梅香る季節、湯島天神てんじんのお膝元にある「つる瀬」

むすび梅、ちょっと小腹がすいた時に食べたくなる一品。

冷凍もできるので、重宝しています。


テレビで推薦され、一層早くに売り切れるようになり、

立ち寄った時間によっては遅くて買えないこと多々あり。

個数が欲しい場合は事前予約必須。


お店のHP解説には、「梅干しには種が入っております」

丁寧に記されている。


ということで、

「梅は食うとも核(さね)食うな、なかに天神寝てござるカリカリ梅

と記しておこうかな。




 通っているお稽古の一つ、和裁。立春を迎える頃、

 色無地単衣が完成いたしましたステッチ ヤッター!
 

 このようにしてみると、随分気をつけて縫ったつもり

 だけれども、ちょっと糸こきが甘いな・・・・・・。

 袖周りがつっぱっているように感じます。

 

 年数を重ねて通い、ある程度仕立てたいものを好きな

 ように縫わせてもらっている様子は、後から入られた、

 ひたすら運針に励んでいらっしゃる他の生徒さんたちに

 とっては憧れもあるようで、非常に完成に注目され、

 楽しみにもしてくださっているのが、よくわかります。

 私も通い始めたばかりの頃、そうでした。

 


何年経ってもまだまだで・・・・・・。

修練! 修練! と思っています。


お裁縫の上達を願い、二月八日は針供養へ出かけます。

お裁縫に携わっている人達が、大きなお豆腐に

供養の針を刺しに(納めに)、訪れます。

二月の風物詩の一つといっていいですね。


毎年この様子を見ると、

「うわー、皆さん頑張っていらっしゃるなー!」

感心するのと同時に愛おしくなります。


色とりどりの待ち針、タイプも様々、どれも本当に可愛い。

沢山の方がお裁縫に携わっていらっしゃるのだなと

感慨にひたります。



簡単に。

針供養とは一年間使った針を休め、使えなくなった針は

淡島神に納め、供養する日。多くは二月八日に

行われます。


和歌山県の加太神社(淡島神社)に始まったと伝え

られていて、女性を加護する淡島信仰にゆかりの神を、

針才天女と伝えたところから、女性に縁の深い

針の供養を行うようになったといわれています。







 

 供養のぬい針1・2本をご用意ください


 その他の針・医療用針

 容器等

 お持ち帰りください




 


毎年のことですが、この注意を目にする度、 

医療用針ッ?!」 と、ツッコミたくなってしまうのですが、

いらっしゃるのですよね・・・・・・。


「お裁縫の!」ですから・・・・・・。

 

以前、前に並んでいらした方が、カッターの刃を持ち込まれていてカッターナイフ 

「それはもはや、針ですらない」と、心の中で静かに呟きました

豊かな想像力と、柔軟な解釈はすごいことだけれども、

趣旨を理解することが大切。

知識、情報は正しく得てもらいたいものです。




さっ、一枚仕上がり、お参りもいたしましたので、

もう一枚単衣を縫いましょう。今度はこちら矢印

茶系の縞のものを。


目標は8月の終わり、9月に入る頃までに。

丁寧に、綺麗に仕上げたいと思います。








 今度の週末は受講者の皆さま方と、ランチ会。


 フレンチのテーブルマナークラスを開催している

 レストランARGOで総料理長を務められていた

 山下シェフが、外苑前にオープンされたお店

 AIX:S にてフォークナイフ


 先日事前お打合せを兼ねて、出かけてまいりました。



 


 オーナーシェフとなられたことによって、山下シェフの

 個性が一層きらりと光るお料理が期待できそう。


 今度のランチ会の目的は、かつてクラスで学んで

 いただいてから更に時が経過したことによって、

 気になった最近の傾向や、外食産業が豊な日本

 だからこそ、注意しておきたいことなど、情報や

 考え方をアップデートしてもらうため。


 これからの時代、発信されている情報が正しいか否か、

 自分自身が正しくジャッジできるようにならないとね。

 鵜呑みにしてはいけないこと、多々ありです。

 そのようなこと、昨年強く感じていた次第です。


ご縁あっていらしてくださった受講者様方に、私の立場でできることは、

傾向に敏感になって、検証して、正しく伝えていくこと。

そして受講者様ご自身の認識を高めていただき、

正しい判断力を備えていただくこと。




それができるようになれるのか、否かで、

それぞれの方がアウトプットされることの説得力や

選択に異なりが出てくるでしょう。


今回は、「ランチ会なので」と断りを入れさせていただき、

「簡単なレジメにいたしますね」とアナウンスして

おりましたが、結局、普段テーブルマナークラスで

お配りしているテキスト並みの資料になりました。


ご参加くださる皆様、ご期待くださいませ。

良いひと時をご一緒できますこと、私も楽しみに

しております。

 


