ミニ講演会のお知らせ



◇2016年5月20日(金) 13~16時30分まで

東京ウィメンズプラザ 第一会議室

会費:1000円

第4回「サロン・de・2016」

ゲストスピーカー:樋口正一郎

(造形作家、都市景観研究家、パブリックアート研究者)

テーマ:「都市建築の目指すもの」

20世紀後半、建築家フランク・ゲーリーやサンチャゴ・カラトラバらの

出現により、建築が巨大彫刻になり、建築家は技術者から

アーティストになった。

これら世界の建築界を牽引する建築家と作品をワールワイドに紹介する。



途中からの参加もOKです


◇2016年5月14日(土) 14~16時 終了しました

ご参加の皆様ありがとうございました

茨城県つくばみらい市 みらい平コミュニティセンター

研修室1

参加費:500

アーバンアートアーカイブス主催

「アムステルダム近郊の新都市のつく 方」

スライドトーク:樋口日出子

100枚ほどの写真を使い、

アムステルダムのエイ湾沿いの新しいハウジングや

隣州のアルメーレやレリースタッドの町並みなどを

紹介します

セッショントーク:樋口正一郎、元玉川大学教授・岩村守

みらいの環境とエネルギーを考える会・野口修も予定しています

(敬称略)


  • 26 May
    • 麦刈り始まる

      いなかに住んで一番いい風景の一つが 植えられた早苗が 田んぼの豊かな水と 好天の五月の気候で ぐんぐん緑を増してゆき 隣に植えられた麦がそろそろ刈り入れとばかり 黄金色に輝く そんな緑と黄金色と水が空間という空間を 埋め尽くすときが贅沢ながら嬉しいときである その黄金色の一角がそろそろ収穫で ただの畑に還ってゆくときが近ずいている     犬の散歩にもいい季節である # #早苗 #黄金色 #犬の散歩  

      5
      テーマ:
  • 25 May
    • 庭の桑の実食べてます

              鳥さんは上の方の実をついばみ ママさんは下の枝のの #桑の実 食べます 昨年は友人はこの実で #桑の実ジャム つくってくれました ママさんは好きですが パパさんは 絶対に食べません…

      5
      テーマ:
  • 23 May
    • 一年の早さを実感!

      またまた モグラさんの受難の季節(手前/地面) しろさんこれで3匹目のモグラさん ごめんなさいね  

      6
      テーマ:
  • 22 May
    • またまたからすの雛の時期

      一年の経つのがなんと早いことか 去年は巣から落ちたカラスのカークンを http://ameblo.jp/shkphappy/entry-12046078480.html 三ヶ月をほど自宅で育てたが 今年もまたまた飛べないカラスの雛に遭遇   頭上では親ガラスがうるさく啼いっている 本鳥はトントンと飛びながら隠れ場所探している パパさんとしろさん後に従う   地上だと親ガラスが餌をやれないと 心配したパパさん木の上に置いてやる つもりで捕まえた 親ガラスはしつこく頭上でワメいている   そしてヒマラヤ杉に載せて…終わり   一日中外出し(偶然) その間猫クンたちも家の中へ 帰宅すると子カラスはいなくなり 親ガラスの大騒ぎも消えていた… 2日ほど養生したことになるので なんとか一緒に巣へ戻ったのだと 思いたい

      6
      2
      テーマ:
  • 18 May
    • オランダ産ピーマン参上!

       いなかのお店も世界各地からの野菜が 並んでいる メキシコ タイ 中国 ミャンマー?などなど そんななか 初めてオランダ産の生野菜を見る ちょっと前にママさんはオランダ、アムステルダムの 新しい住宅事情をスライドトークしたばかり… ご縁も感じて?ゲット! 肉厚はパブリカと同じくらい 形は並べている茄子そっくり さすが茄子の親戚というのが良く分かる  

      10
      テーマ:
  • 15 May
  • 13 May
    • デートとはいかないようだ

      ぽんたクンに似ているので2世クンと 呼んでいる 大きくてキュートなオス君 家猫のようなおっとりした雰囲気なのだが パパさんの与える餌は良く食べるのだが 近づくとコソコソ逃げてしまう そんな2世クン 畔で遊ぶしろさんに色目? しろさんまったく反応せず  

      6
      テーマ:
  • 11 May
    • 相当年季の入った?ジープ発見!!

