今日は当直

テーマ:
朝から体操号令官やってやりましたよ。楽勝!なんであんなもんで間違うんやろうか…毎日でもやったるわな。
で、今日は当直でした。特にやることもなく平和な1日でしたな。まぁ明後日修業なんで大掃除をしましたが、それ以外は特に何にもなかったな~。あ、そうや、今日1900ぐらいにいきなり防火隊集合がかかって、何事かと思って行ってみると「風呂掃除を示達するの忘れてました、今からしてください」だと…はよ言えよ、こっちはないもんやと思ってくつろいでるのに…
それと、どうやら優等賞を取り逃したようです。一応候補に挙がっていたけど点数が足らんということでダメだったらしいですわ。惜しかったねぇ…もらえるもんならもらいたかったな~。ま、いいや。
まぁそんなぐらいかな?今日はホントに何にもなかったな~
AD

登山競技

テーマ:
今日は登山競技でした。砲台山というところを登りました。まぁ死ぬかと思うぐらいの山でしたね。
今日は体のあちこちが痛いです。腰は何とか保護しつつ登りましたがやっぱりあとできますね。本当に痛い。
結果はあんまりいいもんではなかったですが、別に結果なんか狙ってないので悔しくも何ともないですね。本来なら私たちはやらないハズだったのになぁ~
ま、これで全て終わったよ。これからは気が楽やわ~っていうてもまだ走らないといけないでしょうけど…もういやだな~
AD

今日あったこと

テーマ:
朝、総員起こし5分前がならず3分前に起きてビビる。皆遅れていたようだった。
午前中、また部屋が変わって、もといた部屋に引っ越し、ただいま。
午後、体力測定があったけど、しばらくの間放置プレーを喰らう。1時間ほど寝てしまった。寝ていた体をたたき起こして体力測定に挑む。
夕方からは自習がなく部屋でくつろぐ。
しんどいのか楽なのかよくわからない1日だったな~、中身が濃かったような薄かったような…まぁ楽勝な1日だったかな~
明日は登山競技です。腰を痛めないように適切にやります。誰も私の体を考えてくれませんからねぇ…自分で守るしかない。
AD

結束

テーマ:
いざというときに集まれるのは非常にいいことだ。結束を感じることができる。私たちはある意味試されていたのかもしれない…
私たちの結束力は証明された。これが本当の一生の友なんだろう。無理をしてでも集まることができるのはそれだけの意味があるからだ。私たちの絆はそんなに脆いものではなかった。

別れを乗り越えて

テーマ:
つい先日会ったばかりだったのに突然の訃報はかなりこたえました。
しかし皆で会っていたら、何となく心の整理がつきました。
二度とあのメンバーで集まることはできないけど集まる度に思い出が蘇って話に華が咲くのだろうと思います。
皆が流したあの涙は先輩の死を受け入れそれを乗り越えるための苦しさから流れたものです。
私はもう大丈夫、明日からも元気にやっていきます。

生死の意味

テーマ:

人が生きていくことって難しいのかな?楽しいこともあるだろうし嫌なこともあるだろうし、嫌なことばっかりだったらやっぱり生きていくってことはつらいのかな?なぜ人は生きているんだろうか?死ぬことって何なのだろうか?何のために死ぬんだろうか?


人間っていうのは生命体で、いつかはその終わりが来るんですよね。早かれ遅かれくるんですよね。イスラム風でいえば死んだら死んだで、あなたはそういう運命の下に生まれていたんですよって軽く終わるんでしょうね。軽くはないでしょうけど、それで処理されてしまうんでしょうね。でも私はイスラム教を信仰しているわけでもないからそんな風には考えることは出来ません。人は何かのために生きて、何かのために死ぬんだと今でも信じている。人の命には何らかの意味があって、生きることにも死ぬことにも何らかの意味があると信じている。人はそんなに簡単に意味も無く消えるものではないはずだ。


かつての特攻隊員は自分の命と引き換えに私たちの将来というものを守った。彼らの死には私たちの将来という壮大な意味があった。彼らの遺書を読めばわかる。無駄死にだったと言うような人は、人の命を屁とも考えていない非人道的なやつらだ。私たちは人が亡くなることに関して何らかのメッセージを受け取らないと、その人の命に意味を見出せないのかもしれない。生きていることが当たり前、当たり前のことだから考えることをしないというのではやっぱり人の命というものが軽視されているようにしか思えない。


私は「身体髪膚之を父母に受く 敢えて毀傷せざるは孝の始めなり」という言葉を非常に重要に考えている。簡単に言えば「父母からもらったこの体を大切にすることこそ一番の親孝行ですよ」ということである。自分の体は大切にしないといけない。今の人は簡単にピアスとかして体に穴を開けているけど、あれは私としては道徳的には許されないことだと思うわけです。もっと言えば自殺することなんてとんでもないことです。これらは一番の親不孝だと思うわけです。


