翔けGymnast!

「はばたけじむなすと」
男子体操競技をメインにしているブログです。
今昔そしてワールドワイドに体操を紹介していきます。
少しでも体操に興味を持ってくれれば幸いです。


テーマ:







リ・ジョンソン!!!!





終了。






今年もよろしくお願いします(^∇^)




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


ベルヤフスキーは落ちてなどいません。





どうも、


翔です。



{B1277439-C40B-470F-9E11-78AFFDBAF9AF}



今年2017年の世界選手権。


絶対王者内村航平が不在の中行われた個人総合決勝。


誰が優勝しても新チャンピオン誕生となる、誰にとってもチャンスの年でした。


僕の愛するダビド・ベルヤフスキーにとってもそう。




ベルヤフスキーはこれまでも得意のあん馬と平行棒と高いEスコアを武器に個人総合で常に世界でもトップクラスの地位を維持し続けていました。


しかし、世界選手権での個人総合のメダル獲得経験は未だなし。


内村航平に憧れて総合力を高めてともに表彰台に上ることを目標としていました。


今年はキングこそいないものの、ベルヤフスキーが個人総合の表彰台に上る絶好のチャンスです。


2013年からは毎年どこかで大きなミスをしてしまって表彰台に1歩及ばなかった、リオ五輪でも3位と0.143差で苦渋を飲んだベルヤフスキー…。


それが!


今年は!!!


全演技見事に通し切りましたよ!!!!


感動しましたよね!!!!!?


しかも跳馬以外の全種目で終末技の着地を止めてるんですよ!!!!


文句なしの優勝ですよね!!!!


それでは今年の世界選手権でのベルヤフスキーの輝かしい演技の数々をご覧ください。


よーく見といてくださいね。




ゆか



①前方抱え込み2回宙返りひねり(E)
②後方伸身2回宙返り1回ひねり(E)
③後方伸身宙返り1回半ひねり(C)
④前方伸身宙返り2回ひねり(D)+0.1
⑤後ろとびひねり前方抱え込み2回宙返りひねり(D)
⑥フェドルチェンコ(C)
⑦立位から伸腕屈身力十字倒立(B)
⑧後方伸身宙返り2回半ひねり(D)
⑨前方伸身宙返り1回ひねり(C)+0.1
⑩後方伸身宙返り3回ひねり(D)


素晴らしい!!最後の着地で既に優勝してる!!


いや、伸身ムーンサルトの時点で神になってる!翼生えてる!!


ラインオーバーはありましたが、従来のベルヤフスキーの良さを消さずに新しい技も取り入れた構成を無事に通し切りました!


ひねり不足もありません!




あん馬



①逆交差倒立(D)
②ショーン(E)
③Eコンバイン(E)
④ウ・グォニアン(E)
⑤マジャールシュピンデル(D)
⑥Eフロップ(E)
⑦縦向き後ろ1/2移動(B)
⑧マジャール移動(D)
⑨シバド(D)
⑩DSA倒立3部分移動5/4ひねりおり(E)


おぉう……素晴らしすぎて目が眩んでしまう…美しい……


同大会の種目別でも銀メダルをとったあん馬を華麗に決めました!目に見える大技こそ無いものの、卓越した旋回テクニックでD,E難度技をコツコツ積んでいます!!


ショーンとかシュピンデルとかスピード感のある技を連続しないで所々に挟んでくるところが男前だよね、シュピンデルで慌しくなったリズムを次のフロップで冷静沈着に取り戻してるの、身体が小さくてそこまで大きい旋回はできないけどやってる技がどれも旋回が大きく見えるものばっかりなんだよね、見せ方が上手いのよ、でもブスナリはやらないの、できないわけじゃないけどできないわけじゃないんだけどブスナリ入れるとDスコアはブチ上がるかもしれないけれどもワシが思うに演技全体のクオリティを考えると今の構成が一番形になってると思うのよね、でもでもブスナリ入れた構成をサラッと決めちゃうベルヤフスキーもそれはそれでカッコいい、いや、そもそも顔がカッコいい、時々髭の剃り残しとか気になるけどそれでもカッコいい、






つり輪



①後ろ振り上がり中水平支持(E)
②後ろ振り上がり開脚上水平支持(C)
③アザリアン(D)
④ヤマワキ(C)
⑤ジョナサン(D)
⑥ホンマ十字(D)
⑦翻転倒立(C)
⑧後ろ振り倒立(C)
⑨後方車輪倒立経過(B)
⑩後方伸身2回宙返り1回ひねりおり(D)


今年から中水平入れ始めたんですよ!!!


あん馬のクオリティを維持しつつちゃんと力技も強くなってるところがさすがはオールラウンダー!戦い方を知っている!


己の磨き方を知っている!


光沢がより出てきている!




跳馬



〇ロペス(D:5.6)
〇ロペス(D:5.6)
〇ロペス(D:5.6)
〇ロペス(D:5.6)


ペレストロイカ!!!!!


ロペス跳びよった!!


去年までル・ユーフだったのに!難度一緒なのに!!!ル・ユーフは着地難しいからロペスに変えたのかなあああ!?着地バッチリ!!ひねりギュルンギュルン!!めっちゃ笑顔!!





平行棒



①棒下宙返り倒立(D)
②リチャード(E)
③前振り上がりひねり倒立(E)
④ティッペルト(D)
⑤バブサー(E)
⑥ホンマ(D)
⑦ヒーリー(D)
⑧Dツイスト(D)
⑨ツイスト倒立(C)
⑩前方抱え込み2回宙返りひねりおり(F)



完璧!!!!完璧おせんべい!!!!!五平餅!!!!