 

 

 

AD

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 

春を忘るな梅


二月は、私にとって毎年恒例となっている行事が多い月。

テキスト作成なども抱えているので、上手にスケジュール

立てて、行事を楽しみ、タスクをこなしていく日々です。


こちらの画像は、その行事の一つとしている、

テーブルウェア・フェスティバル撮影させてもらった、

工芸品。


黒柳徹子さんと、ビーズ刺繍デザイナー田川啓二さん

お二人のコラボレーションブースに展示されていました。


お二人が大切に集めてこられた素晴らしい着物、陶器、漆器が

惜しみなく並べられていました。




今年は出かけられる日の見通しもなかなかつかず、

本当は一日かけてウロウロしていたいのだけれども、

「3時間勝負!」で、出かけてまいりました走る


中でも圧倒的な魅力を放っていたのは、

黒柳徹子さんと、田川啓二さんのブース。

お持ちのもの(蒐集されたもの)の素晴らしさは

圧巻でした。


なんて素晴らしいものをこれだけ集められたのだろう!

よくこれだけ綺麗に揃ったものがあったこと!

ウワッ、さすがの審美眼!

ありがとうございます、ありがとうございます。

拝ませていただきます、ありがとうございますいただきます



もうもうもう、どれも素晴らしく、感受性や感性だけでなく、

やはり知識や教養、そして培われてきたものが、ベースにあるからこそ、

集められてきたもの(選ばれたもの)一つひとつに力があり、

文化や工芸品に対する尊敬と、伝統の大切さ、

そしてそれを維持、保持することに対しての意識の高さが伺えました。


お二人のような方がいらっしゃるって、日本にとって、宝ですね宝船


自分自身が人生の中で励んできた成果から、

最終的にこのようなこと(文化の継承)に力を注ぐことができたら、

本望だなと、また誇りでもあるなと、私は思います。

私ごときには到底できないこと、叶わぬ夢。

だからこそお二人の偉業に敬服いたします。






 このフェスティバルには、自宅でチャイナペインティングを

 教えている叔母も、毎年作品を出展していますので、

 途中電話を入れて

 「徹子さんと田川さんのブースが素晴らしいわ」

 と話したところ、

 「昔、おばあちゃまと、おじいちゃまのお家にあった

 ようなお皿や器が沢山あったわね・・・・・・」と。


 母方の実家は商家で、料亭も営んでいたことから、

 お皿や器はいいものが多く、古美術品の蒐集が

 趣味だった曾祖父の集めた家財道具は、子供の

 目から見ても、素晴らしかった。



残念ながら、そのようなことに一切興味のなかった祖父が、

建物を解体する際に古美術商の方々を呼び寄せ、

何もかも、庭にあったものまでも、売り払ってしまったという始末・・・・・・。


「古美術専門店さんが来る青磁の壺運搬と聞いて、

慌ててすっ飛んでいった母が見た光景は、

招き猫招き猫と、ウミガメの剥製かめが転がっていただけだったと・・・・・・ちーん


「あの人達、ぺんぺん草も生えないくらい、何もかも持っていったわ!」

と、嘆いていたことを、よく覚えています。

後日、私もそのもぬけの殻となった様子を見て、

虚しさと寂しさで顔を手で覆ってしまうほどでした。



 私にとってありがたいのは、そのような環境の中で

 育ってきたことで、幼い頃より普段の生活の中で、

 いいものに親しむ機会に恵まれていたこと。

 

 現在の仕事をする上では、生活の中で育まれた感覚や

 感性が発揮できること。


 日本料理のテーブルマナー所作クラス のお店を検討

 する際も、随分方々まわり、環境(床の間)、器遣い、

 盛り付けなど、納得するまで確認させてもらいました。


 長年、お世話してくださっている大志満高輪店さんには、

 深く感謝しております。


矢印こちらのお皿は、実家でお正月やお祝いの時に

よく登場します。


昔、父の海外赴任でアメリカで過ごしていた頃、

自宅に訪れるティーンエイジャーのアメリカン女子たちにも、

いかにもジャポネ日本な食器で母がもてなすものだから、

みんなド緊張してしまって、固まっていたのが懐かしい。


きっと張り切ってもてなすよりも、彼女たちにとって、

宅配ピザぴざをオーダーしてあげるほうが、もっとリラックスして

過ごせただろうと思います。フフフ。

 


こちらの洋食器、うちのアフタヌーンティークラスアフタヌーンティ

ご参加くださった受講者様ならば、きっとどなたの

デザインで、どちらで使われているものなのか

わかるはず。


覚えてくださっているといいな・・・・・・。


パッと見て、「これは!」とわかるぐらいまでに、ご熱心に

学びにいらしてくださっている方々を引き上げたい。






 テーブルウェアフェスティバルには、全国から沢山

 出店もされていて、こちらは金沢からお越しの

 古美術店さんがお持ちになっていたもの。


 「七草」、大根大根が二股大根!

