bonkras

今日はボンクラーズの 棋譜をみてみましょう




ボンクラースとは 将棋倶楽部24をやってる方で


知らない人はいないと思いますが



将棋ソフトです 最近では 米長会長を


2回もやぶり 現段階で対人では 最強?です




その棋譜が 今将棋倶楽部24の最初の画面に


棋譜が掲載されてます




その中で ちょっと  大駒のつかい方が参考になる


棋譜があったので 掲載させていただきます

まず38手目の局面 困ってるように見えますが


25歩から うまくしのぎます


続く68手目人間なら、 飛車道をとりあえず あけるか


飛車を活用しようと考えますが62歩と うたれると


攻めがなくなりそうです で36歩・・・ なんだろう


71手目63角  う~ん62歩でどうするんだろう


53歩なり! ぎりぎりの攻め  きれててもおかしくないと思います


74手目は63ふと していれば どうやって攻めをつづけるのか きになりますが


後手は53銀と手堅くさされました


83~91手目までの 飛車の活用がうますぎる


続く93~97手目で馬の働きもよくなりました

124手目の局面は桂馬得と 飛車と竜が


盤上にいて 後手がよさそうにみえます



138手目から、ボンクラが馬2枚を たくみに働かせ


攻めごまの金を48にうたせて 攻めを緩和してます



154手目 人間なら どう受けようか 考えるとこです



しかし、63金・・・すごい強気  よくみると 先手玉は


安全ですが 30秒将棋で この局面さすがに


金渡すのはためらいます


しかも 飛車とられて詰めろかどうか読んでないと 


飛車取られておわりです  


157手目の局面も後手玉は詰めろです 仮に68角成りとされた


局面から解いてみましょう


158手目79銀すてて 63ぎんと 苦心の受けですが


以下寄せられてしまいました



通称ボンクラのこの棋譜みてると 何か気づきませんか?


私が思ったのは3つほどありますが、駒が当たってる局面 次その駒とりますよって


相手が アクションをおこしてきた局面で、とられるより価値のある


手をさしてます そこはある程度強くなれば 多少は理解できます


でもそれは、とらせてどうかですが、ボンクラの場合とる一手の余裕を


相手に与えていません 取れないんです(;´▽`A``  


まず、73手目 人間なら、左にかくをなるか、角を切ってどうなるか


まず先にかんがえます118手目 ここも金に当たってる局面


普通に56金と、とると どう飛車なり 同馬 同金で 馬をけされて


攻めがなくなります 直後に65角とうっても55金とひかれて


やはり せめきれません そこでこの瞬間83になっておくと取る一手


そこで56金ととる さっきの変化なら 56飛車なりに83馬がつめろになります


 149手目も もちろん歩はとりません


相手にとりこむ1手の余裕を あたえなければ とられる事はないからです


初級者の多くは どうせとられるなら なにかとってと 考えがちですが


とらせる1手を 利用したほうが 終盤はぐっと強くなります


155てめも そうですね


飛車とか大駒に とりますよって アクションおこされると


まず 飛車をどうしようか 考えて 広く盤をみわたせません


広く見渡せば 飛車とらせるより 価値のある手があるということです



174手目も局面も 金をとってしまえば 攻め味がうすれます


相手に受けやすく させてしまいます 以下、74銀から84桂馬と


華麗な寄せでした

ボンクラーズの棋譜は 大変勉強になるため


みなさんも いっぱい見て


いっぱい学んでください


見やすいようにと 2個配置してみましたが 逆にみにくかったらごめんなさい(;´▽`A``

では今日はここまで おやすみなさい





ブログトップへ