      いつものホ-ムセンターの駐車場 いろいろ楽しい車が駐車しているのだが… このJEEPは何年頃の生まれ? ステンレスのモールはついているは ボディには木目調の模様入り とすると結構年季もの そして当然アメリカ生まれ? 車の前には二種類の番号違いの ナンバープレートが取り付けられている 本体はコレ!!   大変きれいに使っておられて この種の車の周りには駐車したくないものだ

      8
      テーマ:
  • 09 May
    • 第一回目のスライドトークの様子

      地元のコミュニティセンターで 第一回目のスライドトークを ママさんが開催しトークも行った テーマは 「シンガポールの都市文化と都市景観を見て」 写真は主に樋口正一郎著「アジアの現代都市紀行」より借用 (鹿島出版会 2012)した130枚   屋上に「天空のプール」を持つ サンズホテル    RSP社設計の愛称「ドリアン」の夜景 設計者とはメールながらインタビューできた   ウィルキンソン+エア社設計の「ガーデンバイ ザ ベイ」 上記ホテルより望む こんな感じで1時間10分の「写真会」 その後は樋口正一郎(真ん中)他のセッションをし 質疑応答で幕      最近の会場は机、椅子の出し入れが必要で (常に備え付けの倉庫に保管されている) その所要時間が前後1時間かかる 机も椅子も大変軽く、よくできていてハンディなのだが なにしろ時間貸しの空間 慌しいことこの上なし   またこのような公共空間を借りるにあたって 初めて「役所」なるものと「対峙」するのだが 本来はすんなりと行くと思っているコミュニケーションが 取れないのナンノ??! 役所のルールと庶民感覚に相当のズレがあることを ストレスに感じる今日この頃である

      7
      2
      テーマ:
  • 07 May
  • 06 May
    • ホームページ リニュアル中

      このところなかなかブログ更新できてません 珍しくいろいろ「作業」が重なっているせいです その一つ アーバンアートアーカイブス/樋口正一郎の ホームページ のリニューアルがあります 最近お友達になれた若い二人の女性が携わってくださっています お二人とも仕事も持ち子育てもなさってます そしていていつもふんわり感も漂わせておいでです そんなお二人に 資料提供者としてママさんが加わり ようやくアップできました まだまだ完成形ではありませんが 樋口正一郎の造形家の面を全面、前面にだした ホームページとしました http://www.uaa-higuchi.jp/ どうぞよろしくお願いいたします

      6
      2
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 田植えも始まった

      大雨や大風にもめげず 農家の方たちの奮闘が続いている 多くの田んぼで田植えが終わっている   麦の穂もぐんぐん成長中 と見ていたら 恒例の農薬散布の日 農薬散布ヘリ活動中  

      5
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 東京八重洲の名前の由来

      東京駅のある八重洲の地名の由来は 大変有名な話なので多くの人が 知っていると思うが オランダ人ヤン・ヨーステンから来ているという 来月14日(土)は またまたママさんのスライドトーク 「オランダ近郊の新しい街の作り方」 そんなわけで長坂寿久氏のオランダ関連の本を 再読中 その中にあまりにヤン・ヨーステンの像が東京駅の 人の見ない場所に置いてあることを 嘆いておられる一文が目に入った 確かに 日本橋に本社があったときには 東京駅をよく利用したものであるが 一度もお目にかかったことがなかった そこで探してみた 駅の関係者4人に聞いた 内二人の方は的確な返事ではあったが 確かに「辺鄙」なところにあった   日本人の彫刻家の作品 彼らは1600年に大分県のどこかの湾に 漂流したといわれている 110名の乗組員中24名が日本に流れ着き そのうちの一人がヤン・ヨーステンそして もう一人有名な人物は 日本名三浦按針(こちらは日本に初めて来た イギリス人と言われている) ヤン・ヨーステンは幕府の要人として 徳川幕府下で活躍し 江戸城近くの住居を 与えられ ヤン・ヨーステンの名前から 八重洲ができたという 乗っていた船はリーフデ号   マゼラン海峡を航行した5隻の船の一隻である   江戸時代、世界に開かれた唯一の窓であった 長崎出島に連なる歴史の一駒である  

      7
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 東京駅の駅弁売り場活況!!

