出雲市多伎町のリラクゼーションしづく&推拿(すいな)スクール講師の楽し嬉しの日常

出雲市多伎町に2014年2月にサロンを開業。
悩んでいる人に中医学の知識と技術を広めたいとの志で
三翠推拿(すいな)整体スクール出雲校講師へ。
2014年10月に同サロン内に出雲校開校


テーマ:
寒い日が続いていますね。山陰地方も雪化粧が続いています。
幸い当サロンのある多伎町は雪は毎回少なく助かっています。
 
今回は慢性的そして精神的な疲労、風邪、高齢、衰弱から来る冷えの話を書きますね。

(いただいたバラの苔玉)
 
温めると聞くと温泉とか、服を着こむことを考えるのではないでしょうか?
内側から温めていくにはどうしたらよいのでしょうか?
 
まずは、チェックを行います。
 
●咳が出やすい
●風邪をよくひく
●鼻や喉が乾燥する
●食欲がわかないあるいはお腹が空いた気がしない
●食後眠気がする
●肌が乾燥気味
●声が小さいといわれる
●夜更しが多い
●夢が多い
●生もの冷たいものが好き

 
上記のことが多く当てはまると体を温めるエネルギーや栄養の不足になります。
エネルギーは体を温める、栄養によって動く筋肉は熱を生みだします。
 
冷えを感じる時はまず、疲労も溜まっていると思ってください。
朝起きても疲れが取れない時は慢性疲労状態。エネルギー不足です。
当然風邪もひきやすくなってきますし、高齢になると筋肉量は少なくなります。
 
精神疲労は嫌な事が多い。と言うこと。
他にも会話のキャッチボールが成り立たない時もエネルギーは消費します。
 
良い例から
「○○ちゃん、おはよう」
「おはよう~」
 
ダメな例
「〇〇ちゃん、おはよう」
「・・・(無視)」
 
声は気を発して発声しています。
それが相手から帰ってこなくて一方通行だと落ち込みませんか?
まさに気の消耗(;'∀')悲しい・・・。
 
相手からの反応がなさすぎると心も疲労してしまいます。
 
さらに、胃腸の調子の悪さや、夜更しが多いと栄養の補充や体の休憩の時間が少ない事も疲労の原因となり冷えの原因にもなります。
 
ぜひ、意識しみてくださいね。

 
oriental relaxation しづく  関谷(せきたに)麻衣子
出雲市多伎町小田
●予約&メニューはコチラ
メールでご予約の際はフルネーム、電話番号の記載をお願いします。
折り返しの連絡が1日以上経ってもない場合は電話でご連絡ください。
プライベートサロンのため男性のお客様はご紹介のみになります。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

出雲市のすいな整体サロンしづく・オーナーセラピスト麻衣子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります