発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー)が就労できる方法

成人したアスペルガー娘の母である私から
発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー)が就労し
親亡き後も幸せに自立して行かれるために
必要な情報や心構え等お伝えして行きます。


テーマ:

目に見えない障害の心配を

目に見える将来の安心に!

(社)障がい者才能開発支援協会 代表理事で社会保険労務士の岩田由美です。
ご訪問ありがとうございます

成人したアスペルガー娘の母である私が、発達障害の事、障害年金の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金個人セッションお客様の声協会HPFacebook
お問い合わせ


金曜ロードショーで「美女と野獣」(2014年)を観てた娘。
 

私は学生時代、有楽町の映画館が改装される時に「懐かしのフランス映画特集」をやってて、その時ジャン・マレー(古い!)の野獣役(1946年)で観たのが最初でした。

 

画像はwikipediaさんからお借りしました

あまりにも固有のこだわりなので、他人には理解できない?

主人公の1人、美しいベルの家族はベルの他に父親と姉2人、兄3人。あれ?

「ベルのお母さんはどうしたのかな? 死んじゃったのかな?」 気になるのはいいけど、あまりストーリーの主軸には関係ないよね。

前にも「ぞうさん」の歌に「ぞうさんのお父さんはどうしたんだろう?」と言ってた事がある。単に、歌の中でお父さんを話題にしてなかっただけでしょ?

「鯉のぼり」の歌もそう。「鯉のぼりのお母さんはどこ行っちゃったのかな? 逃げたのかな?」 知るか!

この位なら他愛のないこだわりで、かわいいものだけど。まさか職場でやってない?

これはアスペルガーの人が書いた本で読んだけれど、「○時までに会場を設営する!」という急ぎの仕事の時、アスペルガーの社員が思いっきりやってくれちゃって…

機材の積み具合が気になって気になって、仕事が手に付かない。周りの人が時間を気にして忙しく働いているのに、アスペルガーの社員だけはじ~っと機材を見てるだけ。

本で読むくらいなら笑えるけれど、一緒に仕事をする場合、周りはたまったものではありません! 理解と支援が必要な、典型的な例ですね。

 


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

6/16発達障害を語るランチ会

 ※ 日 時     :     平成29年6月16日(金)11時30分~  
 ※ 場 所     :     リストランテマンジャーレ伊勢山

 ※ 募 集    :     5名 (満席になりました!)
 ※ 参加費   :     2500円のコースを予約してあります

      キャンセル待ちは、こちらからお願いいたします!

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】

料金 1時間100005000円(税込)

●スケジュールの方は、調整させていただきます!

●スカイプもしくは横浜駅周辺での対面で行います!

●ご感想を書いて下さいね(匿名・イニシアルでもOK)

●詳細は、下のバナーをクリック! ↓

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

(社)障がい者才能開発支援協会 代表理事 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります