いておらず操作しづらいですがそれ以外は問題なし!ラッキー!そして機材としてなのですが、・気持ち良い感じの状態で音が鳴る →どういうことかというと、オリジナル DX7 は  エフェクトが無い為、鳴らしても妙に力強過ぎ  たり寂しかったりするのですが、こちらは  エフェクト内蔵の為もとの音の時点で良い感じで  音が出てくれます。(プリセットが良いのかも)・マルチモードはあるけど使っていない。 →現代の機材は同時発音数が128音や64音が  当たり前なので、マルチでも余裕ですが、  この機材は上限:16音かそこら。  エレピをペダル踏みながら弾いているだけでも  上限が来てしまいます。多分、エフェクトも  制限されるはずなので、プリセットの雰囲気を  残したいならシングルモード必須。・PCM 音源はしょぼい。 →時代が時代なので、PCM 音源はしょぼいです。  良い言い方をすれば「味がある。」です。  でもやっぱりアコースティックピアノなんかは  使い物になりません。むしろ色々ある  「味のあるPCM」を上手く使えればいいの  でしょうが…。  →でも、ここから始まる音源集めでその   「味のある」音源まみれになろうとは...。てな感じです。FM エレピの音としては僕としては色々ある機材の中でもこの機種がダントツ好きデス。他の音も含めて、この機種が気に入ってしまい、この出会いから、この時代の機材集めが始まってしまうのです...。(この時点で2、3年前。)では、最後にいくつか気に入っているプリセット音をご紹介。===【その1】Beltineこの音が自分の知る様々な音源の FM エレピの中で一番好きな音です。僕の中ではどう頑張ってもこれ以上の FM エレピ音色に会えることは無いと思います。むしろ、この音色があるからこそ、この音源はいつまでも手放せなさそうな気がするのです。→この後、Motif に積める拡張ボード PLG150-DX (オリジナル DX7 と同じ音が出る)を購入したり しましたがそれでもこの音色がダントツ好きです。===【その2】1980いかにも、80's なシンセブラスです。途中モジュレーションを上げた時のうねりがまさに!という感じ。サンプル系のホーンと重ねても中々 80's の匂いがします。===【その3】IceRingこれも 80 年代ぽいFMエレピと Voice Pad が重なった音色です。この音色はこれ以降の YAMAHA シンセには代々載っているのでは?あまり自分自身でこの音色を使うことは無いですが80 年代っぽい音ということで。↑今回、ここにアップできればと思って Soundcloud に上げて、ここへの貼り付けを 試してみるも上手くいかず...。もし音に興味あったら Soundcloud で見てみてください。うむむむ。と、いいつつ色々やってみたら、なんとか右側のサイドバー(→→)には表示できたようです。よろしければ。

      4
      6
      テーマ:
  • 14 Dec
    • またひとつ、年が増えました。

      皆さん、お久しぶりです。Facebook や Twitter でコメントを頂いた方々はありがとうございます。わたくし、33才になりんした。うーむ、もうこの年になっても自分はまだまだ子供な感覚が…。いつまで経ってもこうなんですかね。でも、ここまで健康にすごして来れたのも両親を始め、まわりの方々のおかげです。ありがとうございます。さて、33にもなるしということで、誕生日らしく自分にプレゼントを買っちゃったりしました。Access Virus TI Keyboard というシンセです。やっぱり機材…。一世代前の型なのですが、見た目上この型の方が好きだったのです。そして、お安くはない…。ごめんなさい、でも誕生日だから許して。そしてこれがあれば、シンセとしては殆どのことができる!と自分に言い聞かせ、ポチっとしてしまいました。しかも同じメーカーのは・Virus TI Snow (中身ほぼ一緒)・Virus A (初期のものでほんのり音は違う)とこれで 3台目。うーむ、少し整理しなくてはですね。当分、機材は控えましょう。トホホ。あと誕生日らしく、タカノのあまおうとやらも頂いてしまいました。ウマし!!!!!生クリームが甘さ控えめなのはイチゴの味が十分に堪能できるようになのですかね。初めて食べました!また食べたいけど、お高いので中々食べられる機会は少なそうです。でわでわ

      12
      テーマ:
  • 12 Apr
    • ギターアンプを買いました。その2 [Roland GA-60]

