しょーじぃのブログ

SNOW LINE ファミリーライダー しょーじぃのブログです。


テーマ:

いきなりですが。

カナダのJohn Leslie選手 ヤバいっすね~
 

 

 

第3回の大会からちょうど1ヶ月後。

3月18日と19日、2日間の日程で、障がい者スノーボード協会による講習会が開催されました。

会場は同じく白馬乗鞍温泉スキー場

image

今回も愉快な先生方とご一緒させてもらいました(笑

image

image

大会時と同じく参加者の方のケアを担います。

 

参加者は義足ユーザーさんと健常者が約半数ずつ。

初めてスノーボードする方と経験者組で2班に分けます。

image

健常者の方は各地の病院からリハビリの先生方や学生さん。

プラス、スノーボード愛好家のおじさんが一人。

 

多数のプレスが押し寄せた大会とは違って、特に取材もなく少人数のアットホームな感じ。

image

主に「はじめてクラス」の様子です。

用具の説明から、静止状態での基本姿勢~スケーティングと進んでいきます。

このあたりは一般的な初心者レッスンと同じ。

image

今回はじめてクラスのお二人は左足が患側で、レギュラースタンス。

なので、患足を軸にしてのスケーティングは苦戦しますが、ワンフットでの移動だけゆっくりできればよいので問題なし。

 

時間も限られていますので、ある程度慣れたらリフトで上がります。

image

平均斜度5度のファミリーコース。ほかのゲレンデからは独立しているので、混雑もなく安全。

リフトへは板を装着せずに乗車して、降車時にいったん停止させてもらいました。

 

で、頂上からはいきなり”ヨコノリ”スタイルで滑ってもらいます。

基本姿勢や視線など最重要項目は指示していきますが、細かいことは、とりあえず置いておいて。

image

とにかく ヨコノリ の”感覚”に慣れてもらうこと。

 

ここから先は2日間の様子を動画にしてありますのでご覧ください。

フラフープでのアシストがあるおかけで、暴走の恐怖なく直滑降からターン導入まで感覚をつかんでいけますね。

 

経験者組に合流した時間もあったので、レッスンのすべての様子は見ていないのですが、おそらく個別の練習メニューとしてのサイドスリップや木の葉などはやっていないと思います。でも、自然とエッジングと重心移動の感覚が身に付いていき、2日目終了時にはアシスト無しで、連続ターンまで持って行けました。

お二人とも素晴らしいバランス感覚をお持ちでした。

「楽しかった。またやりたい。」

という感想も頂けたようで本当に良かったです。

今回の感覚を忘れないうちに、またすぐにでもやって頂きたいところですが、すでに3月下旬。

次回のチャレンジはまた来期でしょうか。

 

このような講習会含め、いかに"機会"を増やしていくかが競技普及のカギだと思うのですが、なかなか。

講習会開くにも準備が必要ですし、受講者の方に山へ来てもらうのも大変なことです。

来期は平昌パラもあるので、協会としてもスケジュールはタイトになるでしょう。

 

自分も今のところは、こういうblog書いて周知するくらいしかできないですが。

でも、来期に向けて色々構想はありますよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。