京都にて2

テーマ:

今日は昨日の通り、大阪をぶらついてきました。特に何もなし。


5月の15日に舞鶴で京都大学教授中西輝政先生の講演を聴くことができることになった。テーマは日露戦争に関連して『「人類史の奇跡」を支えたもの』 として講演されます。めったに聴くことのできないお話なのでかなり気合入れて望みたいと思います。で、そのために今、改めて日露戦争について学んでいるところです。私は昨年の5月、西村眞悟氏と対馬に行って以来、日露戦争についての勉強を始めました。今年は日本海海戦勝利100周年であり、まさに現在は100年前の日本の姿に学ぶべきことが多くあることを認識しないといけない。

そういうわけで大阪の紀伊国屋書店で日露戦争に関する本を一冊買いまして、改めて勉強しようと思っています。時間も少なくどこまでできるかわかりませんが、中西先生を困らせるぐらいの質問をしたいと思います。それぐらいの質問をすれば教育隊の指令も「お、あいつは誰だ?ん?21分隊の上杉?なかなかいいじゃないか、21分隊」といった具合でわれわれの評価もぐっと上がるってもんですよ。・・・と、こういう欲を出してはいけませんな。でも、普通にいろいろと質問したいと思います。その内容についても皆さんにお知らせしたいと思います。

実は、私は自衛隊の中でもちょっと変わった人間ではないかと思っているわけです。なぜ自衛隊に来たかという理由からしてみんなと違うんですね。でも変わっているからといって間違っているわけではない。というか大正解である。他の皆は「大学にいってもやりたいことがないから」「軍艦が好きだから」「海が好きだから」「地連のオヤジにだまされて」といった具合に、自衛隊というものを何か勘違いしているように思うわけです。つまり、ひとつの公務員として、仕事としてきている人が多いということです。別に悪いわけではないですけど、そういう気持ちでやっていけるのが不思議に思うわけです。

と、同期のことを批判しても仕方がないので何も言いませんが、もう少し自衛官としての使命と自覚を持っていただきたいものですな。

AD

京都にて

テーマ:

今日は京都に宿泊です。舞鶴じゃないですよ、京都市内ですよ。

 

今日は昼から京都に来て、町をブラブラ歩き回って京都の雰囲気を味わってきました。やっぱいりいですね、千年大城、二条城、御所には時間の都合で行けなかったけども、四条、烏丸を歩き回りました。たぶん今までの私ならこれで結構疲れているんでしょうが、今はそうでもないですね。自衛隊の訓練様様です。

 

京都に来て感じること、それはやっぱり町並みがいいということでしょうかね。きれいに区画整理されている町並み、ビルが建っているのがうっとうしいけども、あれだけきれいに直線が入っていると気持ちいいです。何といいますか、これが平安時代から続いてきた街か・・・と、歴史を感じましたね。

 

これから晩御飯を食べに行こうと思います。何を食べるかはまだ決めていませんが、とりあえず酒を飲みたいですね。ビールを。飲み過ぎない程度に飲んで、気持ちよく寝て、また明日は0530に起きたいと思います。んでもって海上自衛隊第一体操をしたいと思います(ホテルの人、他のお客に迷惑か?)

 

明日は大阪に行く予定です。大阪の千日前通りと心斎橋と、ミナミの方を攻めたいと思います。もちろんキタの方もいくつか行こうと思いますが。まぁ、明日は約1ヶ月ぶりに大阪の空気を吸いに行きたいと思います。

 

と、ここまでは京都編ということで、ここから本題。

 

尼崎の電車事故について・・・あまり深いことはわからないですが、どうやら運転手は新幹線の運転手になりたかったとか。それでこれまでにも何度か業務について注意されていたとか?らしいですね。あまりにも注意が多いと新幹線の運転手になれないとでも思ったのでしょうか、時間遅れは非常にマズイことらしいですな。で、一緒に乗っていた人に「黙って(内緒にして)いてもらえませんか?」とか何とか言っていたとかいないとか。まぁ、この情報も正しいかどうかわからないですが、仮に正しいとしましょうか。

 

