将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。

更新報告用Twitter
Youtube将棋動画 まとめ

具体的なテーマをお持ちで、質問・討論してみたい方はコチラ

~検討予定表~
戦法\項目 注目棋譜 研究課題

矢倉

2015-12-03佐藤康-阿部健戦
2015-12-03橋本-木村戦
2015-12-17渡辺明-郷田戦
2015-12-22渡辺明-行方戦

脇システム
加藤流
△4五歩
続・森下システム

角換わり

2015-12-17深浦-佐藤天戦
2015-12-18西尾-三枚堂戦

同形腰掛銀周辺
△4二金型
9筋の端歩を巡る攻防

横歩取り

佐藤天先生の棋譜検討
2015-11-06行方-深浦戦
2015-12-03広瀬-佐藤天戦
2015-12-17藤森-及川戦
2015-12-17阿久津-山崎戦

最新定跡の研究

相掛かり

5年前~最新を再検討

-

向かい飛車


角道オープン向かい飛車

三間飛車

中田先生の対居飛穴棋譜
戸辺先生の石田流棋譜

コーヤン流の今
石田流周辺

四間飛車

藤井先生の角交換棋譜
広瀬先生の穴熊棋譜
2015-12-08屋敷-久保戦

四間飛車穴熊
角交換四間飛車の基礎

中飛車

久保・菅井・戸辺先生のゴキゲン棋譜
2015-12-15羽生-久保戦

超速最新形
一直線穴熊

相振り飛車

2015-12-03谷川-丸山戦

石田流対△1四歩

旬の棋譜はその都度検討して行きます。

※お気付きの方も多いと思いますが、
 コメント返信、遅延しています。
 記事執筆に注力しているため、返信はまとめて行います。


テーマ:


色んな物議を醸した橋本先生のツイートですが、
自分は単純に「どうなると将棋じゃなくなるのか」という事を思いました。

例えば、自分は将棋ウォーズで対局している時、
「将棋に似たゲームで遊んでいる」という感覚があります。
棋神に代指ししてもらえるのでね。

何で棋神に代指ししてもらうと将棋じゃなくなるのかと言えば、
将棋の原則として助言がアウトだからなんだけど、
それと同時に、自分で知恵を出さなくなるから、という事があって、
極論、「棋神」ボタンを押すだけのゲームになっちゃうから、
「将棋に似たゲーム」という判断を下しています。
(将棋ウォーズを否定している訳ではないです。そういうのも楽しいよね)

さて、橋本先生の仰る「将棋に似たゲーム」は、
一体何が将棋と違うのか、という事なんだけど・・・

例えば、海や天候の様子から魚の居場所を突き止めて「釣り」をしていたところ、
最新の魚群探知機で群れを発見し、大きな網で一網打尽にするグループが参上。
どちらの方が沢山魚が獲れるか、と言えば後者ですけど、
それを「釣り」と呼ぶか?と言えば、どうでしょう?

もう一つの問題は、
最新の魚群探知機で魚を獲り続けたら絶滅しないか?という事。
いや、魚なら育てる事が出来るけど、将棋は有限のゲームじゃないですか。
無限に等しいとは言っても、序盤の有効手だけに絞ったらどうなるかな?
となれば、「釣り」をする人には、楽しみがどんどん無くなるので、
「共存共栄?出来っこないだろ!」となってもおかしくはないかと。

・・・という風に、橋本先生のツイートを勝手に解釈したんだけど、
合ってるかどうかは全く分かりません。完全に私見です。

ちなみに私は、将棋には真理を追究する楽しみもあるので、
ソフトの指す将棋を見れば素直に「凄い」と思いますし、
将棋ソフトが人間の知恵の結晶である事も疑いは無いと思います。
ソフトの示す見解が、将棋の技術向上に繋がるのも確実でしょう。

ただ、「釣り」が出来るだけの魚が残ってくれれば良いけれど。
ソフトが知恵の結晶でも、使う側にはあまり知恵が要らないからなぁ。

「知恵のいらない、ソフトの示す手を覚える暗記ゲーム」になっても、
将棋は将棋のままでいられるのでしょうか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(1)

