3級に昇級しました!

テーマ:

昨日も千駄ヶ谷の連盟道場へ。

 

現在連盟道場で4級を頂いているチビですが前回まで7.5勝2敗(ならびに5.5勝1敗)と昇級規定の10勝2敗までは初戦から3連勝する必要があります。

 

また2月1日に4級に昇級したばかりではあるため、昇級を狙うというよりは少しでも星を伸ばすなり棋力を伸ばすなり相応の成果が挙げられればと思い道場に臨みました。

 

まず初戦は同じ4級の方とあたり残念ながら負け

 

この時点で”初戦から3連勝で昇級”は消え、5.5勝2敗となり、ここから昇級するには5連勝が必要となります。

 

妻には「今日の昇級はお預け。残念!」とLINE。

 

しかし、ここから親の想定を上回る事態が発生します。

 

続く2局目は5級の方に勝利!

 

そして3局目も同じ5級の方に勝利し更に次は3級の方との平手対局でも勝利!

 

これで一気に3連勝となり昇級まで残り2勝。

 

このあたりから手合いが厳しくなるのですが1級の方と相手の角落ちで勝利し、そしてなんと昇級がかかったリーチの対局でまたも1級の方との角落ちの対局に

 

 

 

勝利!!!

 

ということで1敗からの怒涛の5連勝で3級に昇級することが出来ました^^

 

 

【恒例の大山名人の前での記念撮影!】

 

 

「2級で左香落ちが来たらキビシイんだけど、1級だと角落ちだったから勝てた。ラッキーだっただけだよ」とは本人の弁。

 

想定外の昇級に大喜びで浮かれる親を尻目に、今回の昇級は手合いの運が良かっただけだとチビなりに分析していました(笑)。

 

というか最近昇級しても一言「やった!」とボソっと言うくらいで全然喜ばないんですよねー^^;

 

 

「嬉しくないの?」と聞いても「いや別にボクは3級になりたくて将棋やってる訳じゃないから」と(苦笑)。

 

ま、妻には「ママ―!!ボク、昇級したー!!」と家に帰ればすぐ抱き着くんですけどね(笑)。

 

だんだん父親に喜びを爆発させたり抱き着くのが恥ずかしくなってきたのでしょうか^^;

 

 

兎にも角にも、これで年度内の目標である3級昇級を無事に果たすことが出来ました。

 

嬉しいことに予定よりも1ヵ月以上早いので、目標の上方修正含めチビと今晩にでも話あってみようと思います!

 

 

【チビ将棋データベース(2018年2月18日時点)

・年齢:5歳10カ月(幼稚園年中)

・将棋歴1年7ヵ月
・棋力:3級(将棋会館道場)

・対戦(5歳時):5勝1敗 累計579局320勝259敗(勝率0.552)

 

 

AD

全問正解を目指して。

テーマ:

今日は幼稚園終了後、チビと二人で千駄ヶ谷の連盟道場に行ってきました。

 

前回まで○○●○○の4勝1敗で終えていましたが、

1.3級に平手(チビの先手)で勝ち!

2.10級に2枚落ちで負け

3.2級に相手の左香落ちで勝ち!

4.級位認定前の方に平手で勝ち!

5.5級に平手(相手の先手)で勝ち!

ということで○●○△○と5局指して4勝1敗(級位の認定で言えば3.5勝1敗)でした。

 

特に2級ならびに3級の方に勝てたのは大きいと感じます。

 

これで直近10局が○○●○○○●○△○で7.5勝2敗となり3級への昇級ルールである10勝2敗まであと2.5勝となりました。

 

(級位認定前の方に当たるかどうか分からないので)実際は次回の千駄ヶ谷で初戦から3連勝すれば3級に昇級となります。

 

とはいえ3級昇級の目標は一旦、3月末と置いているので焦らず頑張って欲しいですね(最初のリーチで昇級できるほど甘くないため)^^

 

 

そして帰宅後は、詰将棋解答選手権の過去問(第12回)・初級を二人で解きました。

 

昨日同様、チビは1手詰ならびに3手詰は割と簡単に解ける模様。

 

5手詰は、特に3問中後半2問が難問のようで、駒盤を使いながらなんとか解けた、という感じです。

(ちなみに私は全く解けません!どうしよう!)

 

正直、今のチビの棋力からすれば4問ほどは(ミスさえなければ)ほぼ確実、全問正解は五分五分、という状況なので、残り1ヵ月半しっかりと準備しなければ!

 

またチビは4月6日が誕生日なので、選手権が開かれる4月7日(土)はちょうど6歳の誕生日の翌日にあたります。

 

6歳になって最初の将棋イベントですから、なんとか全問正解を目指したいと思っています^^

 

 

【チビ将棋データベース(2018年2月15日時点)

・年齢:5歳10カ月(幼稚園年中)

・将棋歴1年7ヵ月
・棋力:4級(将棋会館道場)

・詰将棋:24問(朝:18問、夜:6問)

・対戦(5歳時):4勝1敗 累計573局315勝258敗(勝率0.549)

 

AD

来る4月7日(土)に開催される第15回詰将棋解答選手権・初級に出場申込をしました。

 

将棋解答選手権ブログ

 

藤井聡太五段がまだ当時奨励会二段(12歳・小学6年生)だった第12回大会から昨年の第14回大会まで3連覇していることで藤井ブームの時に有名になった(?)詰将棋の大会です。

※将棋ファンならそれ以前から知っているとは思いますが。

 

当然、チビは初めての出場となる訳ですが、なんと今回私も出場することにしました。。。

 

詰将棋嫌いなのに。。。

 

チビ(&私)が今回出場する「初級」クラスは、1手詰1問、3手詰2問、5手詰3問の計6問を制限時間40分で解く、というものです。

 

全問正解者はその解答の早さによって順位が付けられる、という仕組みになっています。

 

どの程度解けるものかと過去の問題をいくつかチビと一緒にやってみましたが、チビは最初の3問(1手詰1問と3手詰2問)は、ほぼひと目で解いていたので、現在の棋力のままで推移しても多分40分あれば4問ないし5問は解ける感じです。

 

ただ問題は、チビは字が上手く書けない(苦笑)。

 

詰将棋そのものよりもその答えを筆記するというのが彼には大きなハードルとなりそうです^^;

 

私といえば、勿論筆記は何ら問題ないのですが肝心の詰将棋に非常に難があるので、なんとか全問正解を目指して大会まで残り1ヵ月半、頑張って練習したいと思います。

 

さて今日は私が取引先との会食で夜いなかったこともあり、昨日から頑張っている新たな詰将棋本を61問(昨日と重複あり)、そして将棋ウォーズ数局でした。

 

 

 

 

この本、全200問の問題の内、3手詰は80問、残り120問は5手詰なので、明日には5手詰に突入する見込みです。

 

また明日は午後から千駄ヶ谷・連盟道場に行きます。

実力的にはまだ3級昇級は難しいと思いますが、直近5局を○○●○○の4勝1敗で終えているので、どこまで星を伸ばせるか楽しみです^^

 

 

【チビ将棋データベース(2018年2月14日時点)

・年齢:5歳10カ月(幼稚園年中)

・将棋歴1年7ヵ月
・棋力:4級(将棋会館道場)

・詰将棋:61問

・対戦(5歳時):なし 累計568局311勝257敗(勝率0.547)

 

 

AD