現代において人が生きていくうえでもっとも大切なことは、「生きていくことに生きがいを感じる」ことだと思う。特攻隊員は死ぬことにさえ生きがいを感じていたようであるが、今は時代が変わって、生きることにも生きがいを感じれない人が多く存在する。何のために生きているのかわからない人が多くいるんだと思う。自分の中に信念を見出さない人は精神的に不安定になるんだろうか・・・それが死につながっていくんだろうか?自殺の原因て間単にわかることではないと思う。その人の心理になってみないとわからないことなんだろうと思う。空虚感が人の命を軽くさせるのだろうか?自分の命を軽視するようになるんだろうか?これは社会心理学者でもはっきりと答えることは出来ないだろう。社会心理学、いや心理学自体限界があって、おそらくという推測でしか物事を語ることが出来ないのである。これほど不安定でいい加減な学問は無い。


私たちが考えるべきことは「人の死によって自分はどう変わっていくか、どうなっていくべきなのか」ということだと思う。その連続が人生に多くの分岐点を作り、自分の進むべき道を示してくれるのだと思う。私たちはそこに目をつけて、言い方は悪いが「その人の命を乗り越えて」前に進むしかないのであると思う。私たちが変わることによって失った命の意味が大きくなっていくのだと思う。私たちが変わらなければ、それこそその人の命というものは無駄なものになってしまう。たとえそれが自殺という悲劇、無理解なことであったとしてもそこから踏み出さないと私たちの「生きていく意味」というものがなくなるのではないかという不安に陥るのである。


私がなぜこんなことを急に書き始めたかというと、私の兄貴的存在の先輩が亡くなられたからである。最初は書くつもりなんて無かったけど、居ても立ってもういられなくて、どうしていいのかわからず、とにかく一度気持ちを落ち着けたいということでこういったことを書いたしだいである。11月26日現在、まだ遺体をこの目で確認したわけではないし、ちゃんとした話を聞いたわけでもない。そういう話を耳に挟んだ程度、といえばおかしいように聞こえるが、未だに信じることが出来ないのである。なぜこういうことになったのか、まだ全然わからない、理解も出来ない、納得も出来ない、信じられない、こういう気持ちがあるからである。今日、先輩のお葬式がある。私はそのために島根に行く。行ってこの目で確かめてからこれからのことを考えることにする。

邪魔じゃバカたれ~

テーマ:
今日、タレントのふかわりょう氏が来ていた。フジテレビの番組のなんかで。それは知ってたんですが、邪魔ですね。
夕食のときにはちあわせしてしまったんですが、撮影の関係でほとんどのテーブルが使えず狭いところで食事することになってしまいました。本当邪魔でした。
やるならもっと端っこでやりやがれ。俺らの邪魔をするな、テレビ局はもっと考えろ。
明日の朝までいるらしい。朝食まで一緒になったら最悪やな~、朝は時間がないから早く食べて早く食堂を出たい。どうか一緒にならないように願うばかりです。

我が大学に失望

テーマ:

だいぶん前のことですが、私は母校の学祭に行ったんですが、そこでとんでもないものを見つけました。今思い出したので、やれるときにやってやろうと思います。


何を見つけたか・・・「就職率公立大学でNo.1」「女子に関しては100%」というものでした。うん、すごいよね、本当にすごいよ。一年生からキャリア形成講座やって(私達のときにはなかったけど)就職には強い!うん、本当だよね。就職するには全然問題ないよね。いや~我が母校ながらすごいよ。本当にすごいと思う、この数字だけ見れば・・・これを見たら就職難(今ではそこまで難しくないかもしれんけど)のこのご時世、この大学に行って安定した将来を、会社に入ってバリバリ働くぞ!という意識がわいてくるかもしれませんね。


ただ、その中身はどうだろうか?確かに就職はしたけどみんな続いているのだろうか・・・?ただ単に就職して自分がやりたいことをじっくりとやっているんだろうか?私はここに就職できてよかった、ありがとう!と思っている人はどれぐらいいるか・・・やめた人が結構いることを知っているんだろうか?


働くって事はやっぱり厳しいものですよね。私も思い描いていたものとは違って、現実を思い知らされることもありましたよ。そこは私に将来を見る、現実を見抜く力がなかったからかもしれない。ただ、大学の就職に対する力の入れようはちょっと異常じゃないかと思った。


大学って何のためにあるの?ここから全て始まると思う。何のためにあるの?就職するためにあるのかな?自分のやりたいと思った学問を勉強しに行くところなのかな?遊びに行くところかな?もっとそれ以外にあると思うけども、どうだろう?これらの全てが兼ねられていたら素晴らしいよね、確かに素晴らしいけども、そんな理想的なものが我が大学から得られるわけがない。なぜなら行った人ならわかると思うけど「就職するために勉強する」という感じが非常に強すぎる。さらに自分がやりたいと思った勉強をしようとしたら横から邪魔してくる教員がいる。どうなってんだい、この大学は・・・


