疲れていたので更新できませんでした。すみません。

さて、早速解答に移りたいと思います。

6kyuu

▲2二龍△2四玉▲1三角!?

僕は、何を思ってたんでしょう?この歳にして、もうろくしてしまったのかもしれません。「あれ~、あれ~?これで詰みじゃないの?」と真剣に悩んでしまってました。しかも盤上では気付かず、パソコンで並べてみて、やっと哀れさに気付いたという体たらく。空いた口がふさがらない、とはこのことですね。出直してきます。

AD

6級くらぶ 解答編

テーマ:

6kyuu

さて、両取りを喰らって一見ピンチのBさん。盤上の歩を掴み取り、ビシッと馬を動かしました。それを見たAさん「おや、そこには動けないよ」と指摘しました。△6六馬と引きつける手がぴったしだと思っていたBさん、一路ずれていることに気付き「ちょwww」という声とともに投了しました。


というわけで、△6六馬が正解となります。梅ワインさん惜しかった!!


すみません、この将棋は実際に僕が指した将棋ではなくてですね、こう指された時の6級くらぶらしい手を当ててもらおうと思って出題しました。


はい、そしてここからが本題。「新振り飛車党宣言」には飛車打ちの一手前△4九同角成まで載っています。△7六馬や端攻めが残るから振り飛車指しやすいって書かれてるんですよね。でも、両取りが見えてる・・・ほんとに振り飛車がよろしいんじゃろうか?焦ってたらほんとに△6六馬と引きかねません。そこで、ちょっと考えてみようということですね。


仕方が無いので、△7六馬ですか。以下▲3三飛成△9六歩▲同歩△9七歩▲同香(端に味付けるかどうかは微妙なところです)△6六馬▲3一龍もしくは▲4四角△同馬▲同龍・・・他にも色々手があって全然難解だと思います。たとえ振り飛車が良かったとしても、プロレベルのお話。きっと、ほんの微差。ちなみに、ぼくより強いボナンザ先生は、△9六歩の瞬間に▲7七銀打とされてました。この局面のお話はまた書くかも・・・6級くらぶはまだまだ続きますw

AD