      さてさて、昨日のはかなり機材のお話でしたが、その続き。音の輪郭がボヤけているということの理由としてスピーカーのヘタりと、考えてみた僕は早速ですが、こんなものを入手してしまいました。そのもの、交換用スピーカーです。EMINENCE というメーカーの MAN O WAR というモデル。口コミでは、割とメタル向けのレンジが広いモデルとのこと。特にメタルをプレイはしませんが、メタル=歪み=音圧に耐える。また、レンジが広い=キーボードにも使える?とポジティブに考え購入。JC には TONKER や LEGEND といったモデルが良い評価らしいですが。ほいで、初のギターアンプスピーカー交換です。最初は、ハンダ付けとか必要かな?と考えていたのですが、元のスピーカー接続端子を確認してみると、プラスとマイナスのケーブルが引っ張れば取れるようになっていました (かなりグリグリやりましたが) 元のスピーカーを外して早速新しいスピーカーを入れようとしたのですが、これがなんと、は、入らない Σ(;□; )/ どうやら箱の円状の隙間より、わずかに新しいスピーカーの金具部分が大きいらしく入らず。押し込もうとしてもムリ。残念。削って穴を拡げようか、でもそんな時間もないし上手く出来る自信もない。残念ですが、前からはめるのは今のところ諦め、後ろからネジで留める方法へ。そして、ケーブルの付替えもすんなり終わり、交換が終わったスピーカーがコチラ。前から見ると、ちょっと残念な感じですね (^へ^;) ま、しょーがない。どうせフタもしますし。で、後ろから見てみると、うーん、中々派手で良いですね。着物の内側の柄が良い感じ、みたいな?さらには、付属していたエンブレムをつけてみたりして。わかる人にはわかる。的な。にひひ (^~^*) と、さてスピーカーを換えてみた後の印象ですが、中々輪郭ははっきりしてきました。良い感じです。さらに、このスピーカー自体はあまり音の色づけが少ないのか、そこがキーボードにも使う際は有り難い感じです。 (人によっては、地味に感じてしまうかもしれませんが) また、色づけが少ないことにより更にエフェクター関連の乗りは良く感じます。また、換えたばかりのスピーカーはまだ本領を発揮しないといいます。少しずつ音を出し続けることによって、エージング (慣らし) を行い、ちゃんと鳴るスピーカーになってきて、また印象が変わる可能性もあるかもしれません。楽しみ♪でわでわ。

      6
      2
      テーマ:
  • 11 Apr
    • ギターアンプを買いました [Roland GA-60]