テーマ:
【棋譜でーたべーす】
第64期王座戦挑戦者決定トーナメント 佐藤天彦-佐藤和俊

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:佐藤天彦
後手:佐藤和俊

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲7六歩 △4四歩
▲6八玉 △4二飛 ▲7八玉 △9四歩 ▲4八銀 △7二銀
▲5六歩 △3二銀 ▲5七銀 △5二金左 ▲5八金右 △6四歩
(下図)

△藤井システム。

上図以下
▲3六歩 △6二玉 ▲5五角(下図)

参考記事:四間飛車 後手藤井システム△9四歩△3二銀型 対 先手右銀急戦

▲5五角と出ないで急戦する形も有力だけど、
そちらは藤井先生がよく勝ってますね。

上図は気になっていた形。

上図以下
△6三銀 ▲3五歩 △同 歩 ▲4六銀 △4五歩 ▲3三角成
△同 桂 ▲3五銀 △3四歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲3四銀
△4六歩 ▲同 歩 △4四飛
(下図)

△4六歩▲同 歩△4四飛は藤井流の応接。

上図以下
▲1六角 △2五歩 ▲3八飛 △4六飛 ▲3三銀不成△3七歩
▲同 飛 △3六歩 ▲2七飛 △3三銀 ▲2五飛
(下図)

上図は▲5五角急戦の課題局面ですね。
後手は銀桂交換の駒得でも、歩切れが痛い。

王位戦第5局 では△3七歩成、
また、その感想戦では△2四銀打が指摘されていた。

本譜は上図以下△4三角(下図)

色々と手はあるものですなぁ。

1六の角を消しつつ、2一に飛車を成らせない、という意味ですか。

▲3四歩と打てば△同 角くらいなので、
2一に成る事は出来るんですが、歩を渡すのがどうか。

上図以下
▲2三飛成 △1六角 ▲同 歩 △4四角(下図)

▲5五桂が攻防のようですが、△5四銀と出られ、
次に△5六飛があって忙しいです。

ただ、角を合わせる手はかなり有力だったかなと。
3三の銀を狙い続ける着想で。
仮に8八に打って、△4九飛成に▲5九金寄。
これはありましたかね。でも、壁になるのが嫌なのかな?

上図以下
▲4七歩 △5六飛 ▲5七歩 △7六飛 ▲7七歩 △7五飛(下図)

天彦先生は歩でペタペタと補修工事。
そうか、こういう手の方が勝率が高いのか。

上図以下▲2一竜と突っ込むのは、
△4二銀でも△7二玉でも損得微妙かな。

将棋ウォーズだと▲3四歩△4二銀▲3三角とゴリ押す人もいるかも?
以下△同 銀▲同 歩成の局面は、▲4三とを見せつつ後手の角が取りに行く感じ。
品性のカケラも無い攻めだけど、真っ平らな先手陣が堅いから嫌かもしれない。

上図以下
▲8二角 △9三香 ▲2一龍 △4二銀 ▲9一角成 △7二銀(下図)

和俊先生は攻防のバランスに優れた先生で、
アマチュア振り飛車党にとってはお手本になります。
本譜も、際どいところで形勢の均衡を保ってますね。

先手は一気の攻めが無くなったので、溜めるような手が欲しいです。
例えば▲4六歩と突き、△3七歩成▲同 桂△3六歩に▲4五桂を用意する手もありました。
歩をペタペタ打つと守備力が上がる反面、細かい攻めは利かなくなりますね。
(逆に言うと、攻めの技術に自信があるからこそ堅く受ける事が出来る)

天彦先生は、黙って▲8二馬(下図)

こういった有効な手渡しが天彦先生の将棋には多いですね。
自分の将棋に自信が無いと出来ない手のような気がします。

例えば、△5五角のような手は有力なのですが、
△1九角成と成れても▲1一竜や▲4四桂が生じるので、
胸を張ってプラスとは言い切れない面があります。

なるほどー、勉強になりました。

本譜は上図以下
△3七歩成▲同 桂 △3六歩 ▲5六桂 △5五角 ▲2五桂
△3七歩成▲3四歩 △3二歩 ▲3三歩成 △同 歩 ▲3四歩
△同 歩 ▲3三歩
(下図)

