読書の春?

テーマ:

3月と4月だけで小説を6冊読んでしまった。何やってんだか・・・


あさのあつこ著「バッテリー」シリーズを1~5、6まで出てるんですけど、6は途中で置いてます。というか忘れて帰ってしまった。そして一昨日に8時間ぐらいで読み終わってしまった劇団ひとり著「陰日向に咲く」


バッテリーに関してはいいですわ。読んでみたい人は読んだらいいと思う。児童書です、が、児童書とは思えないような内容です。けっこう深いです。意外におもしろかったのが「陰日向に咲く」ですね。ほんまによかったね。スイスイ読んでしまったよ。215ページあるのに。ほんまに面白かった。内容は明かしませんが、全ての話が繋がっているんですよ、一つ一つ違う主人公で。面白いですね。


これからもいろいろ小説探して読んでみようと思います。

AD

携帯電話

テーマ:

私が携帯電話を持って、この4月で6年になりました。しかも会社はずっと同じ「アフリカ連合」です。


携帯の番号、これ6年間ずっと一緒。変えたことないんですよ、新規加入とかで。要するに機種変更ばっかりなわけですよ。ついでに、メールアドレスは1年ほど前に変えました。迷惑メールが多くなって、約5年間使ってきたアドレスを放棄してしまいました。迷惑メールに負けたことは今でも悔しいです・・・っていうてもしゃーないんやけども・・・


6年の間に機種もいろいろと変えましたね。初代がソニー、これは使い勝手が悪いことと、デザインが気に入らんかったので半年でやめた。二代目が三洋、これは結構長くつかったね。たしか1年8ヶ月ぐらい使ったかな。三代目がカシオ、これが初めてのカシオなんやけども、この機種でカシオをすごい気に入りましたね。すごい丈夫なんですよ。何回ポケットから落としたことか・・・これも2年ぐらい使いましたね。4代目が東芝、カシオのがよすぎて、正直どうでもいい機種でしたね。半年で変えました。そして現在も使っている5代目、カシオです。なかなか丈夫でいいですね。ちなみにこれで1年3ヶ月使っています。


今思えば、初代から全部機種を残しておけばよかったと思いますね。どっかで携帯電話機種の博物館みたいなやつないかなぁ・・・

AD

早く終われ、あと一週間

テーマ:

私がこの艦で実習するのも実質的に残り1週間。どうにかして潜訓にいきたいです。もうこの艦に戻るのは絶対にいやです。この艦でいやな人と会うのも二度といやです。いい人も中にはたくさんいるんですがね。


とにかくこの艦ではいろんなことを思い知らされました。相手から教えてくることはない。私から聞きにいかないと初めてだろうと何だろうと絶対に教えてくれない・・・他の二等海士には丁寧に教えてるくせに・・・これが曹候の宿命かということを本当によく思い知らされた。潜水艦に行った暁には自分から積極的に何でも聞くようにしようと思った。過去の自分を反面教師としながら、新たな世界で(といっても同じ海自だが)新たな可能性にかけて、新たな出発をしたい。そのためにもこの艦を出て潜訓に行かなければならない。絶対にこの艦を出てやる。


ここまで書けばわかるでしょう。私はこの艦が大嫌いです。この艦というよりもこの艦の人ね。もう本当にいやだ。なんでこんな艦に来たんだろう・・・たったの4ヶ月、いいこともあったけどトータルで見たら悪いことばっかりでした。そんないやな思い出を振り払って、新たなる気持ちで次に進めるように、今はそのための準備をしたい。さらば(まだだけど)○○○○・・・

AD

お勧め

テーマ:

一品料理 六一


ここはねぇ、最高にいいですよ。魚を中心としたメニューで色々な地酒、焼酎を楽しめるお店です。たまたまポーンと入ったお店だったんですが、本当においしかった。魚と酒が好きな人にはたまらんお店でしょうね。


ここの大将も粋な方で、ちょこちょこっとおまけをしてもらえる。昨日は隣のお客さんがハゲ(カワハギ)の塩焼きを注文したんですよ。そしたらハゲの肝まで出てきましたよ。いいなぁ・・・と見ていました。


