土地情報の動き

テーマ:

相変わらず、城南地域の土地価格は、路地状の土地も含めて高値で推移しています。

まともな価格で買える土地情報は今やレインズやポータルサイトには掲載されていないのが多いですね。
本来はレインズを初めとして、物件情報の登録を行い、幅広くエンドユーザーへ周知してもらい、円滑に売買業務を進めていくのが本筋ですが、どうしても売買となると多額の手数料が動く事もあり、そこへ大手不動産会社の囲い込みもあり、売主の求める、円滑な売買業務が進んでいる状況下ではありません。
売主としては想定通りの売買価格で売れる事が重要であり、買主としては、希望物件を出来るだけ安く物件を購入できる事が重要となります。
そして仲介業者は、売主、買主ともに満足していただける仲介を行う事。 なのですが、実際は仲介手数料収入を増やす事がメインとなっていると感じます。
もちろんそれが業務における売り上げですので、手数料収入を軽視する必要はありませんが、

売主の求めているもの

買主の求めているもの

業者の求めているもの

全てが違うため、そろそろ現在の売買仲介システムに対して考えていかなければならない時がきていると思います。

一例ですが、今の状況ですと、売主は高く売りたくて、その価格で買ってくれる買主が現れているにも係らず、その状は王は伏せられ、取り扱っている仲介業者が両手の手数料収入を得る為、自社の買付けを優先してしまっている状況が出てきています。


 

AD