2011-05-04 09:34:06

日本仏教

テーマ:ブログ
仏教というのは、
言い伝えによれば、
ゴーダマシッダールタというインドの王子が、
戦乱に明け暮れた、カーストに基づく貧富の差の激しい社会に疑問を感じ、
修行して救民のための悟りを開いた、
ということになっている。はず。

なんですが、
現実に今に伝わる日本の仏教構造の中では、
寺は等級に分けられ、
坊さんにも位があり、
その上、
死んでいく人々にも戒名の位という形で階層分けをしてしまう。

なんだかんだと葬式にもったいをつけては、
人に金を使わせる。

普段あまり考えたこともなかったですが、
たぶん、
宗教が純粋な宗教であることは難しくて、
そもそも本来は「宗教」ではなく、ただの「誰かの教え」だったはずが、
「神による宗教」という衣をまとって土着の信仰や迷信と結びついて発展していったり、
そもそも坊さんの生活はどう担保したらいいのかという死活的な問題の中で、
おかしな考えや風習をうまくミックスしてしまうのだろうけど、
起源にあるものをよくよく考えれば、
根本的な問いに関する部分を捨ててしまったおかしな宗教だなと。

お坊さんはそれをおかしいと思わないのかな。
それで世の中はどうのこうのと訳知りなお話をされても、
大人になりましょう、と言っているだけのような。。。(*_*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

shogonewさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。