Twitterもちぇきら!!
Twitter:@shojiro_yokoi
TwitterURL https://twitter.com/shojiro_yokoi



テーマ:
おはよっこい!



前回の更新は果たしていつなのか...
まーそんな細かいことは気にぜず


{C51BD49B-49FD-40A2-8BD4-930B7B58AFC9}
Brick lane での一枚。
いやーぼくっておしゃれだなー。



{ED2A62BB-4E53-4698-A72C-661CB96C5638}
ユージさんと一瞬だけ立ち寄ったHydepark。なにこれどこぞのバンドのジャケットみたい。
{58BB7E72-4486-475E-A431-9BF5235D3591}
え、もちろん毎日欠かさず飲んでますよ?
もはやこれは使命よいっても過言ではn(過言)
{EE66E85F-050D-448D-A4C4-64864AF6E456}
ここまで行きたいところに衝動的に行きまくったせいでようやっと芝居を観られました。
AlmeidaTheatre  "OIL" 
劇場作りからもう演劇というものの歴史を感じ。その国の人がその国の時代を生きるということの重要さ。英語が全部聞き取れたわけではないけれど素晴らしいものは素晴らしい。

{2AF02729-B34B-4AB5-9C98-9A4CAF00911F}
日本でもほぼやらない1日2本の観劇
"NO MAN'S LAND"
ですが、当日券を買おうと受付に行ったら完売だと。なるほど確かにそうだよね...よしキャンセル待ちで並ぼう。
そこから2時間...
買えず...
でも残念とかよりは
演劇に対するお客様の熱さを感じられて感動しました。
だってこの日主演の1人であるパトリック・スチュアートはドクターストップで声が出せない日だったんです。
劇場のボーイが来場するお客様全員にアナウンスしてお客様も「Oh...」みたいなリアクションなのに誰一人帰らなかったんです。それでも僕らはこれを観に来たんだと。
だから一緒に並んで「今日買えるかしらね?」「どうですかねー、2、3枚は出るといいですよねー」なんて話したロンドンのマダムとも「しょうがないね」なんて言って笑顔で解散。素敵な日だった。

{E7C47CD7-F411-4F9D-A11F-ED3598859FD1}
そんで帰りにビックベンとロンドンアイを見かけたので写真を撮って。(名所らしい名所には全く興味を示さなかった旅でした)
{4CEE3CA0-1C04-4B50-B459-F1A31D07A8F0}
そして先日ウェールズのRosshiliでキメた(聴いた)KCの IslandsのUKオリジナル盤を探すGo to the Other sideの旅が...
狂ったようにこの1枚を(写真は1stアルバムの2ndプレスラベル←もはやなに言ってるんだ僕は...)
IslandsのUKオリジナルを買うまでは他のレコードは一切買わない。という自分でも謎の縛りプレイで突き進み、撃沈(見つからなかった)しました。
{CB05F988-4BD3-41B6-AD98-BF665509C342}
最終日の前日
僕が憧れてやまなかったviviennewestwoodの元祖中の元祖
"worldsend"
伝説の場所は残念ながら日曜で開いておらず(というかロンドンの人達の営業時間以外働きたくない精神は見習うレベルていうか見習え日本。)ぼーっと眺めてニヤニヤして通行人になんだあいつ...ってなって帰りました。
{924D76C7-F9FE-46D9-AB31-C80176EBD498}
その帰りに奇跡的に日曜もやってる劇場を見つけ観劇。
"Peter Pan Goes Wrong"
凄いタイトル...
この舞台はピーターパンのパロディで老若男女誰でも楽しめるコメディ系の芝居でした。
僕の両隣は10歳ぐらいの男の子。
目の前は老夫婦。
2時間...全員で拍手喝采。僕も死ぬほど笑った!
しかもカーテンコールでは一組のカップルが舞台上に呼ばれ(オープニングでも舞台上にいたカップルで明らかに俳優ではなくて????なんだ???って思ってたお二人)
今日は手伝ってくれてありがとう!君からも何か一言!と主役の俳優から促され、
男性が喋り出し何故か女性の方に話しかけて...あれこれ...
「僕と結婚してください」
プロポーーーーーーズーーーーーーー!!!!
いや泣くやろそんなん。
会場のお客様全員の拍手で包まれ終幕。
ハッピーすぎて禿げるかと思いました。

{1D28E6E9-C3BF-45CB-9B34-48BB60A17576}
そして最終日
ユージさんとステイ先へのお礼を兼ねた買い出しと掃除を分担し
儀式へ。
ここのF&Cとギネスで初日と同じく乾杯。
あとは帰るだけ。
{52DF0D92-3D79-43E1-8A61-035AD11CAC3F}

んでここからの写真が一切ないんですが、訳がありまして


実は思いっきり風邪をひいて帰りの機内はずっと死んでました...



