死刑制度

テーマ:
ブログネタ:死刑について考えてみる 参加中
良し悪しに関わらず、法務大臣は半年以内に死刑を執行しなければならない。確か刑法だかなんかで定められていた。
現状は置いといて死刑は執行されなければならないというところが味噌。しなければ法務大臣は法律違反ということになる。これを監督する組織がないのも事実。役割的には内閣になるんだろうけども、実のところはなにもしていない。
一般の違法者は法により裁かれるのに大臣は裁かれない、なぜ?
今、死刑というのは死の宣告ではなく、ただの制度にしかなっていない。死刑になる基準も曖昧で実際は執行されないのだから死刑制度には限界があるようにも思う。
被害者遺族の方も「死刑になってほしい」と言う。しかし実際は死刑は執行されることなく何十年か後に出てくるこてが多い。遺族の方は法務大臣に問いつめた方がいいだろう。自分たちの目の前で死刑を執行させるように求めるのが筋ではないか。
AD

罪刑法定主義

テーマ:
裁判のことですが、罪刑法定主義を知っている人は多いでしょう。過去の犯罪は当時の法律によって裁かれる、過去の犯罪に、その当時にはなかった現在ある新しい法律は適用されないという近代裁判の最も根源的なもの。これを無視したのが極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判です。連合国は日本を当時にはなかった人道に対する罪という概念を新たに当てはめて一方的に断罪したわけです。
正直なところを言ってしまうと、山口県光市での事件に関する裁判、死刑判決がでましたが、これは罪刑法定主義に反するのではないかと考えています。誤解ないよう、私は容疑者(もう犯人)の元少年と呼ばれる人を擁護するつもりはないし、裁かれるべきだとも思います。しかし、その事件が発生した当初に未成年を死刑にすることができたのかどうかは別問題だと考えるわけです。
人は年をとって未成年から成人になるわけですが、人の成長は法律の中に含まれるのだろうか、もし事件発生当時に少年が逮捕されたら今と同様に死刑にできただろうか。死刑制度云々ではなく、罪刑法定主義の話。
約10年前の酒鬼薔薇聖斗が今逮捕されたとして、今の刑法で裁くことができるだろうか。当時の少年法は適用されないだろうか。
AD

瑛さん

テーマ:
平成19年8月28日の記事で紹介した「瑛」さん、今日のコラムも最高です。
ウダウダと語るのはやめます。興味がある方は山陰中央新報のコラムを読んでください。
AD

連想ゲーム桜

テーマ:
桜を見ていて思ったことです。
桜と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。私は花見を連想しました。姫路城で観桜会、高校時代までは毎年行ってました。私が連想したのは姫路城の桜です。
中にはもっと違うこと、違う場所の桜を連想した人もいるはずです。私も姫路城の次に連想する桜があります。
同期の桜という歌を知っているでしょう。たぶん桜でこれを連想する人はかなり多いと思います。そこでどうでしょう、前回のエントリーの話を重ねてみては。日の丸と君が代は戦争に結びつく、という話。
これを言い出すと収集がつかないですが、桜→同期の桜→靖国神社→戦争、もしくは桜→同期の桜→帝国海軍→海上自衛隊→戦争。なくもない連想でしょう。左翼がここに目を付けないところが不思議なこと。さすがに左翼のボケどもも桜を無くそうとは言わない。軽い矛盾を感じる今日この頃です。
きれいに咲いた桜、花に罪はないです。自然の息吹、風物詩、平和の象徴?戦争の象徴?桜はいろんな姿を持っていますね。

旗と歌

テーマ:
毎年のことですよね、旗と歌が話題に上るのはこの季節だけですよ。卒業式は過ぎて、今年もやってきました入学式。旗と歌はどうなんだい?
これに関してはいろんな人が自分なりの考えを持っていますね。非常にいいことだと思います。それぞれ思想信条があって、ただ何も考えずに我関せずの人よりは国のことを善し悪し関わらず考えとる。考えることが第一歩ですね。興味も関心もない人が一番の非国民じゃないかな~と最近思ってます。
私は国旗も国歌も大切だと思います。学校の先生が起立しなかったから処分されたというのを聞いて、そりゃ当然だと思うわけです。
国旗と国歌には敬意を表することが求められると思います。どこの国の国旗であれ国歌であれ、人はそれに敬意を表さなければいけないと思います。式典などならば尚更のことだと思います。それが公に仕える者であればさらに…ですよね。
内容や意味が何であれ、今の我が国の国旗は日の丸であり国歌は君が代です。国旗と国歌の段階と日の丸と君が代の段階では話が違う。国旗と国歌の段階で起立しなかったから何人かの教員は処分されている。教員は日の丸と君が代に反対しているだけなんですね、たぶん。でも教員には残念ながら今の我が国の国旗は日の丸、国歌は君が代なんですよ。それ以上言いようがない。
いくら日の丸、君が代に反対でも国旗と国歌には敬意を表さなければいけないんですよ、だから我慢して起立しなさい。