沖縄・島豚の日記

元「沖縄海人生活」

お店始めます!!その成功までの軌跡!?


テーマ:

つくづく俺は、詰めの甘い男である。今日から楽しい旅行だというのに風邪を引いてしまったようだ。昨夜から鼻水が止まらない。以前からこんな事は度々あった。大型の休暇の前(年末など)に根を詰めて仕事をすると、休みに入った瞬間に気が抜けるのか体調を崩す。「病は気から」とは良く言ったものである。定年後のサラリーマンが急に老け込んで、突然病気になったりするのも解る気がする。しかし、この「病は気から」理論でいくと、逆に病気は根性で治せるはず。今回の風邪も根性で治す!!しかも今日の旅先への移動中に!!絶対!!

と言う訳でティッシュの箱を一箱抱えて飛行機にのりこみたいと思う。では皆様、いってまいります!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

明日からいよいよ、待ちに待った家族旅行である。この1週間、日本に帰ってからの生活費を稼ぐ為、連日漁に出た。お蔭様で何とか数字を作ることが出来て、帰国後の憂いもなく楽しい時間を過ごす事が出来そうだ。沖縄に移住して3年半、沖縄社会に溶け込み、生活の糧を得る漁業という仕事を修得し、人間関係を構築する事に奔走してきた俺と、それを支えてくれた家族に対するささやかな休暇とご褒美の旅行である。思う存分、楽しんできたい。

さて、ここで参考までに今回のプーケット旅行に掛かる費用をご紹介しよう。


航空券・・・・那覇・プーケット往復(大人2名・子供1名・赤ん坊1名)  

        約330.000円

ホテル・・・・プーケット・ヨットクラブ (シーズンオフ。特別料金)

       11泊分1900USドル

       トランジット宿泊用アジアエアポートホテルバンコク

       1泊 2550バーツ

準備費用・・・・パスポート取得 34000円

         大きいトランク2個 50000円 その他モロモロ

こずかい・・・・・200000円 

思い出代・・・・プライスレス・・・・!?


ハァ、計算したら大変な金額だ。 その分皆で旅行を満喫するぞ!!プーケット旅行記もお楽しみに!!さて、どんな珍道中になることやら。5月8日に帰って参ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年から1日、タンクにして4本潜ることにしている。天候や海況により劇的に年間の出漁日数を増やせない漁であるから、水揚げを増やすなら日々の仕事量を充実させる事が一番の近道だからだ。去年までの1日の潜水回数はタンク3本だったから、年間180日出漁できるとすれば、単純に60日分水揚げが増加する計算になる。ぐふふ。まさに「獲らぬ狸の皮算用」である。確かに、これまでのところ1日の平均水揚げ金額は上がってきているので、有効な方法であると言えよう。しかし、ここで気を付けなければいけない事は連日の反復潜水による減圧症(一般には潜水病として知られている)のリスクを、いかにして減らすかと言う事だ。これまで以上に潜水計画を注意深く立てなければならない。基本的には深場から浅場に、水面休息は30分以上、各潜水の度に3分以上の安全停止をする、という3点を常に心掛けている。まぁ、ダイビングコンピューターを持って潜ればエラーが出ちゃう事もあるだろうが、仕事として潜っている以上、多少のリスクは覚悟しなくてはならないからね。これからも好きな仕事を末永く続ける為に「注意深く、控えめに・・・」という心掛けで、日々潜りたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
去年の7月からエッセイを書かせて頂いている釣り新聞「ソルト&フィールド」 が、新聞という体裁から隔月誌になるらしい。そこで今回からエッセイの文字数を増やされてしまった。今までの500文字前後から2000文字前後という注文である。〆切り前日の一昨日位にやっと書き上げたが、ブログと違って気楽には書けない。文章を書くということ、それを読んで頂くという事。去年から日記のつもりで書き始めたこのブログで、だんだん好きになってきたがやはり難しい。でも俺は海人である自分の考え、感じた事をなるべく素直に表現していきたいと想う。これからもゆたしくしみそーり。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

怒りが収まらない。

犯人に死刑判決を下して頂きたい。

幸せな、本当にどこにでもある幸せな家庭を一瞬にして破壊した犯人。こいつが、死刑にならなくてなにが「法治国家」だ。そして自らの主義・主張のためにこの事件を利用する弁護団。本当に許せない。こいつらが法律家であることも許せない。しかし、俺はこの国の正義を信じている。普通のどこにでもある家族が安心して暮らせる社会であることを。本村洋氏の苦痛と無力感と計り知れない怒りが報われる事を痛切に祈る。

本当に怒りが収まらない。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ、プーケット旅行が近づいてきた。楽しみである。昨日、HIS(コザ支店)に飛行機のスケジュール表を取りに行った。ここがまぁ、なんとインターナショナル。俺が行った時間はアメリカ人ばっかりであった。スタッフも3分の1は外国の人。さすがコザである。

さて、那覇からプーケットの往復の空路のスケジュールであるが、結構乗り継ぎがあって大変である。プーケットはオフシーズンに入っている為、台北・プーケットの直行便がないのだ。そのため、こんな感じになった。

