目指せAAフライト!ダーツ上達ブログ

理詰めで頭でっかちになってから身体を動かす!Aフラは通過点だ!


テーマ:
こんにちはお天気サンサン

たまにはもうちょい更新を!

リクエストにお答えしてB2タイプを書いて行こうかと思います。

注意:以下はshojiが自分の考えで4スタンス理論を読み解き、ダーツに応用したもので、これらの記事においてスコアが落ちた!投げ方がわからなくなった!等のクレームは受け付けません。

どうしたらいいの?等のご質問にはできるだけ答えますよぐるぐる

**********

4スタンス・B2タイプ
・Bタイプ・後重心
・2タイプ・外側重心
・クロス


B2タイプはA1と同じクロスなのですが体の使い方が全く異なります。

このタイプの人は踵の外側、膝の裏側、腰の裏側、首or前肩で軸を構成しましょう。





☆スタンス・下半身☆

まずは下からです。後ろ足の踵を基準にセットアップしていきます。

※加筆修正※
軸を前側(ボード側)に作れば後ろ足から作る必要も無いかもしれません。

前足踵→膝裏→腰→首or後肩と合わせ、その軸を圧縮させるように。

スローからリリースで軸の圧縮を開放に向かわせるようプッシュすると素直に行くかと思います。

ですがB2タイプの場合、右手の運動は左足が受け止めるので後足から決めるといいのかなと。このあたりは実際B2タイプの方の意見を聞きたいですね。

一応いままでのも残しておきます。
※加筆修正※  

Aタイプと違い後ろ足で合わせ、そこから前足を出すのが特徴です。

後足踵を基準にするので、後ろ足もべた足でかまいません。

スローラインに対して斜めに立ち、後足踵の外側を意識。

一度後ろ足に乗り、そこから前足を前に出すように配置。

スタンスはほぼレギュラー。スローラインに対して斜めに構えます。

後足踵、膝裏、左腰を圧縮するように下半身を作ります。

踵と腰で踏ん張る感じですかね。





☆スタンス・上半身☆

上半身は腰に乗せます。

軸を作った下半身に頭を載せます。

上半身は捻りを加えさらにオープン気味に。

後肩と前腰を圧縮させるようにすると意識しやすいかと。

この時後手の手首を前腰のほうに引っ張るようにすると意識しやすく安定しました。

手の位置は楽な場所。僕の場合はちょうど股間の辺りです。

ここまでできたら最初のうちは一度、体軸が取れているか確認するといいでしょう。

このあたり研究不足なので後日加筆します。





☆セットアップ☆

肘を外側から回しこんでセットアップ。

この回しこみで腕の捻れを作ります。

身体の背面、肩の肩甲骨側でラインを作りましょう。

薬指と手首を結ぶラインをダーツの飛ぶラインに合わせて手首の外側と腰で狙いをあわせます。





☆グリップ☆

指の腹(人差し指の第二間接あたり)で持ち、薬指と手首を結ぶパワーラインに平行にダーツを持ちます。

構えると手首がボードに対して正面を向く様にグリップしましょう。 





☆スロー☆

肘の位置よりもダーツの飛ぶラインを意識します。Bタイプはプッシュタイプのスローが合います。

テイクバックからダーツのラインを意識し、そのラインにそって腕を伸ばしましょう。

肘を意識して跳ね上げて結構です。必要があれば肩もあげて大丈夫でしょう。

男性の場合は肩は動かす必要もありませんが。

腕全体で押し出しましょう。

フォローのときに手のひらが真下を向いていれば尚いいです。 

薬指と手首を結ぶラインがダーツの飛ぶラインから外れないようにフォローまでプッシュします。





☆フィードバック☆

ルーティンが終わり結果を見たときの対処。

狙い通りなら今の流れを意識し繰り返す。

左右にずれているなら軸ズレ。体軸を意識する。作り直す。

上下にずれているなら手首の返る位置。高いなら遅らせ、低いなら早める。

********** 

A1以外は研究不足なので今はなんとなく見てくださいバフッ!

時間があるときにいろんなスタンスで試してみますのでお待ちください。

あと、こんな感じでやったら軸がとりやすかった!等あれば教えていただけるとうれしいですお天気サンサン

では次回!次回もご希望があればコメントくださいねーチカラコブ

ぽちお願いしますウインク
にほんブログ村  ダーツへ
    

PR
いいね!した人  |  コメント(15)

[PR]気になるキーワード