大将とは魚について色々話しましたよ。山陰で取れるノドグロは昔安かったとか、瀬戸内の魚だっていいものはたくさんあるとか、自分が魚好きだったらたまらんようなお店ですよ。これから広島に来たときにはここで一杯やりたいですねぇ。

一人の時間の大切さ

テーマ:

今まで一人になるのがあまり好きではなかった。皆と一緒にワイワイ騒いですごすのが好きだった。特に仲のいい友人や後輩、先輩と一緒にいるのが好きだった。でも今は一人の時間を持ちたいと考えている。


心境の変化か、常に独りになることができないから、一人の時間を欲しているのだろうか。それでも気心知れた仲間、友人たちと一緒にすごすことは好きである。どういうことだ?・・・答えは簡単。私の立場にあるんですよね、現在の私がいるところがそう思わせるんでしょうね。


これまでは一人になろうと思えばいくらでも一人になれた。でも今は一人になりたくてもなれない状況がある。だから一人になりたいんだよ。自分が置かれている状況が一人を欲しているんですよ。これを解決するにはどうしたらいいか・・・それは周りの人と気心知れた友人関係になることが一番いい。職場でもそういう人は何人かいる。でも大半は一緒にいたくない。個人的空間にまでその人を入れたいとは思わない。


これからの課題・・・周りに自分が心許せて、一緒にいて苦にならない人を探すこと。これしか今から生き残るすべはないと思う。ここにそういう人がいるかどうかはわからないけども・・・

職業病?

テーマ:

艦では見張りのときに電話をつけます。電話といっても一般家庭にあるような電話ではなくて、ヘッドホンとマイクが付いた電話なんですが、これにもつけ方ありまして、ヘッドフォンは利き耳だけつけて反対側ははずすという付け方なんですよ。これで電話で流れてくることも聞きつつ、反対の耳で他の音も聞くという具合にするわけです。


で、今この記事を書いているのはネットカフェなんですが、そこで音楽を聴きながらやってるんですが、ヘッドフォンをつけるときにどうしても左耳だけに当てて右耳ははずしてしまうんですよね。これがひとつの職業病なのかもしれません。こんなことしてしまう自分がすごい嫌です。なんじゃこりゃ?って感じですわ。バカみたいですよね、こんなところにまで海上自衛隊の自分が出てしまうのが・・・この変なクセ(職業病)は早く脱したいですね。


仕事している人、何か職業病みたいなことないですか?無意識のうちにそうしてしまうとか、自然とそうなってしまうとか。あるはずですよ、自分で気づいてないだけで。

政府よりよっぽど頼りになるわな

テーマ:

警視庁がシンガンスに対しての逮捕状を請求すると。ようやくここまで来たか。政府がクソみたいな交渉をしている間にも警視庁は着々と動いており、そしてシンガンスの逮捕状請求まで来た。後は北鮮がおとなしくシンガンスを引き渡せばそれで一歩前進する・・・が、北鮮がそうおとなしく引き渡すわけもなく、そこからが大きな壁になるかもしれないのだが、まぁ政府のモタモタした足取りよりはかなり早いほうでしょう。


こういうときの警視庁は頼りになるよね。ほんと、下手な政治家とか首相とかよりもすばらしいよ。そしてどこから仕入れてくるのかわからないけどかなりの情報量、さらに調査力、行動力、迅速さなど、本当によく動く警視庁ですな。これで警視庁の株もグッとあがること間違いないでしょうな。国民が皆信頼してくれるよ。拉致問題解決の糸口は警視庁から始まったと。


拉致問題に関して、一歩大きく前進してくれれば本当にいいことだ。がんばれ警視庁!

ホームシック?