就職したいなら別に大学なんか行く必要ない。高卒でも中卒でも専門学校でも、どこでも就職はできる。何を求めて大学に行くのか?下手な知識や大卒という肩書きは邪魔だぞ。自分が真剣に勉強して、その結果として自分の力を生かせる仕事をするならばそれが一番いい道だと思う。つまり勉強があってその上に結果として仕事がついてくる、これが普通じゃないかな?わけもわからんところに就職してもやめてしまうだけです。そういった人が我が大学の卒業生にどれぐらいいるんだろうか、一度調査してもらいたい。その上で就職がどうのと言うのが筋じゃないかな?もちろんやりたい仕事をやってる人もいるよ、その逆もあって、その率が意外に高いんじゃないの?っていうことを言いたいのね、私は。


とあるゼミでは毎年就職活動をしに東京へ行くみたいだ。私はそれを見ていて、行った人に話を聞いた。おぉ、これがコネクションっていうやつか、と思ったね。強制的に行くみたいですよ。なんか、高度成長期の集団就職列車を思い浮かべてしまうよね。就職への不安はあるだろうけども、自分の力を信じてほしいね、そのためのアドバイスを聞くならそれはそれでよし、ただ教員に頼ったりするのはどうかと思う。自分の力で仕事を勝ち取ってほしいなぁ、少なくとも私と関係を持った後輩にはそうしてほしいなぁ。


がんばれ、後輩!自分の力を信じて、見事に自分のやりたいことを見つけて、そしてその仕事を一生貫いてくれ。私も一生貫くようにがんばる。教員は就職してからのことは面倒見てくれんぞ。

本当に巧妙化

テーマ:

南朝鮮の密漁が本当に巧妙化 してますね。以前からそうでしたが・・・


これはね、やっぱり主権問題にかかわってくることですから、政府として南鮮にきっちりと抗議しとかないといけないでしょう。日本は国際ルールに則っているのに外国がそれを無視したらこっちが不利に決まってるじゃない。だからといって国際ルールを破っていいわけではないですよ。国際ルールに則って抗議しないといけないですね。


これはある意味事故に似ている。こっちが気をつけていても相手からぶつかってくる可能性があるからね。つまり日本だけが守っていても相手がルール違反をしてきたら損をするのは日本なわけですよ。悪いのは向こうだから強気に出て問題ないですから一発ガツンと言ってやればいい。


んで、主権問題が絡んでくるのはこれだけじゃない。日本はどんどんEEZから侵略を受けているんですよ。EEZjは国家に認められた権利であって、それはすなわち国家の主権から生まれ、その主権を守ることが我が国政府の責務であることは明白。竹島が南鮮に占領されているということから、さらにはそれをごり押しするかのようなEEZの一方的な拡大化、もう不法占拠とかのレベルじゃなく侵略ですよ。漁船で済んでいるからまだ何とかなるけど、そのうち軍艦とか出てきたらどうするの?海上警備行動では済まないよ。小泉さん、主権て何かわかります?


南鮮は着々と竹島占領計画を進めている。既成事実の積み重ねが、いずれ歴史的な事実へと変わっていく。そうなったら日本は手も足も出せなくなり、竹島は完全に南鮮のものになるよ。これは北方領土でも尖閣諸島でも一緒。ロスケビッチが北方領土問題を口にしなくなったら終わりですよ。シナが尖閣諸島のことを口にしなくなったら終わりですよ。相手も今は必死になって日本の領土を侵略しようとしている。ということはまだ完全に支配されたわけではない。だからこそ今手を打たないといけない。少しでも妥協を許せばあとはズルズルと相手の侵略ペースに乗せられて何もできずに終わっていく。


主権関係で言えば拉致問題もそう。えらい静かになりすぎてない?北鮮に拉致された日本人は全員確認されて、本当の意味で全て解決したの?何で未だに横田めぐみさんがどうなっているのかということが明確にされてないの?国家は怠ける閑なんかないんですよ、国家の主権を守るために常に戦っていなければならないんじゃないの?働いてる?お役所の方々?


と言いつつ、私は毎日必死になって勉強していますよ、いつでも使える人材になるために。

愚痴を言わせてくれ!

テーマ:
当直というものがある。平日の当直はしんどい、でも私としては楽勝だから苦にならない。しかし金曜日、土曜日、日曜日に入ると休みがつぶれるからかなり腹が立つ。
私が当直をやったのは全部で8回ぐらい。その内休みに当たったのが4回…おかしいでしょ!代わってもらってるからええけど代わってもらう人にはかなり悪い気がする。
そのわりに一回も休みに当たってないやつもいる。私としてはこいつらにやらせたい。全てを押しつけたい。赤点取ってるやつにやらせたい。私はヤバいと思ったことは何回もあるけど赤点を取ったことはない。そんな私がなぜ休みの日に当たらないといけないのか!サイクルが悪すぎるんだよ。なんで序列順に行くのか、そうしたら休みに当たるやつが限られてくる。不公平すぎるだろが!腹立つわ!責任者でてこい!…と言いたいけど上司やから何も言えません…
それにしても赤点取ってるやつに休み当直をやらせたい。赤点取っても出てるやつはいるのに…ムカつくんじゃボケ!