将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。

更新報告用Twitter
Youtube将棋動画 まとめ

具体的なテーマをお持ちで、質問・討論してみたい方はコチラ

~検討予定表~
戦法\項目 注目棋譜 研究課題

矢倉

2015-12-03佐藤康-阿部健戦
2015-12-03橋本-木村戦
2015-12-17渡辺明-郷田戦
2015-12-22渡辺明-行方戦

脇システム
加藤流
△4五歩
続・森下システム

角換わり

2015-12-17深浦-佐藤天戦
2015-12-18西尾-三枚堂戦

同形腰掛銀周辺
△4二金型
9筋の端歩を巡る攻防

横歩取り

佐藤天先生の棋譜検討
2015-11-06行方-深浦戦
2015-12-03広瀬-佐藤天戦
2015-12-17藤森-及川戦
2015-12-17阿久津-山崎戦

最新定跡の研究

相掛かり

5年前~最新を再検討

-

向かい飛車


角道オープン向かい飛車

三間飛車

中田先生の対居飛穴棋譜
戸辺先生の石田流棋譜

コーヤン流の今
石田流周辺

四間飛車

藤井先生の角交換棋譜
広瀬先生の穴熊棋譜
2015-12-08屋敷-久保戦

四間飛車穴熊
角交換四間飛車の基礎

中飛車

久保・菅井・戸辺先生のゴキゲン棋譜
2015-12-15羽生-久保戦

超速最新形
一直線穴熊

相振り飛車

2015-12-03谷川-丸山戦

石田流対△1四歩

旬の棋譜はその都度検討して行きます。

※お気付きの方も多いと思いますが、
 コメント返信、遅延しています。
 記事執筆に注力しているため、返信はまとめて行います。

流行に追いつけません。

【公式サイト】
第2期叡王戦段位別予選九段戦 福崎文吾-丸山忠久

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:福崎文吾九段
後手:丸山忠久九段

▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △3二飛 ▲7六歩 △4二銀
▲5五歩 △3五歩 ▲6八玉
(下図)

中飛車左穴熊の出だし。

福崎穴熊の棋譜は、手に入るものは全て並べました。
全盛期のカッコ良さは、何度並べても色褪せません。

上図以下
△6二玉 ▲7八玉 △7二玉 ▲7七角 △3四飛 ▲8八玉
△8二玉 ▲7八金
(下図)

最も手堅いが、妥協とも言える手。

▲9八香△7二銀▲9九玉で良ければ良いが、△7四飛が気になる。
以下▲5六飛には△5四歩▲同 歩△7七角成▲同 桂△4五角。
これは食らってはいけない筋だ。

▲7八金は上記△4五角をカバーした手だが、
穴熊に組んだ時に形が歪になる。

上図以下
△7二銀 ▲9八香 △5一銀 ▲9九玉 △5二銀(下図)

最近増えている中飛車左穴熊対策。

このところ、先手中飛車を指す機会が増えているのですが、
この局面は、かなりの確率で遭遇します。

上図以下▲5六飛(下図)

▲5六飛が好手になる展開は少ないので、
保留出来る事なら保留したいが・・・

▲5六飛に換えて
▲8八銀 △6四歩 ▲3八銀 △6三銀左 ▲4六歩 △5二金左
▲4七銀 △1四歩 ▲1六歩(下図)

といった進行だと、△5四歩を食らう可能性がある。以下
▲同 歩 △7七角成 ▲同 金 △5四飛(下図)

途中△7七角成を▲同 銀と取ると△6九角のキズに悩まされる。
この進行は、▲7八金の負担が具現化しているか。

とは言え、▲同 金も玉が薄いからなぁ・・・
上図以下は▲同 飛△同 銀▲4一飛で大変な将棋だけど、
果たして先手を持つ気がするかどうか。

ギリギリの判断だが、▲7八金では▲3八銀だろうか?(下図)

これも▲7八金と同じく△4五角に備えた手。

もし、前述の変化と同様の進行を辿れば下図になる。

この図をどう考えるか。

得したとばかりに▲7九金と引き締めたくなるが、
△7四銀~△6五(8五)銀とゆらゆら出られて、
6七の弱点を突かれる可能性がある。

では▲5六銀と活用し、6七に補強を入れるのは?
将来△3六歩の筋が気になるが、▲3八金で耐える要領で。

しかし、▲5六銀にも△5四歩が強烈な手。
以下▲同 歩△7七角成▲同 銀△5四飛(下図)

上図をどう評価するか・・・

とりあえず先手は△1四角を受けなくてはならない。
並に▲5五歩は△2四飛▲2八飛と進む(下図)