運転手は運転暦11ヶ月らしいですね。言うたらまだまだ半人前。ミスがあるのは当然とは言わなくても無いとは言い切れない、と私は思うわけです。いくらプロといっても、前回に私が言ったようにプロになるために、100%に近づけるために日々訓練、努力すると。その努力途中に色々と上から言われており、自分の夢を砕かれそうになったら必死に自分を弁護しよう、つまり今回のことで言えば「黙っていてください」と言うのは当たり前でしょう。しかし、私はここに一つのことを言っておく。

 

人の命を預かる仕事、自分のミスで人が死ぬかもしれない仕事、つまりはバスの運転手とかタクシーの運転手とかは、まず安全第一でなければならないこと。これ重要。人の命は何物にも代えられない、命を預かる仕事ならそれは当然のこと。今回の運転手は自分の夢のために危険を顧みず、つまり人の命を自分の夢と比較したときに軽視し今回の事故に繋がった、と言うことが出来ると思う。この辺は人によって見方が違うと思う。私はそう思うだけ。誤解ないよう言うが、私は運転手が悪いとは言わない。運転手は注意するべきだったということです

 

この大惨事を悔やむことは簡単に出来る。非難することも簡単だし当然のこと。亡くなられた方々の遺族の方の気持ちも痛いほどわかる。言いたいことは言ったらいいと思う。そしてJRはその非難に耐えて、今後同じような事故を発生させないように努力する。いや、同じような事故を起こさないこと、これはJRに与えられた使命である。のどもと過ぎたら熱さを忘れるではいけない。そのためにも遺族の方々は大いにJRに対して好きなだけ、気が晴れるまで非難を浴びせればいい。JRはその非難を真摯に受け止めバネにして今後のことに取り組まなければならないと思うわけです。

 

そして、これからのJRの取り組みを監視するのはJRを利用する人たちの責務でしょう。

AD

おはようさん

テーマ:

体に5時半起きが染み付いている。昨日紹介したように毎日0530には起きているので、それがどうやら体に染み付いているようです、ほんとうに。昨日は0200近くまで起きていたのに・・・前までなら考えられないことですね。これでけっこう普通に生活できてますから。


朝起きて、海上自衛隊第一体操を一人でやりました。けっこう疲れるものですな。それで、ちょちょいと部屋の片づけをして、今日はこれから京都に観光に行くのでその準備をして、ヒマができたのでこうやってネットをしているわけです。


さて、私が舞鶴教育隊(舞教)で訓練を受けている間、情報はごく限られたものだけですが入っています。福岡で2回目の地震があったこと、関東地方で地震があったこと、空自の航空機が墜落したこと、尼崎の電車事故、こういったものは私の耳にも入ってきます。そういったことを聞く度に、自分は自衛官なのに何もできないというジレンマがあるわけです。先日の尼崎にしてもそうです。すごく近いところで事故が起こって大惨事になっているというのに私達は何もできない。まだまだヒヨッコだから仕方が無いと頭ではわかっていても、気持ちはそうはいかない。私達海上自衛隊は地上レスキューのプロではないです。だからといって黙って見ていることはできない。かといって何かできるわけでもない・・・だから、今はせめて事故に遭われた方の無事、亡くなられた方のご冥福を祈ることしかできないのです。


自衛隊は万能ではない。救助はできるけども100%助けることもできない。これは純然たる事実である。ただ救出率100%にするために日々訓練したり、己の精強に努めているわけです。私はまだまだ半人前にもなっていない卵から生まれたばかりのヒヨコ、いや、まだ卵の殻さえ割っていない受精卵の状態なんです。思春期のように、心は自衛官でも体や経験としては自衛官に全く満たない、これが現実なんです。大学のころ考えていたこととは全く違うことが自分自身に今起こっている。自分の中の葛藤があるわけです。そう思うと大学生のときの自分はあまりにも現実離れしていたと反省するわけです。


私は理想を夢見ることは嫌いではありません。しかし現実も見る目を持たないといけない。私は現実を見ていたつもりだったけども、見ていなかった。すれ違い十か条にもあるように、見ているつもりで見ていないのが現実、見ていないつもりで見ているのがパンチラ(ウソウソ、ないよこんなもん)自衛隊(舞教)における私の任務は教育を受けて立派な自衛官になるための基礎訓練を受けること、要するに半人前の自衛官になること。これが私の最初の任務なんです。海上自衛隊に入隊したからといってすぐ一人前の海上自衛官になるわけではない。これから私は二年の歳月をかけて一人前に近づいていく。最初の半年は半人前になるための教育期間、残りの1年半は取りあえずの一人前の自衛官になるための期間、そして2年後、三曹になってから経験を重ねて本当の一人前の自衛官になる。これが自衛官になるためのステップなわけだ。これをわかっているのが、我が分隊(学校でいうところの学年みたいなものね)に何人いるかはわからないが、私はそういう気持ちを持っている。これは人に言われて気づくことじゃない。自分でわかることだ。だから私はあえて何も言っていない。自分で気づいて、自分で努力しろ。

