島根の新産業?

テーマ:
昨日、島根県に行ってきました。当初は浜田かどこかに泊まろうと思っていたのですが、行き当たりばったりでしたので、ホテルを予約するでもなく、ただふらりとバイクで出かけてホテルが空いてれば泊まろうかと、しかし私の考えは甘かった。いくら島根県とは言えこの連休、ホテルは空いてるはずもなく、結果的には日帰りになってしまいました。昨日の走行距離、約400km。かなり疲れました。
考えてもみれば、朝の10時に家を出て、375を北へ走り、途中に寄り道をしながらも2時半ぐらいには大田に到着、前から行きたいと思っていた小豆原埋没林を見て、浜田へ向かい、ホテルを探して断念し、186を通って広島まで抜けて、家に帰り着いたのは9時。もちろん途中には休憩も挟んでるし、渋滞なんかにもつかまりまして、そういうのを差し引いたとして往復6時間で行けてしまうんですよね。けっこう近い。
で、本題に入るんですが、私が久しぶりに大田~浜田を通って思ったことは「今までにはなかった風力発電の風車がものすごい多くなっている」ということでした。多分この4~5年の間に全て建設されたものなんですが、すごいですよ。どんだけあんねんって思いました。私が見てきただけでも、おそらく15基はありましたね。
この風車で発電された電気は全て中国電力が買い取るようで、どれだけの収入になるのかわからないですが、常に風が強い島根県の日本海側、前々から風力発電でもすればいいのにと思っていたところにこれですわ。私は別にエコがどうのとか、環境問題がどうだとか、そういうことは考えませんが、あるものを利用する、それが大きな力になれば尚嬉しい、そう思いますね。
何年も前から模索していた風力発電の道、いよいよ開けてきましたね。やるな、島根県。
AD

民主党政権に期待するもの

テーマ:
短期政権に終わって、しかしその内には自民党と民主党の解体がなされるように。
要するには自民党の解体を導くようにすることですね。そのためには民主党の一部が自民党にモーションをかけなければいけません。それができるのが松原仁とか、その辺りの保守的な方達ですね。
そして短期の内に解散総選挙、その際には新党結成がなされていると。

なんて理想的な話にはならんでしょうなぁ。
AD