この局面は先手を持って気持ち悪いが、
耐えていれば▲2二角等で戦えるかもしれない。

・・・いやー、しかし気持ち悪すぎる(笑)
穏やかに△7四角▲3八角△8四歩くらいでも、先手嫌ですかね。
(せめて▲4七角と打てれば良いけど、△4四飛で受けが無い)

結局のところ、▲3八銀と上がると▲4六歩が大体セットなので、
将来的な4七のスキに悩まされる、という事なのかもしれない。

してみると、6七の弱点は右金で受けるのが良いんですかね(下図)

これに対して後手は・・・

おおっと、ここから先は藤森流中飛車左穴熊破り に書いてあるので、
興味のある方は読んでくださいね・・・と。

藤森流中飛車左穴熊破り は端を突き越しているけど、

自分は△5四歩から飛車をぶつける筋を重視して、
ダイヤモンド美濃の完成を優先しました。)


・・・福崎-丸山戦に戻りたいのだけど、
記事が長くなりすぎてしまったので、ここで区切ります。

いや、そちらも面白い進行だったんだけど、
最近記事を書いてないから検討疲れしちゃってさ・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、全然最新の棋譜を並べていない。
仕事が多くなったのは良い事なんだけど。

・・・何が言いたいかと言うと、
検討予定表の更新をする余裕が無いという事です。

【棋譜DB】
第75期順位戦B級1組1回戦 松尾歩-豊島将之

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:松尾 歩八段
後手:豊島 将之七段

▲7六歩    △8四歩    ▲7八金    △3二金    ▲2六歩    △8五歩
▲7七角    △3四歩    ▲8八銀    △7七角成  ▲同 銀    △4二銀
▲3八銀    △7二銀    ▲4六歩    △6四歩    ▲3六歩    △6三銀
▲6八玉    △4一玉    ▲3七桂    △5二金    ▲4七銀    △5四銀
▲5八金    △4四歩    ▲5六銀    △3一玉    ▲7九玉    △1四歩
▲9六歩    △9四歩    ▲1六歩    △7四歩    ▲2五歩    △3三銀
▲6六歩    △4二金右  ▲4七金    △2二玉    ▲4五歩
(下図)

なるほど。▲8八玉と△7三桂の交換は先手損だと。

以前、▲4七金型は▲4八金~▲4七金や▲2九飛とし、
△7三桂と跳ねるか等、後手の様子を見ていたものだけど、
随分アグレッシブになったなぁ。

・・・現在の将棋界は、
1ヶ月も研究をサボると浦島太郎になれるのが魅力ですね!(自虐

上図以下
△同 歩    ▲同 桂    △4六歩(下図)

△4六歩▲4五歩を越えるアグレッシブな手だった。
ただ金を逃げるのは△4四銀で忙しくなる。

上図以下
▲3三桂成  △同金右(下図)

上図で▲3七金は無いのかな。以下
△3九角▲5八飛△4五桂▲同 銀△同 銀▲6三角・・・
これはこれで難しいけど、△5七角成が王手になるのは嫌かなぁ。
飛車が5八に行くのも、あまり良い感じがしないし。

上図以下
▲4八金    △4四桂(下図)

▲4八金と引いたのは△3九角を消したものだと思うけど、
△4四桂が生じるのも気になりますね。

上図以下▲3五歩(下図)

取られかけの歩を活用。

上図から、後手が都合の良いように読むと、
△5六桂▲同 歩△3九銀▲3八飛△4八銀成▲同 飛
△5七角で王手飛車!

・・・なんだけど、
現実には△5六桂に▲3四歩を利かされて難しい。
△同 金と取らせれば、後の▲3八飛が金取りになる。
▲3四歩に△4三金寄も▲4四歩の追撃があり、
そう易々と後手良しにはならない。

なお、△3五同歩には▲7一角の筋を絡めていくのだと思う。
以下△8三飛▲3四歩△同 金▲6二角成と進めれば、
次の▲6一馬が強力な狙いとなる。

上図以下
△3六桂    ▲3四歩    △4三金寄  ▲4四歩    △4二金引    ▲3八飛
△4八桂成  ▲同 飛    △3九角    ▲5八飛
(下図)

取れる銀を取らずに△3六桂は冷静な判断で、
△4二金引まで進んだ時に飛車取りになっているのが大きい。
△5六桂の変化では、先手が金取りを放置するので。

上図では△4七歩成も有力そう。
ただ、▲同 銀△4八金の時に▲2四歩等と攻めてきそうだ。

上図以下
△4八金    ▲6八飛    △4七歩成  ▲6七飛    △2八角成  ▲3五銀(下図)

△4八金は着実な指し方。
先手も▲3五銀と置いて△4六馬を消す。

上図から△4六とは、5六の銀を相手にして温い手か。

上図以下△2七馬(下図)

