紅白歌合戦

テーマ:
今年の紅白歌合戦の司会が発表されて、何やら騒いでいるようですな。
白組が悪瓶…じゃなくて鶴瓶さんで紅組が外居、いや中居君と。51年ぶりに両組男性による司会らしいじゃないですか。
で、もめてるのが男女同権だとかどうとか。いやいや、そこに男女同権を持ち込んでくるのは間違っとるでしょ。んなこと言い出したら紅白歌合戦で唯一おもしろい応援団なんてどうするのよ?Every Little Thingなんて昔は男性2人女性1人だったのに紅組で出たぜ?あんまり変なところにケチ付けて男女平等たらどうとかを言わない方がええんじゃね?間違った男女共同参画社会たらを推進しとる連中でしょうな、こんなこと言うの。
私は両組女性が司会してもいいと思うよ。いや、是非ともしていただきたい。好み的には松嶋菜々子と天海祐希がいいなぁ…
鶴瓶さんと中居君のコンビ、なかなかおもしろいよな。まぁ鶴瓶さんとオセロの松嶋君コンビのほうがおもしろいけどね。
AD

鬱病

テーマ:
私はよくわからないんですが、鬱病って結構広い範囲の病気らしいですね。症状も色々あるようです。
で、わからないからわかろうとするんですが、わからないんです。ただ一つわかっているのは鬱病が流行っていること。何でもかんでも鬱病、ことあるごとに鬱病。朝青龍にしても安倍前首相にしても鬱病、鬱病。何なんですかね?見た目に元気がなさそうなら鬱病にしてしまっていいんだろうか?奇行をしたら鬱病なんだろうか?ボーっとしてたら鬱病なんだろうか?
ちょっと鬱病って使うの多すぎない?便利なんかな?鬱病を原因にするのって。ノイローゼとかとは別物なんかな?わからんわ。
AD

好きになれない

テーマ:
今、私が住んでる街は好きになれない。住めば都と言いますが都にならない。今までこの言葉を信じていましたが、どうにもならないぐらい、好きになれない。誇らしく思えるところがない。
9年住んでる人も言っていました。好きになれない。多分、この街には好きになる要素がないんだと思う。美しくない、整理されているわけでもない、きれいな自然があるわけでもない、便利なわけでもない、いいものがない…生まれ育った市民の方には申し訳ないが、到底いい所とは言えない。住むには適さないところだと思う。この街にあと何十年いると考えるとそれだけで嫌になってくる。何なんだろうか、この魅力のなさは…ほんとクサレだわ。
たまに行く田舎とか、めったに行かない都会の方がよっぽどいいところだ。こんなに街を好きになれないのも珍しいなぁ…と考えている、在住3年目。
AD

長らく置いてました

テーマ:
申し訳ないです。なかなか情報がはいらなくて、さらには考えて更新する余裕もないと、私の事情なのでわかってくださいとは言いません。
さて、今回は最近話題の赤福についてです。
えっじゃないかえっじゃないかえっじゃないかで有名な赤福餅、こしあんで餅を包んだものですが、小学校のときに修学旅行の土産と言えば100%赤福餅でした。私も大好きです。たまりませんな、熱い焙じ茶に赤福餅、お茶は絶対焙じ茶、なぜなら緑茶だと甘さが口の中に残るから、麦茶は甘いものを流せない、焙じ茶はあの甘さをスッキリと流してまろやかな味にしつくれるんですよ。
で、赤福の偽造、こりゃショックやったねぇ。今まではどうか知らんけどこういうのが発覚したらちょっと抵抗ありますわな。私は赤福餅が好きだから掌返しはしないです、擁護もしませんが。
でもね、いつも思うことがあるんですよ。食の安全に関してですが、本当の安全て何だ?と。賞味期限てありますね。賞味期限が過ぎてるやつは危ないとか言いますよね。でも自分の家にある冷蔵庫のものは少々賞味期限が過ぎてようが何しようが使いますよね。もしそれで腹を痛めたら自己責任。安全て何?
店で売り出すことになったら上記のような人も一緒になってケチョンケチョンに言いまくる。お前は普段賞味期限過ぎてても食ってるだろが~と思ったりするんですよね。
賞味期限過ぎてる、もったいないけどやめとこう、こう思う人なら別に何を言ってもいいけど、そうじゃない人はちょっと控えめにした方がいいんじゃないかな?と思います。まぁ確かに賞味期限過ぎてるものを金払って買ってるから、強く言えるんやけど、もしそれで赤福餅が食べれない状況になるのはいややなぁと。だから赤福さんにはこれから厳重な管理をしてもらいたいなと、こう思うわけです。