だってE難度のシャルロ抜いて新しくE難度のアームツイスト入れるってDスコアかわらないのにリスクを恐れてか確実にでも得点が取れる方を選択するって本当に勝ちに来てるんだなって思うしEスコアもトータル得点も以前と変わらず世界レベルの水準を維持し続けていてオールラウンダーとしての自身の武器をどんな形でもしかと武器として用いられているテクニックと調整力は素晴らしい、リチャードで培われた前振り上がりのテクを次の技に活かせる柔軟性、将来的にはこの構成にシャルロが入ったシャルロッテな構成もやってくれるのかなシャルロッテ、バブサーで空中にいる瞬間に両腕をめいっぱい後ろに振り上げる瞬間がカッコいいよね、大会ある毎にここの瞬間の写真あがってるし全部保存してるよね特に今大会はユニフォームの肩の部分に差し色が入っててオシャレだしバブサーの写真だとそこがよく見えるからインスタ映えしてるよねそうベルヤフスキーはインスタ映えなの流行語大賞受賞すべきだった。





鉄棒



①ツォ・リミン(C)
②アドラーひねり倒立(D)
③伸身トカチェフ(C)
④トカチェフ(C)
⑤アドラー1回ひねり片逆手倒立(D)
⑥ヤマワキ(D)
⑦後方浮腰回転後ろ振りだし順手背面懸垂(C)
⑧チェコ式車輪(D)
⑨ケステ(C)
⑩後方伸身2回宙返り1回ひねりおり(D)



やった!!!!


最後の鉄棒まで通し切ったよ!!!!


着地まで完璧に決めたよ!!!!




みなさん!!!




ベルヤフスキーがやってくれました!


ベルヤフスキーはやりました!!


手放し技も全部決めましたね!!!




嬉しい!!!僕は嬉しいよ!!!



ベルヤフスキーが世界一だ!!!




世界一のオールラウンダーになったんだ!!!


こんな嬉しいことがありますか!


ずっと応援していた選手がやっと世界一になったんです!!!



ありがとう!!!


ベルヤフスキーありがとう!!!


これで心残りなく年が越せる……


























ん??



なんですか??



なにか不思議なことでもありましたか?



違和感???



はてなんのことやら














今年も1年ありがとうございました。


強調しておきますが赤字の部分はフィクションです。虚構です。事実ではありません。




今年こんな記事が書けたらいいなと思ってたんです。


今年は絶好のチャンスだったから。


ずっと応援してきた選手が世界一になるところは見たかったですよ。


でも僕は今年は「おあずけ」ということで心を落ち着かせることにしたんです。


いつかベルヤフスキーが世界一になることを信じて。


未だに僕の頭にあの時の鉄棒の落下がこびりついて離れなくて、今年一番の出来事だったなと個人的には感じます。


あれだけテレビで何度も流れた内村選手の跳馬以上にこれが離れないんですよね。


でもこの落下があって僕自身がとんでもなく落ち込んでいることに自分で気づいて。


自分はこんなにベルヤフスキーのことが好きなのかと、その愛の大きさにようやく気が付きました。




なんか、キモいな……



そうとわかればこれからも末永く応援し続けるまでです!


少なくとも引退するまではね。






良いお年を。


また来年も記事が更新されたらこっそり覗きに来てください。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも、


翔です。


{E0F6FBAF-6D0E-4583-8367-FF9C60148CF4}



今年も体操の話題はこの人に持ってかれました。


オランダのオリンピックチャンピオン、ゾンダーランドです。


ネーデルランドのゾンダーランドです。


新しいルールになって、手放し技が最大5つまでの実施が可能となった今年、


ゾンさんも手放し技を5つ入れた新しい構成を用意していました。


しかも、従来の個性を忘れない、手放し技の連続を含めた新しい構成です。


今までの構成に新しく伸身コバチを加え、伸身コバチ(E)+コールマン(E)+ゲイロード2(E)という新しい連続技を企んでいました。


しかし、世界選手権の種目別決勝ではその演技ができず、金メダルを逃すことに…。




それでも話題はゾンダーランドに集中します。


ゾンさんはカッシーナ+コバチの連続で片手がバーを掴めずにもう片方の手だけでコバチを掴んだのです!


その対応力の強さに世界中が驚きました。


「あれは新技だよハハハ」なんておどけても見せたゾンさんはまたも体操界の話題をさらっていったのです。




そんなゾンさんが今年の試合で唯一手放し技の連続を2本決めている演技がありました。


フランス国際の種目別決勝です。


リオ五輪までのシーズンで行なっていた、カッシーナ(G)+コバチ(D)とコールマン(E)+ゲイロード2(E)の2つの連続を見事に決めています。




①アンドー1回ひねり大阪手握り(D)
②大逆手車輪(B)
③カッシーナ(G)
④コバチ(D)+0.2
⑤コールマン(E)
⑥ゲイロード2(E)+0.2
⑦アドラーひねり倒立(D)
⑧シュタルダー(B)
⑨クースト(C)
⑩後方伸身2回宙返り2回ひねり(E)



鉄棒の加点が手放し技の連続でしか得られなくなった今、


ゾンダーランドはDスコアの面で有利です。


これ以上やってくれるでしょうか。


やっちゃうんでしょうか。


楽しみ。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。