『感謝祭~!!』

あっという間に12月に入り肌寒い日が続きます。今年度の出前商店街もあと2回・・・。
今日は、仁賀保地区「鈴自治会館」で開催しました。

11店舗の出店で、58名のお客様に御来場いただきました。

寒い今日でしたが、58名とたくさんのお客様のご来場に感謝感謝です。涙

 

1年間の感謝を込めた“感謝祭”を兼ねて 今年度17回目(通算139回目)の出前商店街。

 昨夜から降った雪☃️が路面に少しだけ残り、歩きづらい天候の中 果たして来場者が集まるのか⁉︎不安なスタートでしたが、30分過ぎたら一気に会場内が来場者で溢れました。

今回の出前講座はまつやさんの「魔法のクレンジング体験」。今回の出前講座もきっと面白い内容になりますよ・・・

 

会場の「鈴自治会館」です。

ここも日本海のすぐそば。波の音がすぐそこで鳴ってます。

 

出前商店街もクリスマスシーンがたくさんです。

カーショップさんはかわいいサンタさんをたくさん出品されました。

 

エレガントなマグカップ。

 

こちらはまつやさん。

このサンタさん、歌って、踊ります!笑

玄関やリビングに置くだけで楽しいクリスマスの夜を感じていれそうです。

 

10時の開店と同時にたくさんのお客様にご来場いただきました。

 

ふれあい広場では、にかほ警察署のアドバイザーさんが犯罪防止・交通事故防止の啓もう活動を行っています。

 

秋田県立大学4年生のT君。

卒論テーマに「出前商店街」を取り上げてくれました。

今日も視察に来てくれた。。。その熱心さに脱帽です。尊敬

 

T君、お客様の輪の中に入って、アンケートなど聞き取り調査も積極的にしていました。

 

こちら、外の出店者。

出前商店街には欠かせない「包丁研ぎ」です。

今日は飯尾工務店さんががんばりました。

今日の寒さ、雨時どき雪。。。研ぐ手を見るだけでこちらが寒くなりますが、

そんな厳しい環境の中でもたくさんのご依頼をいただき、休むことなく研ぎ研ぎしてました。

 

出前商店街ならでは。懇切な接客シーンです。

お客さまに役立つ商品の扱い方を分かりやすく説明し提案しています。

 

この行列は・・・?

お弁当を買い求めるお客様です。

あっという間に売り切れました。

 

今年度から始めた出店事業者がプロの技を伝授する「出前講座』はまつやさんの「魔法のクレンジング体験」。

元気なお姉さんたちの美に対する熱心さを見習う点の多い男子たちでした。。。汗(^^;


店主なおこさんの流れるような話術に来場者はすっかり魔法にかかっていました^ ^

 

MD化粧品の商品紹介をし、機能の高さを解説しました。

ファンデーションをつけて、クレンジングまでを体感いただきました。
多くのお客様に体感いただくため、会場中を精力的に巡回巡回するまつやさん。

1日で汚れたクレンジングをきれいにするのがクレンジングです。

お肌のためにもクレンジングは大切。汚れ落としには、まず第一にクレンジングの使用をお薦めします。
そこで当店のオススメのクレンジングは「MD化粧品」。なので、MD化粧品のクレンジングを体感いただきました。

 

本日は、1年間の感謝を込めた“感謝祭”としていますので、「お楽しみ抽選会」は普段の倍以上の賞品で賑わいまいた\(^^)/

 

 

 

 

*次回の12月13日(水)は仁賀保地区「琴浦自治会館」開催で、今年度の出前商店街は終了となります。

 

 

 

【にかほ「出前商店街」とは、2010年5月から始めたもので、市内のお店の少ない地域や無くなった地域の高齢者(いわゆる買物弱者)に会話しながら買物する楽しさと高齢者同士のふれあいを楽しんでもらおうと、にかほ市商工会が企画したものです。毎年4月から12月まで市内11会場で月2回開催します。
出店は市内29事業所で結成された商工会会員で鮮魚・衣料・日用雑貨・食料品・美容・種苗等のお店の他、包丁研ぎ・マッサージさらに食堂も出店します。
 会場内では物販の他 大工さんによる住まいの困り事相談も受付。さらに にかほ警察署による 「交通安全」と「振込み詐欺防止」の啓蒙活動も行います。11時半と12時半の2回 高齢者に好評の「お楽しみ抽選会」を設けています】

 

 

 

AD

11月22日(水)、にかほ出前商店街(第16回)を開催しました。

本日の会場は、金浦地区「かもめ荘」です。

11店舗の出店で、47名のお客様に御来場いただきました。

 

本日の会場「かもめ荘」です。

 

ここ「かもめ荘」は、海岸がすぐそこにあります。

この道路を突きあたると、もうそこは日本海です。

街路灯も「錨」。

 

