沖縄・島豚の日記

元「沖縄海人生活」

お店始めます!!その成功までの軌跡!?


テーマ:
昨日は旧暦の5月4日「ユッカノヒー」という海人のお祭りの日であった。そして今日、旧暦5月5日は「グソーバーリー」の日である。直訳すれば「グソー」は「あの世」、と言う訳で今日は沖縄の海ではあの世の人達によるハーリー大会が華々しく開催されているそうだ。昨日、ハーリーが終わって龍宮の神様にうーとーとーして皆で飲んでる時に先輩達から「んー、明日も潜るのかー?」と聞かれて「天気が良ければ仕事したいですねぇ」と答えたら「止めた方が良いはずよー」とニヤニヤしている。「何でですか?」と聞いたところ、傍で話を聞いていたグソーに一番近いオバァが「明日はグソーバーリーといってあの世の人達がハーリーを楽しんでるわけさァ、フェフェフェ」と声を一段落として教えてくれた。・・・・。今日は仕事を休む事にした。潜っていて浮上しようとしたら、魂だけが浮上、そして青白く光るハーリー船に迎えにこられたら堪らない。それにしてもここ沖縄は「あの世」と「この世」がとても近くに感じる南海の島である。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日は旧暦の5月4日、うちなーぐち(沖縄弁)で言えば「ユッカノヒー」である。今日は沖縄各地の漁港で海人たちが竜宮の神様に安全航海と大漁を祈願する日なのである。よーするに「海人のお祭り」の日だ。県内の漁港では盛大に「ハーリー大会」などが行われ、なかでも糸満などの漁業の盛んな土地では学校もお休みで、一年で一番の行事となっている程である。うちの組合はというとそりゃもういつも通り謙虚に、質素に、密かにこのお祭り事をひっそりと行っちゃうのである。海の神様に安全航海と大漁を祈願するための「ハーリー大会」も地元の小学生を呼んでちょこちょこっとやっちゃう予定。まぁ、なにはともあれ、俺も海人のはしくれとして竜宮の神様への「うーとーとー」だけは心の底から真剣にお祈りするとしよう。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード (上)
最近映画が公開される「ダ・ヴィンチ・コード」を買った。といっても新書版ではなく文庫版の発売を待っての購入だ。この小説が話題になっている時に「買おうかな・・・」と本屋で見かけるたびに迷っていたが、俺にとっては未知の作家の作品。お値段も考えて文庫化されるのを待っていた。俺の狙い通り映画化に併せての文庫発売である。上・中・下、3冊で1700円とちょっとのお値段。今度は迷わず購入に踏み切った。これからの数日間、海から帰り一杯飲みながら飯を食った後のベットに入っての読書タイムが楽しみである。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ナイフを無くした。このナイフは近所の釣具屋で600円で買ったものだ。これが中々の優れもので、ちゃんとプラスチックの鞘も付いている。俺はこの鞘にちょこっと細工をして、結束バンドでインフレ-ターの蛇腹ホースに取り付けて使用している。水中で魚の血抜きをしたり、タコを〆たりと潜り漁師には欠かせない道具の一つである。この大切な道具をを無くしてしまった。先日、その晩の一本目の漁の時に大きなアバサー(ハリセンボン)を見つけて銃で突いた。アバサーは膨らんでタモ網に入れても持ち運びが大変なので、いつも顎の下からお腹にかけてナイフを入れて、膨らもうとしてもそこから水が抜けるようにしている。パンパンに膨らんだアバサーを銃に刺したままナイフを取ろうとすると手応えが無い。いつもあるはずの場所に手応えが無いのである。そこで思い出した。前日の最後の漁でタコの夫婦を獲って、2匹続けて〆た後で使ったナイフをインフレ-ターホースに付けた鞘に入れようとしたが、タモ網の中の魚が暴れていたのでちゃんと確認しなかった。鞘も緩くなっていたし。この時に落としていたのであろう。