      お久しぶりです!最近引きこもって打ち込みばかりなのでライブとかやりたいシュータです。さて、今回はギターアンプを一台買いました (ギタリストじゃないのに) Roland GA-60 という古いアンプです。おそらく 1980 年前後に作られたものかと。同い年くらい?どうです?ボロい渋いでしょう?元々、バンドでリハをするときなどは PA を通すよりも、スタジオにおいてある定番の JC-120 を使用することが多かったのですが、最近 いちろうた君 とリハに入る機会があったりして、自分用にギターアンプがいっこ欲しいなと思っていたのです。キーボードなのだから、ギーボードアンプでいいのかもしれませんが、趣味程度にギターも弾くので JC の代わりになるようなアンプがあればいちばん!と考えたのです。そこでひょっこり売られていたこの GA-60 。調べてみると、ちょうど二発ある JC-120 のスピーカーを一個にして、コーラスも省いたアンプらしいのです。そんなものがガリがあるからとすんごく安く売っていたのです。一応心配だったので音が出るかだけ試させてもらって、大丈夫そうだったので購入!!ほいで家に持ち帰って音を出してみるとまたガリの酷いのなんの。特にスライダーが並んでいる EQ の部分。さわる度に「ボボッ!ボッ!」と大きなノイズ。で、この EQ はスイッチでキャンセルもできるんですが、折角だから使えるようにしたい!と、いってもハンダや回路の知識はありません。そうなると、ふぉー!!! (`□´ )/=3 ガリガリガリガリ!ゴリゴリゴリゴリ!と力業でとにかくスライダーをいじる!いじる! すると、最初は大きかったノイズも「ジリッ、ジッ」となり、最終的には「シーン」となんとノイズがなくなりました!ワーイ (^□^ )/ こんなんでいいのかわからないですが。ほいで、音を出してみるとうーむ、なかなかよいかと。確かに JC によく似てます。味のない音。クリア。ただ、先ほどまでノイズの酷かった EQ の回路がなかなか強烈で、ON にするだけで太くなる、というか全体の音量がアップされます。その部分は Boss の GE-10 に近いかも。ただ、やっぱり古いアンプなだけあって音の輪郭は少しボヤけた感じがします。さらに中を開けてみると、スピーカーのコーンの真ん中がへこんでました。へこむわー。(´□`)=よくよく調べてみると、コーンの真ん中の凹みは音にそこまで影響はないらしいのですが、やっぱり気になるので両面テープで引っ張ってペリペリ、ポコッ!と。なんとか大きな凹みはなくなりましたが、小さな凹み跡は残っちゃいますね。凹みは直りましたが、音の印象はあまり変わらず。ちょい輪郭がボヤける。回路そのものが古いからか、スピーカーがヘタっているのか、なんともわかりませんが、長い目でいじってみたいですね (^~^ ) 余談ですが、JC-120 の EQ って High Middle Low とつまみが 10 段階で並んでいて、僕は「H: 5 / M: 5 / L: 5」がフラットだと思ってずっと使っていたのですが、どうもピアノの音がキンキンになっちゃうなぁ、ギター用だから仕方ないのかな。と思いながら使っていたのですが、今回こちらも調べてみると、なんと「H: 0 / M: 10 / L: 0」がフラットらしいのですよね。だまされたと思って、そのセッティングでつないでみると、なるほど!そうかも。ピアノがキンキンしないし、こもってもいない。これは本当かも! (☆□☆ ) と長年の悩みがひとつ溶けたのでした。このアンプのレビューとしては、===・操作性は JC と同じ。音も同じ傾向 (コーラスは無い) ・リバーブもよい感じで効く・ディストーションは使えない (これも JC と同じ) ・なかなかパワーはある・スピーカーは一発なので JC-120 より軽い。・アンプ自体のキャラはとにかくクリアなので、エフェクトの乗りは良い。・おまけ程度に考えていた EQ (グライコ) が効きがよく、 音を太くしてくれるので一番の魅力かも。 →同じ GA シリーズでもこれより下のものにはグライコは付かない。===てな感じ。自分としては買って大満足でした。普通の家には大きいけど。JC のコーラスも良いけど、僕はエフェクターでコーラスもたくさん持っているので問題なし!今回久々のブログでしたが、機材に興味のない人にはちんぷんかんぷんだったかも。つづく。

      6
      2
      テーマ:
  • 07 May
    • 琴音が2歳になりました♪

      皆さん、お久しぶりです!いつから書いてなかったかと見てみると。。。なんと、今年初!(^□^;)あけましておめでとうございます。。。最近は、本当にかける時間がなく、すみません。ちょっとずつでも更新できるよう頑張ります。て、タイトルですが、本日5/7で琴音が2歳になりました!早いモノですねー。てなわけで、お祝い。おめでとー!(^~^*)いつも家を和ませてくれてます。ありがとう。もう成犬だというのに、あまり大人びた感じはなく、色気より食い気の琴音なのです。アレルギーがあるので今回は手作りのお芋ご飯でお祝い。そして、もちろん、お母さんである歌音も一緒にお祝い♪二匹とも元気なままで嬉しい限りです。これからもヨロシクね。

      14
      4
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 無事に年が重なりました。

      皆さん、お久しぶりです。なかなか僕は更新できない日々を送っていましたが、ちゃんと健在 (?) です。と、言う訳で皆さんのお陰もあり本日、無事に31歳の誕生日を迎えることが出来ました。もう三十路本番。すっかり「大人」の年齢ですね。いつになっても自分はまだ子供な気がします。いやー、4・50代になって「いい男」になれているとよいのですが。。。(^□^;)近い日程ですと、ウケンさんや直さんもお誕生日でしたね♪僕はなぜか自分よりも知り合いの誕生日の方がなんか嬉しい感じがしたりするのですよね。不思議。それと最近はすっかり寒くなってきましたね。まわりは紅葉始まったかなと思ったら、もうイチョウなんかは散り始めていたりして。でも、やっぱり冬の夜の匂いが好きですね。なんか、シンとしてちょっと寂しい感じの匂い。いいんですよ。ちゃんのこの2匹の子達も元気です!久々に散歩したら、この子達まぁ歩く、歩く。こっちは息が切れてきてしまいます。だって、ね。。。もう(^へ^;)と言うワケで、一つ年を重ねた僕ですが、これからも宜しくお願いします♪