でもそんなこんなを含めて
初めての海外は最高に素敵なものになりました。
おそらく一生忘れないであろう景色にも出会え。素敵な友人もでき。ユージさんとさらに仲良くなって。

ゲイの方にナンパされたのも含めて毎日レベルアップのファンファーレが聞こえまくりでした。


またいつかロンドン、ウェールズに行きます。


そしてそれ以外のいろいろなところにも。



楽しみだ。



{C41DC66A-5163-419F-BDAF-E75E3683144E}



それじゃ、またね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
おはよっこい!


このあいだの続き。


{CF0C1C6E-6E89-407C-92B6-75D74B6F5FA4}
Cardiffでの宿泊先。
にある娯楽室。
オシャレイズオシャレ

{69E27072-02D5-446D-AC6E-FE5C1FCFD518}
Cardiffの市役所。
ビューティフル。

{CFF9FF2D-4009-425D-B869-E0B6DDF453AC}
衝撃度120%の石像。
と僕

{5B160F40-8A11-4FAB-A2BC-AEB7EE6A2173}
カーディフ城跡
某DQの様でしょ。

{13F922EA-B84D-4FE7-AEEC-EA16962A203C}
そこから1時間以上かけて電車でSwanseaへ
まさかここで迷子になるとは思わなかった。この日日曜だったんですが目標のバス停がまさかの日曜運行してないという落とし穴。
おーまいが。そこからすれ違う人全員に「ここまでいくバスにはどうやって...」とか今ここどこ...?」とか聞きまくって歩きまくること2時間...
ようやっとバスステーションを見つけGo!

{61177AA7-63B5-4549-9B30-67763F134D73}
念願のバスで1時間かけて...
最っ高の田舎道。

{FD7EA74D-A99B-468D-8D5E-6D0D9820AC6D}
辿り着いた僕の理想郷
Rossilli。
まだ25年程度しか生きてませんがベストオブベストの絶景。
息止まりました。

{1CD2B4BC-90DE-4072-A89A-A5DEC7C5665F}

{5031AA93-6306-4368-8D98-91B81907AF1E}
放牧されてる羊ちゃん

{0B523B15-A58B-4C1D-AC7F-36C73872EDCD}
凄すぎて吐くかと思いました。
そこでさらにKing CrimsonのIslandをキメて(聴いて)

死ぬかと思った。

ハマる瞬間ってこうゆうことなんだなと。
本当に文字通り全てがハマった。

{A948D551-D2E7-4911-BF79-5F34FE3073A2}
そして1日数本しか通っていないバスの終バスの時間に煽られ急ぎ足でバス停へ。
ふと帰り際海の方を振り向くと
コレですよ。
あーーーーーーーー!!!!
最高。


{FD01EF87-B64C-4852-A5B5-49E839F554B1}
ロンドンに帰ってきました。
ただいま。

{C082C630-C184-4F92-AFFB-94603E68B449}
そのままユージさんと合流。
この人本当に凄い。
老若男女、金持ちもホームレスも現地人も旅行者もサラリーマンも見るからにヤバそうな人もなんなら警察官、駅員も全員巻き込める。
そして大喝采。


{AC0DF90D-A9E7-427C-8030-A509B16CA13F}
翌日なんとユージさんがステイ先のみんなに照り焼きのプレゼント。
僕もご相伴に預かりました。

{851A9A72-ACD3-413B-8FB8-25D86E8A3B3D}
夜はセッションバーへ。
グルーブとはこうゆうことか。
唸る畝る揺れる。




さて画像がこれ以上載せられないので
また次回。



それじゃ、またね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み