さて、このアバサーをどーしよう??と思った時に、今度はクブシミ(コウイカ)を発見してしまった。これも4キロくらいある。アバサーを見るとパンパンに膨らんで動けそうに無い。俺は迷わずにアバサーを岩の間に押し込んで銃を抜いて、クブシミを仕留めた。急いでクブシミをタモ網にいれて、アバサーを押しこんだ岩のところに戻ると、奴の姿が見えない。恐らく銃を抜かれた瞬間にパンパンに膨らんだ身体を元に戻し逃走したのであろう。いやはや、魚の生命力は恐ろしい。推定8キロのアバサー、値段にして6000円前後の水揚げを逃がしてしまった。やっぱり、仕事前の道具の確認は大切だ。あー、600円のナイフがあれば・・・、と猛省をした出来事である。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

今夜は久し振りに雨の中の仕事になりそうだ。

水中から水面を見上げる。穏やかな海ならば、水面には雨が無数の輪を作って幾何学的な模様に彩られている。

雨の夜の海の上は静寂に包まれている。滲む街の灯りの中、今夜は心静かに漁に励もう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の宣言通り、昨夜の漁から6.5ミリのジャケットを脱いで身軽になった。ウェイトも減らして仕事は楽チンになった。やっぱり、思いきらないとだめだね。多少、寒かったが漁に支障がある訳でもなく、逆に25メートルくらいからの冷たい水を楽しんだ。これから、夏に向けてどんどんスーツも薄くなって仕事も楽になる。が、しかし・・・漁は悪くなっていく。これからの時期は魚以外も獲ってこないと、水揚げが寂しい結果になるのだ。電灯の光の中、金になる物を探して血眼になる季節の始まりである。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

暑い・・・・。

ここ沖縄は梅雨の中休み。ここのところ、快晴のお天気が2日ほど続いている。お陰で昼間、外で働いていると汗だくになるほど暑い。そこで、今夜から一枚脱いで、潜ろうと思う。現在は真冬と変らず、3ミリのフードベスト、5ミリのフルスーツ、そしてその上に6.5ミリのジャケットを着ている。そこで今夜は、この6.5ミリのジャケットを脱ぐ。思いきって私、脱いじゃいますっっ!!と、年増の女優のように、ここで宣言しよう。沖縄に移住してきて3年、どんどん甘ったれて寒がりになっている俺。いつまでも、ぬくぬくとしていられない。今夜から身軽になって泳ぎ易くなる俺。がんばります。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
久し振りにお仕事のお話。先輩の海人と海ぶどうの養殖・販売を始めた。元飲食業の俺のコネクションを生かし、内地で、しかも東京の中心部の飲食店の一品に加えてもらうべく奔走中である。まだまだ、沖縄ローカルの食材である「海ぶどう」が、モズクのように全国区の食材になれば・・・と思っている。お取り寄せご希望の方は、メール下さい、ドゾ、ヨロシク。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

楽しかった12日間の思い出。この旅行期間中、坊主とはおもいっきり遊んだ。普段何かと忙しく一緒にいる時間も少ない。家族と過ごすゆったりとした密度の濃い時間を得られただけでも今回の旅行は大成功だ。

薔薇

4月29日は女房の誕生日。柄にもなく薔薇の花をアレンジしてもらった。ちなみにホテルからはバースデーケーキがお部屋に届けられていた。

レストラン

パトンビーチの北側にあるイタリアンのお店。この写真の奥は海になっている。料理の味も良い。ワインと飯で3000バーツくらいだったかな。今回いったレストランの中では一番の高級店であった。

佳史乃抱っこ

パトンにある中華料理屋のお兄ちゃんに抱っこされて。誰に抱っこされても満面の笑顔の姫。少し頭が弱いのか?まったく人見知りしない。ちなみに今回の旅行ではホテルで夕食を食べたのは一回だけである。プーケットタウンや色々なビーチのレストランで夕食を楽しんだ。