△3七歩成に乗じて桂を捌き、
と金攻めを確定させられたので、先手良しに見えます。

しかし本譜は意外に難しい事に・・・

上図以下
△4七と ▲同 金 △1九角成 ▲3二歩成 △5一銀 ▲4四桂
△4五飛 ▲5二桂成 △同 銀 ▲4六歩 △同 馬 ▲同 金
△同 飛
(下図)

うーん・・・
機が熟している感はあるんですが、決め手は無いんですかねー。
△5六飛△7六飛で、先手の歩が引っ込んじゃったので、
後手には玉を上部へ抜ける楽しみが生じているんですよね。

一つの案として、▲4二とはありそう。
△同 飛は▲7一角△6三玉▲6二金△5四玉▲5二金で、
飛車に当たるのが痛いですね。

だから▲4二とには△4八飛成ですけど、
▲6八金と締まっておいてどうか。
・・・でも、どこかで△8四香が詰めろで入りそうかなぁ。

まぁ、こういった指し方でも先手勝ちだとは思いますが、
詰まない王様を下から追い立てるのは野暮というもので、
勝ち方としては美しくないですね。

本譜は上図以下
▲2四角 △4九飛成(下図)

ただし、美しい▲2四角には、黙って△4九飛成で難しい。
上図以下、▲4二とには△5八銀で。

やっぱり、将棋を勝つのは大変だなー。

この後、和俊先生が逆転に成功・・・(下図)

ここで△5八馬と切れば後手勝ち筋では?
▲2六竜と取られても、△5九金▲同 金△同 馬が竜取り詰めろです。
直前の△7五桂が利いて、7四に抜けた時の詰み筋が無いんですよね。

天彦先生がいつも通り勝利の女神に好かれていた、という事ですか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※やたらオッサンを連呼する定跡書が出るようです→禁断のオッサン流振り飛車破り


興味はあるんですが、レジに持っていくのが恥ずかしいような(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【棋譜でーたべーす】
第74期順位戦B級2組4回戦 野月浩貴-井上慶太

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:野月浩貴
後手:井上慶太

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △9四歩
▲9六歩 △7二銀 ▲3八銀 △3四歩 ▲2七銀
(下図)

相掛かり棒銀。

上図以下
△8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8五飛(下図)

△8五飛型。

上図以下
▲7六歩 △7四歩 ▲6八玉(下図)

▲6八玉は珍しい。
前例は阿久津-森内戦 で、△7三桂に▲2二角成~▲8八銀。
これは持久戦の流れになる。

上図以下
△5二玉 ▲5八金(下図)

井上先生が△7三桂を決めなかったのは、
上図で△7五歩の選択肢を残したかったから?

△7五歩以下▲同 歩△同 飛に1.▲3六銀は、
△3五歩▲2七銀△9五歩▲同 歩△9七歩の筋がある。
かと言って、2.▲2二角成△同 銀▲8八銀も、
△9五歩▲同 歩△9六歩と置いておく感じでどうか。

こちらもありそうな進行だけど、軽すぎるのかな。

上図以下
△7三桂 ▲3六銀(下図)

上図では△8六歩も有力そうに見える。
以下▲同 歩△同 飛に、
▲4五銀・▲2五銀・▲8七歩・▲2二角成があり、
いずれもかなり難解な将棋だ。

▲4五銀・▲2五銀は、△7六飛▲3四銀に△3六歩が手筋(下図)

上図以下は、
▲2三銀成△8八角成▲同 銀△3七歩成▲同 桂△2七歩
▲同 飛・・・と進みそう。そこで△4九角も△2六歩があって、
後手がまあまあ戦えている感じがある。

▲8七歩の変化は△7六飛▲2五銀(下図)

以下は△9五歩か△7五飛か。
▲3四銀にはやはり△3六歩という事になる。

棒銀の姿勢を貫く手ではあるが、少し愚直すぎるか?