テーマ:

島根に帰りたい。島根に住みたい。その思いが強くなっている。生まれは兵庫県。島根には4年しかいなかったけど、島根のよさを知ってしまった以上、兵庫よりもよくなってしまった。


もともと私はあまり都会が好きではない。人ごみが、人が多いところが好きではない。ビルが立ち並ぶのが好きではない。好きなのはきれいな山と川があるところ。島根以外にもあるだろうけども、住み慣れた島根がいい。ちょっと矛盾するかもしれないけども、私が一番住みたい場所は島根の松江、その次に益田、そして浜田・・・姫路にはあまり執着がないんですよ。何でだろうか・・・大学時代があまりにも充実していて楽しかったからだろうか、それとも島根のいろいろなところを見て、いいところも悪いところもすべてを受け入れてなお島根が好きと本気で思っているのか。自分のことながらわからない。そういうのが島根の魅力かもしれない。


将来的には島根地連にいきたい。そういう希望も出した。体のこともあるし、島根への思いも強いし、それを総合してみれば陸上勤務、島根に勤務というのがベストなのかもしれない。


島根は魅力が多すぎる。特に自然と温泉が好きな私にとっては最高です。思い起こせば5年前、初めて浜田に行ったときには何て寂しいところなんだろうかと感じた。しかし住めば都、見た目だけではわからない魅力がたくさんある。それは浜田だけではない。島根が持つ歴史、文化、思考、そして空気、これらが全て私の感覚と見事に一致したんです。たったの4年で。だから私は最近よく周りの人に言うんです。「実家ではなくて島根に帰りたい」


私の第二の故郷は島根だと胸を張って言いたい。島根を知れば知るほど島根が好きになる。いいことも悪いことも含めて。私が助産婦ならば迷わず隠岐島に行きます。島根出身の人から言わせれば考えが甘いと言われるかもしれないけども、それぐらい島根のことが好きになったんですよ。まぁ、私の周りの人はすでに知っていることでしょうがね・・・

知らぬ間に・・・

テーマ:

出航している間に面白いことがあったんですねぇ。竹島関連ですがな。いや~知らんかったよ。海保の巡視船が竹島近海の調査をするとかで、南朝鮮がえらく勢い込んでいると。結局中止になって、互いにあまり進歩していないようですなぁ。一定の成果があったかのように報じられいているようですが、私が見る限り何の変わりもないじゃないかと、こう思うわけです。


まぁ、ひとつ成果と言えば、これで南鮮を国際司法裁判所の場へと引きずり出しやすくなったと言うことぐらいじゃないかな。ここまで南鮮が反発するなら、国際司法裁判所へと話を持っていくことも可能なような気がするけども、駄々っ子の南鮮はやっぱり出てこないんでしょうね。まぁ、もともと二国間(というか一方的に朝鮮が)問題にしていることだから、二国間で解決するのが筋だとは思いますけどね。こちらがいくら歴史と国際法に基づいて説明しても聞く耳持たないようでは交渉のしようがないですが・・・


で、何?自民党の中川政調会長が「海底地形の命名問題から今回の騒ぎが始まっているが、共同で研究して、一つのチームとして命名作業をする発想があってもいいのではないか」だって?何で、自分の家の庭の地形を調べて、命名するだけに他人が口を出せるわけ?何なの?共同って・・・?何でも共同すればいいってもんじゃないぞ。そんなことしたら余計に南鮮を勢い込ませるだけやないか。調子にのらさんと、頭からキャ~ンゆわしたったらええねん。武力行使しろって言ってるわけじゃないですよぉ~。


まぁ、いずれ南鮮が手を引かなければ、日本も出るべき場所、手段があるからねぇ。フォークランド紛争はかなりいい教訓になると思うよ。イギリスを見習わないといけないですねぇ。

あくまで予定

テーマ:

もうすぐ、水上艦での実習が終わります。あと2週間ぐらい。そのあとに潜水艦乗りになるための教育を受けに行くんですが、まだそこにいけるかどうかが確定しているわけではないです。当日の身体検査などで落ちれば原隊復帰、もとの艦に戻るって事ですわ。それだけは絶対に避けたい・・・


せっかく選ばれて潜水艦乗りになれるんだから、なりたい。限られた人しかなれないんだから、なんとしてでもなりたい。どうにかこうにかしてなりたい。身体検査で落ちないようにしないといけないですなぁ。問題は視力ですねぇ・・・当日になってみないとわからないですから、原隊復帰ってすごいカッコ悪いなぁ・・・


とまぁ、いろいろ心配しても仕方ないので、とりあえず残りの実習を乗り切りたいですね。今はただそれだけ。