バイク

最終日前日、レンタカーを返しに行くとバイクに乗りたいと坊主が言うので早速借りてドライブに。女房と姫はマッサージされつつお店で待っていた。

ラワイ

ラワイビーチ。後ろに見えるのはタイの海人の船だ。この時期、こっちでもイカ漁が盛んらしく夜になると漁り火が海上に無数に見えた。船はサバニに似ていて、波きりが良さそうだ。

夕日

プロムテップ岬から見る夕日。この日は生憎良く見えなかった。この近くのビーチに滞在しているホテルがある。

最終日

チェックアウト前にスタッフの人にお願いして、家族全員の写真を撮った。この後、バンコクで一泊した後、沖縄に帰ってきたのである。

プーケット旅行記はこれにて終了する。またまた、沖縄の海人の日常をご紹介しよう。

次回の旅行は2~3年後に1ヶ月ほどベトナムに行く事になりそうだ。それまでがんばって働くぞぉ!!



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

到着して2日目の朝、ホテル近くの土産物屋&マッサージ屋&ツアー屋という、よーするに何でも屋みたいなところにレンタカーを借りに行く。場所は以前はビーチの目の前にあったが、少し高台に移動していた。やはり津波の影響だろうか?ここのオーナーのオバチャンは1992年に初めて来た時から何となく気が合い、夕方など一緒にビール(彼女はジュース)を飲んだりする仲だったので、あの津波の時は心配していた。お店に行くと彼女が笑顔で迎えてくれた。姫を抱き上げて新しい家族の誕生と久し振りの再会を喜んでくれた。俺が津波の被害はどうだったのか聞くと、やはり昔のお店と商品はかなりの被害を受けたらしい。そして、彼女の姉妹の娘さんが一人、亡くなったそうだ。今回、俺が訪れたプーケットは被害の爪痕も殆ど感じる事がなかったが、やはり大きな災害だった事を改めて感じた。レンタカー

今回借りたレンタカー。10日間で6000バーツ(20000円位かな?)。タイは運転が荒いので、道路事情に不案内な人には勧められないが、車があればとっても便利。

観光といっても赤ん坊がいるために、たいした事は出来ない。そこで夕方から島内をドライブしたり、ショッピングモールに行ったり。今回、久し振りにプーケットに遊びに来て感じたことはショッピングモールが増えた事と物価が上がった事だ。ガソリンは1リッター29バーツ(約90円)だし、街のレストランなどで食事しても、昔よりは割安感が少なくなっている。まぁ、デフレで日本の物価が安くなったのと、タイの経済も良くなってきたのであろう。それでも、飲食に関してはお得な感じはまだまだある。

あまり、観光らしい事は出来なかったが少しだけはしてきたのでご紹介しよう。

象餌付け 象・佳史乃

まずは定番のエレファント・サファリ。ナイ・ハーンビーチからカタ・ビーチに向かう山越えの道の途中にある。20分400バーツから。餌を上げるのはチップを餌箱に入れてバナナをあげられる。とても器用に鼻で食べるのだ。今回カメラのレンズの蓋を落としたら、あんなに小さいものでも鼻で拾ってくれた。坊主のリクエストで3日連続で乗りに行ってしまった・・・。しかも最後は1時間コース。でもジャングルを抜けて海が見えた時の景色は最高!

バギー

ゴーカート場にあった、バギー。15分600バーツ。坊主はゴーカートに乗りたかったらしいがペダルに足が届かなかったので、バギーに俺と一緒に乗った。これも3日連続で5回ほど乗っただろうか・・・。慣れてきたら自分で運転していた。3回目に乗る頃には30分位乗せてくれた。子供は飽きる事を知らない。

プーケットファンタシー

プーケット・ファンタシーにて。後ろにはショーに出演している象がいる。ここはお勧めである。遊園地みたいなところで、ショーをやっているのだが、中々の演出である。動物がたくさん出演しているのがすごい。鶏や牛、山羊や鳩まで演技(?)している。いやまじで。ショーだけだったら1000バーツだったかな?ショーが始まるのは9時位からと遅いが、それまで縁日風のゲームや食事をして充分に遊べる。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。