▲2二角成の変化は、△同 銀▲8八銀(下図)

これは何とも言えませんか。

また、▲3六銀に△7五歩も有力(下図)

▲7五同歩△同 飛は後手が軽いかなぁ。
▲2二角成~▲8二角は△7八飛成~△8一金や△9二香でどうか。

他の選択肢としては、
▲6六歩と穏便に指すか、▲2五銀と突っ込むか。
前者は△9五歩▲同 歩△9六歩、
後者は△7六歩▲3四銀△8四飛(▲2三銀には角交換~△2七歩~△4五角)
これも難しい将棋だなぁ。

本譜は▲3六銀以下
△9五歩 ▲同 歩 △9六歩 ▲同 香 △7五歩(下図)

前述の変化が攻め合いになるのに対し、
この変化は受けきるか攻めきるかだ。

上図以下
▲2二角成 △同 銀 ▲7七桂 △8四飛 ▲7五歩 △9七角
▲6六角 △9五香 ▲同 香 △7六歩
(下図)

部分的には塚田-阿部健戦 でも現れた攻め筋。
よって、上図では▲8八銀も有力である。
以下△7七歩成▲同 銀△6五桂▲7六銀△8六桂が一例。

上図以下
▲9八歩 △7七歩成 ▲同 金 △7九角成 ▲同 玉 △6五桂
▲7八金 △5四桂 ▲5五角 △8五飛 ▲9二香成 △7五飛
(下図)

井上先生らしい軽快な手作り。

上図以下
▲9三角 △9五飛 ▲8四角成 △9二飛 ▲9三香 △8一香(下図)

派手な手順。

ここで▲7五馬も有力。
6五の桂を外す手があるので、△8二飛と寄りにくい。

上図以下
▲9四馬 △8二飛 ▲同角成 △同 香 ▲7三歩(下図)

△8三銀と上がると香車の利きが止まるので、
▲7六馬で完封勝ち。

また、△同 銀▲8一飛も先手良しか。
▲7四歩と叩いて香車を取る筋がある。

上図以下
△7七歩 ▲7二歩成 △7八歩成 ▲同 玉 △7二金 ▲同 馬
△9五角
(下図)

井上先生は△9五角と詰めろ逃れの詰めろで迫るが・・・

上図以下
▲8六歩 △同 香 ▲6九玉 △8七香成 ▲8六歩(下図)

2度の▲8六歩が上手い受けで、野月先生が振り切った。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【棋譜でーたべーす】
第74期順位戦B級2組5回戦 野月浩貴-飯塚祐紀

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:野月浩貴
後手:飯塚祐紀

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △3四歩
▲3八銀 △6二銀 ▲2七銀
(下図)

相掛かり棒銀。

上図以下
△8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8四飛 ▲3六銀
△4一玉 ▲7六歩 △5二金 ▲1六歩 △1四歩 ▲9六歩
△9四歩 ▲4六歩 △3三角 ▲5八金 △2二銀 ▲6八玉
△5四歩 ▲3三角成 △同 桂 ▲8八銀
(下図)

紆余曲折の末、後手銀冠・菊水系の将棋になった。

上図から△2四歩で銀冠を狙うのは、
▲同 飛△2五歩▲6六角~▲3三角成で、
無理矢理飛車を成って先手が良い。

上図以下
△5三銀 ▲7七銀 △4四歩 ▲7九玉(下図)

では、△4四歩で▲6六角のキズが消えた上図で△2四歩は?

1.▲1七桂△1五歩▲2四飛
2.▲8八玉△2三銀▲1七桂△1五歩▲2五歩

どちらも後手自信無いですね。
銀冠に組み替えるのは難しいです。

上図以下
△8二飛 ▲8八玉 △4三金右 ▲6六歩 △3一玉 ▲1七桂(下図)

▲6七金右を入れておく手もあるが、
▲1七桂はより積極的。

ただし、後手に仕掛けを与える事に。

上図以下
△9三桂 ▲6七金右 △6四歩 ▲7五歩 △6五歩(下図)

▲同 歩なら△8五桂と跳ね、
△5五角の王手から△4六角と滑り込む狙い。
▲1七桂のデメリットは3七の地点が弱くなる事でした。

△8五桂に▲6六銀なら△5五角は無いが、
△5九角・△9五歩・△8六歩を絡めて玉頭から殺到される。

上図以下
▲7四歩 △同 歩 ▲6三角(下図)

ここは後手を持って手が無いものか。

例えば、△8五桂と跳ねますと?
▲8六銀に△6二飛▲7四角成△6六歩▲6八金引△5五角(下図)

▲9八玉は△8八歩、▲7七歩は△同 桂成~△7六歩。
上図は結構受け方が難しい。どうやるんでしょう?

