ヒーリングとお料理教室の小さなサロン しずく屋の日々

さいたま市大宮公園の近くで、オーラソーマ®のビーマーライトペンやオイルを使ったヒーリングトリートメントと
つぶつぶ雑穀料理をお伝えする小さなサロンを営んでおります。

こんにちは

しずく屋のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

しずく屋は

オーラソーマ®の美しいオイルや、色と光のパワフルな癒し&変容のツール、ビーマーライトペンを使ったヒーリングメニュー

そして

雑穀と野菜を使ったシンプルなレシピをご紹介する「つぶつぶ料理教室」を営む小さなサロンです


日々の暮らしを、より軽やかに

そして本当のあなたらしさを楽しむために

虹のひかりをひとしずく


ここで受け取っていただければ幸いです(*^^*)


※女性の方専用のサロンです。

   しずく屋プロフィール ⇒ こちらをクリック


テーマ:

今回の旅のお宿、ストーニーブルックイン の裏庭

静かでお散歩や瞑想にぴったりです

 

 

まっすぐ伸びる3本の松 

ここにあるベンチは最高の瞑想スポットです。

毎朝リスを目で追いながら、ここを歩くのが楽しかった照れ

 

9月末の新月の日、

この裏庭でスエットロッジ の儀式に参加させていただきました。

スエットロッジは、天地や先祖に祈りと感謝を捧げ、そしてそこに参加する人々の心身を浄化するというネイティブアメリカンの伝統的な儀式です。

 

まず、始める前に、ひとりひとり今回の儀式で何を願いたいかを話します。

そして静かに真っ暗なテントの中に輪になって座り、儀式をリードしてくださるメディスンマンの祈りの声と太鼓の音が響く中、輪の真ん中に真っ赤に焼いた石が運び込まれ、積み上げられていきます。

その石にハーブとお水がふりかけらると、ものすごく熱い蒸気が立ち上り、息をするのもつらいほどに。

 

祈り→石運び→水かけ が何度か繰り返されてるうちに、輪の真ん中の石はどんどん山高く積まれて行きます。

どんどん熱さが激しくなりメラメラ、後半は熱いを通り越して、「耳たぶが焼け落ちそう!」でしたあせる

事前に、

「空気は上のほうが熱いから、キツかったら地面すれすれに這えばいいよニコニコ

と教えてもらってたので、

「あ゛~あかん!

ぎりぎりになると、固いカラダを必死で曲げて地面すれすれの空気を吸う曲芸的体勢に(笑)

真っ赤に焼けた石を大きなスコップに載っけて、何度もネイティブの若者が軽々テントに運び込んでくれるのですが、

「こんな真っ赤に焼けた石、コロっと転がって肌に触れたら・・ひええ」

と身を小さくしながら、熱さで、また曲芸体勢。

かなり恥ずかしいポーズだったはず・・・真っ暗でよかった汗

 

今回のスエットロッジは、カルーク族のメディスンマン、ウォーキングイーグル氏がファミリーの方々とここまでお越しくださり、私たちだけのために執り行ってくださいました。

なんと、偶然?にもちょうど新月タイムがスタートした時間に儀式も始まるというパーフェクトすぎるタイミング。

ファミリーのみなさまと私たち5人、沈黙の中で輪を作り感謝と祈りを共にさせていただいた時間はとびきり神聖な体験となりました。

 

すべての存在を敬い、大いなる愛と叡智そのもののような氏のエネルギーを隣で感じていると、

「なんかこのプラチナ席、ずいぶん昔にリザーブしてた気がする」

なんていう感覚に。

「2016年9月30日新月、シャスタ、ストーニーブルックインでのウォーキングイーグル氏のスエットロッジ 1席予約依頼済み」って(笑)

もし過去か未来の私がこれをリザーブしてくれてたとしたら、このスペシャルイベントは何のためだったのかな~ 

 

「予定どおりにシャスタに来れたよドキドキ 

感謝の祈りの中で天地と繋がりなおした 

古いものを手放した

かけがえのない「今この時」を生きてるよ」

ひとまず予約の主にテレパシーでお礼を伝えておきました。(笑)

 

 

神聖な儀式の最中は、無駄なおしゃべりや写真撮影ももちろんできません。

儀式の2日後に、テントに運ぶ石を焼いたサークルの跡をパチリ

祈りのエネルギーがまだそのまま、また胸がいっぱいになりました。

この機会を与えてくださったすべての存在に感謝です。

 

この美しいシャスタの地は、連綿と続く人々の愛と祈りのエネルギーで光り輝き、守られているんでしょうね

ネイティブの方々の聖地といわれている場所は

「石ひとつ動かしてはいけない」

と言われるほど、大切に大切にされてきたというお話しです。

 

どこに行っても、その場所を守り敬い、感謝のエネルギーを送り続けている存在を感じます。

 

どれだけの人がここに美しい祈りのエネルギーを残してくれたのか

シャスタのスチュワートミネラルスプリングスというスパで、毎週ウォーキングイーグル氏のスエットロッジが開催されています。

こちらは誰でも参加できるようです、シャスタに行かれたら是非体験してみてくださいね。

お読みいただきありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもガイドブックをきっちり読み込んで、チェックポイントを漏れなく、効率よく旅したい私ですが、今回のシャスタは、情報も少なかったこともあって、事前準備も予定もなし。

「取り立てて派手な観光スポットもないみたいだね~」と先に旅した友人に話すと、

「シャスタは、とにかく行くだけでいいんだよ」と言われ、ふーんそうか、と出発しました。

 

ガイアトラベラー のゆうこちゃんが、現地の空港までお迎えに来てくれて、滞在中ずっと、その日のお天気やら、同行の皆の様子をみながらベストなコースを組んでくれる、という贅沢でのんびり楽々な旅。

初対面の方々と6人で1台の車でワイワイ家族のように、のんびり旅ができるゆうこちゃんのツアー、お薦めです!

