出雲市多伎町のリラクゼーションしづく&推拿(すいな)スクール講師の楽し嬉しの日常

出雲市多伎町に2014年2月にサロンを開業。
悩んでいる人に中医学の知識と技術を広めたいとの志で
三翠推拿(すいな)整体スクール出雲校講師へ。
2014年10月に同サロン内に出雲校開校


テーマ:

先日ご来店いただきましたM様。咳が止まらずに呼吸を吸うとこみあげてくるようです。M様は実は前の前の職場の同僚になります。

職場はお互い違っても、定期的に来て下さるので大変嬉しいです。

様々なお話の結果着目すべき点がいろいろ出てきました。

●お付き合いが多く、飲み会も連日続いているとのこと。

●肉体労働なので体はお疲れ気味。

●4時半ごろに咳で目がさめてしまっているようです。

●足が重くだるい。

●高音の耳鳴りもするときもあり、なんでもないことに驚きやすいと。

 

止まらない咳は中国医学の考えでは呼吸を吸うためには、肺(呼吸や肌、大腸に関わるところ)と腎(体の種火、滋養強壮や老廃物を出す)のタッグがうまく組めていないのが原因と考えます。

①吸った空気がしっかりと体の中に下せない肺の不調なのか

②ストレスや慢性疲労で空気を受け止める腎が肺に空気を返せないからなのか。

そもそも二つが不調になったのはなんでなのか・・・。

 

精油を嗅いでもらうと、主な原因は消化器系。お酒と食事の質や食べ方が原因でした。

消化吸収がしっかりできていないと、臓腑をしっかりと動かすことができません。ましてや肺が不調にならないためには消化器系は大事。肌もボロボロになりますよね。更に消化吸収が出来ないと滋養強壮になりません。

実は、この時点で心配だったのが不調を訴えられていない背中の硬さの事。私もこの状態に陥った経験があり、こういう時は背中がガチガチになるのです。
そして、血行が良くなると咳が止まらなくなること、横になってなるときも咳が止まらない事。施術はさせていただきましたが、今回は必ず病院に行くようにお伝えしました。

 

本来ならばうつ伏せから施術をさせていただきますが、咳が出る可能性があったので先に仰向けに。

M様ゴホゴホ。

・・・やっぱり咳がでるよね~"(-""-)"←いちを確認をしたかった。

 

まずは呼吸器系のツボからアプローチをしていきます。

が、咳が止まらない。うーむ。

よーし、今回は滋養強壮のツボを押してみよう。と、押し続けていると呼吸が落ち着き、あら寝ちゃった。(しかし、早い段階でツボから手を離すとむせちゃう。)なのでかなり長い間滋養強壮のツボをしっかりと押させていただきました。



 

咳がある程度収まったうえでうつ伏せで施術。

しっかりとツボを刺激していきます。

 

施術後はさて、原因の消化器系のお茶にするのか。
はたまた滋養強壮系、呼吸器系のお茶にするのか。

久しぶりに出すお茶に悩みました(笑)

でも、今回は咳が気になってきてくださっているので、呼吸器系のお茶を。

そして、出来るだけお酒を控えて冷たいものを避け、まずは冷凍食品を避けていただくことをお願いしました。どれも元気になれば出来ることなので今だけでも。とお伝えしました。

そして、今の状態のままでは咳がなかなか止まらずに余計にしんどさが増す可能性がありましたので、まずは西洋医学の力を借りて咳を止めることを優先していくことを話し合いました。

(中国医学はなんとなく不調に強いのですが、完全に不調に陥った時は西洋医学の力も借りても良いと思います。)

 

咳が止まらないと、気(エネルギー)滋養強壮がなかなか充実させれない可能性がありました。まずは咳を止める。そして早いペースでご来店いただいて、消耗する夏を乗り越えることを優先。
じゃないと、この暑い夏にずーっとビール飲めないぞ~(笑)とM様に脅しお伝えしておきました(笑)

 

咳が止まらない時はどうしても肺のみを考えてしまいますが、ほかにも可能性を秘めていることもあります。
肺はただ単に被害者で犯人は別にいることもあります。しっかりと自分の不調が何から起こっているのかを把握して対処していきましょうね。

 

oriental relaxation しづく 関谷(せきたに)麻衣子
出雲市多伎町小田 キララ多伎から車で3分
●予約&メニューはコチラ
メールでご予約の際はフルネーム、電話番号の記載をお願いします。
折り返しの連絡が1日以上経ってもない場合は電話でご連絡ください。
プライベートサロンのため男性のお客様はご紹介のみになります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

出雲市のすいな整体サロンしづく・オーナーセラピスト麻衣子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります