沖縄・島豚の日記

元「沖縄海人生活」

お店始めます!!その成功までの軌跡!?


テーマ:

昨晩の出漁で今年のお仕事は終了。

今年も無事に漁を終える事が出来た。海の神様(沖縄では龍宮神)に感謝である。

沖縄在住の皆様、観光で沖縄にいらっしゃる皆様、沖縄の「いまいゆ(新鮮な魚)」を沢山食べてね♪青いお魚も意外に美味しいよ~。


昨日は俺の出漁する夕方から、漁協の競り場で組合役員の慰労会が行われた。

俺も役員のハシクレなのでちょこっと顔を出したが、テーブルの上には

新鮮な魚やご馳走、島酒や熱燗、ビールなど俺を誘惑する要素、満載であった。

おまけに諸先輩方から「飲んでけ~、食べてけ~、ひひひ~」と男子の鉄腸を蕩かす、強いお誘いの言葉の数々。寒風吹き荒ぶ冷たい海に行くか、楽しい仲間と島酒のお湯割りで一杯やるか?漁の準備を万全に整え、港にやってきた俺も正直、心がぐらぐら揺れた。しかーし!!

ちゃんと海に出ましたよ。偉いぞ俺、がんばったな俺。

今日はこれから今年最後の競りにいってくる。願わくば俺の努力に報いる競値が付いてくれる事を祈るのみである。

それでは、鼻息も荒く、いってきます!!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

沖縄では典型的な我が家のバスルーム。湯船が無い。そしてついに購入いたしました。


湯船
ベビーバスのおっきい版。マルナカで8000円也。

この狭い湯船でも、楽しいひと時を過ごせる。あー極楽、極楽。

仕事終わりの冷えた身体に、暖かいお風呂がありがたいのであーる。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
漁業を営む傍ら、毎日2時間ほどかけて豚の餌になる残飯を北部のホテルに回収しに行っている。この残飯は女房の義父(とう)ちゃんの200頭の豚の餌になっているのだが、年末になり量が増えてきた。この残飯の量でホテルの宿泊客の多寡が大体解る。一年を通じてホテルが忙しいのは年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み期間、秋の連休などである。やはりこれらの時期は当然、残飯の量が増えるのである。最近のホテルはブュッフェ形式のレストランが多いのでお客様の数を計算して料理を用意するのであろうが、そこはホテルという究極のサービス業、多めに料理を用意するのである。飽食の日本と言われて久しいがその結果、毎日豪勢な残飯を大量に排出するのである。お陰でうちの豚ちゃんたちはメタボリック症候群よろしく丸々と肥えている。この豚ちゃんたちがまた皆様の食卓に供されるのである。これぞ究極の食物連鎖、循環型社会の出来上がりである。それでも皆様、食べ物は大切にネ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、冬の気まぐれなお天気のフェイントに掛かってしまった。昨日の金武湾は午前中は東からの強風と太平洋にある低気圧の影響で大時化、午後からは風も西に回って弱まり、海もうねりはあるものの穏やかになった。雨も上がり、お空には虹が架かりお天気は回復傾向のように思われ、天気予報もそれを裏付けていた。


虹

クリスマスの午後、虹もかかっちゃったりしてー!


このところの悪天候で漁に出でない俺は、この機会を逃さずに急遽、出漁することにした。午後6時の出港の時点では風は北よりに変わってはいたものの仕事は出来そうであった。が、しかーし!!

やがて風は強まり、雨も降り始め海は徐々に荒れ始めた。しかし、漁場の近くまで来ていたのと、この時期、この天候では魚が高いだろうとの欲と、久しぶりの出漁ということもあり、岩の頑丈な漁場にアンカーを2本入れて取り合えず一本潜る事にした。予想通り海の中はうねりがあり、お魚さんも見えない。時折見上げる水面には大きな波が立っているので、船が気になって仕事に集中出来ない。早めに船に戻って仲間が上がってくるのを待った。雨が上がれば収まると期待していた風もどんどん強くなり、俺は迷った。

「漁を続けるべきか、港に帰るべきか?」そんなときに、またしても海人の大先輩たちのお言葉が頭を過ぎった。

「海の上での意地っ張りは命取り」

そうだ。何かあってからでは遅い。海は明日も、明後日も待っていてくれるのだから。

こうして、俺は荒れる海上を一路、時速5ノットという歩くような船足で港に向かった。あー、怖かった。港に帰ると夕方に出漁した先輩たちの船は皆、既に帰港している。天気予報を参考にして、その場の海況の変化を読む力がまだまだ足りないと自省した。気まぐれな冬のお天気に、またまたお勉強になる一日であった。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

電灯潜りという漁法を知り、漁師になって3年、まだまだ駆け出しの新米海人ではあるが、色々な得難いものを手に入れた。

それは海での経験であったり、お世話になっている先輩方であったり、俺の魚を評価してくれている仲買人だったりと数えればきりが無い。その中でも漁に関する財産と言えばお魚を突く技術と、そのお魚さんたちが眠るお家の位置を把握したことである。魚にも快適な寝場所があり、そこへは何度でも魚が眠りにくる。それはどのような場所かと説明すると魚が身を隠す適当な穴や岩の切れ目があり、水の通りがよく(つまり酸素が豊富で)、寄生虫を掃除してくれる海老や魚が沢山いる所である。こんなところが大きな魚たちの人気物件となっているのである。電灯潜りを始めて3年、俺はこの人気物件の位置を50件ほど覚えている。これが300件ほどに増えれば一年を通して大漁を続ける事が出来るであろう。これからも足繁く出漁し、自分の漁場を発見していきたい。海人の大先輩の言葉を思い出す。