 

初日、空港から宿へ向かう途中で寄り道した川

なんだこの光は!キラキラ 美しい水! 精油レベルで香りを放つ森!

いきなりのシャスタマジックです~ラブ

異、異、異次元・・・

 

成田からご一緒したトモコさん さっそく靴を脱いで川遊び

トモコさんに光が降りて、天女みたいドキドキ

 

まっすぐ天に向かって伸びる森の木々と太陽と青空

私たち以外誰もいない、静謐な空間

美しいこの瞬間が奇跡のようで、夢のようで。

私たち人間をもてなそう、与えようとしてくれている、大いなる愛の存在を感じずにはいられない

着いて早々、聖なるシャスタに恋しました。

 

翌日訪れた、ここはJOT DEAN CAVE という洞窟

シャスタ山は火山で過去には大きな噴火もあったらしい。

溶岩が流れたことで、あちこちに洞窟ができてるみたい。

 

恐る恐る中を探検

ずーっと降りて行って、入口を見上げたら、美しい青い光が

 

興奮するわたしたち

寒いなぁと思ったら、洞窟の一番奥には万年雪雪の結晶

 

凄かったね~と話しながら車に戻ってる時に、トモコさんが撮った1枚

洞窟に向けてスポットライトのような光が降りていました。

きゃー 光の柱みたい 

 

慈愛の光、優しい大地、聖なる水

美しい地球

そこでもてなされているわたしたち

 

地球人として存在させてもらえることに、感謝が溢れますラブラブ

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

☆つぶつぶお料理教室のお知らせ☆

11月のお料理教室は、「木の実のタルト」と「ヒエ粉のクリームドリア」作ります。

           ↓

https://tubutubu-cooking.jp/lessons/index/46

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シャスタに行って来ました。

帰国してもう1週間以上過ぎちゃったのね~(^^;

10年以上ぶりの日付変更線を超える旅、時差ボケのふらふら感を楽しみつつ(笑)

ずいぶんのんびり過ごしてしまいました。

 

シャスタ山は、アメリカ西海岸、カリフォルニアのサンフランシスコから飛行機でさらに1時間ほど北上したオレゴン州との境に近いエリアにある山です。

傘雲がかかったシャスタ山

 

日本の富士山にも似てるなぁと思いましたが、こちらは、シャスタとシャスティーナという男性性と女性性を象徴するふたつのお山が寄り添っていますラブラブ  

 

旅のこと、そもそも何故?、何しに? 行ったのかと聞かれると、うーん えっとえっと

「色々あるけど、なんとなく・・・」と答えてしまうあせる、思いつきみたいに、そして何の予定もたてずに、勢いででかけたような旅でしたが、やっぱりこのタイミングでシャスタを訪れることを、ずっと昔に私は「決めていた」のかな と思う 

そんな、「魂のリトリート」となった旅の記録、少しずつ書いてみようと思いますニコニコ 

 

まずは、「何しに?」のメインイベントの1つ

 

「ストーニーブルックインにお泊りする!お願い  のお話しから

 

ストーニーブルックインの朝

数年前、たまたま読んだ本やら旅をした友人からシャスタのことを知って、パソコンでググっていると、ストーニーブルックイン という小さなお宿のホームページに行き当たりました。

ひろみさんという日本女性の方がオーナーをされているこのホテルの写真を見た時、

 

「ひゃー!ここにいつか行ってみたい!」

 

なんとも言えず懐かしい、写真から溢れる優しいエネルギーにすっかりとりこになってしまいました。

ストーニーブルックイン・・・・・ ラブ 

いつも、固有名詞を忘れまくる私が、この名前は一回で心に刻んだのです(笑)

 

シャスタに行けることがあれば、絶対にストーニーブルックインに泊まりたい!

いや、ストーニーブルックインに泊まりにシャスタに行きたい!

で、

行ってきました~音譜 

マクラウドという、とても静かなかわいい町にあります。

薪ストーブがあったかいロビー ハロウィーンバージョン

築100年ほどの木造のお家

もともとは木材会社の独身寮だったそうです。

お部屋はそれぞれインテリアが違うみたい。

なんとも居心地が良くて お部屋に帰るのが楽しみでしたラブラブ

ドアを開けて中に入った途端、外の世界がはるか遠~くに切り離されて

宇宙にぷかぷか浮いている銀河ステーション保養所キラキラキラキラにいるみたいな気分。

 

はるか昔、ここにはレムリアの神殿があった、というお話しもあるみたいです。

 

長い長い時を、たくさんの人がここを守り、祈り、大切にしてきた場所

ひろみさんが、とびきりの慈愛に溢れた笑顔でやって来る人を迎えてくれる場所。

ご一緒した方たちとの楽しい時、ひろみさんからかけていただいた言葉、静かな空間で心に浮かんだあれこれ、すべてのことが誰かからのプレゼントのようですドキドキ

 

愛いっぱいの朝ごはんのことや、裏庭にある素敵な場所のこと

長ーくなりそうなので、続きはまた別に。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

ストーニーブルックイン HP  → こちら

ストーニーブルックイン ひろみさんのブログ → こちら

 

 

 

 

10月のしずく屋 お料理教室のご案内は こちら でご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。