危宿の全体像(男女共通)

危宿の人は人付き合いが上手く、美意識が高いため、

その場を明るくする、華麗な雰囲気を備えています。

性格は表裏が無く、根っからの陽気者なので、

あなたがいると、その場が大いに盛り上がることでしょう。
危宿は、危険な事も平気でやってのける大胆さと、俊敏さを併せ持つため、

時々周囲を驚かせたり、ハラハラさせるでしょう。

好きな事には脇目も振らずに突進しますが、その情熱は長続きしません。

他人を押し退けるパワーと、現実的な物事への執着心も薄いので、

時々、全てが中途半端になってしまう傾向があります。

この宿の最大の弱点は、思慮に欠けるところでしょう。

純粋である分、その時、その場の感情を、

そのまま言葉や態度に表してしまうために、人を傷付けてしまいます。

本人に悪意が無い分、周囲はたまりません。

良くも悪くも自分に正直ですから、対人関係では相性が重要でしょう。


危宿は、親切に接してくれる人を、「善い人!」と決める傾向があります。

このため、善悪の区別が付かなくなり、利用される事もありますから、

何事にも、思慮深い判断が求められます。

「危」とは「水」を表し、変幻自在に対人関係が築ける能力を指しています。

しかし、透明な水は汚れやすいですから、

人選びは特に慎重にしたいものです。

一度汚れてしまった水に、チャンスは訪れません。

人を見る目を養い、我慢する気持ちが、開運の秘訣になります。


男性
戦国時代では商人や職人など、話術や人との付き合いが求められる職、

また、突発的な事件や非常事態で真価が問われる、

特殊な仕事に向いていたとされます。

男性は27宿中一番の遊び人です。

感情が激しい反面、情に厚いと思えばそうでもなく、常にクールです。

我がままで自信過剰気味、しかも自分に甘く他人に厳しいために、

弱点ばかりが出ると、始末の悪さも持っています。


このため、中年までは波乱万丈の人生を過ごす人もいますが、

晩年運があるので、若気の至りも十分取り返せるでしょう。

但し、他人の意見に振り回されたり、余計な相談事を抱え込んだりすると

運気が衰えますのでご注意を…。

直球勝負ばかりせずに、人生にも緩急を織り交ぜるようにしたいものです。


恋愛

危宿の男性にはイケ面が多く、服装もお洒落です。

独特のスタイルと雰囲気を持っているので、

そこに惹かれる女性も多いでしょう。

自分から相手を好きになるより、相手から追いかけられたい派ですが、

それがもとで、腐れ縁になることもあるでしょう。

また悪ふざけや冗談が過ぎると、相手はなかなか安心できないでしょう。

恋人への忠誠心は、お世辞にも強いとは言えず、むしろ「移り気」です。

自分の気持ちばかりを優先させるのではなく、

相手の状況や立場など、その場のTPOをわきまえましょう。

モテるからと言ってそれに甘えていては、素敵な恋は維持できません。

一人の女性との関係維持が、恋愛成就への近道です。


女性

危宿の女性は美人で服装のセンスも良く、

ブランド志向が強いでしょう。

「その場、その時」の雰囲気によって容姿を変えるため、

意外な場所に、多くの男性の友達がいます。

見た目は華奢で繊細に見えますが、案外芯の強さがあるために、

仕事面でもタフさを発揮します。

但し、気分屋が原因となり、人前で突然カンシャクを起こしたり、

急に優しくなったりと、相手の宿によっては、

扱い難い人と見られているかも知れません。

何より、自分が満足できれば、精神面が安定するため、

結婚は、年の離れた相手や、再婚の方が

落ち着いた人生を送れるでしょう。


恋愛

気分屋で恋多き女性ですから、一人の男性に尽くすより、

複数の男性との、恋愛遍歴を繰り返す傾向があるようです。

危宿の女性は、もともと明るく陽気ですから、

誰とでもすぐに仲良くなれますが、一度気に入らないことがあると

アッサリ関係を切る身勝手な面もあるのが珠にキズ…。

基本的に、遊び好きな宿ですから、安定を求めるタイプではありません。

その一方で、独占欲や嫉妬心も強いですから、

恋人や夫と摩擦が絶えない人もいます。

恋愛も気分でする事が多いわりに、好きな相手に棄てられそうになると

猛烈な反発をし、相手を傷付けてしまうこともあるので注意しましょう。

地味な生活も苦手ではないですから、夢ばかり追いかけるのではなく

堅実な人間関係が維持できるよう、

相手への思い遣りを意識すると、強運に守られるでしょう。


仕事

感情や気分にまかせて毎日を生きているわりに、

天性の才能からチャンスに恵まれる人です。

根は正直で几帳面なので、気力が集中できれば

組織の一員としても力を発揮できるのです。

直観力に優れているので、新規事業の企画やマスコミ、芸術に関係した仕事は

危宿の得意な分野でしょう。

但し、事務やルーティンワークは途中で投げ出したくなるので、

好んで選ばないほうが周りに迷惑を掛けないで済みます。

危宿の人は自分の世界を大切にし、逆境に強いので、

アイディアを活かした仕事や、神仏に関係した仕事、

あるいは勝負のかかった仕事は、あなたに新境地を開かせるでしょう。

性根が真っ直ぐですから、社員を抱えた独立事業や

人間関係が込み入った政治関係には不向きでしょう。


危宿へのアドバイス

人を信じやすい宿ですから、あなたの自尊心や純粋な気持ちを

利用する悪人がいることを忘れてはいけません。

乗せるだけ乗せられて、ハシゴを外される事もあるので、

人との付き合いは慎重過ぎることはありません。

世の中にはあなたが思うほど、良い人ばかりでいるとは

限らないことを知っておく必要があります。













AD