 これは貴重、なかなか見かけないと撮影の許可を

 いただきました。大変恐縮です。


 欲しかったなぁ~。

 なかなか徹子さん、田川さんにはなれません。


 来年のフェスティバルも楽しみです。

 眼福、眼福。


 

 

AD


梅一輪 いちりんほどの暖かさ梅1


ここ数日の間に、だいぶ日中の気温も、陽射しの様子も

かわってきた関東です。


それでも二月の天候はかわりやすく、立春を過ぎても降る

「春の雪crystal*も4年前にありましたね。体感で暖かさを実感

できるのは、やはりひと月後のお彼岸ごろでしょうかね。


本当は更新したいことが盛りだくさんで、また書き留めた

ままになっているマナー解説、緑茶問題についても気に

なりつつの状態。


ちょっと意識して、更新を頑張りたいと思います。



 四日に立春をむかえ、私の中では一層、年を新たに

 迎えた気持ちが高まります。二月は他の月に比べて

 日数が少なく、たった、二、三日の違いなのに、

 けっこうその数日少ないことで気が焦るものがあります。


 「あー二月は短い、短い!あせるなんて思っている中で、

 毎年の恒例行事も二月には多く、気がついたら、

 もう下旬に差しかかっている・・・・・・。


 きっと今年も一年、アッと言う間に過ぎていきそう。


 画像は、先日開催した会食倶楽部での様子です。

 この時のことも、改めて更新したいと思っています。



 
 立春の日は、幾つかご挨拶まわり。

 最後は帝国ホテル。

 クラス開催日のご相談もあって・・・・・。


 毎年ご挨拶用にお渡ししている季節限定のお菓子を

 もって。


 毎年のお決まりの物があるって、大変重宝なものです。

 それがあるからこその習慣が自分にも馴染んでいる

 ため、自然と事前発注、お出かけという

 スケジュールも立ちます。


 

「一杯いただいていきますSkypeとお伝えしていたので、

お席を夜景が見える窓側のテーブル席と、それとは別に

カウンター席をご用意くださっていました。


貴重なお席を、二か所もおさえていただいていたとは、

ありがたいものですね。


このような時、事前に「カウンターで」とお伝えしておけば

よかったなと反省もいたします。


とってもとっても寒空に冴えて輝く綺麗な夜景にも

惹かれたのですが、一人の時、私はカウンターを

好みます。


一杯で済むことはまずなく・・・・・・、

基本的にショートタイプのカクテル一杯と、薬草系のちょっとクセのある

リキュールを炭酸で割ってもらいます。



夜のホテルはお昼間の賑やかさとは異なり、とてもとても

落ち着いた独特のいい雰囲気があるものです。


日中は様々な人の出入りがありますからね・・・・・・。


若い頃、一階にあるラウンジに併設されたバーで、

確かレパートリーは2,000曲以上という素晴らしい

演奏家、ジュンザブロウ先生のピアノ演奏にメロメロで♪

週に三回ぐらい訪れていました。


なにをリクエストしても、サラリと素晴らしく聴きやすい

演奏をしてくださる素敵なおじさまでした。


リタイアされたとある年末に、

「最後に一曲お願いしていいですか?」と『ケ・セラ・セラ』

弾いていただいたのが、いい思い出です。


あれから15年近く経っている気がするけれども、

「なるようになっています」、ケ・セラ・セラ

そして今だって「先のことはわからない」、ケ・セラ・セラ。


 


もう一つお酒の話題、「立春朝搾り」。

大変貴重なお酒を、お酒を上手に嗜まれる素敵な

大人の女性からいただきました。


「立春朝搾り」きっと馴染みがない方も多いと思います。

今回頂戴した栃木の蔵元、第一酒造開華さんで

平成10年から始まったものとされています。


特徴としては、節分の夜から一晩中もろみを搾り続け、

立春に搾り上げる生原酒。出荷前に神主さんにより 

お祓いが行われ、製造数も販売店もかぎられている 

ことから、大変貴重なものとされています。


今年は、北は北海道から南は九州まで、

全国43蔵で製造され、合計約31万本が出荷されたそうですよ。


大変ご馳走様でした!

お勧めのロックで美味しくいただきました。


お礼状は、やはりここは「ウサギ」でねうさぎ

なぜ、ウサギなのか・・・・・・。

このあたりについては、クラスで色々お話していきたいと思います。







 

AD