元・銀行員 ~ 華麗なる転職!~そして独立へ!

転職~独立・・・・・波乱万丈な元銀行員の日記

元某メガバンクの銀行員。20年以上勤めた銀行を退職し転職しました。

ところが、転職して2年も経たないうちに、会社が民事再生を申請!

再び人生の岐路に立たされた私は、色々な事を考えました。

仕事について、家族について、人生について、そして生きることについて。

そして、出した結論が「独立」です。


元々このブログでは転職のこと、そして自分の趣味について書いてきました。

ブログ開設2周年を機に、独立に至るまでに、何を考え、これからどのように生きていくのか・・・・・、徒然なるままに書いていきます。


詳しくは「2周年」 の記事をご覧ください。

また、私の名前の由来については「はじめまして」 をご覧ください。



テーマ:

 最近更新していなかったので、どうしたのかなと思ってくださった方がいらっしゃたら、大変申し訳ありません。


 最近、映画ブログになってしまったこのブログ。 題名とも全く無関係な記事を書いてもう3年になります。


 でも、最近は更新のために映画を観るという感じになっている上、それ以外のことで、記事を書く気になれません。


 理由は、このブログにあり方が、自分の中で決まらないからです。 すでに私にとって役割を終えたブログになってしまったかもしれないとも思います。


 もちろん、映画は相変わらず観ています。 ただ、毎週2本の映画を観るという感じでもないし、むしろ好きな映画をしっかり観るという方向に変えつつあります。


 最近観た映画は「東京原発」。 東京都知事が財政難を乗り越えるために、東京に原発を誘致するという爆弾発言から始まる映画ですが、2002年といまから13年も前に、すでにこういう映画が作られていたのかと感心しました。


 近未来を予測したかのような映画や本がありますよね。 最近読んだ本で、鳴海章の「テロルの地平」もそうでした。 この本が、震災前に作られたとは驚きです。


 さて、話がそれてしまいましたが、このブログを今後どうするか、じっくり考えたいと思います。 なお、まことに勝手ながら、リアルな知り合いを除き、全員アメンバーを削除させていただきました。 当方もアメンバーから削除しております。


 7年前に転職して、銀行員生活を捨て、4年前に離婚して、家族を捨て、今独立してすでに5年。 また、何かを捨てたくなっているのかもしれませんね。


 今後のブログの方向感が決まったら、また、更新するかもしれないし、そうでなくても、ちょくちょく気になったことは更新していくかもしれませんが、とりあえず、今まで支えてくださった読者のみなさんにはお礼を申し上げたいと思います。 どうもありがとうございました。


東京原発 [DVD]/役所広司,段田安則,平田満
¥5,076
Amazon.co.jp

テロルの地平 (光文社文庫)/鳴海 章
¥1,008
Amazon.co.jp

AD
いいね!(49)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 シリーズ第2作です。


 英国情報部に、ソ連情報部のタチアナ(ダニエラ・ビアンキ)が、暗号解読装置レクターを手土産に亡命するとの情報が入ります。


 罠のにおいを感じつつも、タチアナの指名もあり、ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)は、イスタンブールに向かうのでした・・・・・。


 シリーズ第2作にして、最高傑作と言われている作品です。 主演のショーン・コネリーはもちろん、ボンドガールのダニエラ・ビアンキがとても魅力的です。


 もちろん、今から50年前に作られた映画ですから、古き良き時代のスパイ映画とも言えますが、とても斬新かつサスペンスに溢れ、今観ても、十分楽しめる映画だと思います。


 また、この映画の音楽がとても有名で、作品そのものを大変盛り上げてくれています。


 ということで、この映画の評価は5段階評価で


 ・・・・・・・☆☆☆☆ですね。


 次回作は「ゴールド・フィンガー」。 ショーン・コネリーは、50年前も今も現役で活躍している、本当にモンスターですね。


ロシアより愛をこめて [Blu-ray]/ショーン・コネリー,ロバート・ショー,ダニエラ・ビアンキ
¥2,571
Amazon.co.jp

AD
いいね!(13)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ジェイソン・ステイサム主演です。


 アフガニスタンの戦場で5人の仲間を殺され、その報復のために5人を殺したジョセフ・スミス(ジェイソン・ステイサム)は、軍法会議にかけられている途中で逃亡し、ロンドンの下町でホームレスとして身をやつしていました。


 そんなある日ギャングがスミスと一緒にいた少女を連れ去り、他人に成りすますことに成功したスミスは、少女を探すべく、炊き出しのボランティアをしているシスタークリスティーナ(アガタ・ブゼク)に探りを入れます。 一方で、裏の社会とつながったスミスは、違法な仕事を引き受け、裏社会で力をつけていくのでした・・・・・。