      9
      9
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 今日は歌音、5歳の誕生日です♪

      本日は、歌音5歳の誕生日なのです♪いやー、めでたい!この5年間、我が家をいつも笑顔にしてくれています。ちなみに、我が家に来た日はこんなでした。これも、可愛いですね~(☆□☆)=3それにしても、5年かぁ。。。沢山の良い時間を貰っています。そんな良い時間はこれからも沢山増えていくでしょう。歌音は今の所、調子も問題なく嬉しいです。これからも、元気でいてね。歌音が来た頃から見守ってくれている皆さんも、ありがとう (*^~^)

      7
      2
      テーマ:
  • 16 Sep
    • こちらは台風が過ぎました。

      いつの間にやら、9月になっておりまして。今年はブログ書けませんでしたが、バタバタと忙しい夏でした。という訳でそろそろぼちぼち書こうかなと思います。 (2ヶ月くらい書けていなかったのですね。。。) 今日はたまたまお休みで。世間も祝日だったようですが、台風が大変でしたね。幸い自分の所は大きな被害もなく、過ごせました。台風が過ぎた後は、中々良い天気。折角、時間も出来たのでお散歩へ。やっぱり、台風の後という事でそこら中に木々の枝がおっこってました。あんな、枝だが飛び回ってる中、外に出てたらと思うと、怖いですね(・□・;)久々に、今日の2匹の写真も♪丁度、カメラを向けてシャッター押した瞬間に、2匹ともあくび (笑) 相変わらず可愛い親子です。ほいで、またまたここには載せていなかったのですが、新しい仲間が前回の風ちゃんに続き増えたのです。トイプードルの「あんず」ちゃんです。この子は、なんとコマチとトラタん家の3匹目!やっとお散歩デビューしたくらい。とっても元気な子です。それにしても、3匹目ってのは凄い!大変(^□^;)ますます、近所が賑やかになりますな♪【本日の一枚】どこで覚えたのか知らないけど、テレビを見る琴音。相変わらず赤ちゃんみたいだなぁ (笑)

      4
      2
      テーマ:
  • 08 Jul
    • また、新しいお仲間♪

      今回は、またご近所に新しいお仲間が増えました!こちら!!ゴールデンの「風 (ふう) 」ちゃんです。飼い主さんは意識していなかったようですが、以前の愛犬、楓と同じ名前。そして、なんとなんと、誕生日が5/7、琴音と同じなのです(^~^*)いやー、やっぱり赤ちゃん可愛いですね。ぽてっとした肉球をふにふにさせて頂きました。これからヨロシクね☆

      1
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 七夕は晴れたけど

      さぁ、7月です。しかも、今日は七夕!天気は晴れ!とはいいつつ、特にお出かけする訳ではないのですが(^へ^;)本当は、余裕があれば平塚の七夕にでも行きたいですけどね。 (去年もこんなこと書いた記憶が。。。?) 昔は両親に連れられて、毎年行っていてキラキラしたお祭りが、子供だった僕には凄いモノに感じて興奮しっぱなし。また出店でかぶと虫が売っているのもワクワクでした。 (いまは、虫、いらないです。。。) 本日は晴れ!何気にこの神奈川にて「七夕に晴れ」というのがかなり珍しいのです。ほいで折角だからと夕食後に歌音と琴音を連れてプラプラと散歩に出たのですが、お目当ての「天の川」は残念ながら見えず。。。もし今日見れたら、人生初だったんだけどなぁ。残念(・へ・)=3また来年に期待ですね。【本日の一枚】さざえ!なんと今日はスーパーでいっこ¥100-で出てまして。売っていること自体が珍しいのですが、中々お手頃だったので2個ほど。普通のスーパーなので、あまり期待していなかったのですが、これが美味かった!(^□^*)江ノ島とかで食べると2個で1000円くらいしますからね。お得感満載で大満足でした♪夏っぽいし。

