昨日の記事

我が家の空き瓶収納「隠す」編

の続き。

 

 

今回は「見せる」編です。

 

 

現在はなるべく物を出さないよう

隠す収納にして、

狭い空間をなるべく広く見せたい。

 

 

という気分なのですが、

 

 

住む家によっては、

いろんなものを見せる収納にして

ごっちゃり空間にしたい!

 

 

という気分の時もあります。

 

 

気分屋と言いますか、

気まぐれと言うのか、

 

 

やはり気分転換はいいものです。

 

 

 

 

 

 

こちらは開封したパスタやお菓子を

ボンヌママンの瓶に移して見せる収納に。

 

 

狭小住宅の1階にあるキッチンがとーっても薄暗くて、

雨の日は特にジメジメして憂鬱だったので

 

 

少しでも楽しい遊び心のある空間にしたいなと

お店やさんのディスプレイっぽい感じにしてみました。

 

 

っぽい感じ、です。

 

 

 

 

 

 

こちらは瓶ではありませんが、

グラスに蓋をして

シェル型のパスタを入れてみたり。

 

 

せっかくのかわいい食材は、

食べる前にもとことん楽しみたい気分でした。

 

 

しかしながらジメジメした家。

瓶によっては中身が湿気りました。

 

 

そもそも賞味期限切れの湿気ったお菓子も入れていました。

 

 

賞味期限切れのものを飾るもよし、

乾燥剤と併用するのが一番よいかと思います。

 

 

関連記事→食材の見せる収納

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスメ用品の見せる収納。

 

 

今は化粧品のほとんどをポーチに入れて

ダイニングテーブルや洗面化粧台と

シチュエーションによって場所を変えてメイクしますが、

 

 

この頃は引き出し付きキャビネットの上を

小さなドレッサーコーナーにしてメイクしていました。

 

 

ボンヌママンのジャム瓶にはヘアブラシなど大きめのものを、

モロゾフのプリンの瓶には細かいメイク道具を入れて。

 

 

ガラスの瓶に入れると光が当たって、

コスメ類がキラキラと輝いて気分が上がります。

 

 

この頃はメイクにもかなり気合が入っていて、

普段使わないリキッドアイライナーなんかも使っていたのですが、

 

 

悲しいかな、

いくらメイクしてもさほど変化がない地味顔です。

 

 

関連記事→空き瓶でコスメ収納

 

 

 

 

 

 

食材の袋止めクリップを大小の瓶に収納。

 

 

カラフルでとてもかわいいIKEAのクリップ。

山積みのワゴンに吸い寄せられるように必ず買ってしまいます。

 

 

ボンヌママンのミルクジャムには小さいクリップを、

背の高いタイプには長いクリップがジャストサイズ。

 

 

白ベースで広いキッチンに

カラフルなクリップがちょうどいい挿し色になりました。

 

 

あぁ、広かったあの家。。。

 

 

 

 

 

 

ここからはちょっと番外編。

 

 

収納ではないのですが、

マルティネリのアップルジュースの空き瓶に

無印のフレグランスオイルを入れ、

 

 

ラタンスティックを挿し、香りのインテリアを楽しんでいた時も。

 

 

百均などのポンプを取り付けて

ソープディスペンサーにされる方も多いようですね。

 

 

子供がもう少し大きくなったらやってみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらはプリンの空き瓶に

重曹を入れてアロマオイルを垂らした消臭芳香剤。

 

 

玄関とトイレに置いて

消臭しつつ香りを楽しんでいました。

 

 

関連記事→空き瓶と100円雑貨でルームフレグランス作り

 

 

 

 

 

 

玄関ではこんな感じ。

お菓子の入っていたカゴに松ぼっくりと共に入れています。

 

 

今の家では置く場所が無いけれど、

またこういうスペースのある家に住むことになればやりたいですね~。

 

 

 

 

透明な質感、

いろいろな形。

 

 

瓶って、

 

 

なんてかわいくて使い勝手が良いのでしょう。

 

 

これからも増やしすぎず、

空き瓶と共に暮らしていきたいと思います。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

ブログ村のランキングに参加しています。

押していただけると喜びます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

AD