簡単!手書きで楽しむインテリア

海外インテリアに学ぶ!シンプルモダンな手書きアートのアイデアをお伝えします。




伝統ある書をモダンに♪



基本の綺麗な字、インテリア書、命名書
店舗ロゴ・タイトル等、
商業用筆文字デザインもおまかせください^^



筆文字ブログ Blog
きれいな字が書けるコツ伝授! 今日からはじめる”おうち書道”


NEW !
テーマ:

 

 
 
 
デザイン書家の 小川翔月 です^^
 
点と線で作る手書きアートのアイデアを
お伝えしています。
 
 
 

 

 

墨のしずくが落ちるといいな♪

いつも、応援クリックありがとうございます^^

にほんブログ村 インテリアブログ 白黒インテリアへ

スッキリシンプル好きには、たまらぬ世界を覗けます❤︎

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の続きで
手書きタイポを“作品”にするポイントをお伝えします。

 

 

 

 


今日は2つ目^^

 

2. 変化をつける

 

 

 


さて、どこを取ろうかしら…という感じなんですが。

 

◎ タイポグラフィアートをステキに作る3つのポイント


このときお伝えした(つもり)のところはココ。

 

 

 

 

① E・Fの横線。

手書きのアルファベットその1

 

横のラインが5本並ぶ、もはや鬼門です^^;
意識的に線を書きかえて組むようにするんです。

 

すると

単調にならず、

逆に“見どころ”に◎

 

 

 

 


そして、ほかには…

 

 

 

② Dの線と位置

手書きのアルファベットその4

 

Dだけ極端なくらいに極細にしてみました。

 

位置も少し余白を入れて、

全部がきゅうきゅうにならないように^^

 

ちょっとしたハズしテクです(笑)

 

 

今回はアルファベットを順番に並べてますけど
1単語内の1文字ハズすってことも、よくやります。

 

ハズしてるってことが分かる程度に
でも、かけ離れず。
読める程度にとどめておくといい気がします。

 

 

 

 

 

もう1つくらい、いっておきましょうか。
全体的なところで。

 

 

 

③ 位置取り

手書きのアルファベットその5

 

 

この作品は、見事なくらいに全部バラしてますね。
ちょうどいい見本でした(笑)

 

 

下のラインが同じ高さにならないように
文字の大きさと位置で調整してるんです。

 

 

必ず全部バラさなきゃいけないか、

ってことは全然なくて。

 

それよりも

全体的にまとまってるか

優先して見ていくほうがおすすめです★

 

 

 

 

ちなみに。

 

こういった作品って
(わたしの場合)一発でできるものではないです。


大御所先生は、すぐ書けるかもしれませんが。
逆にアルファベットなんて書かないのかも!?(笑)

 


あぁしてみよう、こうしてみよう、と
たくさん書いた中から選んでるんです。

 

なので、

選ぶ作業に必要な見る目を養っていくこと

これも必要かな、と思います^^

 

 


ウチの夫は、まったくもって書けませんが
いつの間にか、見る目はだけは肥えているので、
時々相談します。


不思議なものです(笑)

 
 
 
さて、次回まで
文字アートのデザインのコツをお伝えしますね♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後までお読みくださいまして
ありがとうございました!
あなたに 墨のぬくもり が届きますようにキラキラ

 

 

更新の励みになっています

いつも本当にありがとうございます<(_ _*)>

  ↓↓↓

 

 

 


お問い合わせはお気軽にどうぞ^^

 

♪筆文字素材 一部無料提供中♪
もじの素

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。