就活で成長する人としない人

テーマ:

こんにちはビックリマーク

センター長の伊藤です。

 

先日支援している4年生から内定獲得の報告をもらいました。音譜

 

うれしいですねー。ウインク

 

でも、特にうれしかったのは、その学生が内定をくれた企業から「成長したね」と言われたことです。

 

 

就活では大きく成長する人とあんまり成長しない人がいます。

何が違うのでしょうはてなマーク

 

皆さん、就活で何をすべきだと思いますかはてなマーク

 

 

最終目的は当然ながら理想とする会社へ就職することです。

 

そのためにすべきことは以下の3つです。

 

1、己を知る

 

2、敵を知る

 

3、それを人に説明できるようになる。

 

「敵を知るにはまず己から」という兵法の格言がありますが、まさにその通りで、自己分析を行って、自分の好きなこと、得意なこと、やってきたこと、これからやりたいこと等を明らかにする必要があります。

 

そして敵というのは企業、業界、職業です。各種説明会やインターンシップに参加し、仕事に対する理解を深める必要があります。

 

そして、重要なのはこの2つの理解を人に説明できるようになることです。そのために、応募書類の添削や面接練習を行います。

 

これは1度行えば良いというものではありません。応募する度に繰り返し、その理解度と説明力のレベルを上げていく必要があるのです。

 

このような力が付くことが成長であって、出来る社会人になる資質なのです。

 

このような力をつけるには社会人との対話を重ねなければなりません。

 

ここまで理解し意識して活動している学生は成長します。

 

 

逆に、あまり成長しない学生は、就活開始を出来るだけ先延ばしにしたり、簡単に終わらせようとします。 

 

私たちは、折角就活するのなら、その期間を有意義に過ごして欲しいと願っています。

 

当センターは皆さんにとって社会人の窓口です。

気軽に何度でも来て会話を重ねて欲しいのです。

 

きっと成長しますよ。

 

AD