      何十年も前 日本橋にあるオフイスに 勤務していたので 東京駅には何百回と行っていると思う ただ大東京駅のショップは 大東京駅にふさわしいほど充実しているとは 思わなかった ここ十年の変わりようは凄い まず地下街の変貌はこれいかん 以前は大丸のお店がすべての感が あったのだが 大丸はどこ?というくらい大丸に至る 通路一杯のお店お店 また大丸を過ぎた辺りの地下街の 込み具合 お店のバリエーションも桁違い! なにはともあれめでたいことだ! その中でもひときわ人が集まっているのが 駅弁屋さん(東京駅構内)   種類も一目瞭然    お店によっては手つくり中     外にも出店   旅の楽しみが倍加するのは間違いない 2008年頃  北京・上海間の夜行列車で 北京から上海へ移動したことがある 弁当を列車内で注文したのだが まずいことこの上なし 一緒のコンパ^トメントにいた上海の親子連れは 北京市内で買った饅頭など食べていた 列車の弁当事情を良く知っていたためだ  

      3
      テーマ:
  • 22 Apr
  • 21 Apr
    • 福島県 夏井川1000本桜

      福島県の三春桜は バス旅出発時点ですでに最終章だった そのためバス会社のはからいで 夏井川の千本桜を鑑賞することになっ た http://www.onokankou.jp/kankou-1000sakura.html 小野小町の父の生地といわれる 小野町にある 桜に添えられた花が普通は菜の花なのだが こちらでは黄と白のラッパ水仙であった           

      2
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 磐梯熱海温泉、華の湯ホテルで

      今回の福島県三春の桜を見るバス旅を 選んだのは 温泉つきだったこともある ママさんは温泉が沢山ある 鳥取県の中部産なので 温泉大好きではあった パパさんはまどろっこしいこと大嫌いで 温泉でゆったりなどとは程遠い 気性の持ち主であったと思っていたのだが 青森県の大学で客員教授や非常勤講師を していた15年ほど前あたりから 青森の温泉の良さに嵌ってしまって 温泉! 温泉に行きたいな~ というくらいになってしまって… そんなわけで今回は福島県磐梯熱海温泉に つかれるバス旅を選んだ次第 磐梯熱海 華の湯ホテルを裏手の川から望む     3階のエレベーター内から離れを見る   ロビーも赤松がガラス越しに見えて大変 カンファタブル 時折磐越西線の列車が見える     食事もよし(昼食)     給仕のお嬢様たちも見た目も 心持も大変キュートでよかった    

      4
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 三春の桜は終わっていた

      岐阜の薄墨桜と並び称される 福島県の三春の桜は 17日現在で完全に終わりであった いつもなら14日辺りが開花の日なのに 今年は14日には散り始めたようで このところの荒れた気象に 特に風が強くて しだれ桜は終わっていた   ただその上にある染井吉野はまだまだイケテタ   お疲れ様のバスツアーであった

      3
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 赤ヤガラは赤ヤガラ

      いつも立ち寄る魚さんに 今日も立ち寄る 珍しいい魚に目が点   赤やがらと書いてあるので どんな魚?と お店の若い男衆に聞く ウー ヤガラはヤガラですと「率直な」ご返答 ウーム なるほど   帰宅してweb検索 大変分かりやすく的確なブログに行き着く http://hirado-ebisu.jugem.jp/?eid=774 大変おいしい高級魚の由 ちなみにコチラのお店の値段も高級魚価格!

      7
      テーマ:
  • 16 Apr

プロフィール

shkphappy

性別:
都会も自然も人工も好きなイナカビト
血液型:
四角四面ではない?A型

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
178009 位
総合月間
223999 位
2834 位
田舎暮らし
836 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。