AD

いやいや、どうもどうも

テーマ:

ご無沙汰しております、海上自衛官となった庶民でございます。本当にお久しぶりです。


色々と書きたいことが山積みなんですが、秘密の部分もあるので、私が言えることだけこれから言っていきたいと思います。


ところで、私がなぜ今、このように更新できているかというと、それはリフレッシュウィークだからです!!!!!いわゆる黄金週間というやつですね。それで、今実家に帰ってきたわけです。


で、久しぶりに自分のブログでも更新するかと思ったら、こうやって変わってるからね・・・ちょっと戸惑いましたよ。よく使い方がわからん。浦島太郎の気持ちがわかるね。


と、それはそうと、皆さんが知りたいのは私が普段どんなことしているかだと思います。海上自衛隊では何をするのか、でしょうね。


といっても、私はまだまだ海上自衛官になって間もないヒヨッコなわけです。だから教育を受けなければならない。私がいるのは京都府は舞鶴にある「舞鶴教育隊」というところにいます。ここで基礎教育を受けているわけです。つまりは一般企業で言うところの研修ですね。でも、そんなものよりははるかに厳しいと思います。


一日の流れを・・・

0600 総員起し・・・ラッパで全員飛び起きます、んでもって外へダッシュ、整列(といっても実際は0530ぐらいに起きて総員起しの準備をしているんですが)

0605 体操(海上自衛隊第一体操ってやつです)

0610 朝食(急いで食べましょう)

0630 ベッドメイキング(きれいにしないとえらいことになる・・・)

0645 甲板掃除(普通の掃除ね)

0745 総員隊舎離れ(ダッシュで外へ出て整列)

0755 指令挨拶(指令に元気よく挨拶します)

0800 国旗掲揚(月曜日は普通の君が代、それ以外はラッパ譜君が代)

0805 課業整列、課業行進(きれいに並んで行進、火曜日と金曜日は観閲行進といって、指令に敬礼をするという特別な行進)

0820 午前の課業開始(座学とか運動とかいろいろやります)

1200 昼食(これも急いで食べましょう)

1245 課業整列、体操(課業をする前は整列します、体操は朝の体操と一緒)

1300 午後の課業開始

1630 課業終了

1635 別科(何やるかはその日の班長の気分によって違う、たいてい走る)

1730 夕食、入浴(だから急いで食べろって、風呂はしっかり入れ)

1930 甲板掃除(きれいにしないとダメですよ)

2000 巡検(掃除したのをお偉いさんに見てもらいます)

巡検終了後自由時間となるが、何か問題があれば班長から呼び出しが・・・


それぞれ一つ一つにもっと詳しく言いたいんですが、ありすぎてどうしようもない。とにかくできていなかったら何かの罰があると、その罰というのが前支え(腕立て伏せ用意で維持)とか4拍子跳び(ラジオ体操でやる最後の方の手を開いてジャンプのやつで、手を上でパチッと叩く)をやらされます。なんやそんなこと、と思っていらっしゃる方、試しに五分ぐらいやってください。ちょっとしんどいと思いますよ。


とまぁ、こんなことをやっているわけです。何か質問あったらどうぞ。応えれる範囲内で応えます。


ご協力を

テーマ:
このブログ見ている方、全国にいると思いますので、よろしくお願いします。

つぐみ、どこにいるの?


どうか見つかってほしい。それと、こういった行方不明事件はどうしても
北朝鮮による拉致の話と結びついてしまう。

もしもこの行方不明が誘拐であったとしたら(この事件に限らず)
犯人を許すことはできないでしょう。

誘拐というのは犯罪の中でも最も卑劣なものだと思う。
特に少女や幼い子を連れ去るようなことは卑劣極まりない。

無事にこの「つぐみちゃん」が戻ってくることを祈る。