  ハミングj・バードとは、衛星の監視装置のことで、全世界をこの監視装置で観ることができ、最初のスミスの犯罪もこれにより捉えられていました。


  内容的には、面白くなかったわけではないですが、ストーリーはどちらかというと2時間ドラマですかね。


 また、ジェイソン・ステイサムの魅力が十分に発揮されていなかったように思います。 アクションシーンはそれなりにありましたが、それよりも、彼が、他人に成りすまし、変化していく部分が面白かったです。


 また、共演のシスター役女優さんが、中々魅力的で、好演でした。


 ということで、この映画の評価は5段階評価で


 ・・・・・・・☆☆☆ですね。


 まあ、ジェイソン・ステイサムの作品でも当たり外れがありますから。 最後はかなり哲学的でしたから、評価は分かれるかと思います。


ハミングバード [Blu-ray]/ジェイソン・ステイサム,アガタ・ブゼク,ヴィッキー・マクルア
¥5,184
Amazon.co.jp

AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 シリーズとしては第2作になります。


 アベンジャーズの事件から2年後、あるミッションを終えたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、シールドのフューリー長官(サミュエル・L・ジャクソン)から、巨大の空中空母ヘリによる世界監視について教えられます。


 そんな計画に疑問を抱いたスティーブ。 一方、フューリー長官は何者かに狙われ、死亡する直前、スティーブにあるデータを託します。 そして、長官の死後、今度はスティーブが追われる身に。 長官の死、託されたデータの謎を明かすべく、スティーブは誰も信じられない中、調査を開始するのですが・・・・。


 シリーズとしては第2作ですが、間にアベンジャーズが入ります。 第1作では第2次大戦時を描いたこのシリーズ、今度は現代を舞台に描かれます。


 その分スケールも大きく、CGを使った映像も激しさを増し、アクションも今まで以上に迫力があります。


 ただ、この映画の見所は、決して他のヒーロー(アイアンマンやマイティ・ソー、そしてスパイダーマン

といったアベンジャーズの面々)と比較して必ずしも力では見劣りするキャプテン・アメリカの正義感ではないでしょうか。


 常にぶれず、自身の正義を貫き、それが多くの人たちに影響を与える。 だからこそ、彼はアベンジャーズのリーダー的存在であり、この映画でも単なるヒーローではなく、リーダーとして力を発揮できるのだと思います。


 そういう意味でこの映画は、他のアベンジャーズシリーズが、何となく戦いとかヒーローの活躍に重きを置いているのと、チョット一線を画す出来だったっと思います。


 ということで、この映画の評価は5段階評価で


 ・・・・・・・・・☆☆☆☆ですね。

 

 単なるヒーロー物のマーベル映画に飽きたファンには堪らない映画かと思います。


 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタル.../クリス・エヴァンス,スカーレット・ヨハンソン,セバスチャン・スタン
¥4,320
Amazon.co.jp


 

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 シリーズ第12弾です。


 米花市にある堂本音楽学校で爆破事件が発生。 2人の音楽家が死亡、一緒にいた女性バイオリニストも重傷を負います。


 一方、その堂本氏が運営する音楽ホールが完成。 ピアニストからパイプオルガン奏者に転向した堂本氏が、こけら落としの演奏会を開くことになり、鈴木園子のつてで、蘭や小五郎、コナンや探偵団の面々が招待されます。


 ところが、その間にも爆破事件が続き、更に、演奏会で歌う予定の秋庭怜子も何者かに狙われます。 そしてコンサート当日、怜子とコナンは何者かに襲われ、幕を開けたホールでは爆破事件が発生するのでした・・・・・。


 シリーズの中でも非常に良くできていた作品だと思います。 ストーリー展開もテンポよく、コナンの推理も冴え、更に、登場人物にも無駄がなく、それなりに迫力もありました。


 そして、何よりも、このアニメで良かったのは音楽でしょう。 演奏の良し悪しまで観客が理解できるくらいに、音楽が効果的に使われていました。


 私は、以前「のだめカンタービレ」を観た時も思ったのですが、アニメは動画が売りというよりは、むしろ音が売りなんだと思います。 それだけ、音響が発達してきたということでもあるのでしょうが、効果的な音や音楽が、アニメを盛り上げてくれる。 さらに、こういうアニメでは、音楽そのものが、アニメの質を高めてくれるのだと思います。


 ということで、この映画の評価は5段階評価で


 ・・・・・・・・☆☆☆☆ですね。


 ☆は4つか5つか悩むところでしたが、私としては、現時点でシリーズ最高傑作ですね。



劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)(Blu-ray Disc)/高山みなみ,山崎和佳奈,神谷明
¥5,184
Amazon.co.jp


 

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。