4月26日 

那覇発・台北 チャイナエアライン CI121便 11:55発  12:20(日本時間 13:20)着

台北・バンコク行 CI695便 13:20発  16:00(日本時間 18:00)着

バンコク・プーケット タイ国際航空 TG221便 18:20発  19:40(日本時間21:40)着


・・・・・。何と9時間20分の長旅である。遊びたい盛りの6歳児と0歳の赤ん坊を連れて今から気が重い。赤ん坊のミルクにはワインでも混ぜて寝かせるか?長男にはゲームボーイを与えてと。


ちなみに帰りはこんな感じ。

5月7日

プーケット・バンコク TG214便 16:25発 17:50着

バンコクでトランジットの為、宿泊

5月8日

バンコク・台北 CI066便 08:25発 13:05着

台北・那覇 CI122便  16:10発 18:30着


いよいよ、来週から行って来ます。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
パスポートの期限が切れていたので、パスポートを作って来た。ここ沖縄では那覇と名護で申請するのだが、空いているというので迷わず名護へ。施設の近くの写真館を探して家族4人分の写真を撮り、2週間ほど前に申請した。この写真が赤ん坊も含めて皆、超笑える顔に仕上がり、大満足。そして先週、出来上がったパスポートを受け取りにいったのだが、今のパスポートは凄い。ICチップ付きになっていて、ここに個人情報が全部入っているのだ。なんでもアメリカなどではこれからはICチップ付きのパスポートじゃないと入国できないらしい。これも9.11の影響だろうね。子供の分は5年までしか取れないので家族全員5年旅券を取得した。掛かった費用は全部で3万4千円也。こりゃ、この5年で何回か使わないと元が取れないぜ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
連日、冒険中である。モンスターを倒し、お宝を探し回り、謎を解きながら野を越え山を越えて冒険している。そう、「ファイナルファンタジー12」を息子と一緒に遊んでいるのである。謎は俺が解き、レベルは息子が上げる。買い物は俺がして、息子はレベルを上げる。その他、楽しい事は全部俺がして、レベルはひたすら息子が上げる・・・・ふふふ。便利な奴だ。そのお陰で新しい世界に行っても、楽々モンスター供をなぎ倒している。思えば初めてファミコンで「ドラクエ」にハマって20余年、RPGも随分と進化したもんだ。きっとじじぃになっても遊んでいるんだろうなぁ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の「幽霊船登場!?」 で書いた、海上の濃霧が内地の方に移動していったらしい。昨日の貨物船の沈没事故だが、報道では「濃霧により当時、視程は150メートル程度」となっていたが、俺の経験した霧はもっと凄かったと思う。30メートルくらい接近して航路標識の赤い点滅灯がやっと見えたくらいだ。おそらく東京湾の事故の時もこの位の霧がでていたのであろう。本当に恐ろしい状況であった。それにしてもおかしい。両方俺の船とは違い、高性能のレーダーなどの航行機器を備えていたはずである。これから事故の原因究明が進んでいくであろうが、おそらく速度の出しすぎや見張りを怠ったなどの初歩的なミスを両方の船で犯した結果だと思う。ちなみにこの間の濃霧の時、いつもは15ノット前後で港に帰るところ、俺は5ノットに航行速度を落としていた。もっと早い速度で航行していたら「幽霊船(砂運搬船)」に衝突していたかもしれない。まぶやー、まぶやー。夜の海を航行する事が多いので、これからも充分に気を付けよーと。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜は久し振りにしかんだ(※注・沖縄弁でびっくりした。の意味)。出漁時から風が殆ど無かった。海はまるで湖のように凪いでいた。夜の11時を過ぎたあたりからであろうか。いつもはきれいに見える金武湾の陸上の光、基地のオレンジ色のライトや沖縄電力の煙突の点滅灯などが、ぼやけてよく見えない。「こりゃ、霧が出てきたな・・・」と思い、最後のタンクを準備して仕事を始めた。まぁまぁの漁の後、船に上がると何かおかしい。ひんやりとした空気の中、周りの景色がまったくみえない。霧が濃くなり、視界を奪っていたのだ。聞こえてくる音も無い静寂の中、港に帰ろうと操縦席に座った。視界は船の先端もかすむほど悪い。クラッチを前進に入れ、ゆっくりと船を走らせることにした。頼りになるのはGPSとコンパスだけ。窓から顔を出して前方に注意をしながら航路を目指す。前方にあるはずの航路標識の光も見えない。まるで異次元の世界に迷い込んだようだ。頭の中には「トワイライトゾーン」テーマが鳴り響く。「幽霊船でも出現しそうだな・・・」と嫌な想像をしながら航路標識を目指し、標識伝いに港に向かっていた。すると前方にぼんやりした光が動いている。「こんな所に何も無いはずなのに・・・」と思った次の瞬間、巨大な幽霊船が目の前に!!急いで舵を切って、船のコースをかえてよく見ると、それは大きな、砂運搬船だったとさ。いやー、しかんだ。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。