1990年代に連載が開始された人気漫画の一つといえば、ワンピース!!(´∀`*)

このブログでも何度も題材にさせていただいてますが、今回はいつもと違う切り口で、このワンピースについて書かれたビジネス書について紹介したいと思います♪


題材のビジネス書はこちら↓↓

「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱(著:鈴木貴博、2011年、朝日新聞出版)

FullSizeRender


「ONE PIECE」は1997年に週刊少年ジャンプで連載が開始され、2017年10月時点で国内累計発行部数3億6000万を突破!他にも初版発行部数、初動週間売上などの国内最高記録をもっています(*゚∀゚)っ

あらすじについてはみなさんご存じだと思いますのでここでは割愛します。知らない方は是非作品を読んでください!笑

 

 

アニメ「機動戦士ガンダム」が最初に放映されたのは1979年。それまで小学生向けロボットアニメ枠だった時間帯に、暗い世界観を持ち込んだとして最初は不振でした。しかし、放送終了後から中高生視聴者の間で話題になり、1981年に劇場版が公開され一気にブームとなりました( ̄ー ̄)ニヤリッ

あらすじを簡単に説明すると、舞台は人類が宇宙に移民を初めて半世紀たったという未来。地球連邦側と宇宙移民側で戦争が起こり、その戦争に巻き込まれた少年少女達の群像劇です!

主人公のアムロ・レイは、戦闘の混乱の中でやむをえずモビルスーツを操作し、なし崩し的にパイロットとなり地球連邦軍に組み込まれていく。一軍人として戦争を経験する中で苦悩をし、組織に反抗しながらも、最終的には軍組織の枠組みの中に戻って戦う…といった感じです。

 

両者ともその時代の少年達に大きな影響を与えた作品。本の中では、ガンダムとワンピースそれぞれに影響を受けた世代の特徴が紹介されていました(・∀・)

例えば、ガンダム ⇔ ワンピースとして

  • タテ社会 ⇔ ヨコ社会
  • 組織(会社)での関係に重きを置く ⇔ 気の合う仲間・友人との関係に重きを置く
  • 上下関係がある ⇔ 上下関係がない(各々に役割のある個性の集まり)
  • 組織の意志を尊重する ⇔ 自分で正しいと思うことを判断する
といった対比が印象的でした!!
事実として、現在では新卒社員の約3人に1人が3年以内に会社を辞めるなど、所属する会社を頻繁に変えることは一般的になっていますね♪

 

また、ワンピース世代の価値観を端的に表しているシーンの紹介もされていました(*゚∀゚)っ

「支配なんかしねェよ、この海で一番自由な奴が海賊王だ!!!」(「ONE PIECE第52巻より)

FullSizeRender

 「仲間がいるよ!!!」(「ONE PIECE第60巻より)

 FullSizeRender

 

「証拠なんて待っていたら何も防げないでしょう!!?敵はその目で見極めなさい!!!」(「ONE PIECE第23巻より)

FullSizeRender

確かに、こういう感動シーン、カッコいいシーンは当時読んでいて印象的でした(ノ◇≦。) 

漫画というのは大衆的でいろんな人にとって手に取り易いものだからこそ、与える影響も大きいでしょうね!!

ワンピースに限らず、私たちも昔読んだ漫画によって知らず知らず影響を受けているのかもしれないと感じました(≧∇≦)


本にはガンダム世代の傾向や、著者が予想するこれからの社会の流れについても書かれていました♪

会社の上司や親世代について知るため、また、これからの働き方的なものを考えるのにヒントとなるかも〜(o^^o)

気になった方は是非読んでみてください!!

AD