「書家の目線はこう見てる」書家・田坂州代(たさかくによ)

手書きの文字はもちろん、ロゴ、絵、写真、その他なんでも、ついつい目がいってしまうのは書家の性分。「書家の目線はこう見てる」とタネあかし。


テーマ:
こんにちは。書家の田坂州代(たさかくによ)です。

先日NPO法人日本創造力開発センター等価変換創造学会にて
「書のアピール力をビジネスに還元。書はシンプルで最強の味方。」
というテーマで講演させていただきました。
等価変換学会

耳を傾けてくださった皆様は、
長年にわたり大手企業で開発や創造にかかわるお仕事に従事され、
貴重な経験を豊富に持った方々ばかりでしたので、
沢山のお教えを頂き感謝致しております。

http://kuniyotasaka.jp/blog/講演・等価変換創造学会/
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、書道の田坂州代(たさかくによ)です。

先日、千葉県香取市にある伊能忠敬旧宅と


伊能忠敬記念館を見学しました。


日本全国の海岸線を測量するという大プロジェクト、
それ自体も偉業ですが、それ以上に私が感銘を受けたのは、
家業を次世代にバトンタッチし、義務を完了して隠居という形をとった上で、
(勤勉勤労倹約で、傾きかけていた養家の資産を3倍増させた養子の鑑!)
俗に人生五十年といわれた当時に、五十歳から新たに本格的な学問やプロジェクトを開始した点です。

館内展示でも、ついつい忠敬の筆跡に目が行きます。

館内撮影禁止(涙)で、ヴィジュアルでお示しできないのが残念ですが、

とある忠敬の直筆メモ、
墨色もやわらかで、字形がやや扁平なため、冷たく尖った感じはまったくありませんが、それでも「四角が好き=やっぱり予想どおり几帳面」という印象を受ける字形でした。行もまっすぐ行間も等間隔。
対するご子息は、ちょっと藤原定家の筆跡を連想させる、横画のぽてっと太い丸みのある線で扁平な字です。
面白いのは忠敬が後年、幕府の役人等と交わした書簡は、公文書の公用書体いわゆる「御家流」で書かれており、上記の私文書の筆跡とはずいぶん違います。

立川志の輔さんが伊能忠敬を題材に創られた新作落語「大河への道~伊能忠敬物語」聞いてみたいのですが未だその機会がなく残念です。きっと聴くぞと心の内。



*****************************
心に届く手書き毛筆
アートマネジメント研究所
書家・田坂州代(たさかくによ)
http://kuniyotasaka.jp/
http://shodo-tasaka.com/
*****************************
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、書道の田坂州代(たさかくによ)です。

下記は友人で脚本家の原田佳夏(よしか)さん、俳号は飛豚(ひーとん)さん、の秀句に触発されておもわず即興で書いたもの。

東京都中野区にある井上円了(圓了)ゆかりの哲学堂公園へ吟行にいらして詠まれたものです。
まだ三分咲程度で、枝のすきまから雲がのぞいている気候だったそうです。


三分咲き

三分咲き花の階段(きざはし)空目指し 飛豚


花寒や

花寒や重なる枝に雲の咲く 飛豚

ほんとうは(古典句歌はともかく)近現代作家の作品は漢字仮名の置き換えもNGなのですが、さすがにここに「階段」と入れるといささか字面がごつかったのと、「かいだん」と読まれたくなかったのとでひらがなにしました。

哲学堂公園をつくった哲学者の井上圓了は、後に東洋大学となる哲学館を設立した方で、『妖怪学講義』なども著し「お化け博士」「妖怪博士」などとも呼ばれた方です。私は日大卒業後、東洋大学で書道の教職課程の単位を取得させていただいたので、私にとっても建学の師。

哲学堂公園は、ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀った「四聖堂」を建設したのがはじまりだそうです。公園の一部は見学したことがあるのですが、園内には到る所に哲学に由来するユニークな名前の坂や橋、いくつもの建物が点在し、井上円了の思想と世界観が表現されているそうなので、さらにゆっくり全体を歩いてみたいと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。