史上最強の棋士

テーマ:

はい みんさん こんにちわ~

 

最近も、将棋じたいを

指せてませんが、 藤井聡太さんの

活躍もあり、なんだかんだで

棋譜鑑賞とAbema TVで

たまに 鑑賞しております

 

で、今日もAbema TVで聡太さんの

対局をみてました

聡太さんが強かった!

糸谷さん相手に 完勝といっていい

内容でしたねぇ  

やっぱり、角つかうのが上手で、37手目

▲65角から、ペースをつかみましたね

私は1ミリも 思いつかないですけど(笑)

う~ん、 角交換できる 戦形は

聡太さんは、最強じゃないかなと勝手に

思ってます。

 

それで、どれくらい強いのかふと思った

ので レーティングだされてないかなと

調べてみたら

結構前に面白い記事がありました

それによると

ソフトが指した手を基準に それより

評価値が低い手を悪手とし

平均悪手から レーティングを算出してる

記事がありました

 

それによると、大山康晴 3000前後

中原誠 3100前後

谷川浩司3100前後

羽生善治3300前後となっていて

全盛期どうして、羽生さんと大山さんがやった場合

8勝2敗で 羽生さんが勝ち越すと推定できるみたいです

 

他にもおどろいたのが

江戸時代の棋士も算出されていて

6代大橋宗英2987と まだ

将棋じたいが、進化してない時代で

定跡も古いので 数値的に不利かと

推測できるのに

こんな化け物がいたのかと おどろきました

 

その算出方法で 藤井聡太さんが29連勝したとき

の棋譜を解析してみると・・・

 

藤井聡太さんは3300あったそうです 

 

う~ん、 羽生さんの全盛期と同じ数値だしとる(;^_^A

 

この算出方法は、その場の

勝ち負けではなく、指したその一手一手のものなので

実力そのものの数値として捉えて問題なさそうです

 

まぁ つかうAIやソフトによって多少変動はあるでしょうけど

あと、1日制と2日制でも100前後の変動

NHK杯などでは、200ほど数値が下がるみたいです

まぁ この辺りは 持ち時間が少ない方が悪手率あがるのは

なんとなくわかりますね

 

それにしても、中学生で

将棋の棋力も成長段階で3300点だしてるので

将来的に史上最強は藤井聡太で

間違いなさそうです 3500ぐらいは

だせそうですね  バケモンです(;^_^A

彼を抜くには、彼より年下したしか

いないような気がします

将棋会の人たちや 他のファンの方から

批判されそうですが 個人的には

そう思うと いう事で 許してください(;^_^A

いやぁ~ これからの活躍が楽しみです

 

その他にも興味深い事が書いてありました

その算出方法で悪手を指さない神の領域が

あるそうで数値化すると

4600から上とかかれていました

もう、人間の理解が及ばない領域ですね

 

昔 インタビューで羽生さんが 

将棋の神様がいたら 角落ちならなんとか

なるんではないでしょうかと 答えてましたけど

数値をみると 結構厳しそうですね

2枚落ちでも (;^_^A 

 

あの 0から学習開始2時間で 将棋最強ソフトを

倒した アルファゼロなら

到達できるかもしれませんが

 

人間のほうも 過去より 現在の方が

将棋のプロじたいの 平均レベルも

あがっていってるのは

間違いないので、ちょっとづつ、

人間も数値は伸びていってますが

 どう考えても 100mを

7秒台で走れないように 人間にも

限界値がありそうで、3500ぐらいって

おそらく 人間の限界値に近いんじゃないかな

そう考えると 藤井聡太は将棋界の いや日本の

宝ですよね。。。 

 

 

こんなこと考えてると

プロ棋士って 厳しい

世界だと つくづく思います

どんなに努力して

40代~50代まで  棋力をたもってても

周りのレベルがあがっていって

勝てなくなってくるという

かといって、努力を少しでも怠れば

転がり落ちるし

プロ棋士には 本当リスペクトです

 

 

 

はい、今日も書きたいこと書いたので

 

また 気になったことあったら

書いてきます

 

 

ではでは きょうはここまで('ω')ノ