次に△3六馬とし、3五の銀を狙うのが本筋かぁ。

うーん・・・上部開拓を見せられると、先手の攻め駒不足ですか。
いや、まだ難しいところはあるんだけど、豊島先生ほどの正確性があれば。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ソフトによる序盤整備が常識になり、
誰もが質の高い手を選ぶ事が出来る未来では、
終盤の技術の価値が更に高くなると思う。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回も引き続き、
第36期王将戦一次予選1回戦 宮田利男-羽生善治 を検討していきます。


終盤術 第36期王将戦一次予選1回戦 宮田利男-羽生善治01 より、
上図以下▲7五成銀の攻防を検討したけれど、
自分の棋力では優劣不明と結論したい。

本局の宮田先生の指し手は▲9六同歩(下図)

これで受け切れれば明快ですが、
後手は△9八歩の追撃を用意しています(下図)

これに対し、▲同 香と取ると、
△4五歩と角取りで歩を補充出来るのが大きい。
以下、何でも△9七歩と打ち込めば端を突破できる。

そこで、宮田先生は上図以下▲7五成銀。以下
△9九歩成  ▲8五成銀  △8九と    ▲7七玉    △8五歩(下図)

上図を過去に検討した局面と比較をする(下図:再掲)

宮田先生の選択は、飛車やと金の働きを鈍らせている反面、
桂を余計に渡している勘定になっている。いやぁ、善悪が難しいなぁ・・・

本譜は△8五歩以下
▲4四歩    △同 金    ▲2四歩    △同 銀    ▲7一角(下図)

▲4四歩△同 金の後、▲4五桂打とする手法は今回も有力と思う。
ただ、△9六飛と走らせていない点を突いて▲7一角まで進めたい感はある。

上図以下、強く指すなら△5五銀もある。
▲同 歩は△7三飛で終了なので、▲9三角成△4六銀・・・
これは後手が選ぶ価値がありそうか。

本譜は上図以下
△4三金引  ▲4四歩    △4二金引    ▲2六桂    △3三銀    ▲4五桂(下図)

△4三金引と後手を引いて受けたのを見て、
▲4四歩以下、先手の攻め駒に勢いが増してきた。
と金を作った辺りは後手が指せそうに見えていたけど、
宮田先生の腕力を感じますね。

上図以下△9六飛は、
▲3三桂成△同 金右▲3四桂△同 金▲4三銀・・・
これは後手を持って怖すぎます。

羽生先生側の流れが悪くなっているように感じますが、
△9二飛が形勢を持ちこたえる一手(下図)

△7二飛を見せつつ、飛車の横利きを通す攻防の一手。
なるほど、将棋はこう指すものですかー。

もし上図で先手が森下先生なら、
渋く▲7六歩と打つような手を指す気がする。
玉の上を滑らせてバチチッと。違うかな(笑)

本譜は上図から▲8二角上成だったので、
角の質を見て△7四香▲7六歩△7九銀と寄せに入る展開になった。

この後、最終盤で△1二玉という有名な手が出るのだが、
個人的には、終盤の入り口での先手玉の強度を巡る攻防が興味深かった。
本局に関する記事はここまでとしたい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

終盤の記事を書くのは新鮮で楽しいのだけど、
序盤の記事を読みに来ている方には面白くないのだろうなぁ。

勝負に直結する部分なので、
上手く表現ができれば有用な記事が書けそうなのだけど、
技量の無さを感じずにはいられない・・・


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
終盤の定跡を確立できたら、素晴らしいと思うんです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回も引き続き、
第36期王将戦一次予選1回戦 宮田利男-羽生善治 を検討していきます。

本当は本譜を進めていきたかったんですが、
前回書いた手順について更に検討させてください(スミマセン・・・)

前回の記事では、上図を後手持ちと書きました。

しかし、記事公開から数時間後、
容易では無い手順がフッと浮かびました。
(意識してなくとも、頭の片隅で検討が続いてる事って無いですか?笑)

上図以下▲4四歩(下図)

これに対し、△同 銀は▲2四歩△同 歩▲2三歩が怖い。
だから△同 金と取る手が本線で、それを後手良しと考えていました。

しかし、そこで▲4五桂打と繋げる手がありますね(下図)

普通の手だけど、何故か本筋と捉えることが出来なかった。
銀を標的にする手だから軽く考えてしまっていたんですね。

しかし、実際は▲2八飛と▲4六角が玉頭を睨んでいるので、
3三の銀を削る価値が高い局面かと思います。
何が大事な駒なのか、早く正確に見定める力が欲しいです・・・

以下、普通の進行は△8九竜▲3三桂成でしょうか(下図)

ここは当然△同 桂から読む局面かと思いますが、
▲2四歩△同 歩▲2三歩が厳しい追撃(下図)