齋藤団四郎種苗店さんの出品物は「シクラメン」が出てきました。

きれいですね~。冬ですね~。。。

 

包丁研ぎは、佐藤建築工房さんです。

今日はたくさんのご依頼があり、精力的に研いでおられました。

 

佐々木鮮魚店さんもいつも通りの人気です。

 

廃油回収サービスも出前商店街の大切な機能。

 

屋内でもそれぞれのお店が懇切な接客で商品をPRしています。

まつやさんはお薦めのハンドクリームを試用いただいて、その良さを実感いただいています。

 

菅原呉服店さん。すっかり冬物の品揃えです。

金浦マダムがあれやこれやとお気に入りの一品を探します。

 

今日は視察ご一行様をお迎えしました。

湖東3町商工会サービス業部会様が視察研修に私たち出前商店街を選んでくださいました。

お聞きするところによると、部会長様が強い要望をしてくださり、今日の視察が実現したとのこと。

 

 

その部会長様と20年来の親交がある、茂木さん(にかほ市商工会理事、出前商店街振興会理事)がにかほ市内を色々とご案内してくださいました。

 

視察研修ご一行様をお迎えしている中、今日の「出前講座」がスタートです。

今日の講師は、遠藤時計店さんで、テーマは「補聴器の上手な選び方・使い方」です。
毎回もれなく出店している遠藤さんですが、今日に限っては自店でイベントを開催中のため、出店はかないませんでした。が、出前講座の講師だけは引き受けてくださいました。

 

補聴器は値段も様々。高いからといって、誰にでも合うかというとそうではない。

値段にだけこだわるのではなく、自分に合った補聴器を着けることが大切。

そのためにも、プロのお店に相談して、じっくり検討していただきたい。

 

実際に試用してみてもらいました。

よく聞こえるようになることを実感いただきます。

 

遠藤時計店ではにかほ市内どこへでも出張販売してります。

ご興味のある方はお気軽に当店へご連絡をお待ちしております。

 

そして「お楽しみ抽選会」です。

今年度の出前商店街も残すところあと3回!
今回のかもめ荘の会場から12月6日(水)の鈴自治会館、12月13日(水)の琴浦自治会館の3会場では、今年1年間の感謝を込めて“感謝祭”を実施します。
高齢者に好評の「お楽しみ抽選会」は賞品が普段の倍!!!どうです?!こんなに賞品があるんですよ!

 

大盛況のうちで第16回出前商店街(かもめ荘)は終えることができました。

 

 

次回、第17回出前商店街は、12月6日(水)「鈴自治会館」での開催となります。

午前10時から午後1時まで。

どうぞお気軽ににかほ出前商店街へお越しくださることをお待ち申し上げております。

 

 

 

 

AD

11月21日(火)

商工会金浦本所で「消費税率引き上げ軽減税率対策セミナー」を開催しました。

ご承知のとおり、平成31年10月から消費税は現在の8%から10%に引き上げられます。

これまでにも3%から5%へ、そして8%へと消費税率は引き上げられてきましたが、

今回10%に引き上げられるにあたっては、事業者として十分理解しておきたいことがたくさんありますので、再来年の引き上げではありますが、事前にしっかり勉強をして正しい理解と知識で平成31年を迎えていただきたいとの思いからの今回の開催となりました。

 

開会にあたり佐藤会長よりごあいさつ。

「平成31年10月から消費税率が10%に引き上げられる。

税率の引き上げの影響は、特に飲食業関係で大きな影響があると思われるが、

すべての業種に共通する課題もあるので、適切な対応ができるよう早め早めに取り組んでいただきたい。

我が国の租税制度”自主申告自主納税”の下で、適正な申告を行うための勉強は大切。

今日のセミナーを通じてしっかりと学んでいただくようお願いしたい。」

 

それではここで、本日の講師をご紹介します。

税理士法人三浦相原事務所の所長で、税理士の三浦秀明先生です。

由利本荘市に事務所を構えておられ、にかほ市内でも多くのクライアントをお持ちの先生です。

 

今日のテキストがこちら。

・レジュメ

・消費税の軽減税率制度に関するQ&A(制度概要編)

・軽減税率対策補助金

・平成31年10月~ 消費税の軽減税率制度が実施されます!