「手柄(水揚げ)を上げたいなら、海に通え。海学校に教えてもらえ。」

目には見えない無形の財産、それが海人の財産なのである。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から沖縄は大時化である。恐らく、週末にかけてお仕事には出られないであろう。

こんな時は、大手を振ってお休み出来るのでし・あ・わ・せにひひ。今日も、ちと遅くなってしまったが、子供たちとクリスマスツリーを出して飾りつけを一緒にした。俺の素晴らしいバリトンの美声での「きーぃよし~、こ~のよーる~音譜」の歌声に娘はうっとりである。その後、子供たちと風呂にゆっくり入り、ビールを飲みつつ良い気分でこのブログを書いている。あー極楽、極楽。稼ぎ時の今月の水揚げには一抹の不安をおぼえるが、海が良くなったら取り返そう。だって自然には敵わないのだものね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

俺には親友が一人と義兄弟が一人いる。四十代の男としてはこの数の多寡は平均的なところであろう。

この親友と義兄弟の定義の違いはなんだろう?とふと考えた。俺にとって両方ともかけがえの無いものに違いは無いのだが、親友との間には数々の楽しい思い出があり、義兄弟との間には艱難辛苦の数々の思い出がある。この違いであろうか。

さてこの兄弟分、とても禁欲的な男である。訳あって、一般的な男としての幸せを今まで放棄してきた。一般的な幸せとは暖かい家庭を持つことである。お陰で奴と会うときは俺のかわゆい子供たちを紹介するどころか、家庭の話題すら話にはのぼらなかった。奴は気にしないであろうが、俺にはどうしても自分の家庭の話をする事が出来なかったのである。自分の築いた家庭がいかに温かく自分を包んでくれている事を痛いほど実感していたからである。自分だけが良い物を持っている様な気がして、奴に気が引けていたのである。

そんな付き合いを続けていた兄弟分から過日、連絡があった。渡世の義理を果たし、やっと自由の身になったという。永年、奴を支えてきた女と来年結婚する運びになったのだ。その会話の最後に奴が言った。「兄弟、これでお前のガキ達とも沢山遊べるぜ、今まで気を使わせちまって悪かったな・・・」と。

兄弟、お前の嫁さんになる娘はとってもいい娘だと思うぜ。遅くなったけれど子供を沢山生んでもらえよ。家庭の温かさってのは、俺たちには本当にありがたいもんなんだ。よかったな、心から祝福するよ。

さぁ、これからが大変だ。結婚式は恵比寿のウェスティンホテル東京でやるらしい。女房同伴で招待されてしまった。待ってろよ、兄弟!魚を沢山とって、一杯稼いで駆けつけるぜ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
結局、寒風吹き荒ぶ冬の海より、ぬくぬくとしたお家で酒を飲む事を選んでしまい、二日間も怠惰な生活を送ってしまった。このままだと自身の人格も傾くし、家計も傾く恐れが出てきたためこれより出漁する事にする。では、行って参ります!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この二日間、ここ沖縄では北風が吹き荒れている。いよいよ本格的な冬型の天気の到来である。俺の漁場は比較的、北風に強いのだがここまで強いとちょこっと厳しい。陸に近い場所なら幾分風も遮られるので仕事も出来ない事はないのだが、そういう漁場は河口に近いため昨日の雨で濁っているだろうな。しかし、明日は東に風が回る予定。俺の漁場は北風には強いが東よりの風にはめっぽう弱いのである。仕事が出来なくなるかもしれない。しかも明日は月曜日・年末・西海岸は大荒れと魚の値段が高くなる要素は三拍子揃っているのである。今夜操業するべきか、ハタマタ暖かいお家で湯船に漬かった後に鍋でもつつきながら酒でも飲むべきか。強く吹き付ける北風にざわめく木々を見ながら苦悶をしている最中である。あとで海を見に行こう。あー、もんもん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

異変が起きている。といっても俺が突然ブラット・ピットばりの二枚目になった!とか家人がアンジェリーナ・ジョリードキドキみたいに整形した、という類のものではない。俺の仕事場である金武湾の海が、今年はちょっとおかしいのである。まず、先日もご紹介したようにサメが異常に多い。潜る漁場によっては一日タンク3本の漁で、毎回サメに付きまとわれたりする。俺が海中で遭遇するサメの種類はナカー(メジロザメ)やマーブカー(レモンザメ)などであるが、刺し網のオジーが操業中に船から目撃したのは、5メートル以上はあるイッチョー(イタチザメ)らしい。こいつはヤバイ。海の中で出会ったら失禁してしまいそうである。それから我が組合の定置網にキハダマグロが頻繁に入るようになった。日頃小魚に慣れている、心臓に異常がある定置の親分は大喜びで日々の酒量が大幅に増え、ニトログリセリンを手放せない始末。更に、水深5メートル程の場所に仕掛けた刺し網に75キロのカジキマグロが掛かるなど、今年の異変を数えればキリが無い。これは何かの前触れか、はたまた驕りたかぶった人間どもへの神の啓示なのか。とにかく今年の冬は注意を怠る事無く、万難を配し操業をしたいと思う。自分の周りを徘徊するイッチョーが突然襲ってきたら、まず鼻面に水中銃を一発お見舞いしたほうが良いのか、海亀のように海底に寝転んでやり過ごしたほうが良いのか、シュミレーションも怠り無く、心の準備は出来ている。願わくば杞憂に終わる事を切に願うのである。あな、おそろしや。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。