△3一玉に▲5三角があるのが嫌な形。
また、△1二玉には▲4一角が基本通りの寄せですね。

よって△同 金が自然ですが、
▲2五歩と打てれば寄せの形に入っています(下図)

部分的には△同 桂▲同 桂の瞬間に手段を探すのが筋ですが、
この場合は3三でバラして▲2四角と飛び出す手があるので、
後手が玉頭の負担を軽減するのは難しい。以降は寄せ合いですか。

また、▲4四歩の取り込みに△4二金引と応じる手もあります(下図)

しかし、これにも▲4五桂が筋ですね。以下
△8九竜▲3三桂成(下図)

玉頭が大事な局面なので、△同 金右が自然かと思いますが、
▲2四歩△同 歩▲2三歩△同 金寄▲1五桂(下図)

上図は、次に▲2三桂成△同 金と進んだ時に、
駒が沢山あれば後手玉が詰む形になっています。
もちろん、▲4三歩成も残っているわけですから、
▲4四歩の取り込みが率の良い手になっています。

▲4四歩に対し、△同 金・△4二金引いずれの場合も、
後手の守備を効率良く剥がし、詰み形を生じさせるのがテーマ。
安易に攻める前に、急所の駒を見定める習慣を付けたいです。

とは言え、その場で見定められるかどうかが重要ですねー。
先程書いた通り、この辺りの手順に気付くまで、私は数時間経過してます・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

次回こそ、本譜を検討しよう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
将棋と接する時間が減り、勝ち方を忘れてしまうので、
「終盤を研究すると改善が見られるのか?」という観点で、
自らを人柱にして実験してみようと思います。

実験段階なので、カテゴリーは「終盤術」に統一します。
書き続けていると、傾向のようなものが掴めるかもしれないので、
その場合はカテゴリー分けをしても良いかな、とは思います。
(その段階では「序盤のstrategy」でやるべきかも怪しいが)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回の参考棋譜は、
第36期王将戦一次予選1回戦 宮田利男-羽生善治
勝ち方を勉強するなら羽生先生だろう、という単純な思考である。
なお、本局は羽生先生のプロ第一号局だ。


先手:宮田利男
後手:羽生善治

宮田先生が▲7四銀成と上部開拓を狙っている局面。
△4二角だと▲8四成銀△7七歩▲6八金寄△9七桂成▲7七玉・・・
難解だが、宮田先生の意図する流れに乗りそうだ。

そこで羽生先生は△9六歩(下図)

角取りをそのままに、矢倉攻略を目指す。
矢倉では良く現れる手法である。

本譜は上図以下▲同 歩としたが、それは後にとっておき、
今回は▲7五成銀△9七歩成▲同 香の進行を研究していきたい(下図)

△9七歩成に▲7九玉は△8八とで竜を作られる。
一旦▲同 香と応じ、桂を端に誘うのが受けのコツである。

上図以下△同桂成は▲7七玉と上がれるのが大きい。
7五の成り銀に近寄っていく感触はなかなかだ。

そこで、ここは一旦△9六歩と打つのが手筋になる(下図)

▲同 香△同 飛と飛車を9六に移動させれば、
先手の上部脱出を牽制する事が出来る。
以下▲9七歩と抵抗すれば、△同桂不成がポイント(下図)

どうせ先手玉は7七に逃げるので、
不成~△8九桂成と桂を奪う方が早い攻めになる。

一手で△9七桂成と破れるところを、
△9六歩▲同 香△同 飛▲9七歩△同桂不成と手間を掛ける手法は、
いかにも攻めの秘術を尽くしている。

先手が無理矢理上部に脱出するなら、
△9六歩に▲8五成銀△9七歩成▲7七玉△8五歩(下図)

この手順は、成銀が犠牲になっているため、
先手玉が上部に抜け出せるイメージは無い。
後手の攻めが一瞬緩んだ上図で何が出来るか、という将棋だ。

一例としては、▲2四歩△同 銀▲4四歩△4二金引(下図)

上図では▲2六桂が筋だが、△3三銀で耐えているか。
桂を渡すと△7五桂があり、先手は思うように攻められない。

上図は、先に攻めている後手にアドバンテージがある、
あるいは、上部開拓の流れに出来なかった先手に不利感が残っている、
・・・という判断になるだろうか。

【追記】

うーん・・・上図はと金が大きいかなぁ。

同じように進めるにしても、
△9六歩に一回▲同 香と取って、
△同 飛に▲8五成銀△9九飛成▲7七玉△8五歩(下図)

早く竜を作られるデメリットはあるけれど、
金を削られない分、囲いが長持ちしそうです。
先手から見ると、この方が粘れるかもしれない。

ただ、このように進行しても、
後手持ちの将棋には変わりが無さそうです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

次回は△9六歩▲同 歩を考えてみたいと思います(下図)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)