・『ネットde記帳』とは

以上5種類の資料をご用意しました。

 

さあ、拙いながらも、今日の講義の模様をお伝えしましょう。

不適切な表現などありましたら、ご容赦くださいますよう(あらかじめ)お願い申し上げます。

 

今回の税率改正自体は5%から8%になった平成26年当時と同じであるが、

特徴的なこととして「軽減税率制度」「インボイス制度」が挙げられ、これが事業者の皆様にとって大変な負担になると思われる。

ただし、「インボイス制度」に関しては、3年後の導入となるので、いま早急に学ぶ必要性はないと思う。

今日のセミナーでは、主に「軽減税率制度」を中心に解説していきたい。

いずれ、今日のセミナーを終えて皆さんは「学んで良かった!」と思っていただくというよりは、

むしろ「憂鬱な内容だった。」と感じられるかもしれない。

平成31年に向けては、今後も研修の機会があると思われるので、

徐々に理解いただくよう、過度に焦ることなく取り組んでいただきたいと思う。

 

Q1.軽減税率制度とは?

A1.「軽減税率」とは8%をいい、10%で計算する場合は「標準税率」といいます。

 軽減税率の対象品目は大きく2つあります。

 1)飲食料品(酒類を除く)

  ※ 「外食」や「ケータリング」は含まれませんので、標準税率(10%)での計算となります。

 2)週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

注意:平成35年9月までは、軽減税率(8%)と標準税率(10%)の異なる税率を取引ごとに区分して記帳するなどの経理が必要となります。→これを「区分記載請求書等保存方式」といいます。

さらに、平成35年10月からは「適格請求書保存方式(インボイス制度)」という制度に変わります。このブログではこの説明を割愛します。

注意:区分経理をすることができない中小事業者(基準期間の課税売上高が5,000万円以下の事業者)の方には、売上税額や仕入税額の計算の特例の経過措置が用意されています。

(ここまでで難しさが全開な気がするのは私だけでしょうか?!泣)

 

Q2.軽減税率が適用される「飲食料品」とは?

A2.「飲食料品」とは、食品表示法に規定する食品をいいます。

ここでいう「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいます。

ただし、次の二つは「飲食料品」に含まれません。

 1)いわゆる「外食」(食品衛生法施行令に規定する飲食店営業及び喫茶店営業、その場で飲食させる事業を営む者が行う食事の提供。)。

 2)いわゆる「ケータリング」(相手方の指定した場所において行う加熱、調理又は給仕等の役務を行う飲食料品の提供)。

下の写真をご覧いただくとイメージしやすいのではないでしょうか。↓

 

ここからは、「区分記載請求書等保存方式」についてです。

平成31年10月1日から平成35年9月30日までの間は、仕入税額控除を現行の請求書等保存方式を基本的に維持した「区分記載請求書等保存方式」で行います。

平成35年10月1日からは「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」となり、一層厳格な書類の保存が必要となります。が、ここでは詳しい説明を省略します。

 

「区分記載請求書等保存方式」では、軽減税率の適用対象となる商品の仕入れかそれ以外の仕入れかの区分を明確にするための記載事項を追加した帳簿及び請求書等の保存が要件とされます。

Q3.区分記載請求書等に記載する「軽減税率の適用対象となる資産の譲渡等(課税仕入れ)である旨」の記載方法は?

Q3-1.記号・番号等を使用した場合の区分記載請求書等の記載例

 この例では、軽減税率対象品目には「※」を記載し表記しています。

 

Q3-2.同一請求書内で税率ごとに商品を区分して区分記載請求書等を発行する場合の記載例

 この例では、軽減税率対象品目を「8%対象」と表示してまとめています。

 

Q3-3.税率ごとに区分記載請求書等を分けて発行する場合の記載例

 この例では、請求書を2枚に分けることで、軽減税率対象の取引を明確に区分しています。

 

Q4.税率の異なるごとに取引を区分することが困難な中小事業者(注)に対する売上税額の計算の特例(経過措置)の概要は?

(注)ここでいう「中小企業者」とは、基準期間における課税売上が5,000万円以下の者をいいます。

A4.課税仕入れ(税込み)を税率ごとに区分して合計することが困難な中小企業者は、経過措置として、次に掲げる方法により仕入税額の計算をする特例が認められています。

 1)小売等軽減割合の特例

 課税売上を税率ごとに管理できる卸売業又は小売業を行う中小企業者は、当該事業い係る課税仕入れに、当該事業に係る課税売上げに占める軽減税率対象品目の課税売上げの割合を乗じて軽減税率にの仕入れ税額を計算できます。

 2)簡易課税制度の届出の特例

 消費税簡易課税制度選択届出書を提出した課税期間から簡易課税制度を適用することができる特例が設けられています。

 

この辺で三浦先生の講義の内容は終えたいと思います。

十分な記載になっていないと思いますので、さらに学びたい方は下記URLから今日のテキストを参照し学習を深めてくださるようお願いします。↓

http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/02.htm

 

 

続いて、県商工会連合会より「各種支援施策のご紹介」をしていただきました。

ご説明は、秋田県商工会連合会南部支援センターの片桐消費税相談員です。

 

軽減税率対策補助金とは?