      1
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 段ボール

      こんにちわちょっと一時的に部屋の整理をする為に、近所のスーパーで段ボールを貰ってきました。すると我が子、琴音が大人しく入りたがり、中々気に入っているご様子です。上から見てみると…。捨て子みたいになっちゃってます。さっきのだと楽しそうだけど、こう見るとなんだかかわいそう…(^へ^;)絶対捨てないから大丈夫です!いやー、かわいい。癒されるわ。

      2
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 6月になってた日記。

      いやー、いつのまにやら6月に…。ジメジメ、ムシムシ梅雨入りですね。なかなか天パの具合もうねってます。本日は、ほんの少し思ったこと。僕は、魚の西京漬けや粕漬けのような、「漬けた焼き魚」が好きなのですが、スーパーなんかにいくとよくある、「赤魚粕漬け」って売っているのですが、その「赤魚」ってなんなのでしょう…?「鯛」だったらそう書くでしょうし、んー、不思議だ。味で魚を納得できるように、魚の名前も書いてくれると嬉しいんですけどね。「おー、○○ (赤魚) ってこういう味なんだ!」ってね。ほいで全然話が飛びますが、また僕は入浴剤も好きです。以前、ツアー中にくれた方々、ありがとうございました。んで、好きなので自分でも買いますが、その中でも炭酸系のヤツが好きです。色々試せるように買う時は「○種パック」とかよく買っちゃうのですが、今回買った中にはこんな表記がありました。「白い花の香り」…?「白い花」ってなに!?ひ、広すぎる…(^□^;)

      2
      テーマ:
  • 11 Jun
    • 山盛りチャーハンやりすぎた。

      こんにちわ本日は、お昼に行きつけの (?) ラーメン屋へ。今回は、こちら。チャーハン、大盛り (680円) なんか、お腹空いていたので、行ける気がして、頼んだら、まぁ量のおおいこと。どんぶり1.5杯分くらい来ました。次からは普通で…(^□^;)でも、やっぱり中華屋のチャーハンって違いますね。なんであんなに…、あの味に…。不思議です。火力はよく言いますが、油とか調味料も違うのでしょうか?そう、どんぶり1.5杯で思い出しましたが、WWDC2013と言うイベントでAppleの製品がいくつか発表されていましたね。中でも、黒光りしたゴ○箱のようなNew Mac Pro、イベントの様子を英語で見た限りなので、正しく聞き取れたかは自信ないですが、・CPUやメモリの速度は2倍・フラッシュやGPUは2.5倍・3台の4Kディスプレイを同時接続可能・拡張スロットを持たない分コンパクトで円筒形・端子差し込み口のそばが光る (地味ですが) ・Tunderbolt2の端子を装備・今年の終盤に登場?そんな感じでしょうか?自分の中ではTunderboltが出たばかりなのに、もう「2」が出ることが驚きですね。接続可能な機器自体も少ないのに。ただ、かなりのハイパフォーマンス、そしてコンパクト。これは気になりますね。他にも、ブラウザ上で動作するiWork (かなり気になる) や新しいOSX"Mavericks"やiOS7等。そのOSX"Mavericks"では、Finder (WindowsでいうExplorer) にタブが使えるようになる!これ本当に機能として欲しかったんです!後はファイルにタグ付けをして、保存箇所やファイルの種類に関係なく管理がしやすくなる。また、iOS7では地味ですが、Appのフォルダが大容量化し、ページのようにスワイプでめくれたり、Control Centerで簡単な設定はすぐに変えられたり、またSafariもスワイプで前のページをめくれるのは便利!と、なかなか実用的な発表が多くてちょっとワクワクしました。もう一度言いますが、ちゃんと英語は聞き取れてないと思います(笑)気になる方は、イベントの様子を見てみて下さいね。音楽や風景、デザインとか「古き良き」ものは沢山ありますが、コンピュータ系のテクノロジーは進化する一方ですね(^~^) (場合によっては「前の方が…」とかもありますが) と、冒頭の内容とは全然違う内容になってしまった今日の日記でした。

      テーマ:

プロフィール

しゅーた

性別:
男性
誕生日:
1982年12月13日
血液型:
B型
自己紹介:
株式会社ヘッドオフ所属。 キーボード、作曲、編曲。 アニメ「えびてん」ED制作、CM出演等 時...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のコメント

お気に入りブログ

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。