Jリーグ開幕が待ち遠しい

テーマ:

2月になりました。今月から確定申告がスタートします。実は、当事務所は法人業務をメインとしており、確定申告の件数は、業界平均から比べるとさほど多くはありません。ただ、そうは言っても、繁忙期には違いありませんし、この時期にしか経験できない業務もあるので、普段以上に頑張っていきたいと思います。

 

さて、今月は、私の趣味であるJリーグの話題について記載したいと思います。ブログを開始して以来、固い話ばかりになっておりましたので、今月は繁忙期でありながら、あえてこのテーマを選びました。

 

私は、スポーツ観戦全般が趣味なのですが、中でもJリーグの観戦が最も好きです。出身が千葉県の柏市なので、柏レイソルのファンなのですが、学生時代は柏レイソルのホームスタジアムである日立柏サッカー場で試合がある日は必ず通って現地で観戦していました。税理士試験の勉強を始めて合格するまでの間は観戦を中止していた期間もありましたが、社会人になってから、また観戦を再開しています。現在は、居所を東京に移していますが、都合が合えば、スタジアムに通うようにしています。スタジアムは独特の臨場感があって本当に楽しい場所です。機会があればこのブログで観戦の感想も記載していきたいと思います。

 

蛇足を覚悟で付け加えますが、柏レイソルというチームは、日立製作所が母体となって運営しており、「株式会社日立柏レイソル」が正式名称となります。公式サイトの情報によると、30億円の年商のうち、日立グループ及び日立グループと関係の深い企業からの広告費収入が19億円にも上るそうです。昔から議論されていることなのですが、大企業がプロスポーツチームを持つ真の意味はどこにあるのでしょうか。例えば、楽天がプロ野球チームを持ったのは、「知名度を上げるため」で間違いないと思いますが、日立の場合はなぜなのでしょうか。応援を通じた一体感が従業員に生まれるとか、福利厚生になるとかそちらの効果の方が大きいのでしょうか。もしくは、趣味又は社会貢献の一環としてなのでしょうか。いずれにしても、日立グループ様のお蔭で楽しい週末を過ごさせてもらっており、感謝の気持ちで一杯です。

 

Jリーグは今オフの期間で、来月には、2017年シーズンが開幕します。開幕を心待ちにしながら、繁忙期を乗り越えたいと思います。生でサッカーをご覧になったことがない方は、是非、一度スタジアムへ足を運んでみてください。

 

 

なお、来月は、確定申告期間中のため、ブログの更新を休止させていただきますので、ご了承ください。次回は4月に更新予定です。

 

では、皆様、本年もよろしくお願いいたします。

AD