消費税軽減税率(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。

補助額は、レジ1台あたり20万円が上限です。基本的には補助率は2/3です。

複数台申請の場合は、1事業者あたり200万円が上限となります。

申請期限は平成30年1月31日。これは、消費税率の引き上げより1年半以上早く締切となってしまいます。

もうすぐ期限です。お早めに手続きをしましょう。お急ぎください!

詳しくはこちら→http://kzt-hojo.jp/applicant/about/

 

最後に、複数税率の経理を簡単に処理できるソフトをご紹介。

商工会が取り扱っている会計ソフト「ネットde記帳」です。

「消費税計算はもうこわくない」。

インターネットを利用して帳簿入力や集計資料の作成、決算・申告までを行うことができる会計システムです。

システムの特徴は、

・誰でも簡単にできます!

・どこでも楽々できます!

・電子申告までできます!

・万全のセキュリティで安心安全

・バックアップ不要で手間いらず

・建設業、不動産業、農業対応

そして、分かるまで、できるまで商工会のしっかりサポートで、とっても安心!

消費税のお悩み解消の第一歩は、商工会の「ネットde記帳」から始めてみませんか?

 

以上、今日のセミナーの模様をお伝えしてきました。

十分な説明にはなっていないと思いますが、少しでも皆様が平成31年10月を安心してお迎えいただければとの思いだけで書き進めてまいりました。

さらに詳しいご説明が必要な場合は、ぜひ商工会へご相談ください。

専門の税理士先生などから懇切に個別に学んでいただけるようご支援申し上げます。

経営に関することならなんでも、どうぞお気軽に商工会へご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 

筆:k

 

 

 

 

 

AD

商工会の商業部会・サービス部会合同の共同販促事業、その場で当たるスピードくじ「遊湯くじ」。
加盟店の皆様へ役立つ経営情報をお伝えし、遊湯くじの円滑な推進とお客様へのサービス向上を目指している「遊湯くじニュース」。
このたび、第7号を発行しました。

PDF版はこちら↓

http://www.shokokai.or.jp/cpsite/05/0540210000/1_46586/%E9%81%8A%E6%B9%AF%E3%81%8F%E3%81%98%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%88291117FAX%EF%BC%89.pdf?46031517112017

 

 

「遊湯くじ」の売出し期間は10月31日までで終了となりました。
今後は、お客様のお手元の「当たり券」「補助券」でのお買い物が来年の2月28日まで利用が可能ですので、引き続きにかほ市内でのお買い物をお楽しみくださるようご案内申し上げます。

 

 

11月8日(水)、にかほ出前商店街(第15回)を開催しました。

本日の会場は、象潟地区「小砂川自治会館」です。

12店舗の出店で、41名のお客様に御来場いただきました。

 

今日の会場「小砂川自治会館」は、山形県との県境にほど近い場所にあります。

小砂川駅に設置されていたであろう、きっとJRの前身「国鉄(日本国有鉄道)」時代のものであろう看板が懐かしさを漂わせています。

 

数人の来場者が開催の1時間前の9時には集まってくださいました(°▽°)

一刻も早い開店を待っていてくださるお客様がいる・・・

もう、その事実だけで出店する側のモチベーションもアップ↑アップ↑で、

出前商店街事業の社会貢献度の有効性を感じます。

 

お客様にくつろいでいただくスペース「ふれあい広場」。

お茶やお菓子をご用意して、お好きにおしゃべりをお楽しみいただける場所となっています。

「隣近所のお友達と会って、話せるのが楽しみ。」と笑顔で言ってくださるお客様に出前商店街は支えられています。

 

今年から始めた出前講座はにかほ警察署の「孫心ポリス 〜にかほ警察署出前商店街出張所〜」
説明するのは今年から警察官👮になった新米警察官。

今回で 2回目ということもあって、自信を持って説明していました。

来場者からみたら自分の孫のような若い警察官に暖かい拍手👏を送っていました(*^_^*)

 

恒例の「お楽しみ抽選会」。

卒論テーマに「買い物弱者」を選んでくれた県立大学生が今日も視察に来てくれました。

来場者から積極的にアンケートを取りながら、抽選会もお手伝いいただきました。

卒論、ラストスパート、がんばってね!

 

 

今年度の開催も残すところ3回でラストスパートです。

いよいよ次回11月22日(水)のかもめ荘開催から“感謝祭”がスタートします。

一年間のご愛顧に真心を込めて、お客様へ最大の感謝をお伝えする”感謝祭”にご期待ください。

【今後の開催予定】

11月22日(水)「かもめ荘」

12月6日(水)「鈴自治会館」

12月13日(水)「琴浦自治会館」

開催時間は、いずれも10時~13時です。

是非、にかほ市の「出前商店街(おらほのふれあいべんり市)」へお越しをお待ち申し上げております。