上図以下
△1五歩 ▲7三歩 △1六歩 ▲7二歩成 △8四飛 ▲2五桂(下図)

△1五歩はジックリと腰の重い着想。

上図から飯塚先生は△7五歩と指したのだけど、
何故△1七歩成と指さなかったのかな(下図)

パッと見、得に見えますよね。と金ですから(笑)

うーん・・・

あぁ、そうか。▲6八飛と逃げられておいて、
後の▲3三桂成~▲7六桂が嫌だと見ているのか。
そこで△2五桂~△7五桂や△6六歩、△5九角で攻めるけど、
▲6八飛型が堅いっていう事があるのか。

△1七歩成は後でも利くから、溜めた方が良いと。
細かいなー。

上図以下
△7五歩 ▲5二角成 △2五桂 ▲同 銀 △1七歩成 ▲6八飛
△3三銀 ▲5一馬
(下図)

でも、ここまで進むと先手を持ちたいですね。

この形の後手はどんどん攻められる印象があります。
▲6三角の瞬間に反撃が決まらなかったか、気になります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
相掛かりは個性が強い戦法なので、
勉強する先生を絞っていくと吸収率が高い気がする。

・・・気がするだけね。

【棋譜でーたべーす】
第87期棋聖戦二次予選 野月浩貴-阿久津主税

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:野月浩貴
後手:阿久津主税

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △9四歩
▲9六歩 △7二銀 ▲3八銀 △3四歩 ▲2七銀
(下図)

相掛かり棒銀。

上図以下
△8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8四飛(下図)

△8四飛型に。

上図以下
▲3六銀 △7四歩 ▲7六歩 △8八角成 ▲同 銀 △3三桂(下図)

棒銀を桂で抑える形。
後手は銀冠と速攻の両狙い。

上図以下
▲1六歩 △2二銀 ▲6八玉(下図)

▲6八玉と指すと後手は速攻に出たくなる。
通常は▲4六歩~▲4七銀~▲5六銀を急ぐ。

上図以下
△4二玉 ▲5八金 △5二金 ▲4六歩 △7三銀 ▲6六歩
△6四銀 ▲6七金右
(下図)

野月先生の構想は、後手の速攻を上図の形で耐え、
右銀はあくまで攻めに使うというもの。

▲1五歩を急がなかったのは、
▲6七金右
を間に合わせるためですか。

上図以下
△7五歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲7二歩(下図)

▲7六歩△6四銀▲1七桂のような指し方が利けば良いが、
△5五銀と出られて▲3六銀型を咎められるかもしれない。
7五よりも中央に出られる方が嫌な形。

上図以下△6四歩も考えられる。以下
▲7一歩成△6五歩は際どい形だ。

上図以下
△3五歩 ▲同 銀 △3八歩(下図)

後手も垂らし返す。
▲同 飛は△4七角▲2八飛△3六歩で手が続く。
以下▲2六銀には△3四飛が良さそうな手になる。

上図以下
▲7一歩成 △3九歩成(下図)

お互いに桂を取りにいく。
王手銀取りのキズを抱える、激しい戦いだ。

よって、上図では▲7六歩も有力となる。
△2九と▲同 飛△4七角▲3九飛△3四歩と後手もキズを消すだろう。
その局面も難解そうで、先手としては選ぶ価値は十分あったと思われる。

上図以下
▲1七桂 △3四歩 ▲2六銀 △4九角 ▲8一と △3八と
▲1八飛 △8一飛
(下図)

本譜は桂得になったものの、後手のと金も大きい。

上図以下
▲7四歩 △7二歩 ▲3六歩 △6七角成 ▲同 玉 △2七金(下図)

と金の力で飛車が死んだ。

以下、3筋からの反撃は有力だが、
ここは少し後手が良さそうに見える。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)