2015年02月05日(木)

牛乳を骨の為にやめてもらいました。

テーマ:骨粗しょう症のための栄養療法
●牛乳を骨の為にやめてもらいました。

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:キンロス一美(栄養療法士)です。

昨日のこの記事は、お母様が骨粗しょう症も持っておられましたよね。

その対策の一つとして、KIさんは

「牛乳を骨の為にやめてもらいました。」

と書かれています。

ひょっとして、

「え?!骨粗しょう症だからカルシウムが必要!カルシウムと言えば牛乳じゃないの?!牛乳を飲まなければ、何でカルシウム摂るの?!」

と思われた方は、おられませんか?

牛乳の販売を推進する人たちは、まだそういう主張をされていますが、栄養療法の世界では、KIさんと同じスタンスです。

・まず、牛乳および乳製品全般は、確かにカルシウム豊富なので、体にカルシウムを供給するのですが、同時にカルシウムの排出も促進するんです。

カルシウム量をプラス・マイナスすると、マイナスの方に働いてしまいます!

牛乳や乳製品を飲んだり食べたりして、カルシウムを摂っているつもりで、カルシウムを体外に出してしまってるんですよ。

次に、じゃあ、何でカルシウムを摂れば良いのか、ですね?

・魚やごまは、牛乳と同レベルのカルシウムを含んでいます。

・葉菜類(濃い緑の葉っぱ。ブロッコリーなんかも含みますよ)は骨からカルシウムが出て行くのを食い止める働きがあります。カルシウムとマグネシウムの両方を沢山含むからです。

骨粗しょう症対策は、他にも色々あります。

でも、最初の一歩は、牛乳や乳製品を控え、魚やごま、葉菜をよく食べることから始めれば良いですね。

骨粗しょう症の方の個別食事療法相談も、それが入り口で、後はその人に合う方法を積み上げていくんですよ。


美味しく食べて、病気知らずになれる方法

食べながら綺麗にやせる食事法10日間無料メールセミナー
食べ物の力で病気を寄せ付けなくする、無料メール塾

アトピーや慢性肥満も自然に解消して行ける、食事療法相談

食事で、簡単に体調を整えるための、基本の基本
おいしいものを、肥満や成人病の心配なく楽しめる食べ方
肉食と菜食のメリット・デメリットを知り、病気予防する方法
食べながら綺麗に痩せる食事法
実年令マイナス10才以上の若さ・美しさをキープできる秘密の食事法

マイナス10才の肌年令になれる食事法

生徒さん・患者さん達のご感想
お問い合わせは、何でもご遠慮なく、どうぞ♪
・電話:0771-760-5769
ロンドン(フィンチリー、イーリング、ケンジントン、セントジョンズ・ウッド、ハイゲート、ハムステッド等)、ロンドン郊外からも、お越し頂いています。

ロンドンと日本で、マクロビやベジタリアンでなくてもできる食事療法を、わかりやすくお教えしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

食べながら綺麗に痩せる食事法:キンロス一美(栄養療法士)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