我が家のリビングダイニングのシンボルと言っても過言ではない

まぁるいアーチを描いた間接照明。

 

 

6年前にモーダ・エン・カーサで購入した

デンマーク・フランゼン社のラウンジミニフロアランプ

なかなかの存在感です。


 

 

 

使い始めて6年。

 

 

ほどよい大きさで

広かったり狭かったり(ほぼ狭い)

いろんなタイプのリビングダイニングで活躍してきました。

 

 

関連記事→間接照明をリビングに追加

 

 

 

 

フロアランプ購入時のマンションでは

リビングダイニングが合わせて9帖と狭くて

リビングとダイニングをまたいでダイニングテーブルを設置。

 

 

ダイニングソファスタイルにしていました。

 

 

リビングとダイニングそれぞれに照明のコンセントがあり、

そこをまたぐテーブルの上には照明が当たらないという

残念な状態。

 

 

そこへラウンジミニフロアランプを設置することで

テーブルの真ん中にも明かりが灯るようになりました。

ペンダントライト代わりにもなってとっても便利。

 

 

熱くならないように、LED電球使用です。

 

 

 

 

しかもシェード部分は好きな方向に向けられるので

自由自在です。

 

 

 

 

こちらはテラスハウスタイプのアパート。

 

 

ソファの方に向けて

くつろぎコーナーにしていました。

 

 

やわらかな灯りの下で

のんびり読書を楽しめます。

 

 

どうでもいいんですが、

ソファはつんつるてんカーテンの目隠し代わりに

窓際に置いていました~。

 

 

 

 

そして現在、1LDKマンションでは、

ダイニングコーナーに照明コンセントがありません。

 

 

ソファ横に置いているフロアライトのアームをダイニング側に向けて

これまたテーブル上のペンダント代わりとして使っています。

 

 

 

 

土台が大理石でどっしりめではありますが、

多少心もとないので

念のため、ソファとのすき間に本を埋めて固定しています。

 

 

小さな子供がいるとここがちょっと難点。

壁際に寄せればより安心かなと思います。

 

 

 

 

ちなみに引っ越しする際は

どういう造りになっているか引っ越し業者さんに説明すると、

さささーっと手際よく梱包してくださいます。

 

 

 

 

間接照明って無くても困らないけど、

明かりをつけると部屋の雰囲気がやわらかくなり

とても癒されます。

 

 

アーチ型だとペンダントライト代わりにもなって一石二鳥。

照明コンセントが無い時にひじょーに助かります。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

ブログ村のランキングに参加しています。

押していただけると喜びます!

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

 

 

おすすめブログ村テーマ
照明・ライトニング
住まいと暮らし
リビングのインテリア

 

 

来週4月17日(月)発売予定の初書籍、

「主婦」を楽しむもの選び

‐ズボラでも、こどもが小さくても、転勤族でも‐

アマゾン楽天ブックスなどで予約受付中です。

 

楽天ブックス

 

アマゾン

AD